宝くじは

August 18 [Mon], 2008, 16:39
大文字の送り火、お盆が過ぎて、一息ついて、夜の空を見た、
視力が悪いのに、裸眼で過ごしてる、オレの目には、ゆうべは満月だったように見えた。
八月も半分が過ぎた。


まだ見習いのころ、お世話になった、一回り年の離れた兄さんに、何年ぶりか偶然出会う。

「久し振りやのー、ワシ子供できたんや。
名前なんや思う?
清志郎や!」

今でも会うと、背筋が伸びるような怖い兄さんやったが、明るくて忌野清志郎が大好きで、当時の板場で、音楽の話をわかりあえる唯一の人、
だからこの兄さんと呑む酒は、好きやった。


あの夏、お金じゃ買えないものを もらったんだ。

フレンチ

August 12 [Tue], 2008, 14:55
フランスでの生活。

それは、とても刺激のある話だった。

フランスで、プロとして踊ってるオレの友達。

そいつとは中学生のとき同じ班だった。

オレが転校するとき、誰よりもたくさん泣いてくれとった。

ずっと新体操を一線でやってきた、
そんなふうに見えないくらい、彼女は天真爛漫で、大きく笑いとばす。

フランスをもとに、いろんな国の舞台で踊って、いろんなこと感じとって、たくさんの人に驚きと感動をもたらしてるんやろな。


およそ六年ぶりの再会。

話しても話しても、笑いが止まらない日になった。

そのなかで、本当に芯のある刺激的な話が聞けた。

この先、オレにとって、この日のことがきっと、
あるひとつの始まりの、大きなきっかけになる気がするよ。



京都まで来てくれて、
メルシー。

みつばち

August 08 [Fri], 2008, 1:29
また夏が来て、
いつのまにか、夏の真っ直中。


いくつになっても、
夏という響きに、反応したい。


スイカの皮を、糠漬けにして、まかないで食べる。これが、夏。

海に行って、ビキニのお姉さんに、釘付けになる。これぞ、夏。


これから夏が続いて、
その頃は夏の終わりか、秋の始まりか。


歌にしてまで言いたいことが、オレは今もあるよ。


「どうして ぼくは こんなところに 第4話」
9月29日(月曜)ネガポジ
出演、
・opening act ナキミソ
・飴色フーガ
・いなかやろう(神奈川県)
・ねじ梅タッシと思い出ナンセンス



2008年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ねじ梅
» デモテープ (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 人にやさしく (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 雨上がりのナイツ (2010年06月02日)
アイコン画像失礼します!
» 雨上がりのナイツ (2010年06月01日)
アイコン画像赤チリ
» 雨上がりのナイツ (2010年05月25日)
アイコン画像ポポ
» 人にやさしく (2010年05月24日)
アイコン画像カモノハシ
» デモテープ (2010年05月14日)
アイコン画像ねじ梅
» オレンジ (2010年03月03日)
アイコン画像ねじ梅
» 呑んで呑まれて (2010年03月03日)
アイコン画像ファジー
» 黒潮 (2010年02月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nejiume
読者になる
Yapme!一覧
読者になる