lipstick 特別な一本

August 28 [Tue], 2012, 19:26
皆様、おはようございます昨日、とっても久しぶりにハイヒールを履きました。
わたくしれーなですあ、いきなりの顔面失礼久々の友人に会うのが楽しみで記念に撮っておきました。
え、それ何の記念て何にせよ、記録と自分自身の現状把握は大事だよーそれそれ午前中にお会いした方にはまだ、顔が疲れているけど、大丈夫だなんてきかせてしまったけど、なんちゃらは気から私は元気です多分ねそれに、朝は、アイメイクを全然してなかったしきっと、それでで、この中途半端な顔は別にいいとして、ハイヒールですよ。
前は、好きで色々と結構履いてたっけな、ハイヒール。
ここのところ、ずっとペタンコというかなんというかな靴や、ウェッジソールのパンプスだったり、スニーカーとかしか履いていなかったので、たまにはいいかな、って思って、細い10cmくらいあるヒール靴、シャンパンゴールド色のツーンとした靴を履いて出かけてみました。
故に全長約177cm、でっかいねーん久々のヒールで、しかも爪先の狭まった靴で、最初は少し歩きにくかったけど、人ごみに出た時分になると慣れてきて、なんだか気分がシャンとして、ちょっと気持ち良かったです。
そうだった、わたし高校時代は、まさかの美脚キャラだった。
そうだった。
その後、大学生くらいの時は、開き直ったのか、勘違いし出して鬼に金れーなにハイヒールなどと言っていたかもしれない。
どうやら、無敵だと言いたかったらしいです。
あまり調子に乗るのは、好ましくありませんね。
慎みますね。
困ったことに、大きな波のある性格です。
だけど、自分でこんなことを言うのは、とっても憚られるけれど、部活の先輩に美脚をもじったア名をつけてもらってました笑私としては、名前でア名がつきにくいので、その理由を説明するのが恥ずかしかったですが、嬉しかったものです。
カナコ先輩、元気にしておられるかな。
美脚、といっても、背が伸びたのに伴って、脚も長さが伸びたくらいで、私は結構なO脚をしていますひざ下なんかが、特に、うにって。
やだなー。
でも、このO脚は、今度、ちょちょーいと、治していただく予定をしていますので、あとは、もう少し引きしめたら、もっとオシャレを楽しみたい気分になるのかな。
どうだろう外側のこの身ひとつで綺麗になろうよ計画の一つです。
密かに、わくわく。
あ、この話でなくて、友人と食事に行った話をします。
その為に、ハイヒールを履いてみましたそんなとこです。
おそらくおしゃべりなイメージであろう私には、ほんまかいな、でしょうが、人の中では、寡黙気味で、ちょっぴり内気だった高校時代。
彼女は、卒業して出会った、私の大切な友人です。
前は、去年末に会ったな。
うーん、相変わらず、元気。
あの当時は、れーなちゃんは、無言になっても気まずくない空気感が良い、とか言われてたっけ。
あら。
笑昨日会ってすぐ、そんな彼女と取り留めの無い話をしつつ、どうやらイエットしたいそうで、私の最近の和食中心の健康食や、グリーンスムージーを最近勉強してきたこと、普段朝を食べてないなら、それか、キウイだけでも二つに切って、スプーンで食べたらいいよだとか、いつも私が食べてるきなこヨーグルトに、昨日は思い付きで、冷凍してあったバナナを入れて、溶けたのを崩して混ぜたら、シャリシャリのアイスみたいになって意外とイケたこと、そんな話をしながら、歩きました。
前日までランチの予定だったのが、あれこれで、急遽ディナーになり、会いました、歩きました、はて、何食べよっか、何が良いかな、あの店か、こっちか、そうだね、ここにしよか。
そんなゆるーい感じ。
うん、これでいいよね。
いくつかの候補の中から入ったお店。
お料理も、ちゃっかり食べたデザートも美味しかったです濃厚なチーズを、ちゅんちゅんつまみながら、仲良しーな感じで、おそろいのクランベリーのスパークリングで乾杯して綺麗なお野菜のバーニャカウーつまみつつ。
つやつや新鮮な生野菜メニューを選ばない私が珍しく、コレにしよって言った笑エビのアヒージョ、とっても美味しかった二人で美味しいね、って。
、スパニッシュ彼女が選んでくれた、玉ねぎのなんちゃらもホクホクで美味しかった自然の甘みは、いいね。
あとは、ピザとかも食べたけど、デザート食べようと、コレが美味しそうだよねと、これまた同じのんで、クレープ。
ベリーごろごろ甘獅チぱ、甘い。
すき。
途中で、照明が落とされて、各テーブルにキャンドルが配られたり、急に、おっきくなったり、小さくなったりのジャジーな音楽が流れたりNU茶屋町のBARBARAmarketplaceさんにお邪魔しましたそれでね、実は、席について一息つくや否やだったんだけど、私こんなの貰っちゃいました。
エスティーロ。
プレゼントで、白いリボンまでしてもらってる。
の、中身は、コレ。
って、箱。
インザボックス。
箱の中に、さらに箱、の箱。
の中は、綺麗な口紅ですの中は、こんなお色。
嬉しくって、その場で、見ていいって開けて、またまた写真まで撮っちゃった。
好きね。
だってね、遅くなったけど、お誕生日プレゼントって。
今は、かなり淡々と、書いてるけど、わあこんなん、めっちゃうれしーいありがとぉですあ、私の誕生日は、6月なのですが笑わざわざ、こうやって用意してくれて、これがいいな、って選んでくれて。
とても嬉しかったんです。
これ、どうやら婚活リップや幸せを呼ぶリップと口コミで言われるらしく、これをしていると恋人が出来たりするらしいです。
優しくて、やわらかい色合いですからね。
いいんでしょうね。
確かにね、彼氏はいませんが、まあそこは、ボチボチで。
そうそう。
思わぬ贈り物、彼女の心遣いが嬉しく、実際は、、これ付けて、どこ行こかなあどうしようーって、高めのテンションで、さんざん写真も撮って、さあ、箱になおそかな、あ、しまおうかな、ですね。
と思って、箱に手を伸ばしたら、それ、なくしても返ってくるよて言うから、なんやろと思っていたら、わかりますでしょうか。
口紅のケース、フタの方に、Reinaって刻まれてるんですよ、エスティさんとこは、こういうのしてくれるんよね、と冷静に思いながら、私の為に用意してくれた、より嬉しく、顔がほころんだのでした。
今の私にとって、とっても意味ある、特別な一本になりました。
まだ試せても無いけれど、ちゃんと大事に使うね。
本当ありがとね。
いっぱいおしゃべりもしたし。
もっと楽しんでいかなきゃ。
この日、ランチの予定だったのが、後になったから、それじゃあ、と思って、午前中にね、普段フラワーアレンジメントのサークルを開かせていただいている場所からすぐの、お世話になってるパン屋さんに、するんと行ってきたの美味しいから、どれにしようかな、と思いつつ、前に食べたクルミとチーズが入ったパンが美味しかったとか、店長さんと色々お話をさせていただきながら選んでいると、先日言ってた森山直太朗の夏の終わりが流れてきたんです。
その、こないだ話題にしてたとこやで感と、ただ貴方に会いたくなるのいつかと同じ風吹き抜けるからという、しっとりした歌詞とメロディーに、ただのおもろい兄ちゃんやないやん、直太朗これは、帰って熱唱せなアカンわ熱風すぎると何故か上から目線で、謎にテンションが高まっていたところに、店長さんに、ご紹介していただいたお姉さんが、なんと、通っていた北野高校の先輩だそうで、重なる偶然に興奮気味に楽しくお話させていただきました。
え、きたのこうこうってうん、一応通っては、いたんです。
あれ、もしかしたら、私もっと出来る子やったんかもしらん。
え、そんなん知らんし。
入ったん、たまたまやし。
と、しらばっくれたい気もしますが、色々と、この感じ。
さあ、やれ。
と言われている気がしないでもない。
何かを覚醒させていかにゃアカンかもしらん。
私はゆるゆると、そんな思いの狭間に居ます。
店長さんと、お話をする中でれーなちゃん、頑張っちゃだめだよと言われてしまっ彼女ができないたので、そっかあ、変なテンションになって、いつもみたくエネルギー切れちゃうもんねと、学習能力の乏しさに、やや悲観しつつ、楽しみますと、にっこりして、また、じんわりと暑い道を緩やかに自転車を走らせ、私は帰路についたのでした。
色んな人に支えてもらって、生きています。
それは、とても、ありがたいことです。
自分だけじゃ、出来ない事も、色んな人のおかげで、出来ている事、いっぱいあります。
だけど、まだまだ出来ていない事も沢山あります。
もっと私を応援して下さる方々がいらっしゃれば、嬉しいです。
もちろん、私にも出来る事があれば、させて下さい。
私は、そう思っています。
どんな風に行くにしても、バラ色に、くちびるを色付かせて、楽観的に、おしゃべりに。
私は、私の、あなたの、これからを、もっと明るく楽しいものにしていこう。
そう思うんだよ、そんなれーなでしたっ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ngaq5m1i2l
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/ngaq5m1i2l/index1_0.rdf