熊の子 見ていた

October 28 [Wed], 2009, 1:16


かくれんぼ、お尻を出した子 一等賞。
夕焼け 小焼けで また明日 まーた明日。
今日も一日がんばった。
昨日のマンディは、休日出勤。それでも、終わってから板場の先輩と呑みに行く。
やっぱ人間は、週に1回くらい休まないとあかんな。
手や腕によく火傷をする。すぐに冷やすのがいいんやけど、火傷したからって、熱いからって、すぐには、そこから手を放すわけにはいかない。
まぁこれも板前の勲章かもな。
わっしょい、明日も労働がんばります。

ところで、菊花賞、当てた!やっほー!
賭けたなかで、1番配当が低いのが当たったので、結局プラマイ0ってとこ。

ドラマがあった。G1騎手の方のインタビューの言葉を聞いて感動した。


また一段と寒くなってきた。
ここんとこ、中島みゆきの歌が染みる。時代とか、たまらんね。

それと、久しぶりに斎藤和義を聞いたら、心打たれた。

夕立ちのような日々のなかで
いつの間にやら 僕は 泣き方も忘れた


時は流れて思い出すだろう 今日の日が正しかったと

だから泣かないで 僕らのためだよ
それぞれの花をきれいに咲かせよう

さよなら グッバイ また会う日まで その日まで どうか幸せに

♪「決断の日」 「さよなら」 斎藤和義

この曲たちが入ったアルバムはすごくいい。


オレらのアルバムもまた、なかなかいいよ。

ねじ梅タッシと思い出ナンセンス
2ndミニアルバム「人が人を呼ぶんだよ」

「僕にとっては
家族のみんなにほんのちょっと優しくできるようになった
酒呑んだり話しをする機会を自分からもつようになった
当たり前のことやのに今までは遠ざかってた
家族 友達 恋人 僕のこと
僕にとっては 優しくなりてぇ夜 にききたい音楽です」

マイポポス キャメルながた


照れ屋のキャメルくん、大事な人たちのこと、このCDを聞いて、思い浮かぶなら、オレは本望や。いつもありがとう。


キャメルくんは、いつも寝る前に、このブログを読んでるって、言ってくれてた。

今夜も読んでくれてっかな。
キャメルくん、おやすみなさい。

メリークリスマス

October 24 [Sat], 2009, 14:54
街角で、サンタクロースのおっさんを見つけた。勇み足。
でも、もう、そうでもないか。冬が近付いてることを実感。


ねじ梅タッシと思い出ナンセンス
2ndミニアルバム「人が人を呼ぶんだよ」


「メールじゃなくて電話じゃなくて
歌だから伝わった、こういう奇跡が世の中もっとあればいいのにと思う。
何が大事で何を大切にしたいのか、このCD聴けばすぐわかるよ。
それがわかってとても嬉しかった。
京都に住んでるからたくさん会えないけど、
彼らに会いたくなったらこのCDを聴けばいいんだ。
音楽で繋がった出会いはいきなり胸の中を見せちゃうから
ごまかしがきかないけど、その分こんなに素敵な友達ができたりすると
やっててよかったと思います。」

いなかやろう オシダチサヨ 


オシダさん、とっても愛のあるコメントをありがとうございます。必ずやまた共演しましょう。


さぁ、このCDを持ってライブへと向かいます。

11/2・京都精華大学文化祭 音蔵
19時50分からの出番です。(場所がわからない方は連絡ください)

ずっとこのままでいたい、でもこのままじゃいけないんだと、青春の影が伸びたり消えたりする、そんな学生さんたちに向けて伝えたいこと、
母校へ帰ってくるOBたちに忘れちゃいけないことを思い出してもらいたいことが、あるから、
文化祭という場でライブができることを嬉しく思う。ぜひごらんください。



・12月7日(月曜)ネガポジ
ねじ梅タッシと思い出ナンセンス 2ndミニアルバム「人が人を呼ぶんだよ」レコ発イベント
『どうしてぼくは こんなところに 第5話』

出演
・ねじ梅タッシと思い出ナンセンス
・the NO
・リールード&せんべろ探偵
・〈O・A〉本田リサ
open 18:00 start 18:30
前売・予約 1200円 当日 1500円

いつも、だいたい6曲くらいのセットリストでライブをやるのだが、この日はレコ発ということで長いめに時間をとって、発売CDの曲はもちろん、昔に作った曲も、現在練習中の新曲も、たくさんの曲をやろうと思います。
たっぷり楽しんでもらえるようがんばります!
また今回集まっていただいた素晴らしい共演者の方々は、ライブハウスという現場に愛情を持って音楽をやってる方々。だから伝わるんだよ。

どうぞお楽しみに!

オリオン座に 願いを

October 21 [Wed], 2009, 14:28
ゆうべは、オリオンビールを呑みながら、特集紙を読んでは、うーん、意外にセイウンワンダーあたりが2着に絡んでくるじゃないか、とか思っていた。まじめに。
これも、ひとつのロマンなんだよ。


ねじ梅タッシと思い出ナンセンス
2ndミニアルバム「人が人を呼ぶんだよ」

「学生時代の自分をバカバカしく、ちょっぴり肯定してあげたいと思った。
20代半ばにして再びこの気持ちが味わえることに感謝!!
全部をチョー消しにする必要はないんだね。」

中央線ラプソディー企画 いわずみ


いわずみさん、そんな気持ちになってくれて、こちらこそ感謝、ありがとうございます。


「中央線ラプソディ」とは東京で開催されている素敵イベント。
最近開催されたのが、
【中央線ラプソディーVol.6】
2009年10月10日(土)
@東高円寺U.F.O. CLUB

◆赤い疑惑
◆前野健太
◆埋火
◆DODDODO(大阪)

紙芝居:大橋裕之
DJ:黒まめ


いわずみさんと出会ったのは先日の渋谷でのイベントのとき、お客さんとして来られていたいわずみさんが、ライブ終了後に物販でCDを買っていただいたときに(いわずみさんは1stと2ndを2枚同時購入!感激)少し話をさせてもらった。
いわずみさんにもらったフライヤーの絵、また「中央線ラプソディ」というイベント名に、えらいセンスのある人だなぁと思った。

こんなふうにおもしろいことをやってる人の心のアンテナに、オレらの音楽がひっかかってくれたことが実に嬉しい。

オレも負けじと、おもしろいこと、興味のあること、やっていこう。
だっていつか死ぬんやよ。だったら、生きてるうちに輝けって話よ。


男なら

October 20 [Tue], 2009, 0:43
阪神が4位と決まってから、スポーツ新聞の記事もどこかさみしい。ドラフト会議には参加したい。
盛り上がりを見せてるのは、来週の菊花賞の特別紙。休憩時間に場外行ってこよ、当てたろ。

阪神不在のクライマックスシリーズ、オレは楽天を応援してる。日ハムにも勝って、いこうで日本シリーズ。

ここまできたら、日本シリーズで楽天が巨人をぶちやぶるとこ、見たい。男気ひとつで変われること、見たい。


ねじ梅タッシと思い出ナンセンス
2nd ミニアルバム「人が人を呼ぶんだよ」

『「どんな気持ちの朝でも まな板の前にたってる」
俺は板前ではないけれど、この一節が凄く印象的で共感しました。
そこらで垂れ流されている生活感の無いラブソングよりも地に足がついてる、っていうんかな。』

the pumpkins 松岡亮


りょうさん、ありがとうございます。その一節が、りょうさんに伝わってることが純粋に嬉しいです。


今日、寺町御池をバイクで北上した。途中で思わず見上げた、布団屋のビル。



♪「水よりも空気よりも君のことが好き」本田リサ

晴れてきた

October 18 [Sun], 2009, 14:16
10月が1年のなかで、もっとも好きだ。

そんな10月も半分が過ぎた。ようやく体調も戻ってきたので、あと半分しっかり満喫しよう。


新曲を作った。今夜は仕事が終わったらスタジオなので、メンバーの前で歌ってみよう。

12月のイベントのときに、この新曲を披露できたらいいなぁ。



2nd ミニアルバム 「人が人を呼ぶんだよ」

「出会ったばかりの筈なのに、城もタッシも、まるで昔からの友達のように思えてきた。
まだベースとドラムのアンチャンとは余り仲良くないけれど、奴らと打ち解けるのもそう遠くはないだろう。
CD良かったよ。少しだけ感動した。何だかペイヴメントみたいだった。
中学生日記には参ったよ。ただ、演奏力はペイヴメントの方が百倍あるけどね。」

おとぎ話 前越啓輔



前ちゃんコメントありがとう!中学生日記に目をつけてもらえて嬉しいなー。


写真 ねじ梅ファミリーのみんな。よし、演奏力だ、さぁ練習しよう。

おもしろいことを たくさんしたい

October 16 [Fri], 2009, 14:04
10月3日に2ndミニアルバムを発売しました。

「人が人を呼ぶんだよ」

収録曲
1.年に1回でも
2.オラは違う気持ちなのにな
3.中学生日記
4.さよならになったよ
5.今度好きな人が出来たら
6.死ぬなよ学校

価格800円

「青春というものに終わりがくるとしたら
それはこのアルバムに共感できなくなった時ではないか」
いなかやろう 土岐佳祐

土岐さんコメントありがとうごさいます。
嬉しい言葉ですね、こんなふうにいただいたコメントは、これからブログでアップしていこうと思います。


ちなみに、CDは基本的に手売での販売です。(郵送はします)

だからライブに来ていただいて、この手から、その手で、買っていただけたら、とっても嬉しいです。

今日までにお買い上げいただいた皆さん、頭の先から心の奥まで、ありがとうございます。



この秋は)兵庫県、東京と、西へ東へ行ってみて、いい経験になったし、勉強にもなったし、課題も見つけたし、すばらしい出会いもあったし、忘れられない思い出になった。


さぁ、ただいま京都。レコ発もかねて、ホームタウン京都でライブをやります。
おかえりなさいと言いに来てください、遊んでください、乾杯してください。


次回ライブ 
*2009年11月2日(月曜) 京都精華大学文化祭

*12月7日(月曜)ネガポジ 「どうしてぼくは こんなところに 第5話」詳細後日


ボロンロール

October 14 [Wed], 2009, 14:39
10月ってこんなに寒かったかな。

風邪をひいて熱が出たり下がったり出たりの日々で、しばらくずっとビールを呑んでいない。
こんなに長引くと思わんかった。まいったな、もう。
でも、行くとこにはちゃんと行ってる。病院ではなく、毎日の仕事と休日のボロフェスタ。


ボロフェスタ。
西部講堂でやってたときと雰囲気は、やはり違うけど、スタッフの皆さんのボロフェスタ愛というのが、随所で感じられて、やっぱりいいイベントだなぁと思った。

この日の目玉は、前野健太withおとぎ話。
この三日間のボロフェスタの大トリにふさわしい、すばらしいアクトだった。

前野健太の歌詞は本当に突き刺さる。バンドおとぎ話はその歌をさらにキラキラさせていた。
うちのギターの城も一緒に見に行ってたんだが、オレの隣で何度も「最高や、最高や」と言って腕を突き上げてた。また「孤独なんて、ただの言葉だろ」という歌詞にひどく心を打たれたようだ。

イベント終了後、二階で呑みがら(オレはグレープフルーツジュース)ゆっくりいろんな話をした。渋谷でのこと、今日のこと、これからのこと。東京から一週間、京都でまた再会できて良かった。彼らの優しくてあたたかい人柄に心がふれた。前野健太withおとぎ話とまたの再会を誓って、バイバイさよなら、また会う日まで、ありがとう。


この日、前野さんのカメラマンとして京都にやって来ていた学生時代の後輩にも再会。現在は東京で生活している彼。これがまた、おもしろい男なんだ。


続・パーーティ偏

October 11 [Sun], 2009, 14:51
アフターパーティ。

東京、渋谷、夜中、ライブハウス、男と女、大人たち、フォーク、酒、パンクス、DJ、午前3時、ヒップホップ。

こんなことが、あの晩、行われてた。
この言葉だけを並べると、とっても不良な感じがするな。たしかに不良ではあるが、でも愛があったから、頭はひどく回ってたけど、心に飛んできた。



マイポポスなんか、そりゃあもう。ありったけの気持ちを投げてた、オレは1球も見逃さないように、2人が全力で投げてる音楽に向き合った。
そしたら、幸せだと思った。そしたら、ありがとうってなった。



カルピスなんか、たまらんもんよ。
パンクもドパンク、龍くんやばいくらいかっこよくて、迫力あった。長州はダンスじゃなくてギター弾いてても、人を引きつけるフロントマンとしての魅力を持ってた。
夜を走る。透明な日々を見送る唄。


西村くん、目をつぶって聞いてた。
心の中に歌詞がすっと入ってくる。こんな歌もいつか歌えなくなんのかなと、彼は問い掛ける。バンド、ユームラウトが見てみたいなと思った。ツアーにおいでよ。


夜中3時、外を歩いた。京都とは全然ちがった。街の空気とか、行き交う人の雰囲気とか、大袈裟かもしれないけど油断したら、すぐケンカが始まりそうな感じがした。
高校2年生のとき初めて心斎橋のクラブへいって、街でオールナイトしたときと、同じ間隔になった。


やがて朝が来た。夕方から朝まで、およそ半日。
再会したかった人、会いたかった人、偶然にも会えた人、初めて話した人、お世話になった人、たくさんの人に会った、感謝の気持ちでいっぱい、出会った人たちみんなありがとう。
オレが音楽を続けてきて良かったなと思う、多くはこういことだ。


長州もあい乗りしてバンドワゴンで京都へ。今回ドライバーを買って出てくれた神谷という人は、いろんな面でメンバーみんなの支えになってくれたし、明るい雰囲気を絶えず作ってくれていた、心からありがとう。


またいつか、東京へ。


上下写真は、ほんとにお世話になった、リスペクト長州力。彼の行動力が、音楽シーンの未来を動かしている。と言っても過言じゃない。

♪「すばらしい日々」いなかやろう


人が人を呼ぶんだよ・本編

October 06 [Tue], 2009, 14:21
10月3日、東京は渋谷。

駅から降りて、目の前にある街は、テレビで見てたよりずっと、想像してたよりずっと、人が多くて、ビルが多くて、大きな看板が多くて、すごかった。
えらいとこに来たもんだと。オレは思った。


渋谷セブンスフロア、到着。

午後19時 開演

◎オープニングアクト 北山太一朗 (日本メルヘン・ex RPPH)

歌いだした京都慕情。東京に浮かんだ夕闇の一乗寺。
トレンディドラマのようなスタイルを決めて、つまびくギターと優しい歌声。
オレは本気だぜ、とMCで言ってた。ああいうことを、さらっと言えるのがこの男の魅力だと思う。



◎いなかやろう

これが東京だと、土岐さんが言って「踏切」で始まったステージ。
「じょばんにと海」がやばかった。押田さんと斎藤さんのコーラスがすばらしかった。そしてサビのあのメロディ、客席で思わず口ずさんでた。
そして「すばらしい日々」歌が物語で、切ない映画を見ているようで、もう目がジーンとしっぱなしだった。
いなかやろう大好き、結成10年おめでとう。



◎おとぎ話アコースティック

あんなにメンバー全員がキラキラしてるバンドって、なかなかいない。
遊園地の広場で、子供たちに囲まれながら演奏しているかのような、そんな表情でライブをしていた。
「SMILE」「クラシック」と続いたころには、かなりオレは興奮していた。最後の「とびらをあける」には愛が溢れてて、胸がいっぱいになった。
10/11、たくたく、おとぎ話ワンマンライブあり。京都の皆さんは是非!おすすめ!



◎前野健太
登場から存在感ありすぎ、そして始まるや、あの歌声。
「100年後」大好きな曲。もし100年後、ほんとに誰かと待ち合わせして会えるのなら、会いたいな。
渋谷の夜、前野さんの歌を聞きながら、その人の顔が浮かんだ。
前野さんとは1年半振り、その間に2nd「さみしいだけ」が発売、愛聴していたのでグッとくるセットリストだった。次回作も今から楽しみだ。
10/12、京都ボロフェスタ出演!オレも行きます!是非!



◎ねじ梅タッシと思い出ナンセンス

1、丸太町で恋をしてるぜ
2、オラは違う気持ちなのにな
3、感受性くらい
4、中学生日記
5、年に一回でも
6、死ぬなよ学校

アンコール・火葬場で思い出したヨ

ステージに上がったとき、東京だからといっての、舞い上がりや、変な緊張はなかった。
背伸びせんと、今できることをやろうという気持ちでいたから。

ライブ終了後、どんどこお客さんがCDを買いに来てくれた。
その際に感想を言ってもらったり、握手やサインまでさせてもらったり、名刺をいただいたり、東京の皆さんと少しずつでも話ができて、コミュニケーションがとれて、今夜のライブがしっかり伝わってたんだなぁと、実感した。
ありがとうございます。


この「ねじ梅タッシと思い出ナンセンスを東京に呼ぼう」というイベントを、企画主催してくれ、各方面に動きまわってくれ、あらゆる面でサポートしてくれた、十代暴動社の長州氏、
また主催者の問い掛けに、賛同し出演してくださった共演者の皆さん、
フロアいっぱいに集まっていただいた100人を越えるお客さんの皆さん、
セブンスフロアのスタッフの方々、
心からありがとうございました。



この渋谷で共演した皆さんとは、それぞれのタイミングで、この先も絶対一緒にやりたいなと心底オレは思った。
京都のみんなにも見てもらいたい人達ばかり、そのためにも、バンドとしても、イベンターとしても、京都で地に足つけて、やがて来るその日までがんばっていこうと思う。


次回 アフターパーティ編へ、つづく。


ただいま

October 04 [Sun], 2009, 21:26
ただいま。
京都へ帰ってきた。

やっぱり安堵感があるな、この京都の町並は。

前回の日記に書いた、千葉の妹夫婦宅へ、ハウスでのトマトの収穫を手伝わせてもらったり、今日までのつのる話ができて良かった。
すっかり農家の顔になっとったな。
一泊させてもらって、東京へ。



東京でのことは、近日中にまた、しっかりと書きます。
取り急ぎ御礼を!
お世話になった皆さん、ありがとうございました!



♪「ETM」おとぎ話

2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ねじ梅
» デモテープ (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 人にやさしく (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 雨上がりのナイツ (2010年06月02日)
アイコン画像失礼します!
» 雨上がりのナイツ (2010年06月01日)
アイコン画像赤チリ
» 雨上がりのナイツ (2010年05月25日)
アイコン画像ポポ
» 人にやさしく (2010年05月24日)
アイコン画像カモノハシ
» デモテープ (2010年05月14日)
アイコン画像ねじ梅
» オレンジ (2010年03月03日)
アイコン画像ねじ梅
» 呑んで呑まれて (2010年03月03日)
アイコン画像ファジー
» 黒潮 (2010年02月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nejiume
読者になる
Yapme!一覧
読者になる