24時間テレビの存在意義

August 20 [Mon], 2007, 11:13
欽ちゃんが走って盛り上がったようですね、24時間テレビ。

実家ではほぼ無関心な一家でしたが今年は我が夫が欽ちゃんが走ることに意味を見出しておりまして、「欽ちゃんなら意味があると思うね。ゴールがみたい」と私からすると意外とも感じられる発言があり、それなりに(って深夜メインのような気もしますが)見ました。
ちなみに欽ちゃんは第一回の司会でお話がきたときにギャラをゴネてつりあげに吊り上げ、限界まであげさせて「よし!それを全額寄付する!」といって寄付したという伝説の逸話がある人徳のある方のようです(確か欽ちゃんファミリーの勝俣氏がその逸話を披露してたと思います)。

まだ私が子供の頃のこの番組は今に比べればもっとアフリカ難民の子供たちの貧しさとか、社会性のある事を真摯に考えられる内容だったと思うんですが・・・。

今の24時間テレビってあれで何か感じるかといったら私は正直・・・・。
アイドルが出てドラマやってあとはカラオケ。今回なんか深夜に司会の席の中川翔子ちゃんはコスプレでしたからね。雛壇じゃないのに・・・・深夜はただのお笑い番組でした。個人的には楽しみましたが。今年もやっぱり全く24時間TVが24時間である必要を感じませんでしたね。前はカラオケ大会とかで繋いでいて辟易とした覚えがあります。

皆さんは24時間テレビの存在意義を感じてるんでしょうかね?

通常一番のツボは芸能人のマラソンなんでしょうがあれでなぜ感動するのか実はわかりません。
相当なしがらみやプレッシャー等を背負って体も精神も辛いだろうし大変だろうなあと思う気持ちはあるのですが、それ以外感じないです。勇気を有難うとか感動を有難うという意見には頭がポカーン・・・に近いです。マラソンに関してのこの意見を言うと引く方もいらっしゃると思うんですが、この日記に関してはここで読むのをやめないでいただきたい。


私はそこそこドキュメンタリー番組が好きで、やってるとつい見入ってしまうのですが。

もっとこう、、、、福祉や貧困について考え、行動するはずの24時間なんですからNHKスペシャルとかNHKの福祉番組とか日本テレビの深夜のドキュメンタリー番組とかテレ朝の日曜早朝の「生きる」とかがやるようなああいうしんみりとしたドキュメンタリーみたいなものをしっかりとやっていけばいいと思うんです。

残念なことに社会的弱者に焦点を当てて作られることも少なくないドキュメンタリー番組というのは放送されてはいるのですが、深夜だとか早朝だとか、多くの人がテレビをみることのない時間に放送されているのです。NHKが好きなわけではないですが(基本お笑い番組が一番好きなので)NHK教育の福祉番組なんてたまに見ると、考えさせられることやなぜ知らなかったんだろうと思わせられる事があったりしますが一体どれほどの視聴率かなと思います。

24時間テレビこそ真剣にそういうことについて考える一日であるべきだと思うんですが。

終戦記念日や原爆投下の日だって私が子供の頃はもっと1週間くらい各局で戦争のドラマや映画やドキュメンタリーをかなりの時間放送していました。テレビをつければどこでもやってるのでテレビを見るのなら戦争関係の番組を見ざるをえないって時間があったと思いますが、今は普通にニュースやワイドショーのプログラムを放送してお休みして戦争についての番組を放送したりってのがなくなったに等しいと思います。それじゃいけないと私は思うのですが。

今の24時間テレビって視聴率ほしさにやってるだけじゃなく、障害のある方にスポットをあてるにしても凄く煽る感じでえげつないというか・・・非常に浅い感じがするんですよね。その場でその方が何かに挑戦することに「頑張っている」意味を打ち出すっていうのがなんとも浅はかといいますか・・・。

そういった方々が何かに挑戦していることよりも、私達が気がつかずに過していても自分達にとって「普通」に生活し、利用している公共のものでも彼らにとっては些細なことが「不便」であったり「困難」であったりするはずの事に注目すべきではないでしょうか。

社会的に自立して生活することが一体どのように、どれほど困難で

私達や社会全体がそれについてどう協力すべきで

共生するにはは一体どうすべきなのか、

そういう問題点や改善点について考える一番いい機会であるはずだと思うんですが
あの番組構成だとただ「頑張って」と周りが応援するだけでその先が見えない。そこが残念でなりません。

募金は意義のある事です。ボランティア団体も寄付によって賄える、助かる事が沢山あるはずです。
でもただ頑張れと声をかけておしまい、でなく、健常者が普段気にもしていない、或いは気づきもしない事は沢山あるはずで、それを気づかされ、そこを出発点として社会が変わる為の一歩になるべきと思うのですが。

私は今まで芸能人が24時間走っても感動したことはありませんが、脳の発達に障害のある方が毎日施設で働いて、貰えるお金が1万円程で「お金を貯めてゲームがほしい」と笑顔で語り、施設の館長さんが「皆がほしいものが出てきたのはいいこと。ほしい物が出てきて仕事のやる気に繋がってくれれば。皆にもう少し賃金を増やしてあげたい」と語るのを見たときは涙が出ました。自分がそういった方々の賃金を知らずに過してきた事も情けなかったし悔しかったし。
善意を持った人も多く見てるわけですからもっと番組の存在意義を考えた内容であればいいと思うのです。

多くの人々の善意が億単位の寄付という形で30年続いているわけでこれは凄い事だと思います。
だからこそ
24時間テレビを
24時間放送する意味が
24時間誰か芸能人が走っているから
ということだけでは
24時間垂れ流しになってしまうなあ、残念だなあと思います。
  • URL:https://yaplog.jp/natorimamu036/archive/186
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夢湖
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-陶芸・盆栽関係。
    ・アート-万華鏡・星空・ネイル・ガラス等キラキラに因んだ物。
読者になる
みなさま、更新がだいぶ気まぐれいるこのブログにようこそ。 盆栽鉢を中心に日記を書いております夢湖でございます。 気まぐれているのがアレですが最新、最多の夢湖鉢がチェックできます。 Thank you for watching my blog. I am japanese bonsai pottery Yumeko You can see newest and most yumeko's bonsai pots here . My web site http://www.artist-yumeko.com/


       トップに戻る
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Sたけ
» 道中の景色 (2010年12月13日)
アイコン画像Giampaolo
» ってことで雷電神社いってきました〜 (2010年09月03日)
アイコン画像Sたけ
» 浮き彫り or Not (2010年07月25日)
アイコン画像Giampaolo
» 浮き彫り or Not (2010年07月23日)
アイコン画像Giampaolo
» 気候って重要ですよね lovely summer in europe (2010年07月14日)
アイコン画像Giampaolo
» 気候って重要ですよね lovely summer in europe (2010年07月04日)
アイコン画像Giampaolo
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像夢湖 Yumeko
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像Giampaolo
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像タングス
» 翠風会で巡り会いその2 (2009年12月08日)
Yapme!一覧
読者になる