下田と草野

2007年11月28日(水) 22時30分


 グリーティング50円は、本来ならばサンタクロース岩崎簡易局が似合うのだろうが、毎年同じというのも芸がないので、今年は白鳥を描く下田にした。青森県三沢空港からタクシーを飛ばして押印したものだ。



 80円の方も、雪だるま局ではなく、目外ししてイチゴを描く草野を押印した。事業会社の方は、もとの普通局ばかりでいささか芸がないが、50円は苫小牧、80円は旭川で仕上げている。

【初日カバー】
洋七封2通組 手押し  郵便局会社  3,570円3,150円
〃        〃    事業会社   3,570円3,150円
〃        押印機 郵便局会社  3,360円2,940円
〃        〃    事業会社   3,360円2,940円
シート貼2通組 草野、下田、丸の内、東京中央組合せ 3,570円3,150円

【初日印】
シート2種セット 草野、下田、丸の内、東京中央組合せ 3,150円2,400円
〃         東京中央(和ハト)を満月         2,940円2,200円

メールで注文戴ければ、代金引換郵便にてお送りします。送料200円が加算されます。

narumi@mvg.biglobe.ne.jp

外郵印

2007年11月27日(火) 9時35分


 秋元信二郎コレクション『小判切手と外郵印T』18,000円(送料サービス)。
 ただいま印刷中です。配本は12月中旬の予定です。まだ、余部がありますので、申込み受付中ですが、120部しか印刷しませんので、売切れは必至です。早めにお申込み下さい。
 内容は、秋元さんが50年にわたって収集してきた小判切手の、外郵印の部で、今回は横浜と東京。カバーと消印順に額面別に揃えた単片を網羅しています。白抜き「Y」の年別分類は、収集の役に立つと思います。
 解説は、澤まもるさん。頁数240頁の大作です。
 いずれにしても、今回初公開の品物が多数あり、楽しめると思います。
 UとVは、それぞれ15,000で来春に発売の予定。こちらは、Tをお申込み戴いた方のみご案内になります。
 申込みは:
 narumi@mvg.biglobe.ne.jp
メールで申込み下されば、発行と同時に代金引換郵便にてお送りします。

オリジナル専用

2007年11月23日(金) 12時14分


 オリジナル専用シートによるフレーム・写真付き切手の初日カバーを載せておこう。気を付けなければいけないのが、横長の写真付き切手の方で、はたして写真部分を切り取って郵便物に貼って出した場合に、きちんと切手として認められるだろうか。切手として通用することにはなっている筈だが、昔、無目打ちの小型シート(天皇陛下ご訪欧)が発行された時、たくさんの郵便局でシールだから切手ではない、という対応をしたことが思い出される。

 ←これが切手だ!

心臓に悪い事

2007年11月21日(水) 23時12分
 必要量は手配した後だったし、取りあえず問題はないが、それにしても21日の午後に発表して、22日から実施というのは、急に取扱を中止すると書かれているとはいえ、ちょっと非道い話だと思いませんか?
 フレーム切手の写真部分の寸法が、22日申込分から、23mmを24mmに変更する、というものです。1mmの差ですが、現物を見ると一目瞭然。
 何が問題かといえば、10月1日から受付を開始した「日本郵便」版のフレーム切手、フラワーとシルバー、それに11月1日から受付開始のブルーとグリーン、まだ発売開始から間もないのに、様式の改正となったわけです。完全に初期のものとそれ以後の物が区別がつくことになりました。
 21日の日にオリジナル切手作成サービス事務局に電話を入れて聞きました。21日消印で申込み分は、23mmのもので、22日消印で申込みの分から24mmにするということでした。11月1日に申し込んだ分は、21日現在未着なんですが、もう変更なのですね。買い洩らした人は、ちょっとかわいそうですね。

年賀切手

2007年11月19日(月) 19時40分


 年賀50円と50+3円切手の指定局は、郵便局会社が奈良井、郵便事業会社が塩尻。これは、奈良井局に事業会社の窓口が併設されていないからだ。塩尻では、通常の窓口では何もしていない。郵便局会社が24,000の窓口を持っているのに対して、事業会社は1,200のゆうゆう窓口しかないので、このような逆転現象が起きる。
 奈良井は、郵頼を受け付けず、東京中央で絵入りハト印だけ郵頼に応じた。だから、奈良井の和文ハト印、欧文ハト印、風景印は、現地まで出向かなければ押印できないはずだったが、奈良井局では郵頼を受けた。もっとも、局名が読めるかどうかわからないような非道い押印だったので、後から苦情がきたのではないか?



 事業会社のカバーは、塩尻となる。バーの入った日付印は、郵便局会社で、塩尻の郵便局会社は、初日印を使用しない。だから、塩尻のバー入りのハト印は存在しない。存在しないはずのものの郵頼が何件もきたそうだが、あれだけわかりずらい報道発表では、仕方がないだろう。



 これは渡辺版、80+3円の甲府の事業会社のカバー。甲府中央は、事業会社併設局なので、郵便局会社は「甲府中央」のバー入り、事業会社は「甲府」のバーなし、となる。



 こちらも渡辺版、50+3円の塩尻のカバー。郵頼受付局と指定局が一致すると、多少の融通は利くが、郵便局会社との併印は、難しい。やってくれる場合もあるが、やってくれるだろうと思って頼むと、失敗する。ものすごくややこしくなった。

というわけで、初日カバーを希望される方は、メールで申し込んで下さい。
代金引換でお送りします。

narumi@mvg.biglobe.ne.jp

鳴美版 ペア貼 郵便局会社   4通組 3,150円
〃    〃    郵便事業会社 4通組 3,150円
〃    田型貼 郵便局会社  4通組 5,880円
〃    〃    郵便事業会社 4通組 5,880円
〃    押印機 郵便局会社  2通組 1,365円
〃    〃    郵便事業会社 2通組 1,365円
渡辺版 ペア貼 郵便局会社   4通組 3,150円
〃    〃    郵便事業会社 4通組 3,150円
〃    田型貼 郵便局会社  4通組 5,880円
〃    〃    郵便事業会社 4通組 5,880円
〃    押印機 郵便局会社  2通組 1,365円
〃    〃    郵便事業会社 2通組 1,365円
注文品合計に送料として200円加算させて戴きます。

イヤーセット2007

2007年11月16日(金) 14時28分
平成19年の初日カバー・初日印のイヤーセットの受付を開始します。

【初日カバー】
渡辺版 手押し 17件56通完 63,000円
〃    押印機 15件51通完 50,000円

鳴美版 手押し 17件54通揃 68,000円(※5)
〃    シート貼 19通完   53,000円
〃    +7通           8,400円
〃    押印機 16件51通完 54,000円
〃    ふるさと切手 18通完 41,000円

※1)渡辺版は、10月1日発行の50円80円普通切手を含みます(押印機を除く)。
※2)鳴美版は、50円80円普通切手は、ペア貼、田型貼の両方とも売り切れです。
※3)11月26日グリーティング切手に渡辺版はありません。文通グリーティングの渡辺版は、文通週間のものを流用して作成しました。
※4)「+7通」は、シート貼に含まれない文通週間(田型)と年賀(ペア貼)です。シート貼とセットで購入することで記念特殊切手が全部揃います。
※5)文通週間はペア貼売切のため田型貼がセットされます。50円80円普通切手は売切で含まれていません。

【初日印】
和文ハト印満月印 288種完 73,000円
※1)記念特殊168種、普通2種、ふるさと切手117種、お年玉シート1種です。
※2)シートも含め、それぞれの単片に満月です(お年玉シートを除く)。

記念特殊シート物 多局印など 17シート揃 39,000円
※1)1月発行南極50年2シート(糊とシール)が売切で含まれていません。
※2)連刷物のシートで、初日カバー同様、複数局の初日印を押印しています。

以上の品物は、メールで注文下されば、折り返し代金引換郵便にてお送りします。

narumi@mvg.biglobe.ne.jp

手紙をおくる3

2007年11月16日(金) 13時26分


 新しいオリジナル専用シートの写真付き・フレーム切手が午前中に到着。11月16日が初日となった。ていぱーくミュージアムショップでは、明日、17日から1シート2,400円で販売する。未使用シートと初日カバーの通信販売の問い合わせは、下記の通りです。

未使用シート2,400円
シート貼初日カバー7,000円
中型封3通組初日カバー7,500円
(送料サービス・税込)

narumi@mvg.biglobe.ne.jp

メールで注文戴ければ、代金引換郵便にて発送します。

郵便創業

2007年11月13日(火) 22時13分


 11月1日から受付開始のオリジナル専用シート。まず、名前が付いていないので、郵便局と話をしていても「11月1日受付開始のフレーム切手で1,000シート以上まとめて注文しなければならない方のやつ」なんていう説明をしなければならず、大変。まず、名前を決めて欲しい。
 民営化以後、細かいところに変化があり、手間が掛かるのが慣れないせいなのか、手続きが難しくなっているのか、よくわからないが、いずれにしても…
 「逓信総合博物館」のロゴを使用してはいけない、という指示があって図案の一部変更。竜文切手をフレーム切手にするのには、総務省の許可が要る、というので、「駄目かな」と思っていたらOK。そのほか、細かいやりとりがあってようやくサンプルができてきた(上図)。
 今週末か来週初めには、完成品が到着するだろう。サンプルは、これまでは切手の印面部分が印刷された「本物」に斜線を引いた物だったが、今回は無地のシートだった。図では分からないが、ミシン目が入っている。
 ということで、当初のものと若干の変更が生じてしまった。申し込んでいただいた方には、了承して戴かなくてはなりません。民営化以前とは段取りが違ってしまったようで、申し訳ありません。
 注文済みの方には、できあがり次第お送りしますが、「逓信総合博物館」のロゴが入っていないと要らない、という方には手数料も含めて返金させて戴きます。

名古屋港

2007年11月06日(火) 23時13分


 初日カバーは、郵便局会社のものと事業会社のものを別々に作ることになった。そこで、名古屋港の初日カバーだが、郵便局会社のものは、普通の窓口なので、名古屋港局のハト印、風景印の他に、名古屋港本町、名古屋木場、弥富の3局の風景印を押印した。名古屋木場局は、年号に下線が入っていない。指摘すると、局長さんがあわてて書類を調べて、「請求しないと送ってこないんだ」とため息をついていた。



 問題は、郵便事業会社の分だ。要するに「ゆうゆう窓口」で押印しなければならないので、昔で言うところの普通局しか押印できない。郵便局は約24,000局あるが、事業会社の支店は約1,200支店しかないので、多局印の選定には無理がある。将来は挫折するかもしれないが、しばらくはこの方針で押印していくしかない。
 郵便局会社の分と2通セットで見て戴けると、楽しめると思う。

注文は
名古屋港 鳴美版 郵便局会社4局印 2,800円
〃     鳴美版 郵便事業会社3局印 2,800円
※注文合計額に送料として200円加算下さい。

メールで注文の場合は、代金引換郵便(送料200円のみ)でお送りします。
narumi@mvg.biglobe.ne.jp
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像オウケンムーン
» カ社30円銘10B (2018年03月13日)
アイコン画像narumifdc
» 西館 (2017年02月12日)
アイコン画像マルターズアポジー
» 西館 (2017年02月11日)
アイコン画像toru
» 捨てられないゴミ (2016年09月17日)
アイコン画像narumifdc
» ゴールドプレート (2016年04月26日)
アイコン画像通りすがり
» ゴールドプレート (2016年04月25日)
アイコン画像ネオケラ
» オーストラリアハイギョ (2016年03月04日)
アイコン画像ゼンジロウ
» オーストラリアハイギョ (2015年06月25日)
アイコン画像narumifdc
» 郵便局名鑑 (2015年03月05日)
アイコン画像サトノクラウン
» 郵便局名鑑 (2015年03月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:narumifdc
読者になる
「たんぶるぽすと」
増刊54号『朝鮮郵便史』
井上和幸コレクション集 
定価6,500円


Yapme!一覧
読者になる