不思議じゃない

February 22 [Fri], 2008, 23:53
僕らの音楽という番組に、森山直太朗さんが出演してた。

オレの母、かあちゃんが好きな人。
かあちゃんは、何度もコンサートへ行って、CDはもちろん、グッズも持ってる。

今夜歌ってた、テレビ画面の字幕の歌詞を読んで、思った。

こんなにも恋の歌を聞いて、
かあちゃんは、とうちゃんを浮かべてんのか。

それとも、女学生の頃に恋した人のことを浮かべてんのかな。

もしかして今、好きな人がいんのか。

年に2回しか会わない、息子から見ると、そんなことないように思うけど、わからんよ。

結婚して年をとったからって、
いくつになったって、
恋をする瞬間があったって、
不思議なことじゃない。

森山直太朗さん、
オレはよく知らないが、

森山直太朗さん、
オレのかあちゃんの心に潤いを、いつもありがとう。

こんな日が来るなんて

February 15 [Fri], 2008, 0:51
バトル オブ フレンドシップ ツアーに出演した。

まず、やっぱりお客さんに感謝の気持ちを。
ネガポジに足を運んでくださったお客さん、オレと話をしてくれた方々、声をかけてきてくれた方々、アンケート書いてくれた方々、CD買ってくれた方々、差し入れ持って来てくれたあなた、一緒に歌ってくれてたあなた、プレゼントをくれたあなた、ほんまにありがとうございました!


続いて、ライブレポートを。

ガガキライズ
普段あんまり見たことのないスタイルの音楽、たくさんの機械、とてもオレには操れない、 長い髪、斬新でありながら、シャープ、
そんな二人がかっこよかった。


バリケン(東京)
ツアーブログを読んでて、当日出会う前から気になってた、まだまだ早くなる蔵くん。そして、優しさと激しさを兼ね備える針金くん。
二人とも突き抜けてた、思いっきり、それが素敵やと思った。まだまだかっこよくなるぞう、ポテンシャルというのはこの二人にぴったりの表現や思う。


DOPPO (京都)
名前は前から知ってて、初めてライブを見た。
ボーカルの伸びのある声が直感的に好きやったし、3人とも雰囲気もあって、すごく魅き込まれていった。
ライブ中、歌詞が聞き取れなかったのでCD購入して家で聞いたら、歌詞も素敵やった。
六月という歌が、特に気にいってる。夏はDOPPOティーシャツを来て歩こう。

サマーチャンス
大トリ、圧倒的なグルーヴで3人以上の音の厚みがあった。
ボーカルの龍さんが、一曲目をタッシさんにプレゼントしますと言って歌ってくれた。ツアーで枯れたその声が、よりいっそうオレの心をドンと動かした。ベースの藤田くんの告白のようなMCに、胸がギュっとなり、楽しそうにライブをやってる青年になった彼の姿を見て感きわまる。
そして太田さん、ひたむきに、ひたすらに、ドラムを叩き続ける姿に、オレが女なら彼に惚れてた。


最後に、このイベントに誘ってくれた青年、あの日、あそこで少年に出会えて良かった。
こんな日が来るなんて、こんな日を作ってくれて、本当にありがとう。

いつかまた、こんな日を、今度はオレがその機会を作るから。

その日まで、死ぬなよ友達。

人の心を動かすのも、また、人なんだと実感した夜やった。


追伸、ツアーにスタッフとして同行してた、レシポン長州、出演してないのに存在感がすごくあった、それは天性のもんやろう、長州が持ってる天性、それが好き!

ねじ梅タッシと思い出ナンセンス:セットリスト。
0:蓮根桂剥き・蕪梅
1:丸太町で恋をしてるぜ
2:オラは違う気持ちなのにな
3:感受性くらい
4:今度好きな人ができたら
5:火葬場で思い出したヨ
6:包丁とギターの調和



ぼくらは 若い 腕と腕 重ね

February 10 [Sun], 2008, 22:34
いよいよライブがやってきました。

人様のイベントに出演するのは、ねじ梅タッシのソロ以来で、バンド思い出ナンセンスとしては初めて。


結成して一年半、明日が4度目のライブ。

噂の新曲、明日やります。

東京のバンドさんたちも、はるばる来られます。ぼくらより年齢がヤングだと聞いてます。
ドキドキすること、やめられなーい。と、リンドバーグの姉さんが歌ってる。
楽しみだ、ワクワクすることも。

明日は、いつもより早い六時半からライブが始まります。

昼間は気温がグングン上がるようです。早い時間に家を出ることおススメします。

ではネガポジにいます。

詳細はいくつか前の日記に載ってます。

節分

February 03 [Sun], 2008, 22:35
今まさに節分だ。

朝から、巻寿司を巻きまくる。
鰯を焼いて焼いて焼きまくる。

ライブも間近、深夜のスタジオへ、今夜で新曲完成へ、レッツ・ドン。

ところで、4〜5年前、オレはピンPOMAAAARDという名前で、節分にこんなイベントをやった。

この豪華なゲスト達を相手に、今さらながら、たいしたこと考えたもんだ。劇までやったもんな。その節は、ありがとうございました。

「77 色の音楽対談」 京都拾得                       

主演       ピンPOMAAAARDO

メインゲスト   佐野ユズル(シゼンカイノオキテ)

          小松正史(ピアニスト)

          北山タイチ朗(レシーバーズ ポンポンヘッド)


リトルゲスト   松下真弓(役者)

          山下直孝(元POMAAAARDO)

19時スタート

SE  4月18日のバラード

1、どうにかなるさ / ピンPOMAAAARDO

SE  noisy life / sectionS

1、じゃりんこチェック / 佐野ユズル(ギター・サンプリング・歌)・ピンPOMAAAARDO(ギター・輪唱)

対談 「音楽と漫画」 / 佐野ユズル・ピンPOMAAAARDO

2、退屈の英雄 / 佐野ユズル(ギター・サンプリング・歌)

3、帰路と外灯 / 佐野ユズル(ギター・サンプリング・歌)

SE  タイムマシーン / チャラ

1、ドラマ「昭和27年」 / 小松正史(ピアノ)・松下真弓(村の女の子役)・ピンPOMAAAARDO(村の男の子役)

2、ララバイガール / 小松正史(ピアノ)・ピンPOMAAAARDO(ギター・歌)

対談 「音楽とつながり」 / 小松正史・ピンPOMAAAARDO

3、2nd CDより新曲 / 小松正史(ピアノ)

4、2nd CDより新曲 / 小松正史(ピアノ)

5、the scene / 小松正史(ピアノ)

休憩 

SE  イケナイコトカイ / 岡村靖幸

1、奥原 / 北山タイチ朗(歌)・ピンPOMAAAARDO(ギター)

対談 「音楽とあれこれ」 / 北山タイチ朗・ピンPOMAAAARDO

2、月光の道 / 北山タイチ朗 (アカペラ ・ 風鈴)

3、ハイランド / 北山タイチ朗 (アカペラ)

4、夕焼けに咲いたのは君とオレンジ / ピンPOMAAAARDO(ギター・歌)

SE  ハイライト / ザ サイダーズ

1、戦争を知らない子供たち / ピンPOMAAAARDO(ギター・歌)

                   佐野ユズル(ギター)

                   小松正史(ピアノ)

                   北山タイチ朗(コーラス)

                   松下真弓(ドラム)

                   山下直孝(ベース)

Special thanks
テリ−さん 拾得スタッフの皆さん お客さんの皆さん

2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ねじ梅
» デモテープ (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 人にやさしく (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 雨上がりのナイツ (2010年06月02日)
アイコン画像失礼します!
» 雨上がりのナイツ (2010年06月01日)
アイコン画像赤チリ
» 雨上がりのナイツ (2010年05月25日)
アイコン画像ポポ
» 人にやさしく (2010年05月24日)
アイコン画像カモノハシ
» デモテープ (2010年05月14日)
アイコン画像ねじ梅
» オレンジ (2010年03月03日)
アイコン画像ねじ梅
» 呑んで呑まれて (2010年03月03日)
アイコン画像ファジー
» 黒潮 (2010年02月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nejiume
読者になる
Yapme!一覧
読者になる