「カップリング・ノー・チューニング」

2005年07月30日(土) 8時52分


中古でシビックを買った19歳の僕。自慢しようと友達の家に行くが、誰にも相手にされない。唯一興味を持ってくれた昔バレンタインにチョコをくれた同級生を始めに、男から逃げているビールしか飲まない女、ヒッチハイクで沖縄まで行こうとしている女を乗せ、東京から名古屋の先までの旅。

角田さんの初期の本。車がシビックだったり男の子がこだわって収集してる大切なものが運動靴で「ナイキエアーマックス95」だったり懐かしいものが沢山。

友達が貸してくれる時に「読む?だけど得るものが何もない本だった」って言った言葉どおり、読み終わった後「で???」という感じでした。初めての自分の車を飾り付けて、車で聴くためのカセットテープを編集して、自分が大事にしている靴と兄から盗んだレコードを積んでドライブ。助手席にいる女の子がおしゃべりだと「わずらわしい」と思い、何もしゃべらないと自分が「わずらわしい」人になる。出かける前より、少し大人になったのかな?

2時間ドラマでも見ているような感じ。ドラマだとしてもつまらなくて誰も見ないか…
■プロフィール■
■なな■
■新しいブログに移転しました。ブログ名はおなじナナメモです。どうぞよろしくおねがいします。■
にほんブログ村 本ブログへ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naomi703sugar
読者になる
Yapme!一覧
読者になる