結局・・・

September 19 [Tue], 2006, 15:59
意志の弱い私は、先日母に電話したときに話してしまいました。
というか、最初から話すつもりはなかったんだけど、この間うちに来た弟の話とかをしているうちに、ゆうの受験の話になり、その流れで・・・。

「わかる、わかるよ」

意外にも母の言葉はこんなんでした。
泣きそうでした。

「でもね、お母さんは家族の中で太陽だから。
 子どもたちの前では笑っていないとダメだよ」


うん・・・
本当にそうだ。
なにがあっても、子どもたちは私が守らないと。
夫はもともとは優しい人なんだから、私が優しくしてあげればきっと気持ちもほぐれるはず。

結局。
やっぱり、私次第なのかも。

母に話して、心配もかけるけど、ホッとした自分もいて。
母親って偉大だね。
めぐりめぐってそう思う。

振れ幅

September 08 [Fri], 2006, 10:56
感情の振れ幅ってありますよね。
それの大きい人と小さい人がいますね。
私はたぶんかなり大きい方だと思うんだけど^^;、
私以上に大きいのがダンナだということが最近はっきりしてきました・・・。

とにかく、いきなり怒る。
いきなり褒める。
いきなり機嫌が悪くなる・・・。

そんな繰り返しに、疲れてきました。

昨日もちびが楽しみにしていたスーパー銭湯に行くことになったんだけど、
ダンナから言い出したくせに、ちょっとゆうやしぃが準備が遅かったせいで
(と言っても、部活とかで帰ってくるのが遅くなり、いきなり今から行くぞと言われたわけで)
すっごく怒り出して、すごく険悪なムードに・・・。

それはず〜っと続いて、結局ゆうべは別室のソファで寝たみたいだし、
今日明日出張みたいなんだけど、全部ひとりで用意してひとりで出て行きましたね。
私はラクでよかったけど、子どもたちが
「いってきます!」
って言ってもシカトってどうかと・・・


なんなんだろうなぁ・・・
淋しいのか?ダンナ。
反抗期の上2人が、父親からひどく怒られるたびに、
父親から離れていっているのに気づいているの?
そして私も。
こんな険悪なムードはごめんよ!って、へらへら笑っているのが
気に入らないの?

振り回され・・・(-"-;A

August 16 [Wed], 2006, 6:15
結局、おとといの午後、弟はやってきた。
本当に突然、
「今、○○駅だけど、今から行っていい?」
と。

予定が狂ってちょっと困った。
でも、彼は心に余裕がないので、相手が困ることを想像できないことも多い。
あるいは、逆に、ちょっと否定されたことをものすごく大きく捕らえて
「死にたい」
とか言ったりする。

心の病のなせる業だ。

わかっているけど、腹が立つときもある。
実家のものはみんな彼に振り回されている。
彼の顔色をうかがい、爆発しないように。
だから、今度東京に出ると聞いたとき、きっとみんな心配しつつもホッとしたんじゃないかと思う。

でも、そのぶん今度はうちがそういう役割を担わないといけなくなるかと思うと正直気が重い。
おとといの夜は、ダンナに弟を任せた。
私はぼぶとお風呂に入ったり、台所を片付けながらちょっと話を聞いた程度。
昨日も、弟は一日、彼女さん(と言っても、恋愛感情はまったくないらしい)のところに行って、一応今後のことをいろいろ話してきたらしい。
しかし、私やダンナからしてみれば、まったく何を考えているのかわからないようなプランで。

結婚するつもりもない、お金持ちの彼女さんからマンションを貸してもらって(彼女さんの家はものすごい財閥らしくて)、治療に通い、仕事はぼちぼち考える、という。
しかも、会社勤めは自分には合わないから、なんとか起業したいと。
それってヒモじゃん・・・
心の中で思ったけど、口には出せなかった・・・。

弟ももういい年だから、大人のやることに口出しはしたくないし、ヘタに関わりたくもない。
私の母親が子どもたちにしてしまったように、共倒れはしたくない。
だから・・・
できる限りの援助はするけれど、私が最優先に守るべきなのはあなた(弟)ではない、と言いたかった。
言うつもりだった。

でも、察したのか、弟はゆうべは「疲れたから」とさっさと寝てしまった。
今日の午前中、実家の方に帰るそうだ。

結局・・・

August 14 [Mon], 2006, 6:34
昨日は弟は来ませんでした。
っていうか、途中まで来たらしいのですが、滞在先の彼女さんの調子が極悪みたいだということで、弟が行くことでもっと悪くなるといけないから、という配慮らしいです。

心の病を持つ同士が近づくことの危険性・・・。
きっと弟も、その彼女さんもわかっているだろうに。
2人の間に恋愛感情があるのかどうかはわかりません。
ただお互いに、大変だったときを支えあって乗り越えてきたという戦友のような思いなのかもしれない。
でも、なんにしろ危険ではあると私は思うんだけど・・・。

明日の夜、うちに来てくれることになったので、そのときにゆっくり話そうとは思ってます。


・・・私は今、実家とそれに関わることから距離をおいていました。
でも、これまでもそうだったんだけど、私がそうしようとすると、必ず呼び戻されるかのようになにかあるんです。
誰かが病気になったり、経済的に助けを求めてきたり。

それを今までは自分のせいだと思ってきました。
私が背を向けようとするから、悪いことが起きるんだと。

でも・・・
今は少し違う。
私は私の人生を歩んでいく。
もちろん、長いこと背負ってきた罪悪感は消えない。
『私のせいで・・・』
そう思うことがこれからもきっとあるだろう。
でも、それでも、私のせいではない。
少なくとも『私だけのせい』ではない。

私は私のこの手で、自分の人生を掴み取っていく。
そう思っています。
その中に、もちろん実家への思いもあるんです。

さっき急に・・・

August 13 [Sun], 2006, 5:25
実家の弟から携帯にメールが。
4時半っすよ!?(って、起きてる私も私だが)

この弟、実は心の病を抱えてて。
メールくれるときは必ずと言っていいほど
「死にたい」
メールなんです・・・。

「あぁ、またか・・・」
と、ちょっと困って携帯開いたら、
「今日これからお邪魔していい?」
とのこと。

弟は、心の病のせいでなかなか仕事に復帰できず、
知人の勧めで秋くらいから、東京に出て治療に専念しながら仕事を探すつもりらしい。
その知人の家に、夏休みを利用して来るつもりだったらしいのですが、
その知人さんもまた心の病持ちで・・・。
どうも、具合が悪くなったらしく、彼女(女性なんだなコレが)が落ち着くまで、
うちで待機させてほしいとのことでした。
偶然、その彼女の家は、私の家から程近いところにあるらしく。

最近、実家とはかなり距離を取っている私。
電話もしないし、手紙も書かない。
心配して母が手紙をくれたり、
あとはいつものようにお金を工面してほしい、とは言ってくるけど、
無理なものは無理と言うし、送れる範囲なら送って終わり。
冷たいな、とも思うけど、そうしないと私の心が病んでしまう。

今回の弟の東京進出(笑)も、聞いていたけど、特に援助しようとか、
こちらから声をかけようとは思っていなかったのが事実。
でも、ご近所さんになるのか・・・(苦笑)

まぁ、本人からいろいろ話は聞きたかったので、いい機会と思うことにしよう。

腹立つ〜!

May 10 [Wed], 2006, 22:31
夫と言い合いになった。
というより、言い合いになりかけたので、私が黙った。
で、その矛先が息子に向かってしまった。

ここしばらく、中学のPTAの仕事が忙しく、明日は1回目の委員会。
本部役員なので、学校長はじめ各学年の先生方や各委員会の代表の人も集まる運営委員会。
その準備でずっとがんばってきた。

が、夜になってゆうが、「のどが痛い」と、騒ぎ出した。
14日からは修学旅行だというのに・・・
で、我慢できないほど痛いと言う。
明日は私も絶対に外せない委員会なので、夫の帰りを待って予定を聞いてみると、会議だから病院に連れて行くのは無理、とのこと。
で、困っていると、
「中学の役員をやっていて、中学に通ってる子が具合が悪いんだから、抜けさせてもらえ」と。
大事な会議だから、と言うと、
「本末転倒じゃないか」。

わかってる、言いたいことは。
でも、その言葉の端はしに、自分は大事な“仕事”だから無理で、あなたはただの役員会なんだから、別にいいでしょって言うのを感じた。

言っても無駄だと感じたので、私は黙った。
でも、怒りがこみ上げてきて、布団に寝ていたゆうにぶちまけてしまった。
「お父さんに直接言ったら?」
・・・本当にそうだよね。
具合の悪い子にこんなこと言って、私はひどい母親だ。

実は今日の役員の集まりでも、私はまったくのど素人で、なにもわかっていなくてすごく申し訳ない思いをしてきたばかりで。
できる限りのことはする、と言った矢先、役員会を抜けるなんて・・・という勝手な思いが沸いてきて・・・。

だけど、確かに子どもが具合が悪いのだから仕方ない。
明日の朝の様子を見て、どうするか決めようと思う。

実家行

May 05 [Fri], 2006, 6:56
無事帰ってきました。
亡くなったおばさんの息子、つまり私のいとこに会うのがつらかったけど、淡々としてました。
で、いろいろ話ができました。

私のきょうだいは、鬱持ちの弟以外はみんな参列しました。
この連休にまさか会えると思っていなかったけど、こんな形ででも会えてよかったな、と思いました。

きょうだいは仲良くしないといけませんね。
つくづく思う。
私のきょうだいは人数が多いから、合う合わない、いろいろあるけど基本的にみんな仲がいい。
それを再認識したように思う。

ここ最近、私は実家の方と距離をとってました。
実際忙しかったから電話もなかなかできなかったのだけど、気持ちのどこかで避けてた。

なんていうか、関わるのが怖くて。
誰かを失うとき、深く関わっていればいるほど悲しみは深い。
だから、なんていうのかな、距離をとっていたというか・・・。
う〜ん、うまく言えない。
なんか、誰かを失いそうで怖かった。

実際、本当におばを失ってしまったわけだけど・・・
でも、本音を言うと母や弟じゃなくてよかった・・・。

帰るとき、母の実姉(こちらもおばね)と少し話をしました。
私が小さいとき、母に代わって面倒を見てくれたこのおば。
本当に年老いてしまった。
その姿を見ただけで悲しくなって怖くなって、抱きついて泣いてしまった。
「元気でね。本当にずっと元気でいてね」と。

何年ぶり・・・いや何十年ぶりだろう。
おばに抱きついて泣いたなんて。
でも、なんだか気持ちがスッキリした。
私はずっとこうしたかったんだ、と思いました。

実家の方は桜が満開を少し過ぎた頃。
駅に着くまで忘れていたけど、ちょうど春祭りの最終日で、賑わっていた。
やっぱりここは私のルーツ。
そう思えた一日でした。

ショック・・・

May 02 [Tue], 2006, 4:58
昨日の夕方、実家の弟から電話が。
「いい話ではないんだけど・・・」
実家から電話が来るときは、たいていよくない話だけど・・・(--メ)。

私の母の兄の奥さん(つまりおばさん)が、ついさっき亡くなった。と。
昨日まで元気だったのに・・・と。
しかも、それは病気ではなく、自ら命を絶ったのだと・・・。

母の兄は、もうずいぶん前にガンで亡くなっていて、そのおばさんは息子夫婦と同居していました。
その息子との折り合いが昔から悪かったようで、最近は直接的な暴力まではいかないまでも、ものを投げてきたり、家の中のものを壊したり・・・と、身の危険すら感じていたようでした。
私の実家のほうにも何度か相談に来ていたらしく、警察や市役所に相談して、おととい息子夫婦に内緒で引っ越したばかりのことだったそうです。

私の実家のほうは、助けてやれなかった、という悔しさと悲しさ、そして同時に、あそこまで手厚く世話をしたのに(アパートの準備やら生活用品まで、いろんな方に手助けを頼んだらしいです)どうして?という怒りにも似た感情で、混乱している様子でした。

私はそのおばさんとは、それこそ冠婚葬祭のときに会うくらいのことしかなかったけれど、自分の息子との確執で自分の命を絶つまでに至ってしまったという事実に強いショックを受けています。
おばさんも悪かった部分がたくさんあったらしい。
でも、身近に一緒にいると、修正する間もなく日々が過ぎていき、お互いに感情を抑えきれないところまで来てしまう。

ことがことなので、葬儀などは内々でやるようなので、私はそのために実家に帰るかどうか、まだはっきりしていません。
でもとにかく、しばらくは喪にふしたいと思います。

うんざり・・・

April 26 [Wed], 2006, 18:04
いい加減いやになる・・・

何のことかというと、幼稚園のママたち。
去年とメンバーが持ち上がりで、担任だけ替わった今年。
去年からなんとなく仲良くしなくてもいいママたちだなぁ(爆)とは思っていたけど、
つくづく最近そう思う。

新しい担任に対するひどい中傷。
保護者会で担任を責める責める・・・。

集まればだれかの悪口。

もううんざり!

今日もそうだった。
20代の若いママが、膝上のスカートにブーツを履いてるのを見つけて、
「母になってあんな格好は犯罪」
「よく足を見せる気になるもんだ」
などなど。

余計なおせっかいだよ!
そのママには似合ってるんだからいいじゃん!

・・・そう言いたかったけど、黙ってその場を離れた。
きっと、その私に対しても、そのあといろいろ言っていたに違いない。

あぁ、卒園まで一緒だと思うとためいき。
でも、私は私で行こう。

春眠暁を覚えず!

March 29 [Wed], 2006, 7:11
・・・ってよく言いますよね?
確かに春は眠〜い!
私はいつもは毎朝4時とかに起きてるんですが、最近は春休みということもあり、6時とかになってしまう・・・
どうしても自分ひとりの時間がほしい私なので、早朝のひとりの時間ってすごく貴重なんですよね〜。
でも、今日はまだ誰も起きてこない!
昨日、寝るの遅かったからなぁ、子どもらも。

ダンナは今日はどういう予定なんだろう?
うちのダンナは、春休みとかがある仕事をしているので、今はその時期。
昨日は飲み会で新宿まで行ったらしい。
私は聞いていなかったのに、「言ったでしょ?」というダンナ。
休みが続くとどうしてもケンアクになりがち・・・
昨日の夜、ダンナがいない夕食時の和やかさったらなかったわ!(苦笑)

まぁだれでもそうなんだろうけど、結婚したときは一生仲良くしていける、と思って一緒になるわけだけど、時間の流れって残酷ね〜(汗)。
子どもがいるうちはまだいいけど、これがひとり巣立ち、二人巣立ち・・・
二人っきりになったときにはどうしたらいいんだろう!?

・・・まぁ起きてきたらお茶の一杯でも出す努力をしよう。
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コメントありがとうv
アイコン画像をとこ
» 突然ですが、 (2008年10月04日)
アイコン画像まさる
» 突然ですが、 (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
» 突然ですが、 (2008年09月27日)
アイコン画像ちちち
» 突然ですが、 (2008年09月25日)
アイコン画像おいお
» 突然ですが、 (2008年09月20日)
アイコン画像海賊王
» 突然ですが、 (2008年09月14日)
アイコン画像虎とら
» 突然ですが、 (2008年09月07日)
アイコン画像じゃり
» 突然ですが、 (2008年09月02日)
アイコン画像らん@管理人
» HAPPY BIRTHDAY!! (2006年09月29日)
アイコン画像ひまわり
» HAPPY BIRTHDAY!! (2006年09月27日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:newdays2003
読者になる
Yapme!一覧
読者になる