まねきねこプロジェクトというプロジェクトをやっている中の人です。ネットで、ちょっと他とは違った心地よいコンテンツを技術的な立場を含め、いろいろ検証していますが・・・ここではぬるくやってます。

«漫画 | Main | インターネット»
しょこたん語変換ツール / 2008年06月27日(金)
しょこたん語変換ツールを作ってみました。

いつもいつも、何か作るときは、googleAPIばかり使っていたので、
「たまにはYAHOO APIでも使ってみようかしらん?」
と、思い、今回手を出したのが、『YAHOO 形態要素解析API』。
技術的な話は、後日、開発ブログの方に書きます。こっちのブログはゆるく、ね。

で、このAPIを使って何ができるかな?
と、考えてみたのです。

一番簡単なのが、特定文字を置換するサービスですね。
5年ぐらい前に、
『文章の中の主語を勝手に変換して、登場人物を勝手に好きな人の名前に置換するサイト』
を、作ったことがあったけど、同じじゃつまらないですから
(好きな名前に置換するサイトはBLな方には喜ばれてたようだけど)
う〜ん、どしようねぇ?と、しばし悩む

そんな悩み中に、ちらりとTVを見るたら中川翔子さんこと、しょこたんが映ってて…
「しょこたん語変換」なサイトはあるのかしら?と、軽く調べる。
ありそうで無かったようなので
「よし、これでいこう!」
と、作りはじめることに。

勢いは良かったんだけど・・・
しょこたん語、難し杉ス。
プログラムよりも、その解析に時間がかかったスよ。

語句が形容詞で「〜しく」で言い切るものは、数パーセントで「〜しす」の形に変化する
ただし、言い切りでない場合はその限りでない、とかとかとかとか・・・
全該当語句を変換させると、それっぽくない文章になっちゃうし・・・
ま、作ってて楽しかったです。

このツールを作るために、しょこたんブログを初めて隅から隅まで見渡してたんですが
見れば見るほど、しょこたんのことが好きになった気がします。
てなわけで、このツールには、しょこたんを応援する気持ちがいっぱいつまってるはずです!

楽しんでいただければ、ギガントうれしすなぁ(^ω^)

参考
Yahoo!JAPANで使われている日本語形態素解析エンジンのAPIを公開
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20351038,00.htm
http://d.hatena.ne.jp/spiritloose/20070619/1182214078

 
Posted at 02:54 / テレビ・芸能 / この記事のURL
コメント(2)
yaplogの芸能人ブログ / 2008年06月26日(木)
yaplogも、amebaとかlivedoorとかと同じように、芸能人ブログが幾つかある。
が、三十路前後のなかの人の私は、あんまり知ってる人がいなかった。

その中で、ちょっと意外だったのが、柳原加奈子さんのブログ。
結構面白かった。
久々に、芸能人のブログを長々と目を通した感じでした。

ここでは、yaplogにいる芸能人の方のアドレスを紹介します。
(ただし、自分が知ってる人だけ)
上の方が、僕のオススメなブログです。



柳原加奈子さん
意外とまともなのな。高感度があがったですよ

井上晴美さん
結構好きだったんだが、最近あんまり見ないよなぁ

サエキけんぞう氏
うほ、パール兄弟じゃん!懐かし〜!

つるの剛士さん
yaplogで一番旬な人じゃないかしら?羞恥心〜♪子煩悩ぶりがよくわかります

堀川りょうさん
セイントセイヤの瞬というイメージが。もう大御所っすね。大御所の日常が垣間見れます!

安田大サーカスHIROちゃん
キーを打てないのか、手書きで書いた紙をスキャンするという荒業!

長野智子さん
ちょっとお堅いブログ。やっぱり女子アナだなぁ〜

西田ひかるさん
写真+一言の簡単なブログ。あんまり文字を書く習慣が無いのかな?

丸山和也代議士
更新頻度も低いし、政治を身近に感じられるか微妙…

 
Posted at 02:31 / テレビ・芸能 / この記事のURL
コメント(0)
ニューカマーズ『放送禁止6』デスカウント / 2008年06月24日(火)
復讐サイト『シエロ』ぽいのを作ろうかと思っています。
で、依頼すると、ページが切り替わって、「復讐格好悪い」と前園氏が出てくるような(笑)。
ところが、シエロの画像が見つからない。ようやく見つけたのだけど、文字が潰れてて読めない。
読解してくれる人がいたら、ぱくりサイト作ろうかしらん?(笑)

さて、と。本題。
放送禁止6

たまたま深夜テレビをつけていたら「放送禁止」という番組がやっていた。
作業しながら、見ていたので良く分からなかったが、どうやら、DVをテーマに扱ったドキュメンタリ番組?らしい。
途中、精神科医の人によるDVについての説明で
「核家族化した日本の社会で、相談できる相手がいなくなったのも大きな要因のひとつといえる」
てな話に、うんうん、とうなづく。

DVを受けたことのある知人が何人かいるので他人事とは思えない映像。
ラー油が無い、といった事ぐらいでキレる旦那。
こんな男が世の中にいるのかと思うと腹立たしい。

しかし、仕事がうまくいくと、とても優しい旦那。
このギャップの為に、DVがあっても旦那から別れられないケースがあるんだよな…と1人ごちる。

それじゃ、映像として面白くない!と思ったのか、レポーターの人が
「旦那を怒らせるような事を言ってください」
と指示。
奥さんは躊躇するも
「暴力をやめてほしいの」
と頼むと、
「俺が悪いっていうのか?!」
とキレる旦那。
その隠しカメラの映像に納得するレポーター。

なんか、おかしいな…と思ったのだけど、作業中なのでそんな深く考えなかった。

画面は変わって、レポーターの人は、奥さんから
「実は、旦那を排除してほしくて、復讐サイトに依頼したことがあるんです」
と、聞かされる。怖くて取り消しの依頼を送ったのだけど、返事が無く、その後
「一ヶ月以内にあなたの望みは叶います」と、返事が届く。

復讐サイト「シエロ」
こんなサイトあるのかな〜と検索してみるけど、出てこない。
もう閉鎖されたのかな?
にしても、メールのヘッダ見れば、辿れるだろうに。
たとえ、ヘッダを改ざんしたとしても、経由したサーバは辿れるはずなんだが…

WEB110の人が、復讐サイトの存在について説明をする。
闇サイトの違法性の問題とか、プロバイダの責任についていろいろ語りだす。
また、この人だ(笑)

で、その復讐依頼のためか、旦那は、ひき逃げ事件に遭い、足を負傷し入院。
その為に、奥さんが怯えていたらしい。

退院しても、数日間は夫のDVは続くも、しばらくして旦那が改心。
よかったじゃん、と、半分作業しながら思っていたら…
復讐サイト「シエロ」からメール

「デスリミットは発動した。3日後にあなたの願いは叶います」

こんなのあるわけないじゃんよ?どうせハッタリだべ?
と思ったけど、奥さんの怯えようは異常。
それに対し
「僕が旦那さんを見張って、何かあれば守りますから」
というレポーター。
土下座して手を握り締め感謝の意を表す奥さん。

そして、画面は変わって、車の中
「なにかあったら、スクープ映像がとれます」
と言い出すレポーター。

生理的に受け付けないな、この手のレポーター
にしても、深夜とはいえ、酷い映像流してるな…と半ば呆れ気味

それから3日間、旦那の行動を監視するが、何も無く…
3日目の会社入り口で、大きな破裂音が響くも、車のタイヤがパンクした音だと。
復讐って言ってもこの程度だよなぁ〜と思って苦笑い。

残業で遅くなり11時頃帰宅する旦那。
夕食がこの時間って大変だよなぁ〜と思いながらのんびり見てたら、突然、ドアのチャイム
様子を見に行く旦那。
ソワソワする奥さん。
そして、見知らぬ男の罵声と、おそらく旦那が殴られる音
隠しカメラに向かって絶叫する奥さん
一歩も動けぬレポーター

何が守るだよ!このクソレポーターめ
と、作業の片手間ながら毒づきながら見ている俺。

旦那の叫び声がやみ、静かになった頃、夫婦の部屋に向かうレポーター。
部屋の中には誰もいない。
そして、電話が鳴り…

「あなたはテストに全て不合格でした。粛正されるのはあなたです」

と。
振り返ると、白い仮面を被った女性が何かをレポーターに向かって振り下ろし…
そして、映像が途絶えた…

ここに来て、あぁ、これは、フィクションなんだな、と気づいた俺(遅いじゃん)

にしても、鳥肌止まらなかった。
作業しながらだったので、フィクションって気づかなかったせいもある。
でも、ドキュメンタリータッチだからこそ、人の悪意が生々しく映像化できたんだろうな、て。
淡々とドキュメンタリータッチで進む映像がここ10年ぐらいよく見かけるようになってきたけど、生々しいんだよね

フィクションて気づくのが遅かったせいで、ハナからそれが分かってた人とは異なった楽しみ方になってしまったが、フィクションと分かってる人には、随所に見れる謎を解き明かすのも楽しみの一つらしい。たとえば、この夫婦の家に飾られてたコルクボードには、夫婦の名前「宗野登津雄・真津」の文字がひらがなで書かれていたのだけど、逆さに読むと…?とか。

ちなみに、このドラマ?が9月6日映画化されるそうです。
『放送禁止 劇場版 密着68日 復讐執行人』
今度は、ちゃんとフィクションだと頭に叩き込んでから見に行くとします!

それまでに…今回のドラマは「放送禁止6」なので、1〜5までを立て続けに見ようと思います。
DVDも出てるみたいだし、あと、YouTubeとかにも…?!


ちなみに、うちの家は、夜中でも鍵をあけっぱなしにしてることが多いのですが、
このドラマを見た後、ちょっと怖くなって、ドアの鍵をかけて寝ましたってのは内緒です^^


本記事を書くにあたり、参考にさせていただいたサイト
サクサク情報局さん
嗚呼、テレ日トシネマさん
内藤玲のblog(仮)さん


 
Posted at 12:12 / テレビ・芸能 / この記事のURL
コメント(3)
羞恥心ブログパーツ / 2008年06月24日(火)
ちょっと、羞恥心気分を味わおう、というクイズ

ちょっと羞恥心的な気分を味わうクイズゲームを作ってみました。
クイズといっても、選択の余地ないんですけどね

ついでに、ブログパーツ化してみました。
追加して欲しいクイズがあったら、コメントに書いてくださいね〜

各ブログのブログパーツの設置は、本ブログではお答えできません。ごめんなさいm(_ _)m

■本記事を書くにあたり、羞恥心関連のブログをいろいろ見せていただきました。
http://blog.livedoor.jp/geno1132/archives/51003928.htm
http://minkara.carview.co.jp/userid/113115/blog/8932548/
http://gyao.at.webry.info/200606/article_4.html
http://blog.livedoor.jp/desolationrow/archives/52749332.html
http://blogs.yahoo.co.jp/keita_tigersfan/22929383.html

■ブログパーツ配布所
ブログパーツ助っ人

■scriptの書き方については、開発ブログをごらんください。

 
Posted at 00:46 / テレビ・芸能 / この記事のURL
コメント(3)
無料カラオケとMICA3CHU / 2008年06月21日(土)
TAITOのカラオケがYAHOOで無料利用できるようになっててびっくり。
掲載期間は、2008年5月22日〜2008年7月10日となってるのでその後はどうなるか分からないけど、とりあえず、今は無料で利用できるので、練習にもっていこいかも?!

http://event.music.yahoo.co.jp/karaoke/
とりあえず、羞恥心と、perfumeのポリリズムと、GLAYのVERBと…といろいろ試してみました。

結構充実してるコンテンツなのに、YAHOOのトップページから辿りにくい。
YAHOO音楽>サウンドステーション>カラオケ特集…
なんで、こんな深い階層においてるの?

このサイトを見つけたきっかけは、いつも通り、何かWebで出来ること無いかしら?と探していた時のこと。
いつもは、googleAPIのサイトで探しているのだけど、久々にYahoo Developperを見ていたら、YAHOO musicのAPIがいろいろ提供されている。
ま、このAPIはあんまり使えそうになかったんだけど、このコンテンツは面白いね。
他にもYAHOO MUSICはラジオや有線代わりに使えそうなコンテンツがいろいろあって楽しい。女の子が遊びにきたときとか、アニソンばっかりじゃ格好つかない。イージーリスニング系とかムード系の音楽をさりげなく流せたらちょっと格好いいかも?

他にも、中島美嘉と森三中のスペシャルユニット「MICA 3 CHU」の動画が見れたり、結構充実してる事に気づいた。
MICA 3 CHUいいっすね。「HYSTERIC GLAMOUR」の北村信彦氏が参加してて、なんか、全体に彼の世界観が反映されてて。
PVだけじゃなくて、インタビュー編も結構良かった。結構笑ったなぁ〜
http://magazine.music.yahoo.co.jp/rep/20080620_002/

僕は、検索は専らgoogleを使ってるのね。YAHOOはムダに飾り立てててごちゃごちゃしてて見づらい!YAHOOなんて初心者向けじゃん、て思ってたけど、ちょっと見直したですよ。
1つのモノでこだわってると、世界狭くなっちゃうからね

 
Posted at 02:24 / テレビ・芸能 / この記事のURL
コメント(0)

 
 Powered by yaplog!