I'm of two minds

March 06 [Tue], 2007, 21:53
どちらにしようか悩んでいる



何を悩む必要があるというの?

もう福山君の事はどうでもいいって決めたはず。
大学に行けば新しい出会いがあるはず。

でも、もう。

怖いんだ。


本気で人を好きになるのは。


恋なんて消耗品だ。

恋なんてしたって疲れるだけだ。

だからGacktに恋してればいいやって。

二次元のキャラクターを好きになればいいやって。

どんなに想っても叶うはずないって最初から割り切ってればこれ以上苦しくはならないって。

想っても何故人は恋をしようとするんだろう。



思えば学校行事のときだった。

プレッシャーに追い込まれて行き詰って、自分の意思に反して涙が溢れて、
そんな弱い私が嫌でその場から逃げ出して、
トイレにこもって、あぁ、私なにやってんだろうって。
でも弱ったときに差し出された手を、掴まずにはいられなかった。

最初に差し出してくれた藤君は、
「ななみさんがいないと」って言ってくれた。
震える私の腰をそっと抱いて、「戻ろう」って言ってくれた。

その後福山君が、ただ、慰めの言葉なんてかけてくれないのに、
ただ、ただ、傍に居てくれた。

あぁ、私が求めてた優しさはこっちだったんだって。

あと2日で終わってしまうというのに。
  • URL:https://yaplog.jp/nanami7/archive/181
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。