なつ 通信教育で快挙!

September 05 [Wed], 2018, 19:25

ねぇお母さんどうして 左開きは横書きで、右開きは縦書きなの?

「それはね、左開きの場合は始まりの文字が左の一行目で 右開きの場合は始まりの文字が右の一行目だからよ」

簡潔すぎるお母さん。

いつものようにテレパソを開き最近の趣味である、日本の伝統 和歌集を読んでいて、日本語でも英語でも横書きなのに、縦書き書式を初めて見て疑問に思い母親に質問したなつだった。

そういう事か!確かに縦書き書式にスペルで書いたら単語にならんよな
ましてそれでズラズラ書かれてたら、どこで区切ったらいいのかさえもわからないし。
その上記号や数字が入ってたら ワヤじゃん。

「そんな事 どうでもいいから、なつ、新しい事にチャレンジするって言ってた事どうするの?」

やる!



▼□▲□▼□▲□
なつがチャレンジするのは、多国籍プログラミングコミュニティというクラスでの勉強である。

そのクラスには10人が参加している。
多国籍というだけあって、世界各国からの生徒が集まっている。そう集結している。

いつもはテレパソでチャットしながら、楽しく進む勉強なのに、今回ばかりは勝手が違う。

そう、アフリカの原住民出身者が参加しているからだ。言葉の文化がないのだ。

10人の生徒は、プログラミングコミュニティ専用ページの専用プログラミングにそって、ある一つの サイトを作り、共有しようという試みにチャレンジした。

普段はチャットで、プログラムがわからなくなると友達に聞いていたなつだが、今回はそういうワケにいかない。
みんな黙々とサイト作りに励んでいた。

あれこれ迷いながらも、プログラムが完成した時の喜びは火山の噴火よりも大きかった。

あとは起動するかどうかだけだ、そして10人全員が同じものを作り共有できるかどうかだ。

スイッチ オンーーーーー

起動し始めた、みんな同じ書式の同じサイトを作り上げていた。

言葉が通じない 文化が違う 生き方も違う  違う者が集まっても同じものはできるのだ

なつはそう思った。

そしてそのサイトでは色んな機能があって、その場所で 絵文字や数字などで言葉を作ることもできるようになっていた。

原住民出身の男の子は、    ← KONCHI こんちという名前ということがわかった。
 ニワトリを飼って、野菜を育て、パンダと一緒に、、、ん? アフリカの原住民なのにパンダ?

 間違えたら走って逃げていたと、教えてくれた。









プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かざき 菜実
  • アイコン画像 誕生日:1966年2月5日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:広島県
  • アイコン画像 趣味:
    ・雑文-あらゆるジャンル
    ・パズルゲーム-組み立てもすきかも
    ・音楽を聞く-特にバラードがすきかも
読者になる
2018年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる