ドイツ気象局の放射能飛散シミュレーションによると

April 08 [Fri], 2011, 15:55
 最新のドイツ気象局の放射能飛散シミュレーションによると、10日あたりにまた放射性物質が風にのって首都圏にやってくる可能性が高いようだ。何故このような情報を海外より仕入れないといけないのだろう?
それはさておき、9日に雨が降る可能性はあるが、10日は大丈夫のようだ。雨で何を気にしているのかというと、また首都圏の水道水が放射能汚染される可能性があると言う事だ。
かつて浄水器 放射能で検索してありとあらゆる情報を集めた。恐れているのは、残念ながら一般の浄水器では放射性物質が除去出来ないと言う事。そして我々は水なしでは生きられないと言う事。さらには仕事や、生活もあるので、“この場所”から離れる事が出来ないのだ。西に親戚がいなければ尚更だ。
だからと言ってここでじっとしているつもりはない。自分で調べ行動に移すべき。なぜなら政府はいつも事後報告だからだ。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ネット
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/netnet/index1_0.rdf