糸満から名護へ

2012年02月24日(金) 1時12分
糸満、仕込やバラシはぬくかったのだが、本番は三日とも寒波、初日は小雨まで。それでも見てくれる人がいて、三日とも芝居は成立。人との出会いがたくさんあった。道の駅のFさんは長田出身で、頼もしく、冗談が口からポンポン出る女性で、あったたかった。FMにも出演。パーソナリティでバンドもやっているというチエちゃんは那覇で見てくれたのだが、友達連れてまた2回来てくれた。やっぱり神戸出身。震災のときは子供だったが、親と一緒に沖縄に来たそうだ。萌がお泊りにいった人とは、キリコもお邪魔してご馳走になった(私は台本)。投げ銭としてレタス7個にキュウリ8本を舞台に置いてくれる人。大阪の茨木出身の方は、せんべいの差し入れを2度。少し離れたところで農場をやっているという方は、更地にする予定の土地があってそこでイベントを色々やりたいと思っているから、ぜひまた来て欲しいと。毎日のように来てくれた少年もいた。あちこちで来てくれて、また来てくれた人も。
糸満はもともと漁港だし、港町だ。私達にとっては、那覇以外のはじめての沖縄南部。密貿易ナツコの本では、糸満の港に入ると人骨を踏んで歩いたという。それくらい激戦地だった。

糸満で、私は新しいギャグを追加。蛇ダンディとスワ郎のメイクを改善。少し小さくした舞台も、まだ欠陥があるが成功とみた。積み込みと積み下ろしもよりエレガントに。積荷がまた減ったし、手間も減った。水も減ったので時間が短縮。あと一工夫だ。その時間をどこかで取りたい。

昨日、名護に到着。南部から北部へ約2時間。名護十字路という交差点の新しい公設市場の中庭。すぐそばにやはりFM局があり、本日出演。まだまだ空き店舗の多い市場。
近所を散歩してみると、小さなスナックがたくさんある飲み屋街。けれどもシーズンオフなのか、なんらかの理由か、やはり空き店舗多い。人もほとんど歩いていない。ときどきカラオケの声が聞こえるがひっそりしている。もともと米兵相手? それにしては、金武町のような英語の店は少ない。

日本中を旅するようになって、まあそれほど歩いたわけでもなく、出かけることもむしろ少ないのだが、シャッター街の多さに驚く。特急がとまる駅前のアーケードが暗かったりする。沖縄にも、そんなアーケードや商店街がある。大阪の近所のアーケードもそんなところがある。
旅をはじめて、そして原発事故もあって、政治的なことが逆によく見えるようになった。今の日本がどこまでボロボロにされてきたか。日本だけではない。アメリカも含めて世界中かもしれない。「景気」の問題などではない。
あ、いつのまにか、もうみんな寝とるわ。
新作「宝の島」台本は、現在進行中。愛用の200字詰原稿用紙が手に入らず、無地のお絵かき帳にしたら調子が出てきた。楽屋テントは狭くてなかなか集中できなかったが、いろいろ工夫中。今日は台所のテーブル。台所は私のスペースなので落ち着くかも。キッチンライターだ。カセットコンロは動かしやすいし。「宝の島」の初演は鹿児島の予定だったのだが、少し早めて南條市佐敷の楽日に上演だ。5ヶ月の沖縄。できれば、来年はぜひ年明けから新作にしたい。間に合うか。うるう年の一日がうれし・・。

家族三人で旅していること。屋根も壁もない野外劇。池を作り水に浮いてまわるステージ。受付なしで投げ銭のみの円形劇場。役者が生演奏しながら唄と芝居。
考えてみると、ちょっとオリジナリティ高すぎやんと思う。作品も当たり前の芝居とはちゃいまっせ。
カゲキでありたいのだ。けど、お年寄りにも子供にも楽しめるもんにしたい。それは可能だと思う今日この頃でありますが、問題は作り上げる力量と時間!

島の力、島の宝

2012年02月16日(木) 0時36分
本日、宜野座から糸満へ移動。糸満は道の駅。金土日すべて午後2時から。
ここ数日、まるで初夏のように暖かい沖縄。宜野座はさみしかったが、ここはどうかな〜。
沖縄タイムスに記事も載ったようだし、ファンの方が投稿もしてくれたらしい。まだ読んでいないけど。

ところで、その沖縄タイムスの記事で、古代文明というのはいくつか大きなものがあるが、古代の島での文明というか島での人類の生活は世界的にも珍しく、そこにここ沖縄の古代の意義があるのではないかという文章を読んだ。その内容とか意義とかは次回からの連載ということだったので、まだくわしく知ったわけではない。けれども、ここには重要なヒントがあると思った。

そういえば、エジプトとか中国とか、いろんな古代文明があるわけだが、それらは強大な権力を生み出し、大きな遺跡を作った文明だ。現代の国家につながる。今の世界はほとんど全ての土地が国家に属している。
一方、今も沖縄の久高島は、土地の私有がなく、ノロが土地を分配している。だから土地の売買もなく、島民以外が土地を買うこともない。
小さな島で、小さく生きること。その知恵は計り知れない。私は20世紀の日本人でもっとも偉大な人物は横井庄一さんだと思ってきた。横井さんをイメージした芝居も「ジャングル・ノート」として上演したことがある。

中央にいろんなものを集めて、再分配するのではなく、もっと小さなところでヤリクリする知恵。今の私達に問われているのは、そういうことではないのか。
スーパーには世界中の食品が集まる。そして、金さえ出せば何の交渉もなくそれらを買うことができる。大きなシステムが全てを覆っているからこそできることだ。大資本がコンピュータネットワークを使って作っているコンビニ(訳せば「便利」)にしてもそうだ。
そのシステムになかば強制参加させられ、使用料(税金とか預金とか)を払い、基地や原発のように生命の危機にまでさらされながら、大きな資本システムに覆われているのが私達なのだ。

法律にしてもそうだ。争いごとなどの問題を自分達で解決しようとせず、「お上」に預けてその判断をしてもらう制度。その制度でお上を監視することも可能だが、その法律そのものをお上が作っているのだから、結局、支配の道具になってしまう。いっけんお上とは別に思えるマスコミも結局同じになる。

そんな権力(力の集中)を作らない知恵や能力が今こそ必要なのだ。それが、ひょっとすると「島」にはあるような気がする。

なんくるないさ〜

2012年02月14日(火) 0時33分
宜野座での3日間。じつはボロボロだった。
初日、大阪から旅をしているご夫婦が二人で開演。途中から近所の萌の友達一家(大人一人と子供三人)が来てくれたが、合計6人。
昨日は開演時に誰もいなくて中止。そして、今日は開演前にお二人いたのだが、ほかに誰も来なかったのでおそらく荷が重かったんじゃないかな、開演前にお二人は退散。ということで、またまた中止。楽日だったんだけどね。
舞台を作り変えたりしたが、そのために来たような宜野座だった。
ここは今、阪神タイガースがきてる。

今日はゴミを捨てに行った。舞台を再構築したために、たくさんゴミが出たし、いろいろと捨てたいものもあった。旅をしているとなかなかゴミを捨てにくい。
コンビニでチョコチョコ捨てたりするのだけれど、それも限界があるので、たまっていく。
で、ドカっと、やっと今日捨てられた。もちろん産廃で、1キロ50円。13000円以上あったので、2t以上あったのだ。
出て行く方が多い状態。
まあ、なんくるないさ〜

そんなこんなで、今日は久しぶりに新作台本に取り組む。
冒頭の10数頁を書いていて、先日、劇団員(まあ、家族ですけど)に読み聞かせたところ、かなり好評。
早く書き上げて、稽古しなくては。
こいつは海賊の話。まさに、野蛮でおじゃらけたドリームタイム。
「野蛮でおじゃらけたドリームタイム」というのは、大阪でしばらく使っていたコピーだ。
ドリームタイムというのは、アボリジニの動物神話のこと。
野蛮は、人間が陥る恐怖や残酷さのことで、おじゃらけというのはバカっ話のこと。
芸能というのは、残酷なリアルを、バカっ話に仕立て上げることによって神話化する。
そういうもんじゃないかと思うんだよね。

昔から、無法者の物語が大好きだ。
小学生の時も、ルパンの方がホームズより好きだった。
将来なりたかったのは、泥棒という時期があった。だから、学校で聞かれたときも、「言えません」と答えた。
原発事故以来、心底国家なんていらないと思っている。
一般に人々は法律で縛らなくてはならないほどインチキではない。
逆に、国家ほど法律が必要なインチキだ。そう確信した。
しかし、実際には逆なのだ。
原発もそうだし、沖縄の基地はもっと明確にそれが見える。

漫画のワンピースが、すごい売上だという。初版部数は記録を刷新した。
萌が毎週一冊買っている。私も読んでいる。
けっこう面白い。私の「宝の島」も、そこにつながる。
労働者革命(社会主義、共産主義)が独裁主義になり、革命の展望はない。
革命の展望がなくなって、「物語は終わった」という人もいるが、
物語はぜんぜん終わっていない。
たんに直進的な進歩主義の物語が終わっただけだ。

新しい(?)劇場

2012年02月13日(月) 1時15分


ここ宜野座では、劇場を再構築した。

池、盆をそれぞれ半径30cm小さくして、タイトに。
そのおかげで、一段目が60cmになり、ちゃんと歩けるようになった。
盆の下の衣裳箱は劣化してきたため、また発泡になったが、今度は箱状ではめこんでいる。15cm厚の発泡のカットは包丁でシコシコ、キリコと萌がやってくれた。
盆にも黒いケコミをつけたので、盆は水より上に浮いているみたいに。浮力が減ったのが心配だったが、乗ってみるとOKだし、水を上をよく滑ってよく回る。
じつは池用シートも新しくしたのだが、池そのものを小さくしたため安くついた。

全体が小さくなったため、柳が大きく感じるようになった。
あと、楽団テントの方は、雨よけのため大きく。
舞台とのバランスがかなり変わって、一体感が出てきたカナ?

ここでいろんなものを整理したので、後ろに移っているトラックにゴミが満載。
産廃として明日捨てる予定だ。

それにしても、先日の普天間のバラシ時とこの宜野座での仕込時だけ、萌も含めて三人だけで、よくこれだけの作業ができたものだと思う。
楽屋テントの床下の組み方も変更したし。
あとは椅子としては使っていないパイプ椅子をなんとかしたいところ。

2月のメールニュース

2012年02月10日(金) 1時53分
2月のメールニュースの全文です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
野外劇団楽市楽座2月!

世界中がすごい寒さのようです。
温暖化なんて真っ赤なウソだったかも。
皆さんはいかがお過ごしですか?

私たちは相変わらずまだ沖縄を旅しております。
沖縄も、今夜は息が白くなります。
といっても、ずっとハイビスカスが咲いてますし、
桜も咲き始めました沖縄です。
カエルも鳴いてるし。

2度目の那覇、昨年も行った古座、はじめての普天間。
寒い中ですが、なんとなく、少しずつ賑わってきている感触。
その間に、反原発紙芝居も何度か上演。
また、デパートのステージにも挑戦。
お正月特別企画「新春初夢福袋」は、普天間でラスト。
観客全員立ち上がっていただき、クネクネダンスでした。
沖縄のお客さんは、ノルとすごい。
手拍子は倍速。ツッコミあり、指笛あり。

1月には1週間の休みを2回作り、4月からの新作も準備。
タイトルは「宝の島」。
スティーブンソンの「宝島」は大好きな小説ですが、
こちらはもっともっと海賊の話。
ただし、カマキリとゴキブリとアリの海賊。
チラシはすでに発注済み。
台本は・・・ただ今山頂目指しアタック中!
野蛮でおじゃらけたドリームタイム。

上演場所もかなり確定してきました。
今年は、秋田や北海道を復活。
奄美大島にも行くことに。
仙台・福島・千葉・東京は、今年も見送りました。
すみません・・・。

屋根なし野外で池という過酷なセットであるため、
腐食に加え、キノコやアリにも食われ、水漏れしたり。
なんとか作りなおしを進めています。
ここ宜野座からは池と盆を一回り小さくします。
スモール・イズ・ビューティフル!

2月の予定です。

2月11日(土)〜13日(月)
宜野座・平松毛
(宜野座分化センターの横の道を入ってすぐ)
土日:14時開演「ツバメ恋唄」
月曜:19時開演「鏡池物語」

2月17日(金)〜19日(日)
糸満・道の駅いとまんイベント広場
金曜:14時開演「鏡池物語」
土日:14時開演「ツバメ恋唄」

2月24日(金)〜26日(日)
名護・名護市営市場中庭広場
金曜:14時開演「鏡池物語」
土日:14時開演「ツバメ恋唄」

最後に

原発はいらない!
基地はいらない!
TPPはいらない!
こんな人殺し政府は、もういらない!

野外劇団楽市楽座 長山現 佐野キリコ 萌
メール seisaku@yagai-rakuichi.com
劇団サイト www.yagai-rakuichi.com
長山現の散歩道 http://yaplog.jp/nagayamagen/
佐野キリコの夢参道 http://yaplog.jp/sanokiri/
萌の旅生活 http://yaplog.jp/jp0/
現とキリコは、ツイッターやフェイスブックにもつぶやき中。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後の段落は、いつも反原発紙芝居のラストの叫びと、ほぼ同じ。

チラシ

2012年02月07日(火) 3時05分
チラシデザインができた。キリコご苦労様〜!台本は・・・。ちょっと書きはじめたところ。そういや、チラシより早く書き上がったことないかも。
新作「宝の島」は、野蛮な芝居にしたいのだ。
今夜はやけにぬくい。虫の声、カエルの声がお盛ん。でもまだカエル見てない。
やっつけたいもの、イロイロあるが、芝居は楽しめるものにしたい。
原発、除洗、基地、TPP、増税、全てが利権だ。EUやユーロってのもそんな気がする。

普天間を終えて

2012年02月03日(金) 12時04分
普天間での公演は、3日とも上演でき、しかもそれぞれ客席の半分くらいは埋まるという賑わい。これは、この時期の沖縄としてはまずまず。リピーターの方も多かったし、ラジオを聴いて来てくれた方もいた。連日来てくれる方もチラホラと。会場の神宮寺さんご一家も連日観て頂き、とくに子供達は毎晩楽しみにしてくれたみたいだ。3日とも違う芝居だったし。ここでお正月芝居の「新春初夢福袋」は終了。

さすが普天間で、月曜の昼間は飛行機の音がハンパではなかった。それにしても、基地、基地、基地。沖縄は基地だらけだ。96年に返還が約束されているが、その後、2割も返還されていない。普天間を返すというが、辺野古にさらに高機能な基地を作ろうとしていて、これは高江も同じで、面積だけの返還で内容は新基地建設なのだ。ここ数日は防衛局の選挙介入が話題になっている。そりゃ、親族名簿を作り、集めて選挙に行きましょうというだけで圧力をかけたことは明白。どうも、アメリカ以上に日本(沖縄ではヤマトともいう)こそが沖縄に基地を必要としているように思えてならない。基地は原発と全く同じ利権構造なのだから、それも当然か。

普天間では、バラシ時についに舞台改造へ。池や盆をすべて30cm小さくするのだ。こうすることによって、舞台を一回り小さくし、芝居も凝縮しようという算段。ちょっとだけ荷物も軽くなる。水も減る。腐った部分も交換。一日かかって切るべきものを切ったが、作るべきものを作るのは時間切れに。次ぎの宜野座(ぎのざ)の仕込に作らねば。普天間では、また強風で楽屋の床が崩れたので、これもそろそろ考えなくては。

で、今はうるま市石川の山の家。新作「宝の島」台本のための2度目のオフ。ただ今は、マップを文章化しているところ。カマキリ(キリコ)とゴキブリ(私)とアリ(萌)の、海賊の話。

4月以降の旅の制作も着々と進んでいる。新しい場所も決まってきた。北海道も増えたし、秋には、沖縄へ向かう途中に奄美大島にも行くことになった。新しいチラシや衣裳も作成中。はや2月! ケツに火がつく!
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ボーダー
» 2017年08月03日のつぶやき (2017年08月04日)
アイコン画像長山現
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年04月04日)
アイコン画像ドテチン
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年03月15日)
アイコン画像ふーちゃん
» 2016年08月19日のつぶやき (2016年08月23日)
アイコン画像沖縄のみゆきです
» 2016年07月09日のつぶやき (2016年07月11日)
アイコン画像長山現
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年04月02日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年02月15日)
アイコン画像みゆき
» 2015年12月20日のつぶやき (2015年12月21日)
アイコン画像ピエロ
» 2015年12月06日のつぶやき (2015年12月07日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2015年11月01日のつぶやき (2015年11月02日)
Yapme!一覧
読者になる