くだらないさ 我慢するのは

January 27 [Wed], 2010, 14:36
ネガポジへ。

半年ぶりになるナキミソのライブを見に行った。


やっぱりこの人の声が好きや。広がって響きわたるあの声が。

久しぶりに見たライブは、半分くらい新曲で嬉しかった。「人魚」と「夕焼けみやけ」という曲が印象的だった。あー、もう一回聞きたい。


立って歌うようになったせいか、良くも悪くも全体的にギターも歌も強くなったように思えた。
弱いとこと強いとこに、もっとメリハリが出たら、今よりもライブに臨場感が出てくるやろなと思った。


「アーセンルチカ」は、あらためて名曲だと思った。初めて聞いたときからいつも同じことが頭と心をよぎって、目ん玉が熱くなる。
そして、こっからの「SCOPE」の流れがたまらんかった。この曲はオレらのバンドで時々カバーさせてもらってるだけに、想い入れも深いし、大好きな歌。
カバーのとリンクしてくれとった歌詞のとこで鳥肌が立った。


この人のことは、普段からよう見てっけど、ステージに立つと不思議と映える。これ大事なこと。

春が来ても、そのまた次の春が来ても、ずっと歌い続けていってほしい人だ。


客席には、アラサーの先輩から、遅れて来たマイミクのフルヤ氏から、この晩に二十歳を迎えた後輩まで、いつもの顔ぶれがあって終演後も楽しませてもらった。


そして、昨年の暮れに事故に合われたネガポジの親父こと山崎さんの元気な顔が見れてほんとに良かった。


いい夜だった。

純白

January 25 [Mon], 2010, 0:49
サンデー、青い空。
休憩時間にHMVへ。

ついに発売された、待望のおとぎ話3rdアルバム「FAIRY TALE」を買いに行った。


今日みたいな晴れわたる空がよく似合うバンド。好きなんだよ、このバンドが。
音楽に人間に愛が乗ってる。それは押しつけがましい愛じゃなくて、さりげなく優しくて、自然にあったかい。そういうの。

このブログを読んでくれてる人に、この気持ちがどれくらい伝わるかわからんけど、

1曲目のイントロでもうそれがある。

歌詞カードの挿絵からも、それがある。

わかってくれっかな、オレが言いたいこと。


おとぎ話という音楽に出会えて良かった。

君のうたをうたう事で、かなしみをぶっとばせる気がしたんだ。


叫ぶように歌ってる。

EVERYDAY 単純 前へ。


♪おとぎ話「FAIRY TALE」


土と龍

January 20 [Wed], 2010, 23:49


先日ライブをさせていただいたライブハウスnano。

nanoに出演したのは、先日が初めてのこと。でも前にやっていたバンドで出演したことがあり、店長もぐらさんに出会ったのは、かれこれ6年前になる。

それよりも、もっと何年も前から、存在は知っていた。もぐらさんは京都の音楽シーンをずっと引っ張ってきた人だから。有名人である。
そして、これからも京都の音楽シーンをぐいぐい引っ張っていく人でしょう。

ちなみになんで、これからも引っ張っていけると思うのかというと。
オレの知ってる限り、オレなりの言葉で言うと、あのもぐらさんという人は、音楽に対して、人間に対して、懐が深い。

そして有名だろうが、無名だろうが、いいもんはいいんや、という気持ち。

そんでもって、あの笑顔でしょう。人が集まる笑顔。人がついていく笑顔。


オレみたいなもんが生意気なことを書きましたが、つまりは素敵だと言いたい。





そんなnanoのHPブログに、店長もぐらさんがあの日の感想を綴ってくれていた。勝手ながら、ここにnanoブログの一部を載せさせてもらいます。(もぐらさん、勝手にすいません。そしてありがとうございます。)


「11日。
ユームラウトの西村の企画。

〜中略〜

そしてこの日は何よりもネジ梅タツシと思い出ナンセンス。
あんなに泣けるバンドはないよ。なかなか。
ボーカルのタツシとは体温でのライブ以来で、とにかく
「俺は板前やりながらギターを弾いて歌を歌ってるんだ。でも中途半端じゃないよ。何をしてても本気で生きてるよ!父ちゃん母ちゃん!」
っていう歌を等身大過ぎるくらい等身大に歌う。
あれはブルーズ。そうだ。タツシのブルーズがとにかく涙を誘う。
一生懸命働いてる人間にしかかけない歌だし、歌えないパフォーマンス。
見たことのないようなマイクロフォンの握り方で、聞いたことのないような歌い方で歌ってる。
タツシの右手はそこに確実にあった。
ブルハの「僕の右手」がこんなにも似合う人間を初めて見た気がした。

本番前、彼が握った寿司は本当に美味しかった。」


空に願いを

January 16 [Sat], 2010, 14:23
年末の有馬記念。

1番、2番人気の馬を的から外して、勝負した。

結果は、1番、2番人気の馬が、そのままワンツーでフィニッシュ!(涙)

なんておもしろみのないレース、ロマンチックぢゃない!
巨人→中日が1位、2位になるセリーグのペナントレースのようなもん。


年明け1発目の金杯レース。

オレはやらなかった。
1着の馬の名前が「ライブコンサート」。当ててないけど、いい名前の馬が勝って、勝手におみくじ大吉をひいたような気分になって、嬉しい!


そういや、まだ初詣に行ってない。去年は初詣が節分やった気がする。

3年前から毎年同じことを願っている。

チミに幸あれ。


キャプテンつばす

January 14 [Thu], 2010, 13:57



NANO

フロアいっぱいに集まってくれたお客さん、ありがとうごさいました!
ステージが少し高くて、お客さんはスタンディングだったので、すごく良くお客さんの顔が見えた。とてもいい表情が、あっちにも、こっちにも見えて、嬉しくなる。
。ほんとにあたたかいお客さんでいっぱいだった。

ステージで、つばす(という魚)を裁いてるときに、まな板のほんとすぐ前でお客さんが見てくれとった。たぶん今までで1番近い。
さすがにちょっと緊張したけど、気持ちの入ったいい寿司が握れた。

年が明けて、正月休みで少しゆっくりできたときに、オレらにとっては、たくさんライブをした去年をあらためて振り返ってた。歌をギターをジャララランと練習しながら。

共演者やライブハウスの方からはもちろんのこと、お客さんから学ばせてもらうことがオレには多かった。
そして自分のなかで見つけた課題があった。

そんな昨年の大きな糧をふまえて臨んだNANOでのライブ、やりたいこと、届けたいこと、その気持ちがはっきりしてたから、寿司と同じくらい気持ちの入ったいい演奏ができた。(これぞH&Gの調和!とか言って。笑)

アンコールをいただいて、感受性くらいを歌った。

1年は始まったばっかり、誰かのせいや、なにかのせいにせず、自分の感受性に敏感でいたい。

次のライブは、季節が変わってからにしようと思っていますが、今年もねじ梅タッシと思い出ナンセンスをよろしくお願いします!


共演したシェムリアップ、勝手にオレが想像していたよりずっとポップで好きだった。
尚かつ。ユーモアがあって、イナちゃんの笑顔がよくて、メーターを振り切るような場面もあって、とても楽しませてもらった。

東京から来たユームラウト、歌詞とメロディとがうまくはまり合ってて、随所に切なさがあって、心を持っていかれる。
「誰かのためのラブソング」という曲が、とっても心に染みた。
西村くんがよくいじられとった、つまりは、みんなに愛されとったな。
また一緒にライブしたいと思った。


ほんとに素晴らしい夜やった。こんな夜なら、いつまでも、何度でも。

もう1度お礼を、あんなに寒い中、ライブハウスに足を運んでくれたみなさん、ありがとうごさいました!!




追伸、西村くんがやる長州のものまねがすごく似てて、何回見ても笑ってしまった。



新年会の連続

January 06 [Wed], 2010, 23:36
あっという間の正月だった。


今年は、いろんなことの船出。になりそう、というか、オレは船を出す。


ひとつ前へ行かんとな、でも前だけを向くつもりはない。
振り返りもするし、立ち止まるときもあるやろ。振り返ってわかることがオレにはたくさんあるから。
そんでまた前を向くよ。

年賀状。その文字を見ただけで浮かぶ顔がある。アイラブユー。


ビール。たくさん呑んだ。家族や友達に会って、酒を呑む機会が多かった。
結婚の話が、一番多かったように思う。年頃やもんな、そりゃそうか。


今年は結婚式や。オレは祝いに行くばっかりやが。笑

休みとれっかなー、、なんとかしたいな。
心から歌ってやりたいやつらばっかり。



1/11
@京都ナノ
「大人≠おとな」
ねじ梅タッシと思い出ナンセンス
シェムリアップ
ユームラウト(東京)
オープン1830/スタート1930
前売予約 1000



賀正

January 02 [Sat], 2010, 14:48
あけましておめでとう。

元旦、カルタ大会に全力で取りくむ。老いも若きも、汗をかきながらカルタをやってる。

こんな感じで、2010年が始まった。

今年も、ひとつ、ふたつと、よろしくお願いします!

ねじ梅タッシと思い出ナンセンス、昨年は例年よりたくさん演奏する機会に恵まれて、思い想いの忘れられないイベントばかりだった。
家のなかで、じっとしとったら、なんも起こらん、いいことも、悪いことも。走ってみて、やってみて、動いてみて、わかったことや見えたことがあった。

さぁ、年始めのライブをやります。初めて出演するライブハウス。とっても楽しみである。
最近ほんとよく、ユームラウトの「さらば」という曲を口ずさんで歌っている。すんごく心に染みる曲。生で聞けるのが楽しみ!

今年はこのライブが終わったら、しばらく間があくと思う、まためずらしく祝日のライブなので、お休みの方々は、遊びに来てくださいねー。

1/11(祝・月曜)@京都ナノ
ユームラウト(東京)関西ツアー「大人≠おとな」
・ねじ梅タッシと思い出ナンセンス
・シェリムアップ
・ユームラウト(東京)
オープン18:30/スタート19:30
前売/予約 1000円



ねじ梅タッシと思い出ナンセンス・2ndミニアルバム「人が人を呼ぶんだよ」ライブ会場にて絶賛発売中!

「彼らはステージで言う。
『大切な人を思い出せるような、忘れたくない想いが少し濃くなるようなライブにしたい』
このCDを聞いて、そんな彼らのライブを、彼らの味のある笑顔を思い出して、また彼らに会いたくなった。
『人が人を呼ぶんだよ』このCDのタイトルのように、自慢の仲間たちが、人間の身体の中心でつながれるような、少しでも皆の心動かせれるようなイベントを私はし続けたい。
そこに『ねじ梅タッシと思い出ナンセンス』彼、彼女らの笑顔と想いが響くことを私は心から願っている」

NOWHERE 代表 神谷美重

向日葵のような人間だ。この人がいると、どういうわけか場が明るくなる。
すばらしいイベントは、おもしろいイベンターがいてこそ。これ絶対。そのイベンターの人柄がまた、人を呼ぶんだよ。
コメントありがとうごさいます!


2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ねじ梅
» デモテープ (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 人にやさしく (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 雨上がりのナイツ (2010年06月02日)
アイコン画像失礼します!
» 雨上がりのナイツ (2010年06月01日)
アイコン画像赤チリ
» 雨上がりのナイツ (2010年05月25日)
アイコン画像ポポ
» 人にやさしく (2010年05月24日)
アイコン画像カモノハシ
» デモテープ (2010年05月14日)
アイコン画像ねじ梅
» オレンジ (2010年03月03日)
アイコン画像ねじ梅
» 呑んで呑まれて (2010年03月03日)
アイコン画像ファジー
» 黒潮 (2010年02月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nejiume
読者になる
Yapme!一覧
読者になる