まねきねこプロジェクトというプロジェクトをやっている中の人です。ネットで、ちょっと他とは違った心地よいコンテンツを技術的な立場を含め、いろいろ検証していますが・・・ここではぬるくやってます。

«google maps | Main | 映画»
2008 JOMOオールスターサッカー / 2008年08月02日(土)
今年2008年からJリーグのオールスター戦は日韓それぞれのリーグのオールスター選手が出場することになった。2008 JOMOオールスターサッカー
試合詳細

普段の日韓戦と異なり、海外組不在で、所属外国人選手が参加するため、いつもの日韓戦と若干の毛色が異なるのでは?と期待してTV観戦していた。
Jリーグオールスターには、現役韓国代表の主将をつとめるヴィッセルの金南一に、名古屋のヨンセン、鄭大世(川崎F:北朝鮮)といった面子が名を連ねる。
一方、韓国Kリーグ側は、ラドンチッチ、ドゥドゥといった外国人選手が名を連ねる。ラドンチッチは、ヴァンフォーレ甲府にもレンタル移籍されていたモンテネグロの選手。ドゥドゥは現在Kリーグ得点王。

前半は、立ち上がりから日本がボールを支配。支配するだけでなく、シュートまでもっていってるが、点をとれそうな感じがみえてこない。左サイドの新井場は積極的にサイドをかけあがるし、小笠原と新井場のコミュニケーションも調子が良い。失点する10分位前までは、圧倒的に日本が押していた。前半失点したとはいえ、セットプレイからの失点であったし、気持ちをうまく切り替えるべきだった。
日本が圧倒的に押していたというのは前半11本と6本というシュート数の差からもうかがえる。逆にいえば、そこまで押していて得点に繋がらなかったのは、攻めていながらも、韓国側に主導権をとられていたという風にも見える。左サイドの新井場の切り崩しは良かったが、サイドの切り替えはほとんど見ることは出来なかった。韓国先制で前半が終了する。

後半直後の山瀬のPK失敗。これが大きかったように思う。反撃の芽は、この失敗で発芽できず攻撃の空回りが次第に目立ちだす。前半は中盤より高い位置でボールを支配していたが、次第に韓国側に攻められることになり、CKから不用意に与えたPKは、韓国側に落ち着いて決められ、これにより、得点差は2点に広がる。
次々に選手を投入し、攻撃のバリエーションに変化を付けようと試みるも、日本の攻撃のボールは中央に集まり、画面から新井場、駒野は、守備の時にしか映らなくなっていく。後半投入の金崎が随分頑張っていたが、周囲のフォローがなければ孤立する。
攻撃の組み立ては徐々に遅くなり、気づけば韓国側DFはしっかり守備位置に戻っていた。
一方、韓国は、サイドを切り崩したと思えば、サイドを変え、中央に戻し、とやりたい放題。ゆっくり組み立てる時と、早い攻めと、うまく緩急をつける韓国に対して、日本は振り回され続け、徐々に体力が奪われていく。この姿は、何年も韓国との試合をみてても同じように見えて仕方が無い。

緩急の付け方、サイドの切り替え、その2点が明らかに韓国より劣っていた。
3−1、という結果は、この試合を象徴しているように思う。

試合詳細

 
Posted at 20:25 / サッカー / この記事のURL
コメント(0)
【速報】Jリーグオールスターズ2008 / 2008年08月02日(土)
【速報】Jリーグオールスターズ2008
J-ALLSTARS スターティングメンバーK-ALLSTARS スターティングメンバー
【GK】
楢崎 正剛(名古屋)
【DF】
中澤 佑二(横浜FM)
田中 マルクス闘莉王(浦和)
新井場 徹(鹿島)
【MF】
金 南一(神戸)
小笠原 満男(鹿島)
山瀬 功治(横浜FM)
中村 憲剛(川崎F)
駒野 友一(磐田)
【FW】
ヨンセン(名古屋)
鄭 大世(川崎F)
【GK】
イ ウンジェ(水原三星)
【DF】
キム ヒョンイル(浦項)
キム チゴン(ソウル)
イ ジョンス(水原三星)
【MF】
チェ ヒョジン(浦項)
キム チウ(ソウル)
チョ ウォンヒ(水原三星)
チェ ソングッ(城南一和)
イ グァンウ(水原三星)
【FW】
ラドンチッチ(仁川)
ドゥドゥ(城南一和)

前半5分、小笠原のCKにチョンテセの力強いヘッドで、見せ場を作る。
前半8分、左新井場の駆け上がりでチャンスを作るも、韓国側の体を張ったDFに阻まれる。
前半11分、小笠原から新井場への前線へバックスピンをかけ回転を殺した丁寧なパスだったが、ゴール前の混戦でシュートにならず
前半15分。左サイド新井場を追い越して飛び出した小笠原がミドルシュート。枠を大きく外れる。
前半17分。ペナルティアリア前後の位置から中村憲のシュート。GKイウンジェ(中川家礼二みたいな顔)が片手一本でファインセーブ。
前半17分。ペナルティエリア内まで持ち込んだチェソングッのシュート(DF中澤が完全に振り切られる)。
飛び出したGK楢崎を交わすも、ゴール前に戻っていた新井場によりクリア。
前半21分。右CK中村のボールにヨンセンが頭を合わすもゴール上に逸れる。
前半23分。ヨンセン⇒中村⇒キムナミルとまわしシュート。ゴール左に逸れる。
前半23分。山瀬のドリブルからそのままシュート。ゴール左に大きく逸れる。
前半24分。ラドンチッチが囲まれてもゴール前に持込み、ドゥドゥの力強いシュート。ゴール左に逸れる。
前半27分。中村からの軟らかいボールにチョンテセに合わせるもゴール上に逸れる。
前半31分。左30メートル程の小笠原の蹴るFKにチョンテセが反応するも枠を逸れる。日本のシュート数10本目。
前半35分。新井場から体を寄せてボールを奪ったラドンチッチがゴール前で日本DFに囲まれてシュートを打てず
前半37分。チェソングにキムナミルのディフェンスがファールをとられ、FKを与える。ドゥドゥが直接狙い、楢崎が弾いたところに、飛び込んだチェソングによる得点。韓国Kリーグ選抜の先制
前半40分。ラドンチッチが直接シュート。楢崎の正面。
前半42分。チェソングを山瀬が押しファール。前半37分と同じような位置からドゥドゥのFK。誰にも合わずボールは逸れる。
前半44分。韓国側が日本DF陣を翻弄しゴール正面のシュート。楢崎、正面で抑える。

前半終了

後半0分。立ち上がり直後、山瀬のドリブルを韓国DFがファールで止めて、PK。韓国GKのファインセーブで得点ならず。直後、日本のCKを闘莉王のシュートも体全体で止める。
後半2分。駒野のクロスにフリーとなったチョンテセのバックヘッド。ゴールを大きく左に逸れる。
後半10分。山瀬の足に相手選手が倒れ、正面30m程のところから韓国にFKを与える。直接打ったボールは闘茉王の頭に当たり枠内へ。楢崎が辛じて弾く。直後のCKで、ラドンチッチがひっぱられたと判断されPK。韓国エドゥが落ち着いて楢崎と逆に蹴り追加点。2−0(後半13分)
後半15分。日本側のパス回しをカットされ早いカウンターでチェソングのサイドチェンジに反応したエドゥが落ち着いて楢崎の上を越すループで追加点
後半16分。山瀬にかえて金崎 夢生(大分)。ファーストタッチで直後、直接シュートを打つも韓国GKの正面でおさえられる。
後半17分。小笠原のディフェンスがファアルをとられる。ラドンチッチに買えチョン ジョグッ
後半18分。金崎が受けたボールをチョンテセにパス。ギリギリのところをオフサイドをとられる
後半20分。キムナミル⇒阿部勇樹
後半21分。チョンテセのボールを受けた小笠原が切り替えしたところでファール。ゴール前右45度約15メートル。FKを蹴る小笠原がセンター方向にパスを選択。つめていた闘莉王が足で合わせてゴール。
後半23分。イ グンウ⇒イ ドンシク
後半24分。中澤⇒岩政
後半27分。チョンテセ⇒巻
後半28分。チェ ソングッ⇒キム ジンヨン
後半29分。チョウォンヒのミドルシュートはゴール上を大きく逸れる
後半29分。金崎のドリブルからクロス。相手DFに当たり、CK。小笠原のCKをGKが直接キャッチ
後半31分。小笠原⇒二川
後半33分。阿部のミドルシュートは大きくゴール上に。
後半34分。駒野⇒今野。韓国
後半35分。チョン ギョンホのドリブルからチョン ジョグッにボールが渡り、GKと1対1でシュート。ボールはゴールの上方に大きくそれる。
後半40分。闘莉王にイエローカード。
後半41分。右サイド、ライン際を金崎スライディングで拾ったところを相手DFからファールを受ける。
後半42分。闘莉王の振り向きざまのボレーを惜しくもゴール左横に逸れる
後半45分。右サイドを金崎が崩すも、中央に合わず。
後半46分。左サイドを切り崩した韓国。中央に折り返し飛び込んできた選手が頭であわせるも、ゴールバーの上に逸れる。

試合終了


 
Posted at 20:07 / サッカー / この記事のURL
コメント(0)

 
 Powered by yaplog!