遠くの町へ

March 30 [Mon], 2009, 22:12
久し振りに京都から外へ出た。

電車に長い時間乗るのも、悪くない。

空が青いから、最寄の駅から乗らず、3駅先の駅まで歩いてみた。


途中、ティッシュ配りしてる女の子がすごいかわいくて、しっかりティッシュもらう。

途中、通りにあった服屋に入る。
シャレた店員さんが接客して話してくれてるとき、ちょいちょいオレの頭、特に左側を見てくる。
歩きすぎて忘れとったが、今日かぶってる帽子のせいや。
「おかげさまで5周年 全農 JA兵庫」と書かれてある帽子。
そりゃ、気になるよ。


さぁトレイントレイン。遠くの町へ。



電車の窓に映し出された、オレだけの映画、薄紅色の空のドラマ。


四月からピカピカの一年生になる甥っ子。


ドッキドキドン一年生、隣りに座る子いい子かな、友達になれるかな。




いつだってオレは

March 28 [Sat], 2009, 1:17
イメージは膨らんでる。もりもりと。

なんかおもしろいこと、できないかなぁって、いつだって考えてる。


あいつとか、あの子となら、できんじゃないかって、これをやったらおもしろいんじゃないかって、いつだって考えてる。

えっ、オレのこと?
えっ、あたしのこと?
って思ったおまえら、当たってっかもな。いや、おまえは違ってっかもな。



まだ漠然としたこのイメージに、おまえらのアイデアと行動力が、たぶんきっと必要なんや。



どあほ

March 26 [Thu], 2009, 0:35
純粋な感情は今もずっと変わってないのに


肝心な問題は いつになってもわからないよ

青春の最中は前をずっと見つめていてよ

運命も運勢もたぶんきっと当たってないよ


♪スーパーカー 「HELLO」

春のように

March 24 [Tue], 2009, 14:13
空は晴れてっけど、また寒くなってきた。

春が一歩踏みとどまってる。

迷うなよ、春。

この前までみたいに、まっすぐ向かっておいで。

もうオレの心は、春へと向いてるから。

結婚前夜

March 22 [Sun], 2009, 1:18
今日、夜が明けて、朝になったら、友達カップルが結婚をする。
恋人から夫婦になる。


新郎、新婦、二人には、普段からなにかと良くしてもらってる。

楽しいときは一緒に笑ってくれた、悲しいときは一緒に酒呑んでくれた、相談にのってくれた。
誕生日にはプレゼントをくれた。
誕生日じゃなくてもプレゼントくれた。


二人がオレにくれた、気持ち、たくさんたくさんあって、そのおかげで、こんなオレも人に優しくなれたりする。

ほんとにいつもありがとう。


頭の先から、心の奥まで、オレは、二人には幸せになってほしいと想ってる。

結婚おめでとう。



石垣

March 21 [Sat], 2009, 0:26
もっとマメにブログ書けよ、と、言われたので。
いつになく短いスパンで書いている。中2日か。しかしフルヤのように続けてマメに書くのは、まぁオレにゃ無理だろう。


先月、南瓜ズの、やんべさんに借してもらった本を読んでる。

石垣りん詩集

好きな詩の一部を抜粋。

「手」
私のひろげた手
私の眼の前に並んだ手
これは生きている
生きてうごいている

この手がいつか老いてゆく
この手がいつかうごかなくなる

手よ
お前が握ったたくさんなもの
その記憶をどこへ捨ててゆくのか



「不出来な絵」
この絵を貴方に差し上げます

下手ですが
心をこめて描きました

向こうに見える一本の道
あそこに
私の思いが通っております

その向こうに展けた空
うす紫とバラ色の
あれは私の見た空 美しい空

それらをささえる湖と
湖につき出た青い岬
すべて私が見 心に抱き
そして愛した風景


不出来な私の過去のように
下手ですが精一ぱい
心をこめて描きました


追伸、やんべ兄さん。
近いうち返却しに、ビール呑みに、地下へと顔出します。

なかなかどうして、いい本ですね、ありがとうっす。


卒業

March 18 [Wed], 2009, 23:55
やっと春が来た。

春が来る前に、やりたかったこと、やりきった。

もう桜も遠い話じゃない。咲き始めたら、板場もうんと忙しくなる。

毎朝届く、筍も日に日に大きくなってきた。


何年ぶりだったか、卒業式の場にオレはいた。

そこは紛れもなく青春だった。

純粋な涙。

離ればなれになっても、友達じゃなくなるわけじゃない。
でも、離ればなれになんかなりたくない。


さよなら。ほんとに会えて良かった、さよなら。

と思えるやつが一人でもいたら、学校ってのは最高だ。



あとがき

March 12 [Thu], 2009, 14:26
「25の春」に来てくれたお客さん、出演者のみなさん、関わってくれた方々、ほんとにいろいろ支えてもらって、イベントができました、心からありがとうございました。

アンケートやコメントやブログや日記やメールや、あらゆる場で、「25の春」について、いろんな方が書いてくれていた。

みなさんにとって、いい夜になってたんだなと思い、イベントやって良かったなと、ようやくほっとしてる。


ライブレポを。
「北山タイチ朗」
天才肌ってのは、きっとタイチみたいな人間のことを言うんやろな。
何年ぶりやろ、一人レシポン。踊らせ屋である。弾き語りは、感受性に何度も訴えかけられるもんがあった。


「JUNIOR BREACE」
ボーカルのだいちゃんの存在感がすごかった。みんな彼に釘付けになってたんじゃないかな。
そして演奏力のレベルが高い、爆音のなかにウェールのギターは切なさがあってちゃんと届いてくる。好きだウェール。
そして爆音に埋もれない声とメロディ。


「キテレーツ」
通称ファジー丸岡、愛されてるなー、愛されてたなー、いい声してるよ。通称ただし先生は、姿勢がいい、ドラムを叩く姿勢、ドラムに向き合う姿勢。
そんな二人が、独特のじゅんじくんワールドに、見る度に色を増やしてんなと思った。


「マイポポス」
キラキラしてるウルウルしてる目で歌うしもちゃんは幸せを届けられる唄歌い。新曲ぼくのどこがいいんだろうが、すごく好きになった。
キャメルくんは、どっか懐かしいような、なんか思い出してしまうような、見えない歌の背景を作れるギターやなと思った。
続いてほしい音楽。


みんな違う色があって、みんな自分の色を持ってた。それが嬉しかった。

「25の春」またいつの日か集まれたらいいな、ありがとうございました。



「ねじ梅タッシと思い出ナンセンス」
このバンドはどんどん家族みたいになってきた。ギターとピアニカに入ってもらったことで幅も広がったかな。
今このバンドでやりたいこと、やってみたいこと、たくさんある。
実は来週もライブをやる、入場制限のあるイベントなので告知はしないけど、そこで歌いたいことが確かにある、しっかり届けたい。

その次は、6月1日「フルヤ祭り」。
大御所パンプキンズに、新星ナキミソと共演。

今年になって新曲を2曲作った。「さよならになったよ」「中学生日記(仮)」この2曲をバンドの音楽となってお披露目できるよう、六月に向けてバンド練習がんばろう。

これからも、みなさんよろしくお願いします。

明日、春が来たら

March 01 [Sun], 2009, 1:06
ほんとに不景気かい?と感じるくらい商売繁盛。

板場では、腹をかかえて笑うこともあれば、声を荒げてケンカすることだってある。


春を告げる野菜や魚。

毎朝、元気な魚屋のおっさん。

相変わらず、おっかないお茶屋の女将さん。

火傷や切り傷の絶えない手。

口笛を吹く春うらら。

足りない睡眠時間。


夜帰って来てから、座椅子に腰かけて、ギター肩にかけて、小さい声で歌う。


気がついたら、ギター肩にかけたまま、座椅子でうたた寝してる夜も少なくない。


明日、やりきったら、25の春。


トップバッターは、数々のイベントで大トリを張ってきたレシーバーズポンポンヘッドの北山タイチ朗。


18時30分、見逃したら後悔するよ。


2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像ねじ梅
» デモテープ (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 人にやさしく (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 雨上がりのナイツ (2010年06月02日)
アイコン画像失礼します!
» 雨上がりのナイツ (2010年06月01日)
アイコン画像赤チリ
» 雨上がりのナイツ (2010年05月25日)
アイコン画像ポポ
» 人にやさしく (2010年05月24日)
アイコン画像カモノハシ
» デモテープ (2010年05月14日)
アイコン画像ねじ梅
» オレンジ (2010年03月03日)
アイコン画像ねじ梅
» 呑んで呑まれて (2010年03月03日)
アイコン画像ファジー
» 黒潮 (2010年02月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nejiume
読者になる
Yapme!一覧
読者になる