「輝く断片」

2005年07月29日(金) 15時40分
輝く断片
シオドア・スタージョン 大森 望
4309621864

大森望さん編集の短編集。物語は1941年から57年に書かれたもの。
取り替え子 大森望訳
ミドリザルとの情事 大森望訳
旅する巌 大森望訳
君微笑めば 大森望訳
ニュースの時間です 大森望訳
マエストロを殺せ 柳下毅一郎訳
ルウェリンの犯罪 柳下毅一郎訳
輝く断片 伊藤典夫訳

新聞に紹介されてて、なんとなく手に取りました。あとがきを読んだら50年以上前に書かれた物語、なのに古臭さは全くない。短編集なので色んなタイプの話が集まっていました。SFもあり、サイコもありなんだけど、周りから見たら普通に生活しているのに、何か固執するものがあり、どんどん歯車がかみ合わなくなっていく男の人っていうお話がいくつかあり、とても50年前に作られたとは思えない。今の表題作の「輝く断片」が一番印象に残った。

ストーリーはいいんだけど、訳者の文章が自分に合わないって事ありませんか?昔海外ミステリーを沢山読んでいた時、時々感じていました。最初からストーリーは面白いはずなのに、同じ行を何度も読んでいて、全く頭に入ってこない。そして眠くなる。この作家さんとは合わないのかなぁと思いながら、それでも読み続けていたんです。6つ目になったら全然違う。内容がすらすら入ってくる。訳者がそこからかわってました。私には大森さんの訳はあわないのかもしれない。…って事でこの本の前に出た「不思議のひと触れ」も読んでみたいと思います。

洗濯機が!!!

2005年07月29日(金) 14時09分

洗濯機が壊れました
朝はちゃんと動いてたんです。
午前中公園に行きまして、泥んこになった服を洗濯しようと思ったら脱水できません。
エラーサインが出ていて、「ふたを閉めて下さい」ですって。
閉めてますってば

お客様センターに電話しました。
「洗濯機が水平になるよう足を調節して、一度電源を抜いて、試してください。それでも動かないときは修理になります」ブチっと電話が切れました。

色々してみたけどダメです。

今度は修理センターに電話しました。
「一番早くて8月3日になります」
えぇ5日後なんて…
暑い夏、何度も着替えをする子供達。
コインランドリーに通うっていったって仕事もあります。

週末に新しい洗濯機購入も視野に入れつつ、一応修理を依頼しました。洗濯機、今7年目。一昨年の夏も壊れて修理したんです。
そろそろ交換時なのでしょうか?
いやーん。普通の洗濯機にするかドラム式にするか悩みます。
ドラム式、一度スタートしたら途中投入が出来ないって聞きました。私、かなりボケなので「あっこれも!」って事多いのです。困るよなぁ。

どこのメーカーのを買ったらいいんだろう?
いま使ってるHの製品は二度と買わないと心に決めているのですが…

■プロフィール■
■なな■
■新しいブログに移転しました。ブログ名はおなじナナメモです。どうぞよろしくおねがいします。■
にほんブログ村 本ブログへ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naomi703sugar
読者になる
Yapme!一覧
読者になる