<高額療養費保険料>年4600円負担増 厚労省試算

October 28 [Fri], 2011, 23:00
 政府が検討中の医療費の自己負担に上限を設けている「高額療養費制度」の拡充に関し、必要な財源を保険料アップで賄う場合、会社員なら年に4400?4600円(労使双方分)の負担増となることが28日、分かった。民主党厚生労働部門の医療・介護ワーキングチーム(WT)の求めに応じ、厚生労働省が試算を提出した。

 厚労省は、同制度を見直し、年収200万円程度?300万円の世帯を中心に自己負担を軽くする意向だ。それには15年度で保険料約2500億円、公費約1200億円が必要と試算し、その財源を外来患者の窓口負担(原則3割)に別途100円を上乗せ徴収する「受診時定額負担」で賄う方針を示している。

 しかし、患者に新たな負担を求めることには民主党内に慎重論が強いため、WTが保険料で賄う場合の試算を同省に求めていた。

 試算によると、年間の負担増額は▽中小企業の従業員が多い全国健康保険協会(協会けんぽ)で約4600円(労使折半、保険料率約0・1%分)▽大企業中心の健康保険組合約4400円(労使で負担、保険料率同)▽自営業者らの国民健康保険約1400円▽75歳以上の後期高齢者医療制度約350円??となる。ただし、公費分1200億円については別に財源が要る。【山田夢留】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111028-00000120-mai-bus_all
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


 
 
[PR] FX-Jinの恋スキャFX | 梅田浩一の社労士試験一発合格 | FX自動売買システムフェニックス〜

加藤正一のウイニングFX | 日常英会話の最速上達法 EEP | 成田式新TOEIC900対策


  • URL:https://yaplog.jp/neta-keizai/archive/638
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。