「死神の精度」伊坂幸太郎

2005年07月18日(月) 21時47分
死神の精度
伊坂 幸太郎



主人公は死神。情報部から与えられた名前は「千葉」。7日間対象となる人を観察し「可」もしくは「見送り」を報告する。「可」と判断された人は8日目に亡くなる。

死神の「千葉」が担当する6人のお話。基本は行動をともにして、話を聞き、そして決断するんだけど、6つの話の展開が全然違う。1話目の「死神の精度」を読んで、フーンこんな感じなのかって思ったのに、2話目でその予想は全く裏切られた。そして最後の「死神対老女」で思いがけない展開。懐かしい人達に出会えて、読み終わった後ニンマリしてしまいました。

死神は容姿、年齢は仕事に応じてかわる。眠くならない。食事の味はわからない。素手で人間に触れるとその人は失神する。そして音楽が大好きで、CDショップで音楽を視聴していると他の死神にたびたび出会う。「千葉」が仕事をするときは必ず雨が降る。

「千葉」と対象者の会話がちぐはぐで又面白い。人間の世界の事を対象者からの情報で日々勉強している「千葉」なので、不自然な事が多々ある。昔見た映画「ジョーブラックによろしく」を思い出した。あれも確かブラッド・ピッドが死神で、ピーナッツバターをはじめて食べるシーンが印象的だった。

あー本当に面白かった。伊坂さんの本、中々読めなくてこれが3冊目。早く残りも読みたいって真剣に思いました。

黒ゴマパン

2005年07月18日(月) 10時18分

気がついたらお米がない後3カップ位です。
明日の夕方生協から届くので今買うわけにはいきません。
今日は昼も夜もお米を食べないメニューにしないと。
と、言う事でパンを作りました。
「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から黒ゴマパン。
硬いパンになるのかと思ったらフワフワ柔らかです。
今日は子供達も自分の食べる分は自分で成形。
まんまるにした下の子と「ドーナツにしたのにハートになった」と喜ぶうえの子。
■プロフィール■
■なな■
■新しいブログに移転しました。ブログ名はおなじナナメモです。どうぞよろしくおねがいします。■
にほんブログ村 本ブログへ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naomi703sugar
読者になる
Yapme!一覧
読者になる