まねきねこプロジェクトというプロジェクトをやっている中の人です。ネットで、ちょっと他とは違った心地よいコンテンツを技術的な立場を含め、いろいろ検証していますが・・・ここではぬるくやってます。

«ゲームその他 | Main | ナナシノゲエム»
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3 / 2008年08月09日(土)
あちこちの町の会話を集めた「おまけ」も3回目。これでルーラで行ける町の会話(昼)は終わりです。デボラと主人公の会話を中心にまとめた記録もかなりの量になりましたが、長々とお付き合いくださいましてありがとうございました。

【ルラフェン】
行きたくなかった町のひとつです。だって、町が入り組んでるんだもの
デボラ「何なのよ。この迷路みたいな町は。私なら迷ったりしないけど、XXXXは大丈夫かしら?」
宿屋にて、田舎モノだと思われたくない二人に対して
デボラ「まずは服をどうにかすべきね」
都会の宿屋は違うよな、という田舎の人に
デボラ「言っとくけど、あんた…。結婚式のとき、この人のような表情をしていたわ」
町を歩いてる最中
「いい町よね。一番高いところにのぼって、ずっと町の人たちを見下ろしていたいわ」
…ムスカ君ですか?
酒場の上の階で、酒をチェックしてるマスターに
「ここの酒場って結構いいお酒が揃っているのね。お酒はあんまり飲まないけれども、パパから本を借りて勉強したのよ。私って勉強熱心なのよ。」
…ふ〜ん、そうですかー(棒読み)
食べることしか楽しみのない男に
デボラ「かわいそうな男。しもべになる喜びを教えてあげようかしら?」
その男に、このままじゃ孫の顔も…と嘆く老婆に
デボラ「うちの子供たちは心配ないわね。早く、孫にデボラお姉さんと呼ばせてみたいわ。」
ルラフェンの名物の酒の話を聞いて、
デボラ「魔物さえも逃げ出す…といわれるとほしくなるのが人間の悲しい性よね。手に入れたら毒見をかねて、まずあんたが味見するのよ」
ベネットじいさんの家からケムリが出なくなった話を聞いて
デボラ「やっぱり研究って体に毒ね。ムリせず勉強しなければ若さを保てるのにね、私のように。」
光の教団が多くの奴隷を使っているとの話を聞いて
デボラ「ドレイとしもべは違うわ。人をドレイとして扱うなんて許せないんだから」
光の教団の経典を売りつけられそうになったとき
デボラ「そうそうそんな本かっちゃだめよ。何を買うかで、人の価値がわかるわ」
…あなたが買うのは洋服ばかりじゃないかぁ
⇒買った場合
デボラ「なんで私の許可なくそんな本買ったの?あんたのサイフは私のものよ」
風車の前にいる男と会話の後
デボラ「そうね、ここが一番高くていいわ。町を見渡せるし、町の人すべてをしもべにした気分にひたれるから」
この世が終わるという話を聞いた後
デボラ「おバカさんね。私が生きてる限り、世界に終わりはこないわよ。」
迷った戦士との会話後
デボラ「軟弱な戦士さんね。すぐに参ったなんていう戦士じゃしもべにできないわ。でもオロオロした姿をみるのも悪くないわね。」
井戸の中のネコと話したあと
デボラ「ネコは年をとると喋れるようになるってウワサだけど本当なのね。気持ち悪いわ。そういえばうちで飼ってた犬にフローラがよくブツブツと独り言を言ってたけど…」
ベネットじいさんに、オマエが何者か分かるといわれた後
デボラ「あんたは自分が何者かわかってるんでしょうね?もちろん、わたしのしもべよ」

【妖精の村】
「ここが妖精の村か…。随分田舎だけど妖精のような場所にはピッタリの場所かもね。」
「こうして水に囲まれてると夏は涼しそうね。」
…誰のこと?
スライム前のじいさんとの会話後
「そういえばフローラが昔、要請の世界に行ってみたいって言ってたわね。そのうち連れてきてあげようかしら。」
ベラとの会話後
「パパもいろいろうるさかったけど、妖精もいろいろと面倒そうね」

【北の教会】
外にいるオバサンとの会話後
「書物を書き写すなんてよくそんな退屈な仕事ができるわね。考えただけで眠くなるわ。」
教会のシスターとの会話後
「あの時は随分迷惑かけたと思うけど、それだけ慕われていたということよ。ところであんた以外に私を探してくれた兵士はもちろんいたんでしょうね?」
…知らないやい
パパス王が格好よかったという老婆との会話後
デボラ「目の前にええ男がいるじゃない?ねぇ、XXXX。なにぼーっとしてるのよ。私のしもべに見合うようにもっとしゃきっとしなさい、しゃきっと。」

【チゾット】
デボラ「私がここで倒れたですってウソでしょう?そんなの知らないわよ。あ、でも…そういえば私を中心に世界が回転したたってことは記憶にあるような気がするわね。」
武器屋で「ずっと探されていた国王は立派な人なんだろうな」という戦士に
デボラ「この私がいなくなったんですもの。国民たちが探すのは当然よ。XXXXは、あくまでおまけなの」
子供が好き嫌い多いと嘆くオバサンにに
見た目で食べられないものも多いのよ。そういうのは、目隠しして食べさせればいいのよ。XXXX、そういうの好きでしょ?」
…なんか意味深です。子供向けのゲームなのに…
んで、その子供と会話後
デボラ「美容によいといわれればどんなゲテモノだってへっちゃらよ。スライムなんかコラーゲンたっぷりでよさそうよ。タバサも一緒にかじってみる?」
タバサ「お、お母さんはこれ以上キレイになる必要はないからっ!スライムはかじらないでください!」
デボラ「あらあら、タバサったら。なんて正直な娘なのかしら。XXXXも見習いなさいよ」
…何もいえません。
宿屋のおじさんに、子供がいるのに若いといわれ
デボラ「石になってからじゃないわよ。私の美しさはずっと変わらないの。どんなことがあってもね。」
その奥さんに「女は恋をしていたらいつまでも若いといわれ、
デボラ「つまり、私がとったら、XXXXへの愛がさめたってこと?そうならないように私への忠誠を忘れないことよ。いいわね、XXXX」
…はぁ、忠誠ね。最後の最後まで、これですかぁ〜

【町の外にて】
「私、運命なんてものはこれまで信じていなかったけど魔界のトビラを開くリングのうち2つが私たちの結婚指輪なのよね。なんか出来すぎてるわ。やっぱりあんたは私のしもべになるべき男だったのね。」

とりあえず、ドラクエ5、デボラとの旅はこれにて終了です。
次、別な機会にお会いしましょう!!


デボラとの相性診断
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

 
Posted at 03:59 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(1)
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2 / 2008年08月08日(金)
あちこち町を回ってデボラの会話を楽しんでます。会話は特に明記がない限りクリア後の昼のデータです。ラナルータ使えば夜のデータも分かるのですが…ちょっとそこまで手が出ませんでした。興味ある方はご自身でお楽しみください。夜の酒場の会話は結構笑えますよ。


【ラインハット】
かなり広い城です。会話をするのもなかなか大変です。そのわりに、あんまり喋ってくれません。ビアンカなら…(以下略)
調理場にて、ラインハットの王子がヤンチャだと嘆くオバサンに対し
「うちの子たちは私に似ておとなしいイイ子よねー。」
誰に似て?
ヘンリーと会って、子供たちが遊びに行った後
「うちの子たちって同年代の知り合いが少ないわよね。この機会にうまく下僕…じゃなくて友達になれるといいわね。」
…なんか、本音が垣間見えた気がするんですけどー!!
「あんた子供たちがどこに行ったかわかる?」という嫁に『はい』と答えると
「だったら、さっさと行きなさいよ」
と怒られる主人公。
コリンズに風の帽子をもらった後、
デボラ「随分生意気だけど、根はすなおな子じゃない。私は気に入ったわね。」
レックス「え?お母さんてああいう喋り方が好きなの?じゃあボクも…」
その後ヘンリーが「もう行方不明になるなよ」という台詞を聞いたあと
デボラ「行方不明にならないようにずっと手をつないであげるわ。…て、なにホンキにしてるのよ。冗談に決まってるでしょ」
マリアとの会話の後
「あんたが世界を平和にねー。ちょっと頼りないけど、私がついてるからきっと大丈夫ね!」

【ポートセルミ】
「この潮の香りも、町並みも、昔からちっとも変わっていないわね。次に来るときも、いいえこれからもずっとここはこのまま変わらない気がするわ」
ちょっと、開発者の言葉も含まれてるぽいです。
入り口のおばさんとの会話後
「わかっているでしょうけど、早めに宿を取って頂戴ね。お風呂に入りたいわ」
武器屋2階、宝探しを夢見る男の会話を聞いた後
「XXXXは、レックスやタバサ、それに私という宝物を手に入れたし、残る夢は…もう決まってるわね。」
あなた知ってますか?!という人に『はい』と答えた直後
デボラ「XXXX、あんたテキトーに答えるんじゃないわよ。ウソだったらどうするの?騙されても知らないからね」
…ダメ出しされてしまいました。
魔物を連れて旅することについて、飲み屋で会話があった後
「それほど悪くないんだけれどね、魔物を連れて旅をするのって。人間よりも素直に言うことをきくし。」
化粧のノリが悪い、という踊り子の台詞を聞いて
「私は、お化粧のノリが悪くなるなんてことはないわ。毎日早く休むようにしてるし。こう見えても美しさをたもつためにいろいろ気を遣ってるのよ」
…ゲームには珍しいキャラです。
薬師になりたいという男の台詞を聞いた後
「人生ってわからないものよね。しもべができたと思ったら、その男がグランバニアの王子だったとか。あんたと一緒にいるとつくづく私には先見の明があるって感じるわ。」

【テルパドール】
あんまり縁がない城なので、台詞が少ないです。
宿屋の地下。宿泊客の詩人の歌を気に入らないと返すと
デボラ「あんたに歌の良し悪しがわかるなんて驚きだわ。やっぱり結婚は驚きの連続ね」
教会のシスターとの会話後
「私が勇者の子孫だったということは、天空人の血をひいてるってことになるわ。私が人間ばなれした美しさなのはそのせいだったのね。タバサもきっとキレイになるわよ」
…ある意味、人間離れしてるのは確実です。
学者との会話後
「まさか私たちがおとぎ話の主人公になるなんて思ってもいなかったわ。面倒なことはキライだけど、ハンパなことはもっとイヤなの。やるからには思い切りやるわよ」
あぁ、良くも悪くもこういう性格の人なんだなぁ、と改めて思いました。
地下庭園にて
デボラ「XXXX、全てが終わったら、私たちのお城にもここに負けないような庭園を造るわよ。いいわね?」
小魚としては『はい』を選ばないわけにはいかないじゃないですか…
「ふふっ、楽しみだわ。素敵な庭園が完成したら、みんなでゆっくり過ごしましょうね。」
女王の侍従の台詞を聞いて
「世界を救えとか気軽に言うけど実際にやるのはレックスや私たちよ?なんだかアタマにくるわね」

デボラとの相性診断
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

 
Posted at 23:54 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(0)
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1 / 2008年08月07日(木)
おまけ。あちこちの町での、嫁デボラの名言です。聞いてまわったタイミングは、クリア後のデータを用いてます。なかのひとが気になった台詞を記載してますが、他にもデボラの台詞はいろいろありますので、いろいろ見てみたい方は実際にゲームをプレイして楽しんでください。

【オラクルベリーにて】

勝った、勝ったとよろこぶおじさんに対し
「私がこんなに苦労してるいるのに、こんな時間からカジノだなんて!なんだかアタマにきたから、私たちも少し遊んでいくわよ。でも、あくまでちょっとだけね。」
カジノに行きたい!と仕事を放棄して行ってしまった武器屋さんで
「言うまでもないことでしょうけど、XXXX、あんたがあんな真ねしたら、私は許さないわよ。」
タバサ(娘)「あの…これじゃ、お買い物できないの」
武器屋のオカミさんの言葉を聞いて、デボラいわく
デボラ「男をうまく操るには女がしっかり手綱をとらないとダメなのよ、私みたいに」牢屋にて
「国王のような偉い人でも悪い事をしたら牢にいれられるの?XXXXちょっと試してみない?」
ついつい、好奇心で「はい」と答えてみる。
デボラ「冗談よ。あんたが牢屋に入ったら私に迷惑がかかるじゃない。」
やっぱり、自分中心なのは変わらないようです。
牢屋の中で、最後の鍵でドアをあけて囚人に話しかけて、下記情報を得て
「カジノのスロットは後ろの列左から2つ目が一番よく出るらしいぞ」
で、デボラ「でも、10年前の話なんでしょう?本当かどうか怪しいものだわ」
ま、確かに。
ドラゴンの杖の話を聞いて
「XXXXは、そんな杖を使ったりしちゃダメよ。いいわね?」
といわれ、でも使ってるしなぁ…と、
⇒いいえ「もし元に戻れなくなったら、私が困るとは思わないの?」
⇒はい「龍を下僕にするのも悪くないけど、もしそのまま元に戻れなくなったら、私がいろいろ困るものね。」
やっぱり、自己中です。

「あら、ハンサムなお兄さん、ゆっくりしていってね」というバニーに対し
デボラ「この私が、見栄えの悪い男を連れて歩くわけがないじゃない。ね、XXXX」
…散々、小魚といわれてますが(苦笑)

踊り子の控え室で、ドレスの重さを嘆く女性の言葉を聞いて
デボラ「ドレスはね。気合で着こなすものよ。常に美しくあるためには、戦いと同じで気合が必要なの」
娘「私、王女だけど、あんなドレス着たことないです」

すごろく場にて
デボラ「サイコロの目を自由に決められたら簡単なのに。私、勝つのが大好きなの」

カジノのステージで、舞台を見てて落ち込むタバサ(娘)
タバサ「私このお話よむと悲しくなっちゃう。わたし、そんなにキレイじゃないから…」
デボラ「なにを言ってるのよ、タバサ。あなたはこの私の娘なんですからね。キレイに決まってるでしょう?」

どうせ、世界は魔王にやられてしまうんだ、と自棄酒してる男に
デボラ「私と結婚してなかったら、XXXXも、この人みたく投げやりになっていたかもね。感謝しなさい。」

勇者があらわれるかどうか、を、バーのマスターが賭けの対象にしてることを知り
「私のレックスを賭け事のネタにするだなんて…。知らないこととはいえ、アタマにくるわ」

【田舎の村カボチにて】
デボラ「この村だと、オシャレな洋服を探すのは大変そうね。」
入り口付近の畑で農作業をしてるオジサンとの会話後
デボラ「どうしたの、あんた。小魚が豆鉄砲くらったような顔して。」
宿屋にて
「ゴハンのいいにおいがするわ。おなかすいてきちゃった。今日はここで泊まりましょ?」
…こんな田舎でも泊まるんだ?!
宿屋の裏のお婆さんとの会話後
デボラ「そこの池キレイね。私の家もすぐ近くに池があったから、習い事さぼってよく遊んでたわ。」
ルラフェンから嫁にきた人の愚痴をきいて
デボラ「私がこの町に住んだら、洋服のお店と化粧品のお店とカジノを作ることにするわ。」」
村長宅そばの畑で「畑を耕しに来たか?」で『はい』をえらんだ後のデボラ
「あんた笑われっぱなしでいいの?畑仕事手伝って見返してやりなさいよ」
『いいえ』を選んだ後
「あんたが笑われると私も頭にくるのよね〜。畑仕事手伝って見返しなさいよ。」
やっぱりやるのは自分のようで。
村長宅にて
デボラ「あんたっていろいろ苦労しているのね。でも、私と結婚したからもう苦労なんてしないはずよ?」

【天空城にて】
天空城は気に入らないのか、あんまり言葉を発しない嫁
教会にいる女性に話しかけた後。「どうしてかしら。この城にいると、なんだか心がざわつくのよ。うまくいえないけど」

【メダル王の城】
デボラ「小さなメダル、しっかり集めてきたかしら?たまには、私のために貢ぐのよ」
特訓しているスライムを見て「魔物の世界にも努力家がいるのね。私は生まれながらに出来のいい人間だから努力はしたことないけどね。」
銀行にて「フローラならここの銀行にもお金あずけそうね。あんたもお金あずけるつもり?」
⇒はい「あらあら、やっぱりあんたは楽しめそうな人ね。いろいろと」
メダルチョコを買わないか?といわれ『いいえ』を選ぶ
「あら?チョコ買わないの?私の命令でも買わないわけ?いい度胸じゃない」
…食べたいなら、素直に「食べたい」と言ってほしいものです。
買った場合「そうそう、このチョコね。昔からパパの好物なの。私が甘えると、パパは性格までチョコレートみたいになっちゃって、デレデレに溶けるのよ」

デボラとの相性診断
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

 
Posted at 00:06 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(0)
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10 / 2008年08月04日(月)
さて、嫁デボラと最後の旅でございます。エンディングでも、デボラはどんな振る舞いをするのか?!ちょっと楽しみです。


ラインハットに到着
「デボラさんはXXXXにはすぎた奥さんだ」と笑うヘンリーに
「あんたの友達のラインハットならグランバニアと良好な関係を築いていけそうね。これからはそういうことを考えるのもあんたの仕事よ。もちろん、私のことの次に、ね」
そりゃ、家庭は、仕事より大切ですけど…自分で言うのはどうかと思いますー
さらに
「そうよ、私は、XXXXには過ぎた奥さんなんだから、ね、いくらにぶいあんたでもさすがにわかってきたでしょ?」
いや、『やりすぎた奥さん』だと思います。

ラインハットの次は、主人公のふるさと、とも言うべきサンタローザです。
「…貴方たちは帰ってきてくださいました。世界平和というお土産もつけて…」とシリアスに話してたシスター。突然「わーい、嬉しいな!XXXXが帰って来た!わーいわーい」と、はしゃぐシスター。一緒になってはしゃぐ子供たち。そして、デボラ
「わーいわー…ってわ、私はつられたりしないんだからっ!何を笑ってるのよ!」
こういうトコが素直じゃないですが、まぁ、可愛く見えたりしちゃうから不思議なもんです。

主人公が幼少期に住んでた家を買い取った学者相手に
息子「お父さん、この家きにいったよ。買い取って別荘にしない?」
デボラ「まあ、なんでもお金で解決しようなんていやらしいわね。一体誰に似たのかしら?」
オマエじゃ。確実にオマエの血筋じゃ、と思ってたら、息子
息子「そそれは、お母さ・・・いえ、なんでもないです」
人間関係て奥が深いです。

父パパスと喧嘩友達で何度もど突き合ってたという武器屋のオヤジ。
「パパスはどこかの国の王様だったていうじゃないか。しょえー。参っちゃうよな。」
と。それを聞いて、息子
「あのおじさん、おじいちゃんを何度もどついたんだって。しかえししてやる」
デボラ「じゃあ、お母さんも仕返しに協力してあげるわ」
と。それを聞いた息子
「じ、冗談だよ、はぁ、お母さんが言うと本気みたいに聞こえるからちょっと怖いんだよな」
デボラ「あら、お母さんは冗談なんかで言ってないわよ?」
息子「しょえー!」
娘「お兄ちゃんも、しょえー!って言った」
家族っていいもんですね。

ほのぼのした気持ちのまま、次の行き先は、サボエラ。デボラの故郷ともいうべき町です。まずは義父ルドマン
「わっはっは、やぁ愉快愉快。魔界の王を倒し世界に平和を取り戻してくれるとはな。さすが、XXXX。デボラを選んだ時からただものでないと思っていたが、まさかここまで凄い男だったとは思いもよらなかったわい。それにデボラもXXXXのおかげか少しは雰囲気が変わったような…。そして、私の可愛い孫たち。私は伝説の勇者のおじいちゃんってわけだな。何やら照れるのう。わっはっは」
デボラ「んもう、パパったら、顔がおなかに負けないぐらい緩んじゃってるわね。恥ずかしいからあんまり顔に出しすぎないでほしいわ。気持ちは嬉しいんだけど。」
ルドマン氏よ。この前、子供たち連れてきた時、何も反応しなかったのに、今更かいっ!

義母「XXXXさん、これからもデボラをよろしくお願いいたしますね。それにデボラ…。今まで黙っていましたが、あなたとフローラは本当は私たちの…」
デボラ「そのことだけど、ママ。私もフローラもとっくに知っていたわよ。でも、そんなこと私もフローラも気にしてないわよ。」
義母「ありがとうデボラ…。ううう…」
この義母とデボラの受け答えが今まで一番まともだったかもしれない。

そして妹フローラとアンディ
アンディ「そんな凄い人と一時でもフローラのことで競い合ったなんて、なんだかますます自分に自信がもてたような気がします」
デボラ「ちょっとアンディ、調子にのらないでくれる?あんた、全然勝負にならなかったじゃないの」
「相変わらずね、アンディは。子供の頃からちっとも変わってないわ。あのすぐ調子にのるところとか。まぁ、フローラがそれで構わないというなら、私は別にいいんだけど。にしても、今更だけど、あんたがフローラを選んでいたら…。アンディと親戚にならずに済んだのに。まぁ、フローラが幸せならいいけど。」
う〜ん、思ったほど、面白い会話をしてくれない。

そして、次は、ビアンカに会いに(う、ごめん、ビアンカ忘れてた)。
ビアンカ「まぁ、XXXX!会いにきてくれたのね!あなたたちが世界を救ったというウワサはこの村にも届いているわ。でもびっくり、XXXXがこんなにもたくましくなるなんて。ずっと昔、二人でおばけ退治した頃は全然頼りなかったのにね。デボラさん、きっとあなたのおかげね。これからも、XXXXのことをよろしくお願いしますね」
デボラ「ビアンカも元気みたいね。安心した?XXXX」
う〜ん、難しい質問。ここではあえて「いいえ」で。
デボラ「そんなに心配なら、グランバニアまで一緒に連れて行けば?…なんていじわるは、言わないわよ。たまに様子をみるくらいなら許してあげる。私もついてくるけどね。」
…随分、嫁は、許容って言葉を覚えたようです。ザキや、ザラキを覚えるよりも、とっても嬉しいです。
そして、この村といえば温泉
「世界も平和になったことだし、これからはもっとピチピチギャルがやってくるかもしれんのー。うひゃー、これはたまらんわい」
というおじいさんに、「いつまでも若いつもりなんだからしょうもない人ですよ」とおばあさん。
デボラ「あんたがあのおじいさんみたいになったら許さないわよ。あんたはこの私だけを見てればいいのよ。言わなくてもわかっていると思うけど。」
ツンキャラ復活キター!やっぱり、このキャラはそう簡単に変わらないようです。

そして、最後こそ、自分たちの国グランバニア(長くなっちゃうけど、書ききっちゃいます)
勇者の一行の帰りを心待ちにする国民。そんな中、デボラのいう事はちょっとズレてます。
デボラ「完璧だわ、XXXX。皆がこんなにも私を祝福してくれているのがわかるから。」
主人公たちの帰りをずっと待っていたサンチョに
デボラ「ここの男はすぐにメソメソ泣いてしまうのね。まぁ、そこが可愛いけど。それじゃ!行くわよ。遅れないようについてきなさい。」

そして、エンディングへ。
国王の間で開かれる舞踏会。そして、どこからともなく聞こえる不思議な声
舞踏会では、普通、女性側がクルクル回るのですが、主人公とデボラはその組み合わせが逆になってたのが、地味に面白かったです。

デボラとの相性診断
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

 
Posted at 15:01 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(2)
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9 / 2008年08月04日(月)
さて、ドラクエ5、嫁デボラを連れての最後の戦いに進むとします。話はついに9回目。
嫁デボラは、このままふざけた事を言い続けるのか?!乞う、ご期待

「XXXX、XXXX」
主人公たちは温かい光が注ぐのをかんじた。
マーサ「あぁ、XXXX…XXXXですね。母はどんなにかあなたに会いたかったことでしょう。私がさらわれたあの日以来、あなたのことを考えぬ日はありませんでした。XXXX、なんとたくましく成長したことでしょう。(中略)。XXXX、大魔王ミルドラースの魔力はあまりに強力です。せめてせめてこの私がこの命にかえてもその魔力を封じてみせましょう。全知全能の神よ、我が願いを…」
その時、大きな魔力で倒される母マーサ。そこにあらわれたのは、父の仇、ゲマだった。
「…今、ここでわたしがお前たち親子を永遠の闇へお送りしましょう…」
ゲマがうだうだい言ってる…が、死ぬのはテメーだろ?!
てなわけで、フルボッコ。時々、焼け付く息で、マヒする事もあるがそれさえ気をつけていれば、平均レベル38の我がパーティ。そんなに悩まずに、ゲマ撃破!
ゲマ「ぐっ、ぐはあ…!熱い〜っ!なんですか、この光は!この私がこんな光に焼かれるなどと、そんな、そんなことがあっては…げぐぁ〜っ!!」
と、奇妙な悲鳴をあげて消滅するゲマ。
「XXXX、XXXX…はあはあ…。本当にあなたはおどろくほど成長しましたね。今まで母はあなたに何もしてあげられなかったというのに。でも、せめて最後だけはあなたの助けになりましょう。」
と、ミルドラースの魔力を封じようとする母に巨大な落雷が…ミルドラースの魔力は母マーサがどうこうできるレベルではなかったようだ。


そこに現れる父パパスの霊。
「マーサ、もうよい。お前は十分によくやった。どうやら私たちの子は私たちを超えたようだ。子供たちの未来は子供たちに託そうではないか(略)」
と光の中に消えていく父パパスと、母マーサ。
息子レックス「おじいちゃん!おばあちゃん!うわーん、やっと会えたのにこんなのってないよ!」
そこで、嫁デボラは何というか、おそるおそる聞いてみる。
「パパの話、聞いたわよね。私たちをずっと見守っているって、いつでもそばにいるってことよ。XXXXのパパ、ママ、私たちは絶対に負けないわ。しっかり見ていてね」
…ボケがない。ボケてない。エンディング目前だと、さすがの嫁デボラもマジのようです。ここまできたら、ボスはもう目の前。
「ねぇ、XXXX.あんたのことだから、わかっているでしょうけど…ってもしかしたら、わかってないかもしれないから一応いっておくわね。XXXX…運命の出会いって信じる?」
⇒いいえ
⇒いいえっ!!
…『いいえ』の選択肢がない
「あんたをはじめて見たとき、じつはね、私…ビビッて感じるものがあったの。あんたが物好きでよかった。普通なら私を妻になんかしないわ。あの時選んでくれて本当にありがとう。言いたかったのはそれだけよ。さぁ、行きましょう。そして、生きてグランバニアに帰るわよ。」
デレ?
初めてのデレの部分キタ?
う〜ん、でもなぁ、ツンデレって、程よくデレがないとキツいのよ(体験談)。ツンばっかで、最後の最後で、デレって言われても…その時には、その人への不信感が拭えなくなってたりするんだよねぇ。ま、後は、大魔王を倒すだけ。
「ついにここまできたか。伝説の勇者とその一族の者たちよ。私が誰であるかそなたたちはすでにわかっておろう。魔界の王にして王の中の王、ミルドラースとは私のことだ…」
やっぱり、ラスボスだけあって、正直苦戦するも、撃破。
「我が名はミルドラース…魔界の王にして王の中の王。その私が…やぶれるとは」

エンディング…
そして、一行はマスタードラゴンのいる天空の城へ。
天空上の図書館「あぁ忙しい忙しい、新しい歴史に貴方たちのことを書き加えなきゃ」
デボラ「私の美しさはこうして後の世まで伝えられていくのね
…変わってない?
教会にて「全ては神のお導き」という天空人に
「私は自分のしたいようにしてきただけよ。誰かに導かれてやってきたことじゃないわ。」
あぁ、相変わらずのデボラ節
永遠に貴方たちのことは語り継がれていくでしょう、という天空人に対し
デボラ「永遠?永年ね。XXXX、あんたとなら永遠に一緒にいてよさそうね。私といられるのは嬉しいでしょ?だからあんたも永遠に私に尽くすのよ。命令よ。」
ちょっとツンデレぽい?
地上の人々が喜んでる様子を天空の城から眺めてたときの一言
デボラ「下界から私の偉大さをたたえる声がここまで聞こえてくるわ。なにのその芽はあんたの努力はこの私が知っていればそれでいいの。」
…ツンデレ?

マスタードラゴンに乗って、まずは、母の故郷エルヘブン
母マーサのことを報告した後のデボラ
「XXXXのママは最後まで本当に強かったわね。かなわないって思ったの生まれて初めてよ。私、あんあたのママを目指してこれからももっともっと強い女になるわ、絶対にね。」
…強い、て意味を取り間違えないように、と、強く祈るばかりです。
マーサが、パパスに会えたことを認めてくれた賢者に
デボラ「XXXXのママはあんたのパパに出会えて幸せだったのね。あんたが私に出会えたようにね。」
ぎゃ、逆じゃないかな?デボラが俺に会えて幸せだったんじゃないの?
「あんたたちならやってくれると思っていた!」と喜ぶエルヘブンの学者に対して
デボラ「このオジサン、わかってるじゃない。私たちがかてたのはそれだけの実力があったからよ。」
いや、アンタはず〜っと賢者の石(全員の体力が回復)を使ってただけでしょ?
宿屋で「ここは貴方たちのふるさとです」と言われた時に一言
デボラ「そういえば、私とフローラが生まれた場所は結局どこだったのかしら?今更興味はないけどね。私には子供たちや、あんたがいるし」
なんか、結構まともな事を言うようになってしまったようです。
それはそれでちょっと寂しいんですけどね。

さて、次は、ラインハット。ヘンリーたちが待ってる!けど、ちと長くなりそうなので、残りは次回

デボラとの相性診断
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

 
Posted at 13:58 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(0)
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8 / 2008年08月02日(土)
ようやく石化されたデボラを助け、マッドハンドとの戦いでレベルの低いデボラのレベル上げもひと段落し、お金も少し増えたので、武器を買うついでにいざ魔界へ。物語も大詰めです。デボラの名言はどこまで突っ走るのか!?非常に興味深い冒険が続いております。


「ふ〜ん、魔界にも町があるのね。洋服店がないのと、ファッションが普通なのが残念だわ」
「パパに魔界土産買っておきたいけど、おみやげは売ってなさそうね。」
子供の前でも、相変わらずなデボラ節(一応念のために言っておくと普通のセリフも言うんですよ?)
とりあえず、ジャハンナでいろんな人に話しかけてみる。新しい町にきたら、最初にやるのは情報収集ですからね!
人間になっても大魔王を褒める戦士。僕、負けないよ!とか言う息子の横で
「今でも尊敬してるいるなんてなかなかの忠誠心ね。下僕としては立派だわ。」
と、だんだんデボラ節もノッてくる。
宿屋にて「ここが魔界の宿屋か。食事は美味しいんでしょうね?」
と。最後のボスを目前にしても、食事を気にするデボラ
マーサさまのおかげで心を改めたんだね、という老婆に対して
「どうやら、この町の人たちは魔物だったようね。XXXXもあんたのママのようにはやく立派な人間におなり。」
と、いうデボラ。どのクチがいうのでしょう?このクチか?え?このクチか!!!!このビッチめ!(失礼)
元悪魔神官は裏切りと戦いの日々から開放されて太ってしまったようですが、デボラいわく
「太ったのは人柄が丸くなったからじゃないわよ。だって、私、人柄がまるいのに太ってないですもの。」
…やっぱり魔界の方がデボラは調子良いみたいです(悪魔みたいな嫁だし…あ、もしかして元悪魔神官だったりとか?!)。

と、言っても、たまにはマトモなことを言ったりするのです。酒場で、「マーサ様の命の灯火が小さくなっているのがわかります。あぁ誰か早く何とかしないと」と酔っ払ってる男にたいしては、
デボラ「酒場でグチグチしてるそこのあんたも何とかしなさいよ!」
酒場で、お酒を飲むと魔物に戻っちゃうから、酒は飲まないんだ、という男に対しては
「オモテの世界でも、お酒を飲むと魔物になる人たちっているわよね。…なにあんた深刻な顔してるの?私のはたとえ話よ?」
と言ったり、と(でも、子供も遊ぶゲームにしては随分リアルな会話だ)
大きな歯車のある水車小屋で、悪魔に「オマエさん人生に公開してるか?」といわれ、迷わず「はい」を選んだ主人公。ジャハンナの禁断の巻物をゲット!
それを見てた嫁
「バカな人間ね。神になりたがるおごりきった心こそが悪なのよ。もうけたいと思ってカジノに行ってスッカラカンになってくるのと同じくらいバカだわ」
と、ちょっとまともな事を言う。なんか知らんけど、時々まともな事を言うんだよなぁ〜

カンダタ子分と戦って、ストロスの杖を手にしたら、ジャハンナのやるべきことは一通り終り。なので、次は、最後のエビルマウンテンです。デボラの悪妻ぶりもクライマックスの時をむかえます。ツンデレキャラといわれたデボラが、最後まで、ツンツンで行くのか?!非常に楽しみですねっ!あと2回ぐらい書く事になると思いますが、懲りずにお付き合いいただければ幸いです。

【最近の主人公の独り言】
スライムナイトのピエールよりも賢くなかった嫁が、気づけば自分より賢くなってました。ちょっと…いや、かなりショックです。

【この文章を書いてる人の独り言】
検索エンジンから
ドラクエ5 デボラ エロ
で、くる人が多く結構ふくざつな心境です

【おまけ】
エビルマウンテンの前に巨大なすごろく場があるのですが、そこでのデボラ名言集を追加しておきます。

入り口前にて「ここの空気は健康によくなさそうね。早く中にはいりましょ」
中に入って一言め「なにか臭うわね。魔界にくるときに香水を用意すればよかったかしら?」
墓場の前で「あんたにもしものことがあったら立派なお墓を建ててあげるから安心してね」
2階「あちこちに落ちてるガイコツはすごろくの途中で命をなくしたのかしら?」
2階「悪趣味なすごろく場ね。カジノ船のが懐かしいわ」
3階(メッサーラから、ミルドラース以上の存在がいる事、よほどのことがないと入り口は閉ざされたままのはず、という情報を聞いて)
「よほどのことがあったら、よろしくね、XXXX」

せっかく立ち寄ったので、ちょっと遊んでいこうかと思ったのですが、1回目でクリアしてしまいました(残りサイコロ回数4回)
セレブリティパス(すごろく券がなくてもすごろくを楽しめる)をはじめ、いろんなお宝をゲットしたのに、嫁は何も喜んでくれません(ま、子供たちも無反応なんですけど)


デボラとの相性診断
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

 
Posted at 13:29 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(0)
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7 / 2008年07月31日(木)
さてさて、デボラがいない間はサクサク進めたいのですが…結構長いんですよね。
まずエルヘブンへGO!天空の塔ぬけてマグマの杖ゲト。次に、マグマの杖で山を壊し地下遺跡を抜けプオンとトロッコで遊び、湖に沈んだ天空城。ゴールドオーブ(金の玉)を求めて迷いの森から妖精の村。ついで妖精の城で過去の自分に出会う旅。天空城に戻り金の玉を渡すと、凄いやラピュタは本当にあったんだ!てな感じで浮遊。次に、天空の城でしかいけないというようやくバベルの塔…じゃなくてバブルの塔じゃなくて…ボブルの塔。んで確か3度目のゲマ野郎(シツコイ)。今度はドラゴンオーブをゲットで、プオンが○○○○に大変身。プオンの背に乗って、大神殿(デボラの言うとおり、信者はどうやってこの塔まで行くのでしょう?)。んで、ボスを倒してデボラと感動の対面!
てな予定(予定はあくまで未定)

長ぇーよ!!(怒)


デボラに会うためだけにこれだけのイベントを抜けなきゃいけないとは…orz
といっても、ここで放り投げたらゲームが進まない!てなわけで渋々と先に進める。仕方ない。だって、嫁が何というか聞いてみたくもあるしさ(怖いもの見たさ、とも言う)。てなわけで、嫁に再会するために、がんばりましたよ(できれば、離婚⇒ビアンカと再婚、が楽でいいんだがなぁ)

数々の洞くつや迷宮を抜け、プオンさんの背中に乗って大神殿へGO!
デボラの石像に対面した娘。
「優しそうなあの像、抱きつきたくなっちゃう…どうして?」
娘には、優しそうな女性に見えるそうです。さて、後はもう少しで、ボス。コイツを倒せば、無事に?デボラと合流できます。
多少広めの神殿ですが、数日前にビアンカと通ったばかりなのでサクサク進み、ボスを倒し、主人公の母との会話をした後、石像の前へ
なんと石像のまわりを優しい光が包んでいる!?
この光は、母の光?優しい光で、デボラも優しい性格に…なったりしないよなぁ、と若干の期待。
「ここはどこかしら?私ったら今まで何を?あら?あなたたちは?」
と、デボラが復活したと思ったら

…そして、翌日(ぉぃ、会話は無いのかよ?!)

お城に戻り、
デボラ「そう私ったら、10年も石にされてたのね。あんまり良く憶えてないけどまぁいいわ。それよりあんたたちがレックスとタバサね。いつのまにかすっかり大きくなったみたいね。」
デボラに駆け寄る二人の子供。主人公は、といえば、前国王に呼ばれて、感動の対面に参加できず。でも、その前に、一声デボラに声をかけてみると
「なにしてるのXXXX。グズグズしてないで早く行って上げなさいよ。」
これが夫と妻の10年ぶりの会話だったわけです。

う〜ん…いいのか?

娘「お母さんて昔はもっと言い方がきつかったんですって?そんな人と結婚したなんて、お父さんて意外と勇気があるのね。」
実娘にまで、サラボナの町の人と同じようなことを言われてます。
元国王である叔父と話を終え戻ってきた主人公に、デボラ様の一言。
「XXXX、あんたのママを助けに魔界へ行くんでしょ?それは別に構わないんだけど、私に相談もなしなんていい度胸をしてるわね。10年一緒にいなくて自分の立場を忘れちゃったのかしら?これはあんたといてきちんと思い出させないといけないわね?」
まるで調教再開です。デボラに再会、調教再開、俺、後悔。

ルイーダの酒場でパーティにデボラを加えて…主人公の苦悩の旅が始まるのでした。
でも、話しかけても、あまり口数の多くないデボラ。あれ?機嫌悪いのかしらん?
故郷のサラボナに行けば少しは口数も増えるかと行ってみる。

娘「私この町好き、お母さんの生まれた町なのよね?」
デボラ「あいかわらずこの町は何も変わらないのねぇ」
なんか会話がギコちないです。そのままルドマン氏の屋敷に到着。
XXXXたちがブオーンを倒したことで、いつも以上にご機嫌な義父ルドマン。
ルドマン「わっはっは、愉快愉快。わしがしたくしてる間に、XXXXが倒してしまったか。(略)おお、デボラもそこにおったか!XXXXのような素晴らしい夫をもってデボラも幸せものだ、わっはっは」
デボラ「パパったら本当は戦う気なんてなかったんじゃないの?まぁ、戦われても危ないだけだしかえってよかったのかもしれないわね」
なんか普通です!普通の会話です!!これがデボラの会話?!!
自分の部屋に帰っても黙ったままのデボラ。…う〜ん、はっ!これはひょっとして、新手のプレイ?!

そう思いながら、今度はフローラとご対面
フローラ「デボラお姉さん、たまには父のところにも顔をだしてあげてくださいね。父も母も口には出しませんがお姉さんのことを心配してるみたいですから」
デボラ「わかってるわよ、フローラ。気が向いたらね。」
・・・まともな会話してるよ????

今度はアンディと会話してみます。
デボラ「アンディがフローラと結婚したってことは、私の義弟になるのよね?これでますますこき使いやすくなるわね」
お?ちょっとエンジンかかってきたか?

てなわけで、とりあえず妻デボラを無事に石化から解除しました。しばらくあちこち行ってデボラの反応を聞きながらデボラ節を楽しみにしたいと思います。

デボラとの相性診断
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

 
Posted at 20:17 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(0)
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6 / 2008年07月31日(木)
鬼嫁デボラが拉致られた!さーて助けに行くか(めんどうくせー)てな流れ。


てなわけで、ジャジャジャジャン♪空飛ぶ靴〜(featuring どらへもん)

飛びます、飛びます。で、塔に突撃。あんまり、気乗りしないんですけどね。で、迫り来るモンスターを蹴散らかして嫁デボラと対面
「XXXXのことだから私を助けに来るってわかっていたけど、でもね・・・あんたはここに来てはいけなかったのよ!」
はぁ?なにをいいだすんだ。わざわざ助けにきてやってんのに!
「コイツが、大臣を利用して私をさらったのは、XXXX・・・あんたをおびきだすため。そうやってあんたを亡き者にした後、自分が王になりすまして・・・あっ!」
ジャミの電撃で、倒れるデボラ。
・・・デボラ?おぃ、デボラ?
おい!ジャミのせいで、ちゃんと会話できなかったじゃんかよー!テメーふざけんな!
ジャミ「国王たるもの、身内のことより、まず国のことを考えねばならぬはず。なのにお前はここに来てしまった。それだけで十分に死に値するぞ。わっはっは。さぁ二人仲良く死ぬがいい」
俺からこんだけ迷惑な女を拉致ったんだ。で、面倒なことに巻き込んでくれたんだ。ジャミよ、お前こそ、万死に値するってヤツよ!テメェ、フルボッコにしてやんよ?
ところがところが、主人公たちの攻撃は、まったくジャミに当たらない。
ジャミ「わっはっはっはっは!オレは不死身だ!誰もこのオレ様を傷つけることはできまい!」
しかし、そこで、デボラが戦いに加わった。
デボラ「やめるのよ、ジャミ!」
デボラの体が不思議な光に包まれている。
デボラ?光ってるぞ?
ジャミ「この光は?!」
デボラの光がジャミのバリアを壊した。
デボラ「いまよ、XXXX!さっさとやっつけなさい。
ここにきてまで、命令口調なデボラ。はいはい、やっつけるですよー!で、今度こそ、ジャミをフルボッコ

あっけなくジャミはボッコボコ
ジャミ「そんな…まさか、その女!伝説の勇者の血を…。ゲマ様、ゲマ様…グフッ!」
ジャミが倒れると、そこには、にっくき父の仇、ゲマの野郎が
「ホッホッホ、まさかあなたが勇者の子孫だったとは。」
デボラ「私が…勇者の子孫?」
ゲマ「ミルドラーズス様の予言では勇者の子孫は高貴な身分にあるとのことでした。(略)。どうやら、その子供、伝説の勇者はお前の血筋によりこれから生まれてくるのでしょう。しかしそれだけはさせるわけにいきません!」
と、石化させられる二人。
ゲマ「ホッホッホ。一息に殺してしまっては面白くないでしょう。その体で世界の終わりをゆっくり眺めなさい。おっほっほっほ」
と、石になった二人。カッチカチやで?

さーて、これからしばらく(魔界に行く前まで)嫁デボラは出てこないわけです。石化さあせらてた主人公は泥棒の手によって、売りに出され、離島のお金持ちの家に売られ…デボラは、どこに連れて行かれたのか、知る術もなく…10年の歳月が流れ、父パパスの従者でもあったサンチョと、二人の子供たちによって助けられる主人公。子供の髪が黒いよー。なんか、変。ビアンカの血を継いだ金髪の子が可愛かったんだけどなー。

親はなくても子は育つわけですな。
とりあえず、グランバニアに移動。翌日、二人の子供が一緒に母を探すという。まぁ、あの鬼嫁であっても、子供にとってはまだ見たことのない思いつづけた母なわけで。あんまり気がのらないけど、それじゃあゲームが進まないわけで。
にしても、子供はデボラみたいな暴言は吐かないようです。
娘「お父さん、お城久しぶりでしょう?私が案内してあげるね」
と、相変わらず健気です。癒されます。
デボラに育てさせなくてホント幸いでしたよ
さ〜て、悪妻デボラはどこかに行ってしまいましたが、それでめでたしめでたし、としてはゲームが進まない。

デボラがいなくなったのは、夫として不甲斐ないてなわけでデボラの父親でもあるルドマン氏に謝罪に。
ツボの色を見てきてほしい!と言い、自分の孫には気づかない様子。
髪がなくなっただけでなく、何か大切なものまで無くなってしまってるらしい。
デボラの妹であるフローラに話しかけてみる。
フローラも、ルドマンの悩みを聞いてあげてほしい、としか言わず。
甥と姪がやってきたのに、おこづかいもくれないでやんの(だからオマエはキライなんだ)

こうなると、やっぱり癒しはビアンカに
タバサ「ねぇ、お父さん、あの人、お父さんのこと・・・ううん、なんでもないです。」
まだ小さくても、女のカンてのは凄いな。うんうん、お父さんも、あの人が好きなんだよ。
ピエール「そりゃっ!うりゃっ!」
はいはい、スライムナイト君は、いつでも剣の稽古をしててください。

ま、こんな彼でも、暴言吐きまくりのデボラよりはマシか・・・(スライムナイトのピエールはデボラより賢さが高いのでした)

デボラとの相性診断
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

 
Posted at 11:56 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(0)
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇を占う / 2008年07月30日(水)

DS版ドラクエ5が発売2週間で100万本を突破したそうですね(ニュース元:CnetさんiSideさんITMediaさんGIGAZINEさん)
とくに、新キャラのデボラはあちこちで賛否両論の声があがっているようですが・・・そのデボラさんとの相性診断を作ってみました。是非、楽しんでいただければ幸いです。

デボラ相性診断〜主人公は小魚の夢をみたか?
この診断はJavaScriptを使って書いてあります。そのため、携帯電話やJavaScriptを切っている環境ではご利用できません。あらかじめご了承ください

【1問目】小魚みたいな顔といわれたことがある。
はい  いいえ

【2問目】綺麗な女性に料理されてみたいと思う
はい  いいえ

【3問目】女はちょっとバカなぐらいの方がかわいいと思う。
はい  いいえ

【4問目】華奢で優しい女性と強い女性なら、華奢で優しい女性の方がタイプだ
はい  いいえ

【5問目】ベッドで寝るより床で寝る方が好き
はい  いいえ

【6問目】バニー服を着ろ、と言われたら喜んでしまう
はい  いいえ

【7問目】強い敵に囲まれたら率先して自らオトリになりたいと思う
はい  いいえ

【8問目】綺麗な女性なら何を言われてもついつい従いたくなる
はい  いいえ

【9問目】お前のモノは俺のモノ、といったジャイアン理論の相手に弱い
はい  いいえ

【10問目】気がついたら、みんなの荷物を持たされてることがある。  
はい  いいえ

【11問目】相手が言い出す前にお茶を用意する癖がある。
はい  いいえ

【12問目】惚れた相手のいう事はワガママに感じない
はい  いいえ

【13問目】女性の冷たい目線がたまらなく好きだ
はい  いいえ

【14問目】好奇心が強すぎて怖いものについつい触れてしまう
はい  いいえ

【15問目】『おしおき』という言葉につい反応してしまう
はい  いいえ

【16問目】指図するより指図される方が好きだ
はい  いいえ

【17問目】素直な愛情表現をする女性が苦手だ
はい  いいえ

【18問目】素朴な幼馴染よりも清楚なお嬢様よりもエロが大切だ
はい  いいえ

【19問目】自分に分不相応な美しい女性が嫁になるなら何でも耐えられる自信がある
はい  いいえ

【20問目】ズバリ、デボラがタイプだ!?
はい  いいえ

主人公の名前



ちなみに、なかのひと(@開発)は35%でした。

ドラクエ5:デボラとの相性うらない
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

 
Posted at 19:42 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(0)
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5 / 2008年07月30日(水)
あいかわらず、鬼嫁デボラ(DS版ドラクエ5より登場の新キャラ)との切ない旅は続いております。


主人公は悩んでいた。
山の町チゾットでの村人の反応に
「もうこの子ったら、キライな小魚を食べやすいようにフライにしてあげたのに。ほらほら身体にいいんだから食べなさい」
デボラ「小魚の料理か・・・ねぇ、あんたはどんな料理にされてみたい?

妻のこの言葉を受け入れそうな主人公は頭を悩ませていたのだ。
散々、小魚みたいな顔した下僕といわれ、挙句、どんな風に料理されたい?といわれ、喜ぶ男がいるだろうか?ていうか、僕は、彼女の罵りの中に僅かの喜びを感じるようになってしまったのだろうか?と。
これが、ファンタジーの世界で繰り広げられている会話であることに、次第に疑問をもたなくなってきた主人公

洞くつを進む。
デボラ「いざとなったら、ちゃんと守ってよね。普段は私があんたを守ってるんだから。」
守ってもらったっけ?
だんだん記憶がおかしくなっている気がする

これもすべて、城にたどり着いたら、僕が王子だってことが判明して、そしたら、デボラも考えを改めるだろうと、我慢に我慢を繰り返し、城に到着。まずは、サンチョに会って、それから王に面会
デボラ「ふ〜ん、あなたが王様?なんだか私のパパよりカンロクないみたい。私はデボラ、XXXXの妻なんだからとーぜん特別待遇で・・・」
やはり、スライムナイト以下の賢さの女は言うことも確実にアホっぽい

と、思ったら、デボラが王様の前で倒れる。
デボラを別室に連れて行くと、シスターが
「おめでたです」
と。
へ?することしてたっけ?
してたのか・・・知らなかった(ぉぃ)

デボラ「なに?気がついていたんじゃいかって?それは気がついてたけど、だからって旅をやめてサラボナに帰るのはつまらないし〜まぁ、バレたら仕方ないわね。ここでおとなしく元気な子を産むとするわ。私が一緒にいなくてさびしいでしょうが、我慢してよね」
いや、寂しく無いですけど・・・
つまらないって理由で、身重な体で冒険についてくるか?
やっぱりスライムナイト以下の(以下略)

さて、当分は、気楽な1人行動。ビアンカの時は、1人寂しく試練の洞くつに行ったものだけど、今回は楽しく試練の洞くつに行けそうだ。待ってろ、試練の洞くつ!
ぶっちゃけ、嫁のデボラと一緒に行動する方が試練だってばよ!!

翌日

デボラ「あら起きたわね。やっぱりお城のベッドはいいわ。さ、ボサッとしないでやることがあるならサッサと出掛けなさい。それにしても、あんたがこの国の王子だったなんてねー。顔は小魚みたいだけど、水と炎のリングはとってきたし、私の目に狂いはなかったわね。でも、たとえあんたが王子でも…
私はその妻だから、あんたが私より偉いってことはありえないから

あーそーですか。嫁よ、お前の目は狂いはなかったと思う。
が、こっちの目は思いっきり狂っていたよ。
気の迷いって、怖いなぁ・・・なんで、ビアンカを選ばなかったんだろう?????

ま、1人で、試練の洞くつに行くとするさ♪
嫁の居ぬ間に洗濯!洗濯!洗濯ッ!!
と、サクサクと試練の洞くつをクリア。
あぁ、城に戻るのが憂鬱だ!!

で、戻ってきたら、デボラが子供を産みそう、だ、とのことで、無理矢理メイドに連れてかれる主人公。

「あんたったら、そんなに慌てて・・・よっぽど私に会いたかったのね。私なら心配ないから、おとなしく下で待ってなさい」

で、下のフロアに追いやられる主人公。上へ下へ、とめまぐるしい。
下のフロアでしばらく待ってたら、赤ちゃんの泣き声。メイドに連れられて上の階にあがると
「XXXX・・・何よ、その顔は。もしかしてよくやったとでもいうの?」
…とりあえず、やっぱり「はい」を選ばないといけない気がする
⇒はい
そしたら、
「ちょっと調子にのらないでくれる?あんたが私を褒めるなんて100年早いわ。それより、ほら私たちのあかちゃんよ。そうだ子供の名前を決めなくてはいけないわね。私はこういうの面倒だからあなたに任せるわ」
デフォルトのままでいいです。考えるのが面倒です。
男⇒レックス
女⇒タバサ
「レックスとタバサ、このふたりが大きくなるまでに平和な時代がやってくるといいわね」
お?母になったら、まともになったか?!

「じゃあね、XXXX。ベッドがせまくなったから、アンタは床で寝てよね

変わらないー!母になっても変わらないー!期待した俺がバカだったー!!!

翌日
「あら起きたのね。ゆうべはほんとうによく眠れたわね。それはそうときょうはあんたの即位式でしょ?恥をかかないようにちゃんと用意しなさいよ。そうだ、せっかくだからひとつ言っておきたいことがあるのよ。私とフローラなんだけど、パパとママの実の娘じゃないのよ。フローラとはホントの姉妹なんだけどね。まだ本当に小さい頃、今の両親にひきとられたのよ。なんでもパパが昔、孤児だった私たちをみたときに運命的なものを感じたんだって。どんな運命を感じたのかは知らないけど、おかげで私はなに不自由なく育ったわ。まぁ、パパに引き取られなくても良家に引き取られてすばらしいレディになったでしょうけど」
どこの良家に引き取られても、その家のご主人は、凄く頭を悩ませるハメになったと思うがね
「あんたが王になれば私は一気に王妃になるのね。私らしいスピード出世ね。この私にふさわしい下僕もたくさんつくし、悪くはないわね。」

ビアンカのツメのアカをせんじて飲ませてぇ!

てなわけで、主人公は戴冠式。
んで、宴会。
んで、デボラが拉致られて・・・

さーて追いかけてあげますかーあー面倒くせー
(ちと長くなってたので、ここでいったん切って次のエントリーに書く事にします)

【追記】
にしても、あちこちで、嫁デボラについては賛否両論ありますねぇ。
なかのひと的には、『賛』は、あんまり無いのですけどねぇ〜
http://news23vip.blog109.fc2.com/blog-entry-1191.html

ドラクエ5:デボラとの相性うらない
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

 
Posted at 05:55 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(0)

| 前へ
 
 Powered by yaplog!