アウトサイドヨシノ

2015年11月21日(土) 22時39分
2015/11/21
アウトサイドヨシノ ライブ

「eathtern yputh」(綴りあってるかな)の
Vo.G.吉野寿のソロプロジェクト、
「アイトサイドヨシノ」のギター弾き語りによるライブであった。
男を泣かす男、吉野!
場所はいつもの横川シネマ。

可部で所用があり、着いたら2曲目の途中ぐらいだったのかな。
それでもすんなり違和感なくライブにとけこめた。
そのぐらいフレンドリーな、
いや酔っ払いがぐだぐだやってるような感じのライブ。
けれどもそれは演技なのかも。
ステージが終わって自分で物販をされてた吉野さんは
とっても良い人でありました。

山口洋ライブ

2015年09月24日(木) 22時31分
老いたか、それとも手首骨折の影響か、
自分の奏でるリズムと歌にギターが追い付かない感じ。
ブズーキだと感じられなかった(疾走感あり)
なので、ネックの太さの問題なのか?
いろいろ残念なライブじゃった。

寺尾紗穂&ソケリッサ

2015年08月22日(土) 23時47分
CD「青い夜の悲しみ」、「楕円の夢」、
著書「原発労働者」、
そしてこの日のライブ、
初めて生で歌声を聴く寺尾紗穂その人と、踊るホームレスのオジサンたち「ソケリッサ」、
全てが、全てが素晴らしい、素晴らしかった。

スティル バーニン、 アイム バーニン

2006年03月05日(日) 23時46分
ヒートウェイブのボーカル
「山口洋」のソロライブを
カフェ「Jive」に聴きに行った。

どうしようもないことだが、俺はここのハコが好きじゃない。
ステージ奥のだっさい赤いカーテンも、
途中で音がかわるしょぼいPAも、
トイレの位置もなにもかも気に入らない。

だけど、しょぼい吸血鬼みたいな風体で彼が現れ、
ステージに上がる段差でつまづき、
第一声が「ヒロシです・・」、そして「ニャー」と
しょぼいギャグを連発し続けても、
ひとたびそのギターがかき鳴らされ、歌がほとばしってしまえば、
そんなことまるで気にならなくなるのだった。

かつてパリで演奏したアルバート・アイラーのサックスからは
音が星となってほとばしっていたそうだが、
今夜、山口洋のギターは火を噴いていた!
そしてその炎がこちらに飛び火し、
一瞬で血液の温度が60度上昇し、
グラグラと煮えたぎったのだった。

太陽

2005年11月29日(火) 23時07分
ここ一か月、頭の奥で鳴り響いていた曲は、
金延幸子さんの名曲「み空」と、Ettの「太陽」。
女性ボーカルと生ギターというシンプルな構成の二人組「Ett」、
今日はそのEttのライブがネコバコで行われる日だ。

(続きは追記へ)

走っても走っても

2005年10月31日(月) 23時14分
走っても、走っても、走っても、走っても、走っても、走っても、走っても、走っても、走っても!!
○×△※☆◎〒@&%#?$£嗚呼!!


++++++++++++++++


昨夜は「ネコロックフェスティバル」最終日、
二階堂和美さんのライブに参加した。
素晴らしい歌、楽しい時間。
後半には「ゴカイドウニズミ」も再登場して
大いに笑わせていただきました。
でも、今回一番インパクトがあり、
心に残ったのはこの曲、
テレビアニメ「赤毛のアン」のエンディングテーマでした。
走っても、走っても、走っても、走っても、、
とオリジナルを越えて繰り返されるリフレインに
どうしても届かない何かへの、もどかしさ、
つらさ、希望と絶望、願いなどを感じて
心がぶるぶる震わされた。

++++++++++++++++

赤毛のアンED「さめない夢」
作詞/岸田衿子 作曲・編曲/三善晃 歌/大和田りつこ

はしっても はしっても おわらない 花の波
みずうみは遠く もえるくもは もっと遠く
花の中で 一日は終わる
さめない 夢みたいに さめない 夢みたいに

ねむっても ねむっても きこえる 水の音
夕暮れはやさしく かねのおとは もっとやさしく
アボンリーで 一日は終る
さめない 夢みたいに さめない 夢みたいに

カナリア

2005年09月27日(火) 21時52分
9/23 夕 浜田真理子コンサート。
みなとみらいの日本丸や大観覧車を横目に走り、
ときに道を間違え、汗だくになりながら、
会場の「はまぎんホール」には開演10分前についた。
ちょうどよいぐらいですかね。待つのも苦手だし。

床や椅子まで木で出来たホールは真理子さんにピッタリ。
席は中央通路の後ろ2列目中央。かなりいい音が期待できる席。
「席を譲ります」という某所の書き込みに、
駄目もとで出したメール、運よく譲ってもらえたのだが、
本当にラッキーでした。

**********

「今日はさっぱり系です」と本人のおっしゃるとおりの
白い浜田真理子なコンサートでした。
じつは情念系の歌が聴きたかったので、
(「のこされし者のうた」とか「黒の舟歌」とか)
ちょっと残念でした。
が、一曲目だけは、なんと形容したらよいかもわからないくらい
すごいテンションでした。
「カナリア」。
歌い手がそこにいるのに、そこにいないような感じ。
どこか遠い世界から響いてくるような歌声。
いったいこのテンションで最後までやられたら、
僕の精神はもつのだろうか?と怖くなったほど。
実際にはそのテンションは「カナリア」だけで、
残りはくだけた感じだったのですが、
一曲で十分もってかれましたよ。

エリック・アンダーソンのこと

2005年09月15日(木) 23時50分

アルバム「Blue River」の発売が1971年、
僕がそのLPを購入したのは1990年の春だったと思う。
完全なジャケ買いだった。なんて美しい瞳。
こんな美しく澄んだ目をしている人は、
ほかにはイエス様ぐらいのものではなかろうか。
エリック・アンダーソン(アンダースン)なんて
名前すら聞いたことなかったし。
大正解だった。
美しいメロディと繊細な声。
静かに静かに心に沁みいった。
2005年、まさかまさか目の前で生の「Blue River」が聴けるなんて
そうしてそのLPのジャケットにサインをしてもらえる日が来るなんて
夢にも思わなかったよ。

あかん、だめだ、ちょっとコンサートの感想とか書きたくない。
とにかく美しすぎて、言葉に置き換えたくないのよ。
「Blue River」は泣きまくりでした、とだけ書いておく。

会場はコンサート終了後そのまま閉まっちゃったので、
(ライブハウスなのにめずらしいね)
食事をしにネコへ。
マユちゃん、ロビンくんたちとテーブル囲んで遅い夕ご飯。
「美しいものがないと生きていけないよね」とマユちゃん。
ほんとにそうだね。

アイレ可愛いや!

2005年09月04日(日) 22時55分
さんざん迷ったが仕事(残業)を早目に切り上げて
行ってきたよOTISへ、二階堂和美の歌を聴きに!
行ってよかった!最高!おら幸せだよ!
しかも広島県は大竹市出身の二階堂さん、
これから当分広島で暮らすんだと!まじで!最高!
超豪雨の中を車飛ばした甲斐があったっす。
聴き終わったあとで、めったにないぐらいすごい幸せな気分になった。
音が楽しい!音が楽しい!
どういう喉よ、よくつぶれないなあ。
七色の声っていうか、、、エディット・ピアフの真似で始まった
「愛の讃歌」や、大爆発の「アイレ可愛いや」には
ただひれふすしかなかったね。
うーーーん、ネコロックフェスが楽しみだよーー!!!

月と日の声

2005年08月31日(水) 23時10分
安佐南区民文化センター会議室にて
国吉源次さんの歌を聴いた。
これは近くの「芭蕉布」という沖縄料理店の三周年を記念
するもので、そのお店のおかみさんが国吉さんの従姉妹にあたるから、
というので実現したものだ。
今日のコンサートは無料、なんとも太っ腹だぜ。
前日の中国新聞の朝刊で紹介されたからか、
70人ぐらいの予定だったが集まった観客は約200人!
一時間半立ちっぱなしだったが、その価値はあったよ。
沖縄民謡界の有名どころの中にあって、
いまいち地味な印象しか持っていなかった国吉さんだが、
生で聞く声のなんとすごいこと。
これは月まで響く声だ。
これで75歳だっていうんだから、
20年前だったらどんなだったんだろう。
そしてそのお日様のような人柄、
ライブは終始笑いの絶えない素敵なものでした。
ぜひまた広島に来てほしいです。
ああいうふうに年を重ねられたら
素敵だな、と思うよ。

2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
■プロフィール■
■めっっしゅ■
■職業:旅人■
■山羊座 A型■
■出生地 出雲国■
■現住所 安芸国■
最新コメント
アイコン画像めっっしゅ
»  (2014年09月04日)
アイコン画像ginlime
»  (2014年08月30日)
アイコン画像めっっしゅ
» 三瓶・馬と老人 (2013年12月10日)
アイコン画像Naomi
» トガキューについて (2007年05月07日)
アイコン画像Phyllis
» トガキューについて (2007年05月07日)
アイコン画像めっっしゅ
» 広島1−2清水 (2006年08月29日)
アイコン画像ginlime
» 広島1−2清水 (2006年08月19日)
アイコン画像めっしゅ
» サンフレッチェは (2006年07月24日)
アイコン画像ginlime
» サンフレッチェは (2006年07月21日)
アイコン画像めっっしゅ
» 小鳥 (2006年04月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nana_you_ki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる