まよるかにて谷津朋子展

2009年11月04日(水) 22時16分
 11月1日の夕方、今度は中学の友人である谷津朋子の個展に行く。いつからか、彼女はずっと楽市を見てくれていて、大阪にも何度も来て頂いている。中学の頃から、校庭でデッサンしていた彼女の後ろからのぞいて、そのエンピツの運びに感動したものだ。あれからずっと絵を描いている。たぶん生まれついての絵を描く人なんだろうと思う。
 ほんの20点位だろうか。小さな個展だ。それでも、彼女の個展というものを見るのははじめてだった。木版画、日本画、ガラスの作品、木彫と、どれも小品ながら(かつてもっと大きい絵を何枚か見せてもらったことがあったので)、バラエティに富んでいて、とてもシンプルでのびやかで、おおらかな作品たちだった。思いが温もりと共に伝わってくるような作品だ。抽象的な作品もいくつかあり、ちょっと意外だったのだが、それがまた良かった。
 月と日の作品群は、まるで書のようだった。月と日が仲良く並んでいる。木彫りのレリーフの菩薩像だったと思うのだが、これもとても良かった。彼女の作品は、どこか宗教的なものを感じさせる。冷たく厳しい宗教ではない。暖かい日輪のような宗教だ。

 この展示がされていた場所が、三軒茶屋の「まよるか」というギャラリーバーで、とてもほっこりするところだった。おかみさんがやさしく品のいい方で、料理が抜群においしかった。スペイン仕込みらしい手作りの生ハムに感動し、ナスの煮物で疲れが取れ、小芋の八丁味噌あえで元気が出た。ウェブで調べたら、その日ごとに色んな料理があったりするらしい。ここ数年、仕事上で様々なホテルのコース料理を食べたが、比べ物にならない。ときどきライブなどもあるらしい。おかみさんも絵を描く方で、絵やお面が飾られていて楽しい。

 東京では久しぶりに実家に帰った。これからの計画(これについてはまた明日)について話し、理解も得て、ほっとした。
 車で行ったのだが、行くときには富士が霞の上に山頂を見せ、帰りは雨の合間に虹が出た。家族での小旅行。たくさんの祝福に満ちた小旅行だった。

パスカルズのライブ

2009年11月03日(火) 21時31分
 11月1日は、パスカルズを聞きに、井の頭自然文化園の彫刻館へ。
 パスカルズはフランスツアーなどもしているし、もと「たま」のメンバーもいたりで、わりと有名な大編成のバンド。じつは私の高校の永畑風人がいて、そのお兄さんのロケット・マツさんがバンドリーダー。その永畑は絵描き(主に版画だと思う)で、変貌クラブという劇団をやっていた頃には、何度もチラシの絵を描いてもらっていた。最後に絵を描いてもらったのが20年前かあ。パスカルズでは、トランペットやソプラノサックス、それからホースにラッパをつけたものを吹いている。ロケット・マツさんは以前大阪でも、福島泰樹さんという歌人の「絶叫短歌ライブ」でのピアノを聴いたことがある。これももう15年位も昔のことかも。

 CDは持っているのだが、ライブを聞くのははじめて。永畑とももうかなり会っていない。住所もわからなくなっていて、ウェブサイトで活躍しているのは知っていたのだが、連絡もせずに行ってみた。これが、高校の友人だから、というのではなく、いや、贔屓目も多少あるにしても、すっごく良かった。ユカイで、あったかくて、懐かしくて、遊び心に溢れていて、楽しめて、涙が出そうになった。ライブの間中、パーカッションの石川浩司さんが会場中を歩き回ったりして、パフォーマンスも担当。会場が笑う、笑う。客席の中に座り込み、風船を膨らませ、ピューーーっと解き放つ音が爽やか。ほかの人も、チェロの足(?)をサンダーで削って火花を散らしたり、先ほども書いた、ガスホースにラッパをつけたものでパオパオーと、まるでゾウが唄っているような音を出したり、これは音を聴くだけでなくライブで見なければ、この楽しさはわからなかっただろう。

 おそらく、そうそうたるメンバーが集まっているのだと思う。けれども、すごく肩の力を抜いているように感じられ、サーカスとかちんどんパレードや、ブラスバンドのような親しみのある楽曲がいくつも演奏された。最後は拍手が鳴り止まず、アンコールに。すっかりファンになってしまった。終演後、永畑を訪ねて楽屋へ。久しぶりの再会を祝った。元気そうでなにより! 最高に楽しかった!

清水きよしさん「幻の蝶」

2009年11月03日(火) 13時05分
 31日、東京の梅若能楽学院会館で、清水きよしさんの「幻の蝶」を見た。
 清水きよしさんは、名前だけはずっと以前から知っていたのだが、今年の3月にはじめて梅田のクロスロードという小さなスペースで、はじめて見せて頂いた。3月の散歩道にも書いたのだが、一本一本が磨き込まれた構成で、マイム芸を前面に立てるのではなく、演じられる人物の感情や感覚をていねいに演じて、笑いと涙に溢れ、自分の中の色んな記憶を呼び覚ましてくれたり、考えさせられたりするものだ。
 その後、枚方で一回、東京で仮面劇を一回だから、今回で4回目になる。最初が小さなスペースだったので、打上にも残ることができ、娘を連れていたためもあるかな、あと、チコさんという以前楽市に出演して頂いたマイムの人もいらっしゃって、清水さんと尾近づきになることもできた。井の頭公園の「金魚姫と蛇ダンディー」にも家族で来て頂いた。

 今回のマイムも、何度も大笑いし、そして涙を流した。柿泥棒をしてつかまる子供のマイムがあって、以前凧揚げのマイムにも感動したのだが、今目の前のことに全身で夢中になってしまう子供の感覚が本当によく描かれている。結局つかまってしまうのだが、大人も優しくて、一つはくれる。その時懐にもう一つ隠していたことに気付いて、子供は大人に差し出す。すると、大人はそれも持っていっていいと言う。この二人のやり取りは、今も思い出すと泣ける。その芸の素晴らしさと、物語の素敵さに泣けるのだ。柿泥棒をしたことはないが、どこかにこういう感覚や人情が自分にもあるに違いなく、そのことがたまらなく愛おしくなる。それからトンボを追いかけて迷子になり、橋掛かりの出口間際で、親とのやり取り。まるで遠景での情景を見るようで、夕暮れの赤さまで感じた。能舞台にはこんな距離感があったのか。

 橋掛かりから、杖をついて歩いて現れる老人。杖がないことでマイムなのだとわかるが、能とも狂言ともまったく違うマイムによって、老人の歩きという「本質」が歩いているような気にさせられる。杖を握る手の力が、すごく伝わる。
 煙草の話では、ラスト近くに煙草を踏み消すホームレスの男の思いが、痛いほどよくわかる。ていねいな踏みにじり。男が拾う2本の煙草の扱いが、構成的に凄味を増してラストに意味が現れる。
 
 この「幻の蝶」は、なんと初演から30年だそうだ。清水さんがマイムをはじめて10年目に、このマイムを続けていくかどうかを悩み、それでもマイムをやっていくことを決意し、今までほとんど小さなスペースで演じられていたマイムを大きなスペースで照明や音楽もつけて上演した作品。そんな決意が、今もこの「幻の蝶」には現れている。能楽堂でマイムをはじめたのも清水さんだ。25年前、博多の住吉神社が最初だそうだ。能舞台での清水さんのマイムは、能や狂言にまったく劣らない、一つの屹立した作品になっていた。海外も含め、限りなく上演され続け、磨き込まれた至芸。そういえば今思い出したが、3月のクロスロードでは新作の上演もされていた。常に努力を惜しまない方なのだろう。

 今年4回の全てに新しい発見があり、教えられることがとても多い。清水さんのマイムと清水さん自身に出会えたことは、今年の本当に大きな大きな収穫だ。
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像ボーダー
» 2017年08月03日のつぶやき (2017年08月04日)
アイコン画像長山現
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年04月04日)
アイコン画像ドテチン
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年03月15日)
アイコン画像ふーちゃん
» 2016年08月19日のつぶやき (2016年08月23日)
アイコン画像沖縄のみゆきです
» 2016年07月09日のつぶやき (2016年07月11日)
アイコン画像長山現
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年04月02日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年02月15日)
アイコン画像みゆき
» 2015年12月20日のつぶやき (2015年12月21日)
アイコン画像ピエロ
» 2015年12月06日のつぶやき (2015年12月07日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2015年11月01日のつぶやき (2015年11月02日)
Yapme!一覧
読者になる