生誕130年記念 上村松園展

2005年11月04日(金) 15時44分
松伯美術館に『生誕130年記念 上村松園展』を見に行ってきました。
昭和二十三年に女性としてはじめて文化勲章受章の栄誉に輝いた、上村松園画伯。私自身が上村松園画伯のお名前を知ったのは、新聞に連載された宮尾登美子さんの小説「序の舞」でした。明治時代に女性が画家で身をたてる、そしてシングルマザーとして子どもを産み育てる…その強さ、激しさに感銘を受け、絵の素晴らしさはあとで知ったものです。(小説「序の舞」詳しくはこちら
その小説の題名にもなっている 『序の舞』は、右のチラシにも載っているように松園画伯の最高傑作と言えるもので、平成十二年に重要文化財の指定をうけました。「ハレ」の舞台の凛とした緊張感が伝わってきます。画伯自身は「何ものにも犯されない、女性のうちにひそむ強い意志を、この絵に表現したかった。一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香り高い珠玉のような絵こそ、私の念願するものである」とおっしゃっておられたそうです。
他にも代表作と呼ばれるもの約40点が展示されていて、近くに寄っては細かい描写に感心し、また遠くからは構図の確かさに感心し・・・文字通り時の経つのを忘れ・・・
宮内庁所蔵(すなわち皇居に飾られている)「雪月花」なども見ることができ、ほんとうにうれしい。
松伯美術館は1989年に亡くなられた元近鉄グループ総帥・佐伯勇氏のご自宅であったのを近鉄に寄付されて、敷地内に1994年に建てられたものです。邸は村野藤吾氏の設計で現存し、土日祝日は内庭を喫茶室として開放しています。


敷地内には遊歩道もあり、ベンチ等でくつろぐことも出来ます。
紅葉には少し早かったのですが、様々な植物も植えられて、しおんがきれいでした。


















松伯美術館
奈良市登美ヶ丘2丁目1番4号
電話:0742-41-6666  
月曜、年末年始など休館
『生誕130年記念 上村松園展』は27日まで・
途中作品入れ替えあり
  • URL:https://yaplog.jp/nara_nara/archive/26
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
UN
雪月花、ちゃんと見られていたのですねぇ
よかった〜!
私今日も行っていたんですよ
ほんとうに幸せな時間でした
2005年11月25日(金) 22時30分
上村松園展に行った感想、やっと書きましたので、
TBさせていただきます。
今ごろ書いてますが、前期展示です(笑)

本物の松園さんの作品が見れるって幸せなことでした。
2005年11月25日(金) 21時50分
UN
行ってこられたんですねぇ。
やっぱり行けばよかったかなぁ<ギャラリートーク
ほんとうに精力的にあちこち行かれていて頭が下がります
『美味しい奈良』見つかりましたか?
2005年11月20日(日) 8時05分
UNさん、こんばんは!
月曜日、松園展の後期展示にいってきたのですが、遅ればせながらやっとアップしました。TBさせていただきます^^ UNさんも松園お好きなようで嬉しいです。
2005年11月19日(土) 20時34分
master
「序の舞」の解説、ありがとうございます。
今回初めて現物を見てその大きさの迫力にも圧倒されました。
ぜひぜひ見にいらしてくださいませね!!
2005年11月06日(日) 9時05分
こんにちは。私のブログへのコメントありがとうございます!

「序の舞」の絵は重要文化財に指定されているのですか! それも当然、とも思ってしまうぐらい、ステキな絵ですが。

「序之舞」は能の舞でも、最も静かな舞の名前です。表面上は柔らかく、とても優雅な舞なのですが、その内部に最も気迫のこもったものがなくてはなりません。逆に言えば、その気迫を外に荒々しく見せないだけの抑えた力があってこそ、初めて生きてくる舞なのです。
(…と言われながらも稽古では全然上手く行きません(涙))

それを女性の舞姿に見事に昇華されていると思います。その本物を見る機会。是非逃さず参りたいものです。
2005年11月05日(土) 1時16分

アンケートに答えてね♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp



2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE