地球が生まれて良かったな 

June 22 [Tue], 2010, 0:53


すっかり暑いなー。

そんな夏へ向かう6月の毎朝、オレのまな板に乗っているのは、鱧・すずき・鮎・きす・鱒・めごち・穴子・あおり烏賊・などなど。

穴子にトントンと目打ちをして、包丁をいれたら一気に裁く。

魚の前で躊躇はいらない。待ったなし。びびったらあかん。


そんな板前のとある休日。


朝起きて、自転車こいで、えっさでほいさで鴨川へ。

鴨川は今出川の三角州で行われた「ランチ」という弾き語りイベントに参加する。

スタート予定の昼12時前、スコールのような大雨。
どうなることかと思ったが、止んでくれて良かった。
あれは、始まりを告げる雨だったのかな。

そんななか、人が人を呼んで、最大40人くらいの輪になっていた。

こんなにもお客さんが集まってくれるとは思ってなかったので、すごく嬉しかったし、楽しかった。

いろんな歌が聞けたこと、いろんな人と話せたこと、緊張したこと、笑ったこと。


それもこれも主催の中西彦助氏の人柄に尽きる。
ほんとにあたたかいイベントだった。

鴨川で呑むビールは、バカみたいに旨いビールだった。

・ねじ梅タッシ 弾き語り

1、丸太町で恋をしてるぜ
2、年に1回でも
3、28歳
4、火葬場で思い出したヨ
〉〉
5、今度好きな人ができたら
6、感受性くらい(Gu・リールード)
7、中学生日記



そんなこんなで夕暮れまで、しこたまビール呑んで、夜は、ライブハウスネガポジへ。


シライリゾートオーケストラ主催イベントに、「星のクズたち」というバンド(男女6人組の劇団)の一員として出演した。

これまた素敵なイベントだった。
シライリゾートはさすがの存在感、ポップなところがいいね、未来です、素敵やった。


星のクズたちでの、オレの担当は、コーラス・マラカス・役者である。

台本を読んでセリフを覚えることや、コーラスとして歌うこと、新鮮で刺激的だった。
その楽しさを見つけたことも。

演劇のなかで「好きだ、ぼくはきみが好きだ」と言った。

芝居とはいえ、女の人に「好きだ」と言ったのは久しぶりのことだ。


星のクズたち setlist

1、okane
2、地球が生まれて良かったな
3、忘れないで
4、星のクズたちのテーマ
5、ロックンロール聞きたいな


自分の周りにはおもしろいことをやってる人たちがいる。

そんな周りの人たちのおかげで、いろんな経験をさせてもらって、自分なりに多感に感じとっている。



この日、出会った皆さん、一緒にいた皆さん、ありがとう。


どちらもまた次があるといいな。




空の線 

June 19 [Sat], 2010, 1:02
このまえの日記で、10年という月日について感じたことを書いたあと、
雨市のライブを見に行った。

圧巻だった。

変わらず続けてきた3人。

演奏も言葉も、
春にウーララで共演したときよりも、
その音楽は太くなっていた。

変わらないな、変わらず前へ歩き続けていることが、相変わらずかっこいい。


こういうことかー。って10年の太さを実感した。

これを読んでくれてるあなたの10年後は何歳?

想像してよ。そのとき、どーしてっかなって。


想像してよ。そのとき、あなたの大事な人はどーしてっかなって。


縁祭  

June 13 [Sun], 2010, 19:47
懐かしい明け方の風景。
明らかにあの頃と違っているのは、明け方にブルーハーツが聞こえないことくらい。



見覚えのある空と、見慣れない校舎。

まるで昨日のようだと言ったら、ちょっと大げさかもしれないけれど、10年前ここで当たり前のように見てた明け方の空が、ついこの前のことよう。

でもあのとき、学年のアイドルだったあの娘も、今年で30歳かと思ったら、ずいぶん時間は流れたもんだ。



こうやって今もなお帰れる場所があることに感謝。

後輩たちに、先輩方に、同級生に。

いつかこの場所が思い出になるころにまた会いましょう

♪「音蔵のうた」 ゲンザブロ

会いにきてよ 

June 12 [Sat], 2010, 0:43

五月病にかかってたであろう皆さん。
6月になったから、元気いっぱい、ですよね。
来週は祭があって、それが終わったらまた憂鬱にならんよーに。こんなのあります。

6/20・サンデー。
鴨川で。
ビールで。
音楽で。
ビールで。
三角州で。
ギターで。
フリーライブ。

さぁ おいで。缶ビールぶらさげて、サンダルでおいで。

寝っころがるもよし、酔っ払うもよし、笑うもよし、泣いてもきっとよし。

「中西彦助企画!
6/20(日)12〜14時、

京都の鴨川でライブします!
名付けて「ランチ」と言うイベントでして、出町柳の三角州でやります!
出演は中西彦助、リールード、花園ロケッツ☆、ねじ梅タッシ。
弁当や飲み物など皆様それぞれに楽しく時を過ごすための必需品は各自持参スタイルで行う、生声、生ギターでのフリーライブです。」

たぶん終了予定の14時を過ぎても、呑んでるはずなので、いつでもフラッと遊びにおいでや。

雨天、テントなど張って決行予定。とのことですが、ひどけりゃ中止になると思うので、雨天の場合は来る前に連絡もらえたらなと。


それから、
ねじ梅タッシと思い出ナンセンス、次回のライブが決定しました!


「十代暴動社×ねじ梅presents」

9/12日曜、京都ネガポジ!


ほんとにかっこいい音楽が集結したレーベル十代暴動社。
そんな十代暴動社より、このたびアルバムがリリースされることになった・bubugirls、・猫っかぶりゼネレーション

おおひなたごう氏(漫画家)がジャケットを書き下ろすなど、話題沸騰中のこの2組がレコ発ツアーで関西にやってきます!

きちんとした詳細は追って報告しますがすごくおもしろいイベントになりそうで、今からワクワクしてる。

とりあえず、カレンダーか手帳に、9/12に赤丸でもつけてもらって予定を空けておいてもらえたら嬉しいです!




グミ チョコレート パイン 

June 09 [Wed], 2010, 1:32


ロックの日くらい


パンクで踊りたい。


ナイフをつきつけられても、ピストルつきつけられても。


ロックで踊りたい。


旅立ち  

June 02 [Wed], 2010, 16:01
よく晴れた日に。

街には、リクルートスーツを着た若い人たち。

未来を探しているんやね。

疲れた顔して歩いてる人たち。就職大変なんやろな、ごくろうさま。


でも、ほんとに夢に向かってる人は、じつにいい顔をしてるもんだ。

オレの近くには、そんな人がいる。

未来のために、この町から旅立つチミはそんな表情をしていた。


別れを惜しんでも、夜はいっそう更けていく。
酒はビールからレッドアイへ。

旅立つ前に話したかったことを話すと、もう遠くに行ってしまうのに、また話したいことが増えてしまった。

チミは、手の中に星を持っている人。

背中を押して励ますつもりが、励みになった。

チミがその星を手放さないうちは、オレが包丁を手離すことはないよ。




♪「どうにかなるさ」かまやつひろし

雨上がりのナイツ 

May 24 [Mon], 2010, 23:30
相変わらず、喉が痛タタタ。
鼻歌を歌うにも気がひける。早く思いきり歌いたい。


そのくせ酒の場へ。オレのよーなバカにつける薬はない。


同級生と呑むビールは旨い。味をこえて旨いんです。

同級生とはいえ、もともと彼は一級上の先輩だったが、留年という名のタイムマシーンに乗って同級生に。

そして同級生であり同郷(高知県)でもある。
時折、口にでる土佐弁に心もやわらぐ。


卒業してからもずっとお互い近くの町にいて、いろんなことがありながら、こうやって酒盛りをやってきた。

もう京都を離れて、高知で暮らそうか、そんな時期もお互いあったよね。

これから先もいろんなことがきっとあって、またそんなふうに思う夜もあるかもしれん。

そんときは真っ先に相談するよ。


本当のことは今でも、さっぱりまだ見つからない。

♪「命のための唄」山元大造

人にやさしく 

May 21 [Fri], 2010, 23:41


公私ともに走りすぎたか、風邪ひいた。

ここ何日か、喉が痛いな痛いな思いながら、ごまかしごまかしやってきた。

誘われた酒を断わったがない、というオレの父親のように。

頭が痛いのは、二日酔いのせいにして。
でもさすがにおかしいというか、我慢できへんと思って、昨日近所の薬局へ。

薬剤師のおばちゃんと話す。


いろいろ症状を話すと、

病院で診てきてもらったらと。おば


いや 病院はあまり好きじゃないんですと。オレ

じゃあ体温計ってみてと。おば

はい、、(パイプイスに座って)ピピピ。オレ

熱あるねー、喉見せてもらっていい?と。おば
どうぞと。オレ

扁桃線が腫れて白くなって炎症してるわ、やっぱり病院行って診てもらっておいでと。おば

好きじゃないんすよ病院。オレ

呆れた顔をする。おば

へへへと笑う。オレ

つられて笑う。おば


ここらへんから一気にオレと薬剤師のおばちゃんの距離が縮まる。


なぜかいろんなことを話した。
家族じゃなくて友達じゃなくて好きな人でもなくて、よく知らないおばちゃんだから言えた話もある。


そして最後に、薬をもらって帰ろうとしたらおばちゃんがこれ呑んでいきと。
1本800円もする栄養ドリンクをお湯でといてグラスに入れてくれた。

一人暮らしの人間が風邪をひいたときに、一番効くのは人の優しさかもしれんと思った。

優しかったなー、嬉しかったなー。

年をとったせいか、優しくされると泣きそうになるというか、泣いたりせんけど心に効く。

今日になって熱は下がったが、相変わらず喉は痛い痛い。

薬はまだあるけど今日また薬局へ。
オレも商売人のはしくれ、昨日もらった800円のドリンクを5本買った。

昨日のこれが効いたわーと。オレ

それなら良かったと。笑ってるおば


家に帰ったら袋のなかには、ドリンクが、6本。

おばちゃんありがとう。

星の王子さまたち 

May 20 [Thu], 2010, 1:21


先日、小さなライブハウスへ。

開演直前、客は指折りできるくらい、少なくてまばらだった。


そんな状況のなか、ライブは始まった。


なんのなんの、あっという間に空気が変わった。
1曲目が終わる頃には、オレはとりこになってドキドキしていた。

手加減どころか、汗だくになって目の前で全開で演奏してるバンドに釘付けになった、オレはドキドキした。

じつは一昨年くらいに、十代暴動ナイトというイベントで共演したことがある。んやけど、あのときと同じ名前で活動してるが、全然ちがうバンドになってて、その今のバンドがオレにはかなりツボだった。

バンドの4人が4人全員が魅力的で、ほんとに愛のあるロックンロールをやってた。

それを見てたら、
バンドやりたくなった。
ギター弾きたくなった。
歌いたくなった。


ぼくらはきっと同じ星で生まれたんだね。


ワインレッドとスカイブルー 

May 17 [Mon], 2010, 15:23


こら、いい空してるわ。

川原で昼寝して、起きて歌って、そうせぇ言うてるような空してる。



ひさしぶりにワインを呑んだら、ふらふらやった。

ワインは好きではないけれど、

赤つがれたら、呑む。
白つがれたら、呑む。

二日酔いのオレには、この青い空は眩しすぎる。
でも灰色の空よりは、ずっといいか。

いくつかの記憶が飛んだり、どこぞのソファで目が覚めたり、忘れたいことは忘れられなかったり、ギターがうるさいと大家さんに怒られたり。

大家さんもうっとりするようなギターを弾かんとあかんのかな。ねぇムッシュ。

これから見に行く、星の王子様たちから、なにかを見つけられたらいいな。

あー頭痛い。今夜ワイン呑みません、ビールビール。


空にはもう衛星が飛んでいるのに、オレはまだ魚をからかってる。


♪「深海魚」sm6
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ねじ梅
» デモテープ (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 人にやさしく (2010年06月02日)
アイコン画像ねじ梅
» 雨上がりのナイツ (2010年06月02日)
アイコン画像失礼します!
» 雨上がりのナイツ (2010年06月01日)
アイコン画像赤チリ
» 雨上がりのナイツ (2010年05月25日)
アイコン画像ポポ
» 人にやさしく (2010年05月24日)
アイコン画像カモノハシ
» デモテープ (2010年05月14日)
アイコン画像ねじ梅
» オレンジ (2010年03月03日)
アイコン画像ねじ梅
» 呑んで呑まれて (2010年03月03日)
アイコン画像ファジー
» 黒潮 (2010年02月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nejiume
読者になる
Yapme!一覧
読者になる