近況〜〜

November 27 [Tue], 2007, 15:54
どうも〜。夢湖です。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
わたくし夢湖はここ最近起きるたびに喉がやられてるんですが・・・・・。
いやはやとんでもない乾燥っぷりにわたくしついていけてません・・・・・・
完全に毎回寝る度にダメージうけておるんですが・・・・・

たいていは喉痛くても、ホットの紅茶をがぶ飲みすることで私の大の苦手とする「水分補給」にいそしみ、また、ホットの紅茶でうがいを歌いながらしますと喉が広範囲がマイルドになるんですが今日はあまり太刀打ち出来てませんです。実は昨日喉だけじゃなく、かなりのだるさにやられてましたが今日はだるさはとれました!でも喉&鼻水がんがががが・・・・そんなのに負けてられません!!!!!

いやしかし小鉢作家展で飾・卓関係使って良しだったのに随分長いこと気がついてませんで。11月に入ってから気がついて大慌て。いやー見栄えがあまりにも違いすぎでショックです・・・。もうホント大馬鹿ヤローですね・・・・・

自分のあまりの大馬鹿ヤローぶりに独り言をつぶやいてしまいそうですよ。

そう簡単に気にいったものも見つかるはずはなく。まあ今年は展示に関して道具を同梱するのは諦めました!作品だけのディスプレイになりそうなので楽しみにしてらっしゃる皆様に貧弱な展示でお見せすることになり、申し訳ないです!鉢そのものの勝負じゃーい!と言えるんですけど・・・・多分・・・。

えーと、最近はやっとまともに鉢をもっと魅力的に紹介出来るようにしたいとかいう気持ちが出てきました。今まで以上に自分の作品に対する愛情が出てきたって事になるんでしょうか??以前から漠然と考えてはいたんですが、血を吐く思いで、清水の舞台から飛び降りる’’出費’’の覚悟が出来ました。いや、だっていいものを買おうとすると高いよね?でもある程度いいものじゃないと意味ないし。ホント、やっとです。

で、Yapmeにもなっとります植物工房の樹里庵のオーナー「かずにゃん」氏の席飾りの発想は私のツボにはまるものがありまして、かずにゃん氏のブログで紹介されてた写真を見て「屏風や扇の飾りは非常に素敵だ!」と思い、自分でも屏風や扇子を探したり、また観音開きや金以外の色はなかなかないのでかずにゃん氏に観音開きの屏風&扇掛けをお願いしたり。一番欲しいのは三点飾りの棚が欲しいんですけど、棚でお買い得品探すのは卓なんかに比べると大変そうなので焦らずゆっくり買おうかと。とりあえず卓が揃えば1段落つきますので一年かけて探せばイイや、んーまあ一年以上かかってもいいかなと。卓も棚も出来るだけ実物を見て買いたいので、うちの会の新年の交換会を楽しみにしております。卓なら棚より出やすいのでそのうち気にいったものが手に入るんじゃないかなあ。そんでもってホントはカメラほしいんですがそこはまあ我慢したとしてもとりあえず照明と撮影キットも12月中には購入予定。新年には気持ちよく撮影して、かしこまった鉢の写真をここにも載せたいものです^−^

いやー、でも屏風とか扇子とか探し出すとこれキリが無いですね(笑)

案外ハマったので自分でもオドロキです・・・・・

「鉢をより魅力的に見せたい」という気持ちが湧いて、やっと本当に盆栽愛好家の方々の気持ちがわかってきたんじゃないかと思う今日この頃です。

ただ、派手な趣味に走りがちなので「派手なのはやめとけ」と静止されてるので買いこみはしとりませんが(笑)あまりに派手でなおかつ新しそうなのは他の席飾りと調和がとれなくなりそうなので(他の席飾りって掛け軸とか飾ってるのもありますがやっぱり新品のピカピカってわけでもないですもんね)そこら辺も考慮しながら12月中にはなんとか多少揃いそうです。でも派手な扇子、やっぱり趣味だわ〜〜。
そこはもうフリルだとかレースだとかお着物、ドレスの世界の感覚がウズウズしてくるみたいです(笑)

久々に渋いのを・・・その1

November 22 [Thu], 2007, 1:19

ハイ、ということで六角になります。
低いのをあまり作りませんので「低いのも作ろう!」「たまには渋いのもいっとこう!」と作ったわけです。

釉薬の流れ方はいい感じなのですが、ライトを照らさないと1段2段暗くなる、という事を計算に入れてなかったんですね。実際に飾る場合は影も出来てかなり暗くなりそうなので渋好みの方むけになりますねえ。なんか最近私はこういうのは求められてないんじゃないかという気もしてきましたが(笑)でも初期に作ってたみたいな渋いのが「イイ」という意見もなくはないらしいので、多分今後も作ります。って「どっちなんじゃい!」って突っ込まれそうな文章になりましたが(笑)

私事でありますがミニバラを2鉢購入いたしました♪

我が家はたまに600円位で切花を買ってきて(でもとんでもなくボリューミィなんです!)ガラスの器に入れてお部屋に飾ってささやかに楽しむのですが、今回は切花を買ったと思って鉢花のミニ薔薇にしてみました。
木や山野草を買おうとする時に「枯らすのだから辞めなさい」と相方に言われても、切花買ったと思えば別に枯らしても勿体無くないじゃん!と思うのでちょびちょび増えてますが。もっとも華やかなお花に関しては彼も花が好きなこともあり、また「鉢に合いそうだからいいんじゃないの」と言ってもらって反対されないんですけど。

いんやー前からミニバラとかツルバラほしいなあと思ってたんですけど、自分の持ってる鉢に入りそうなサイズがなかったものですので買ってませんでした!買ってきて即効自分の鉢に入れ替えました(笑)鉢合わせがあってないと主人に突っ込まれましたが合うサイズが2鉢くらいしかなかったのでいたしかたないことであります!ほぼぴったり合うサイズだったので土もあまり崩したりせずに済みましたけど、あまりお花に良くなかったかしら・・・・。

それにまあいくら鉢合わせがイマ3位だったとしても茶色のプラスチックの鉢に入ってるのに比べたら、「どんだけ〜〜!?!?」ってくらいのもんです。
「うおおおおお鉢を着せ替え人形の様に替えたくなる気持ちがわかるぜ!替えまくりたいぞおおお!」と興奮しちゃうくらいです。
自分の鉢といっても使えるものはほとんどが完品でないものになるわけですが。

いやはや、ミニ薔薇最高おおおおおお〜〜〜〜
おうちのリビングに飾ってテンション上がってます
マー盆栽鉢を数年作ってる分際で言うのもなんですが、私が購入しても鉢植えで楽しむだけなので
将来の姿を見据えた剪定だとかはやる予定ないんですが、あっちこっち伸びててもミニ薔薇ってかわいいもんなんで許せちゃいます(笑)

後日写真にとって突っ込み甲斐ありそうな鉢合わせとともに載せてみますです(笑)

present from・・・・3

November 16 [Fri], 2007, 1:27

先週届きました〜^−^
例の雑誌です^−^



















中身はこんな感じです。
面白いのが、フランス版とスペイン版でお値段が違う事。
発行部数とかに関係あるんでしょうかね。物価も違うだろうし・・・
ページ数はほぼ同じで結構薄いです。100P無いです。
ただ、なんと紙面が全部カラー!しかも結構しっかりした厚い上質なを使ってるので
これじゃー紙面が少なくても値段はしょうがないよねえ、と思います。

100Pもない紙面でこんなでかでかと載せてもらって嬉しかったり♪
スペイン版とフランス版で同じ記事もあれば違う記事もあるので、どちらにも載っているのは
良かったなあと^−^

えーと、、どれどれ、、、、

「盆栽鉢 夢湖」

こちらの女性はきわめて若いながら鉢作りをしている。
が、しかし伝統を取り入れた古典的なモチーフの鉢を作っており
その彫刻と装飾の質で知られている作家だ。
鉢は樹にあわせるのには強い樹がどうのこうの・・最後はワカラネー

みたいな事が書いてあったと思う(笑)実家に親がもっていっちゃったから
そんなことが書いてあったナーくらいですが(笑)

陰ながら応援してくださるファンの方にも喜んで貰えたかなあ。。。。しみじみ。

さーくーらーさーくーらー♪

November 13 [Tue], 2007, 0:49





相変わらず焦点があってませんが(私のカメラ、マクロ対応しとりませんで・・・)
小鉢の写真を追加〜

「うう〜〜ん、女の子らしいというか、まあもう女の子って歳じゃーないけど
女性らしい少し華やかな鉢作りたいなあー。」

なんて思っていたところ、全面に桜を散らした鉢とかにしようか、と作ったものです。
お花をレースみたいに散らしたいなーって思いまして。
基本レース&フリルの精神がこういうところでも出てきます(笑)
絵柄の様に際立たせたかったのでこういう具合に仕上げたんですが。
このデザインで雲脚はちょっと違うな、と、シンプルな足にしました。
また、桜の回し絵も角鉢だとイメージにそぐわない気がして丸鉢にした次第です。
でも作ってみたら、外反りの丸鉢や、少し高めの懸崖の鉢でも作ってみたくなりました。
全面彫刻の丸鉢なので、足を正面にしても二本足正面でもいけるようになっとります。

でもこう見ると最終的な焼き上がりの印象が「可憐」って感じじゃあないけども・・・

また釉薬を違うもので試してみたいです。ピンク系の貫入の釉薬があれば絶対それにしたいんだけどなあ〜。黄釉でもやってみたいし、水色や瑠璃でもやってみたいな。

Present from.....2

November 12 [Mon], 2007, 0:42

おお〜!
鉢の本だ〜〜〜〜!!

一冊はサイン入りw
この本の編纂者でもあるコレクターさんが、もし見てみたいというのでしたら送りますよ、と送ってくれたものであります。

これはアジア地域以外の鉢作家のプロフィールと作品を2ページ毎に紹介している
本なのですなー。驚いたのはアフリカの方がいたことかな。おおお・・・・盆栽はそんなところまで!!!と思いましたよ(笑)アメリカ、ヨーロッパ、アジア、はわかっとりましたが、いやーまだまだ開かれておりますねえ!


かーなーり日本で見る鉢とまるで同じような相当オーソドックスな鉢から、オブジェか?と
思うようなアイディアが炸裂した感じの作品まであって面白いです。
夢湖さん的には仕事の資料にもなるのかな?と思いましたが仕事の資料というよりも
興味深々で夫婦共々「えっ!こんなのあるよ!」「これどう?」「ねえ、これ凄くない?」とか
あーだこーだ言いながら楽しませていただきました。うちの会の展示会の時に会員さんも
見たりして「へえ〜!こんな日本ぽい鉢結構作ってるもんだねえ!これなんかさー、日本と変らないよねー」なんて驚かれていました。

いやーしかし勉強してらっしゃる方が多いなあと頭が下がりました。いつまでたっても勉強なんだろうなあ。

Thank You Daan!

Present from.....1

November 12 [Mon], 2007, 0:39

むむむ・・・・
何か届いたぞ!

体にきました・・・

November 07 [Wed], 2007, 22:39

翠風展の後、なぜか??夫婦で寝込みました・・・・
相方は今日もお休み・・・明日こそ仕事に行くとはいっとりました。
私も体がまだ本調子でないらしく。。。。
だいぶマシになってきたので私のほうは明日あたりには動けるかなあと、、、、
というかいい加減明日から動きたいです。いい加減鉢いじりたいです・・・。
気持ちがソワソワしそうで・・・

写真は鉢ではないですよー。ぐい飲み。しかも呑み助仕様でそこそこ大きいです。
でもほんとにでかいのがいいって呑み助さんはコップみたいなのがイイ!!!とか言いますよね。
その心境は飲まないからわかんないや(笑)

連投終わり!

November 03 [Sat], 2007, 20:07
ということで一気に何枚も画像載せてみましたが、いかがだったでしょうか。
結局3鉢だけかよ・・・って思われそうですみません。
とりあえず連投一端〆ます。
また気が向いたり、違う角度がみたいだとか、リクエストがあったら鉢の写真載せまーす。
ちなみに鶴の鉢はこっちの色が近いです。っていってもディスプレイで色が全然変っちゃうからなあ・・・
うちのPCで見てみましたが、私が使用するものと主人のもので全然色が違って驚きました。
ディスプレイで驚くほど違うもんなんですねえ・・・・。
とりあえずひとまず焼き〆の鉢10個くらい作って、鳳凰の対、鶴、竹林虎図、孔雀、鹿・紅葉
とかやりたいものは色々あるなあ・・・・


鳳凰正面その2

November 03 [Sat], 2007, 20:04

足を前に持ってこない場合、また左側にアクセントを持ってきたい場合は
このようになります

ずどーん!鳳凰新作

November 03 [Sat], 2007, 19:51
ズドーーーーーーーーーン!!!!!

夢湖鉢の中ではごってごての極み・・・かな?
足を正面にしてもしなくてもいいように作ってあります。
ただ色は爽やかで明るいものを選んでいるのでそこまでごつくはないかなと。
なんだかんだ絵鉢の方が派手だと思うんですけど。
あの派手な絵鉢でいけるならこれも余裕なんじゃ?と思いながら作っていますが
そこがずれちゃってるんでしょうか(笑)

実はこれ、色味が思っていたのとちょっと違う・・・けど
これもまたいい感じだと本人は思っております。
鳳凰の体の周りを少し緑色にしてあります。
鳳凰の体からオーラが出ているような、光を放っているような雰囲気をイメージしました。
本当は金色に発行しているのがいいんですが、金だと温度も違うし、最後に載せたら
完全に浮いちゃうでしょうからそれはないなと。
しかし微調整も何もしないで写真とってるんで貧弱な事この上ない!

足は鳳凰鉢だと大抵は雲脚にしてます。
勿論雲脚も全部手彫り。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夢湖
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-陶芸・盆栽関係。
    ・アート-万華鏡・星空・ネイル・ガラス等キラキラに因んだ物。
読者になる
みなさま、更新がだいぶ気まぐれいるこのブログにようこそ。 盆栽鉢を中心に日記を書いております夢湖でございます。 気まぐれているのがアレですが最新、最多の夢湖鉢がチェックできます。 Thank you for watching my blog. I am japanese bonsai pottery Yumeko You can see newest and most yumeko's bonsai pots here . My web site http://www.artist-yumeko.com/


       トップに戻る
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像Sたけ
» 道中の景色 (2010年12月13日)
アイコン画像Giampaolo
» ってことで雷電神社いってきました〜 (2010年09月03日)
アイコン画像Sたけ
» 浮き彫り or Not (2010年07月25日)
アイコン画像Giampaolo
» 浮き彫り or Not (2010年07月23日)
アイコン画像Giampaolo
» 気候って重要ですよね lovely summer in europe (2010年07月14日)
アイコン画像Giampaolo
» 気候って重要ですよね lovely summer in europe (2010年07月04日)
アイコン画像Giampaolo
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像夢湖 Yumeko
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像Giampaolo
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像タングス
» 翠風会で巡り会いその2 (2009年12月08日)
Yapme!一覧
読者になる