金色の小石

2006年01月31日(火) 17時07分

読者に熱烈なインパクトをもたらした
ヤングチャンピオンの「バトルロワイアル」漫画化。
その画を描いてた田口雅之の次なる連載は、
秋田書店が誇る手塚治虫の遺産「ブラックジャック」の
再漫画化だった。
じつは秋田書店は去年あたりからすごい勢いで
ありとあらゆる漫画家にブラックジャックをリメイクさせてて
(このサイトに詳しいっす
http://d.hatena.ne.jp/soorce/20051017
無断リンク許して)
その一環として始まったんだけれども、
これがまあすばらしい結果となって
今も連載されているのだった。


「BLACKJACK NEO」(「ブラックジャックNEO」)第1巻

ある意味、原作を越えているかも。
そのぐらい素晴らしい精神性の高さを感じる。
生きていくうえでの恐怖、不安、
それらに囚われず歩んでいく方法、
そしてその秘訣を発見した日に
ブラックジャックが見たという「金色の小石」の正体。
素晴らしい、素晴らしすぎるよ。
彼が法外な報酬を請求する理由も
田口さんの解釈として説明されている。
(手塚治虫がそう考えていたかどうかはわからないけれど)
すこぶる納得のゆくものだった。

個性的な絵にとまどうかもしれないが、
なるたけ多くの人に読んでもらえたら、と思う。

「青い空を、白い雲がかけてった」

2006年01月08日(日) 18時43分
 復刊されたと知って欲しくて欲しくて、
探し続けたが、どうしても見つからないので
ついにとうとうアマゾってしまったこの作品。
あすなひろし著「青い空を、白い雲がかけてった」。
名作? どうだろう。
だが、少年時代からずっと忘れられない作品だった。

「ドカベン」「ブラックジャック」「ふたりと五人」
「エコエコアザラク」「マカロニほうれん荘」等
今も語り継がれるモンスター級の連載陣を誇った
当時の「週刊少年チャンピオン」の中に、
半年に一度ぐらい、ポツリポツリと連載される
不思議な作品があった。
「750ライダー」みたく、ちょっと大人向けのテイスト。
ドタバタしたコメディのふりしながら、
少年たちの学生生活、家庭生活を舞台にした
ひそやかでつつましいドラマの数々。
少年マンガの中では異質な雰囲気だけれど、
なぜか心地よく、木陰のような雰囲気のマンガだった。

本屋で探しても見つからないはずだ。
復刊=文庫版と思い込んでいたので、
届いた本のサイズが新書版だったのには驚いた。
しかもこれ、全部ではなく総集編なのね。
犬がドアにはさまれて「わんぱたーん」
を表現しているコマが意外に少ないのはそのせいか。
全部読ませろよ・・

大人になって読み返し、あえてテーマを一言で言うなら、
「人間の尊厳」を描いたマンガだと思う。
別段ドラマチックに生きていなくても、
市井の生活を送るどこの誰にも必ず隠し持っている
夢や情熱やポリシーがあって、助け合ったり
思いやったりして生きている。
そのことを時にデフォルメした絵でユーモラスに、
時にシリアスな絵で静かに訴えかけている。
読み進むうちに胸が熱くなり、
いつのまにか涙をこらえている、、そんな作品です。

今回は誰にでもおすすめはしませんよ。
知る人ぞ知る、小さな小さな宝石ですからね。

タイマグラばあちゃん

2006年01月07日(土) 23時49分
昭和の日本で最後に電気の引かれた集落「タイマグラ」
そこに暮らす一軒だけの家のおばあちゃん。
この映画は、その静かな暮らしを追ったドキュメンタリーだ。


なんつうか、言葉で表現できんな。
ばあちゃんは、北風と太陽で言えば
太陽みたいな人だと思った。
寒ければ寒いで、
その寒さを利用した食物づくりをする彼女。
裏山には熊がいて、
畑の作物はキツネが食べにくる環境。
自然と共存するというより、
自然そのもの
となって生きているような感じ。
光のような、
風のような、
水の流れのような、
コブシの花のような人。
映画としていい悪いうんぬんでなく、
いい人に会えてよかった、と思いました。

「ぼくを包む月の光」 第2巻

2006年01月04日(水) 0時35分



泣くよ。
泣いたよ。
素晴らしいよ。

「アニメがお仕事!」第3巻

2006年01月03日(火) 17時29分


 リオハさんから「たいへんな展開になってるよ」
と言われて気になっていた第3巻。
ああ、またまたすごいことに・・・


仕事から逃げ出したニっくんに語りかける
ライバルの言葉が泣かせてくれました。

上を向けよ、 上向きゃ風が吹くんだ、 と。


重い、けれどその重さが読後の力になるような、
そんなマンガです。

謹賀新年

2006年01月02日(月) 17時13分
あけましておめでとうございます。
(って、これ書いてるのは3月なんだけどな)
こんなところでも更新すれば読んでくださる方がいるようで何よりです。
今年もこんな感じでゆっくりひっそり更新していこうかな、と思います。

+++++++++++++++++

1/2
宮島へ行ってきた。
わしらはクリスチャンなので初詣なんてする必要はまるでないので、
厳島神社もただ行ってみただけで中を通り過ぎ、
ひっそりした場所が好きなので大聖院まで行ってみた。
ところがあなた、これがまあ
ちょっとしたアミューズメントパークなみの混雑でんがな。
正月なのに、なぜにお寺へ参るか?日本人。
そこを一周すれば、四国八十八箇所を
まわったことと同等になる洞窟とかできててちとびっくり。
でも一番印象的だったのは、
なんともいえないおだやかな笑顔をしておられた
チベットから来られてるお坊さんかな。
ああいう人にだったら何度でも会いたいですね。

2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■プロフィール■
■めっっしゅ■
■職業:旅人■
■山羊座 A型■
■出生地 出雲国■
■現住所 安芸国■
最新コメント
アイコン画像めっっしゅ
»  (2014年09月04日)
アイコン画像ginlime
»  (2014年08月30日)
アイコン画像めっっしゅ
» 三瓶・馬と老人 (2013年12月10日)
アイコン画像Naomi
» トガキューについて (2007年05月07日)
アイコン画像Phyllis
» トガキューについて (2007年05月07日)
アイコン画像めっっしゅ
» 広島1−2清水 (2006年08月29日)
アイコン画像ginlime
» 広島1−2清水 (2006年08月19日)
アイコン画像めっしゅ
» サンフレッチェは (2006年07月24日)
アイコン画像ginlime
» サンフレッチェは (2006年07月21日)
アイコン画像めっっしゅ
» 小鳥 (2006年04月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nana_you_ki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる