「Love Letter」

2006年02月27日(月) 22時13分
Love Letter
石田 衣良/島村 洋子/川端 裕人/森福 都/前川 麻子/山崎 マキコ/中上 紀/井上 荒野/桐生 典子/三浦 しをん/いしい しんじ

11人の作家が「LOVE LETTER」をキーワードに書いたアンソロジー。やっぱりすごいですね。こんな風に物語が膨らむのかって思うものばかりでした。これ、キーワードを隠して本にして最後に「キーワードは何でしょうか?」ってクイズにしたら答えられるかなぁ。

「ありがとう」 石田衣良
ありがとう、ミオカ。僕から美丘へのラブレター。

これはもう、まさしく正統派のラブレター。運命的な出会いから、決められていた別れまで。よくある話なのですが、石田さんやっぱりうまい。これが石田さんの短編集になると、うますぎて出来すぎてて何も残らないんですけど、11の物語のはじまりにぴったりの話でした。

「空」 島村洋子
画家になる為スペインに行った彼を待つ妹。そんな妹をちょっと意地悪な目で見ている姉。週1回届いてた絵葉書が途絶えた。スペインに旅立つ姉妹。

絵葉書が届かなくなって、出かけていったスペイン。大家によれば、女が時々来ていたという。その事について「説明してもらわなくていいの?」と聞く姉に「説明してもらいたいよ。だけど問い詰めたら人間って嘘つくじゃん。私、嘘がききたいわけじゃないから、待ってる」って答える妹。強い!大きい!

「わくらば日記」朱川湊人

2006年01月25日(水) 21時56分
わくらば日記
朱川 湊人
4048736701

色白の美人で目の色は鳶色。体は決して丈夫ではなかった。そんな姉さまが亡くなって30年。主人公のワッコこと和歌子が、昭和30年前半、不思議な力を持った姉と一緒に過ごした子供時代を振り返る5つの短編集。

前回の「かたみ歌」より少し前の時代。ちょうど映画「ALWAYS三丁目の夕日」と同じじだいでしょうか(観てないけど)。主人公ワッコの家には冷蔵庫がありません。仕事の事情で別居してる父さまの仕送りと母さまの裁縫仕事で暮らしています。貧乏だけど、みんなが同じような生活をしていた、そんな時代。

姉の鈴音は色白の美人。ハーフと間違われるくらいです。体は弱くよく熱を出します。そして人でもものでもじっと見ているとその対象物が見てきたものが「見える」のです。「見える」事をワッコが憧れていた警察官に話してしまったせいで、事件の容疑者の過去を「見る」事になります。心優しい姉さまはショックのあまり熱を出してしまう。

一番印象に残ったのは「流星のまたたき」です。毎年届く年賀状、素敵です。

人が死んだりするのですが、なんだか心温まる物語。この姉妹、心が汚れていない。特にお姉さんは本当に天使のような人なんです。読んでいるとホッとするのと同時に自分の汚れ具合がよくわかり悲しくなります。

だけど、ワッコが時々「その姉さまももういません」「27歳で亡くなった姉さまが…」と何度も何度も言うのです。最後の話は27歳の姉さまの物語なのかと思ってどきどきしてましたがそうじゃなかった。この姉妹の物語続くんですよね?気になります。

「我らが隣人の犯罪」宮部みゆき

2005年11月27日(日) 23時02分
我らが隣人の犯罪
宮部 みゆき
4167549018

デビュー作「我らが隣人の犯罪」を含む短編集。

随分長いこと借りっぱなしでした。今日は子供が中耳炎になり、「痛い」って泣いて長い夜になりそうな予感。じゃぁ読んでみようかと手に取ったのですが、面白くてあっという間に読んでしまいました。

「サボテンの花」が一番印象に残ってます。6年1組の26人、自立心が強い子達。植物園がオープンする日、入場無料に加え熱帯果実が食べ放題。平日だったので、大学3年の男の人を引率者としてスカウトし、3グループに分かれて学校を抜け出し6時間目に帰ってきたりする。そんな生徒が決めた卒業研究は「サボテンの超能力」について。対立する担任は怒って登校拒否です。周りの教師や親との間に立つ定年まじかの教頭先生。教頭の相談役になる大学生。全く想像できない展開でした。「超能力をもったサボテン」の種明かし、しないでほしかったなぁ。あと、一クラス26人は羨ましいです。春に小学生になる上の子、1クラスの人数がどうやら限りなく40名に近いようなのです。選挙の時に「小学生の一クラスの人数の少数化」をかかげてる人がいますよね。今まで無関心でした。自分の身に降りかかって初めて気がつくんですよね。

「この子誰の子」ではAID、非配偶者間での人工授精について書かれています。看護士の友人が以前不妊治療の病院で働いていました。その時に「医学生は自分の精子を提供するんだよ」って聞いて、「えー!それじゃぁ二十歳そこそこで自分の遺伝子を持った子が色んなところにいるって事になるんだよね?」とすごく驚きました。随分前に聞いた話なのに今でも覚えているくらい驚いたのです。凡人の私は驚くだけ、宮部さんはそれを物語にしてしまうんだからすごいです。

「ライオンと魔女 ナルニア国物語」C.S.ルイス

2005年11月25日(金) 21時28分
The Lion, the Witch and the Wardrobe (Chronicles of Narnia, Book 2)
C. S. Lewis Pauline Baynes
0064471047

空襲を避けるため、田舎に疎開したピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィの4兄弟。大きなお屋敷内を探索している時、ルーシが空っぽの部屋にあるクローゼットを見つけ、中に入ってみる。毛皮のコートの奥は雪が降る林だった。白い魔女に支配されるナルニアの国を冒険する4人。

ディズニーが映画化するらしいし、恩田さんが「大好きな本」って書いてたし、読んで見なきゃっってずっと思ってました。児童書だし、図書館に原作があったので英語で…なんて思ったのが大間違いの始まり。寝る前にチョコチョコ読んでいたのですが、気がつくとうたたねしてる。そんな事を繰り返し、2週間が過ぎ延長しました。今週末が返却期限です。慌てて読みました。

クローゼットの中に入る。子供の頃よくやりました。母の普段着ない服が入っていて、ナフタリンのにおいがする。扉を全部閉めて開かなくなるのが怖くて、ほんの少しだけ開けて何をするでもなくジーっとしてる。ルーシィもきっとそうしようと思ったんだ。そしたら雪の降る林に出てしまった。あーぁ。子供の頃、この本に出会ってたらクローゼットの中でジーとしないで色々空想してたのかしら?残念です。

映画楽しみです。ライオンのアスラン、どんな風になるんだろう?王様と女王になった4人はどんな感じなんだろう?ワクワクします。ナルニア国物語の映画、シリーズ化するそうなので、続きも読まないと。1冊に4週間とすると全部読むのに半年以上…翻訳本にしちゃおうかな…

「ララピポ」奥田英朗

2005年11月23日(水) 20時44分
ララピポ
奥田 英朗
4344010515

ほぼ同時の時間軸の中で連動する6つの短編集。

苦手な分野の話盛りだくさんでした。「ポンツーン」に不定期連載されていたものですと書いてあります。雑誌?どんな人たちが読むものなんだろう?

お子様脳の私には苦手な分野が沢山登場するんだけど、それがメインじゃないので平気なのです。登場人物がイタくて悲しいのです。頼まれるとイヤとは言えず、キャバクラで働くつもりが最後にはAVに出演する事になるおとなしい子。イヤだと思いながらも中年主婦相手に寝なきゃいけない若者。勧誘を断れず新聞を同時に3つとり、浄水器や羽根布団を買ってしまい生活がカツカツのフリーター。いるいる、あるある。自分の中にもそういう部分が少しはあると思います。ついこの間も「もっときっちりと言わなければいけなかった」って思うことがあったのです。勧誘されると断れない青柳くんの「相手が踏み込むと、つい下がってしまう。そして自分の陣地を狭めてしまう」ドキっとしました。

「LIGHT MY FIRE」は怖い。43歳主婦。夫、娘と顔をあわす事無く暮らす日々。隣の家の郵便物を盗み見て嫉妬する。荷物が積まれていて行けない2階。階下から突然大量の消臭剤を上に向かってぶちまける良枝。なんで、二階に向かって?なんて思ってたら、そういうことなのかーって。はやり、周りの目というのは大切です。無関心はいけません。

表紙、鍵穴から覗く春画風の絵。図書館で借りたので中のイラストは見えません。中全体が春画なのか、それともだまし絵なのかが気になります。そして「ララピポ」の意味。ヘェーです。この本のことを話題にするとき、今までとはちがうイントネーションで「ララピポ」って言わなくっちゃ!

5章までのラストはまるでテレビの電源をプチっと切るように物語が終わります。最後の章、同時進行している物語の中でも時間が一番遅れて進んでいるようで、今までの「プチ」っと消えた話のその後がさりげなく見えホッとしました。

「六〇〇〇度の愛」鹿島田真希

2005年09月14日(水) 10時34分
六〇〇〇度の愛
鹿島田 真希


夫と子供と平凡に暮す主婦。ある日、誤作動の非常ベルの音を聞いたとき、頭の中にきのこ雲が現れ、なにも言わずに長崎へ旅立つ。長崎のホテルで出会ったロシア人と日本人のハーフの青年。

うーん。何となく手にとって見た本なんだけど、私にはわからなかった…まず、物語の奥底にキリスト教が流れている。聖人だの殉教だの言われても私にはさっぱりわからない。最近、この手のキリスト関係の本何冊か読んだけど、基本的なこと全くわかっていないせいか、頭に入ってこない。

主人公が考えている事と主人公と青年の会話で文章がなりたっている。主人公の頭の中を覗いているような気分で、その考えについていく事ができず、一人置いてけぼりって感じでした。主人公が青年に語る言葉が蓮見圭一さんの「ラジオエチオピア」の不倫相手が書く手紙によく似ていた。

「若かった日々」レベッカ・ブラウン

2005年09月11日(日) 16時53分
若かった日々
レベッカ・ブラウン 柴田 元幸
4838714661

子供の頃の自分、思い出、両親の不仲、そして大人になって気がつく両親への想いを綴った本。

レベッカ・ブラウン。随分前にエイズ患者を介護する人の話「体の贈り物」を読んだ事があります。その時にも感じたけど、読み終わった後周りの音が聞こえなくなる。一人、静かな場所にいて、レベッカ・ブラウンの綴る文字が映像になって私の頭に流れ込んでくる、緩やかにそしてくっきりと。

子供の頃の沢山の記憶。初めて海に入って溺れたこと。父に教わりながら初めて泳げた日。夏のキャンプで出会った年上の女の一重の憧れ。プライドが高くて軍人である事が大切だった父への嫌悪感。両親ともになくなって、自分の中に見つけた父、母に似た部分。父を少しずつ理解していく自分。そんな事が淡々と鮮明に描かれている。

母を看取り、父の死後随分たって父に似てるところ、母に似ているところを考える私。「こうした、受け継いだものを、私は恐れ、それと同じくらい、欲する。」そうやっていつまでも心の中で引きずるほど、満たされていなかったのかなって思う。自分の子供が私の死後、そんな風に考えていたらきっと悲しいと思う。

「檸檬のころ」豊島ミホ

2005年08月29日(月) 9時17分
檸檬のころ
豊島 ミホ
4344007476

東京から北に電車で4時間半。まわりに何もない町にある共学の進学校・北高。そこを舞台にした連続短編集。
「タンポポのわたげみたいだね」授業を受けられなくなっ手しまった小嶋智との関係に悩む橘。
「金子商店の夏」東京で司法試験を受ける為に予備校に通う金子晋平、28歳。ある日祖父が倒れたと電話があり、北高横にある寂れた店に帰る。
「ルパンとレモン」野球部の西。親友の佐々木が好きな子が自分が中学の時につきあっていた秋元だった。
「ジュリエット・スター」下宿屋の娘。北高と南高の生徒を預かる。下宿内交際禁止なのに南高の珠紀と北高の林がつきあっているらしい。
「ラブソング」音楽があれば幸せ、将来は音楽ライターになりたい白井。ある日、クラスの辻本が同じ趣味とわかり、気になり始める。
「担任稼業」北高の先生。小嶋の担任。
「雪の降る町、春に散る花」秋元加代子。東京の私大を希望していて、彼である佐々木とは別れなければいけない。

著者があとがきに「私の高校生活は暗くて無様なものでした。…そういう「地味な人なりの青春」を、いつか書きたいと思っていました」と書いてます。その通り、クラスの中心から外れた子。人生に疲れちゃった人。学校生活が楽しくない子。そんな未来の希望もないような人たちばかりが登場します。だけどどの話もラストにはなにかキラキラひかるものがあります。読んだ後温かな気持ちになれる。

自分の高校時代を考えると、女子校だったし、自宅から大学に通ったし、クラスで注目を集める人じゃなかったけど、ここに出てくる子たちの気持ちに共感できる部分が全くなかった。だけど、登場人物がこの世の中のどこかに絶対にいる、こうやって悩んだりしながら日々を過ごしてる人がいるってすごくリアルに感じました。

豊島さんの本、もっと読んでみたくなりました。

「ラッシュライフ」伊坂幸太郎

2005年08月14日(日) 15時51分
ラッシュライフ
伊坂 幸太郎
4106027704

「お金で買えないものはないと思っている画廊経営者の戸田と買われた画家の志奈子」「泥棒の黒澤」「新興宗教の幹部の塚本に『神を解体しよう」と持ちかけられる河原崎」「カウンセラーの京子と不倫相手の青山」「リストラされ、40社目の会社に不採用にされた豊田と老犬」5つの話が交差する。

バラバラの物語が少しずつつながっていく。難しいパズルのピースがはまって行くような感覚でした。最後のほうで泥棒の黒澤の友人佐々岡が言った言葉「人生がリレーだったらいいと思わないか?」「「リレー?」「私の好きだった絵にそういうものがあってね。…一生のうち一日だけが自分の担当で、その日は自分が主役になる。そうして次の日は別の人間が主役を務める」に納得。この話は人生のリレーなんだ。

物語は仙台駅を中心に交差する。そして紙とマジックを持ち「好きな言葉を書いてください」とお願いする外国人女性、「何か特別な日に」と書かれた垂れ幕の下がる展望台、「エッシャー展」のポスター、新しくオープンした喫茶店、中国語の宝くじなどが後からもの凄く効いてくる。タイトルの「ラッシュライフ」のラッシュも英語を日本語にすると色んな意味にとれて面白い。

そして他の本とのつながり発見。銀行強盗事件。出てきた人質はお面をかぶらされてた。この本ってあの本より前に書かれてるはず…伊坂さんの頭の中見てみたい!

「ロマンスのR」スー・グラフトン

2005年08月13日(土) 18時26分
ロマンスのR
スー・グラフトン 嵯峨 静江
4152086440

私立探偵のキンジー・ミルホーン。37歳独身。今回の依頼主は富豪の老人ノード・ラファティ。横領事件で刑務所に入っている一人娘のリーバが仮釈放されるので、 迎えに行き外に世界に慣れるまでの数日間見張っていて欲しいというもの。簡単な依頼だったはずなのに、リーバの元雇い主で元愛人ベックがマネーロータリングでFBIや国税庁の合同チームに追われている関係で、キンジーもリーバと共に事件に巻き込まれる。

シリーズ18作目。Aから始まるシリーズの最初にキンジーが何歳だったのかすっかり忘れたけど、本書に「探偵をして10年」と書いてあるので1作目は27歳だったのかもしれません。職場の人に薦められて読んだ時私は22歳。すでに出ている本を全部読んで、それからは出版されるたびに必ず読んでました。22歳の私は歳をかさねていく事を嘆いているキンジー、2回の離婚暦があり、時々恋をしながらも押しの弱さで確固たる関係になれないキンジーを少し冷めた目で読んでました。1作で1才としを取るわけではないので、今回の本でとうとう同い年になってしまいました。同い年になってみると、遅めの朝ご飯にマクドナルドのクォーターパウンダーとポテトを食べる事、行きつけのレストランで一人で食事をする事、そして恋に落ち寝る間も惜しんで会う事がとても魅力的に感じます。読む年齢、環境によって違ってくるものなんだなぁとしみじみ感じました。今回は昔ちょっと心を寄せていたチーニーと両想いになります。このままずっと幸せが続くといいのに。
■プロフィール■
■なな■
■新しいブログに移転しました。ブログ名はおなじナナメモです。どうぞよろしくおねがいします。■
にほんブログ村 本ブログへ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naomi703sugar
読者になる
Yapme!一覧
読者になる