劇団どくんご「ただちに犬」

2009年06月13日(土) 1時07分
 今年、ついに全国40箇所近くをテントで巡演する劇団どくんご。半年以上をかけて回ることになり、ほぼ芝居で食えるかどうかの実験になる。ちょっとうらやましい。10月に大阪城公園太陽の広場でもやるのだが、その時はうちの公演直前なので、先日京都の吉田神社に行ってきた。
 劇団どくんごの芝居はすでにある程度のスタイルを確立している。とても前衛的で、一種ナンセンスなシーンの連続だ。ストーリーはないと言っていいが、役者たちの身体も声も鍛え上げられていて、見ていて大いに笑えるし、爽快感がある。
 冒頭、犬のぬいぐるみを死体に見立て、誰が犯人かを5人の役者たちが推理する。犯人を特定するたび誰かがそれに意義を申し立て、次の推理を語る。これが囁き声でなされ、次に大きな声でなされる。チラシにも「作・演出」ではなく、「構成・演出」となっているが、おそらく役者たち自身が練り上げた言葉で構成されているのだろうと思う。その後、それぞれの役者が紡ぐ色々な物語もある。前衛的なナンセンスにも思えるが、決して理屈っぽいものではなく、むしろイノセント(純粋無垢)な印象。言葉そのものの喚起力やからだそのものから発せられるイメージが重要視される。役者たちはそれぞれ強烈なキャラクターがあって、そのキャラクターは数年前に見たときともかなり近いから、こういうところも求道的な、一つの自分自身の演技スタイルに向かう精神が伺われる。
 一人一人の個性の尊重や確立と共に、集団性というものをどう考えるかというのが、どくんぐのテーマかもしれない。これは見終わってからの考えだが、冒頭とラストで、一つ一つの推理が順番に否定されていくのは、ある主の平等の観念、民主主義のイデオロギーかもしれない。ヒーローやヒロインの否定、場合によっては役割分担の否定でもある。誰もが探偵でありうるし、犯人でもあり得るということ。一人一人の肉体の特権性に比べ、言葉とか意味という特権性は相対化される。そういう歴史性をどくんごは背負っているのかもしれない。
 ジョン・ケージはメロディや感情を音から排することによって、<音そのもの>の価値を際立てた。究極なのは沈黙の演奏で、ピアノを弾くことなく、その時間の間、周囲の物音に耳を済ませてみようという試みだ。これはすごく新鮮な体験だ。
 だからと言ってその後の音楽にメロディもリズムもなくなったかと言えばそんなことはない。ラップミュージックはジョン・ケージ以降という気がしないでもないが、どんなにメロディアスな音楽でも、音一つ一つの粒は重要であり得る。イデオロギーに支配された人生が、まったくの台無しの人生になってしまうかと言えばそんなことはなく、実はイデオロギーのまったくない人生などあり得ないし、何かを選択しつつ、いろいろなイデオロギーの中で迷いつつ私たちは生きている。逆に、<平等の観念>も実は一つのイデオロギーでありうるし、一人一人の人生を否定することもある。
 役者たちの個々の演し物は、それをクローズアップすれば、一つ一つの中でポリフォニックな思いの交錯が有機的に蠢いている。もしこの一つを2時間ものの劇として構成すればどうなるのだろう。そうなれば確実に劇には物語が存在しはじめる。それぞれの役者たちが提出した物語はそれが可能に思えるほど強いものだ。その時、劇は主役と脇とか、一見善悪とかいう対立項とか、そういうものが発生してくる。その中でも明確な関係性を持つことで生まれる個々の十分な価値は出てくるはずだ。
 どくんごの劇を楽しみつつ、たぶん私は少し批判的に考えている。ストーリーというものの凄さ、キャラクターの有機的な関係性、そういう言わば伝統的な作劇法の掘り起こしにこそ自分の興味があるのだ。だから芸能ということにこだわる。私にはどくんごの作劇術は、駆けっこで手をつないでゴールするような居心地の悪さも感じる。それでもゴールに向って走る駆けっこは競争と勝負の方法であるし、どくんごも劇的なクライマックス作りはシーンごとに多用している。
 どくんごがすごく面白く、楽しく、問題意識を持った集団であることは変わりない。こんなふうに、いろんなことを考えさせてくれる、今どき珍しい劇に出会えることに感謝したい。健康に注意して旅を続けて欲しい。そして、先々でたくさんのお客さんに恵まれることを祈ってます。
 
 劇団どくんごのHPはこちら。
 http://homepage3.nifty.com/dokungo/index1.htm

090604 バフチン「小説の言葉」

2009年06月04日(木) 23時34分
 バフチンは、小説をラズノレーチエ(言語的多様性)という概念を中心にとらえている。主に3つの種類がある。@地の文における客観的描写や作者の意見や批判的な調子、登場人物の内面の言葉(特に主人公の言葉)などが一つの文章の中に混在していること、A登場人物たちの持っている様々な階層や職種の言葉の多様性、B日記や書簡、詩などといった形式が混在してくること。このような言語的多様性こそが小説というスタイルの特徴であるという。非常に興味深い考察だ。
 言葉はもともと「自分の言葉」といった純粋性を持っておらず、人と人の間にある。どのように受け取られるかは、時代や地域によっても異なるし、ましてや皮肉やユーモアなどは微妙な響きを持っている。それらの多様な立場を持つ言葉の間を揺らぎながら、読者の内部に、読者自身が紡ぐかのような言葉を生じさせるのが小説というスタイルなのだ。
 小説家は様々な人物や出来事を描きながら、それらの人物や出来事をある程度は客観性を持ちつつ、また一方では作者自身の思いや批判を込め、人物同士の言い争いをさせるという様々な言語的多様性を駆使している。―「小説は自らのイデオロギー的な独自の言葉、自らの言語をもたらす複数の話者を必要とする」
 すべてが言葉によって描写される小説。その言葉には常になんらかのイデオロギー(思想性、観念の体系)が含まれている。どんなに客観的な描写でも、そこにはある価値感が含まれており、視点の取り方がある。バフチンは、それを権威に対抗するものとして生まれた(脱中心化)とする。法律の言葉や、宗教的権威の言葉、世間的に立派な言葉とされているものほど、小説の中では揺さぶられていく。だからこそ、小説はいつも価値感を提示しているわけで、具体的に人生を見つめ直すことになる。たとえ耽美的な小説であっても、耽美的な生き方について語られることが多い。

 これは私の考えだが、落語や昔話などの「語り」は、そもそもこのような言語的多様性に満ちている。小説と違うのは、文字で書かれていないことだ。実は文字の成立そのものが権威と結びついていたのだ。
 言語的多様性を持った小説が現れたのは、むしろ「語り」に戻ってきたと言ってもいい。「書かれた言葉−文字―書物」は、法や聖書、また権力を支える神話の記述などのために作られた。大きな権力化が起きなかった民族では、文字を持たず、神話と昔話はそれほど変わらない。
 小説は「印刷」という技術により、書物が一般の手に入るようになってこそ生まれたのだ。小説はそれらの権威に、なかば個人的な、(客観的な記述による)なかば権威的なスタイルで揺さぶりをかけたり、新しい価値感を提出してきたりしたのだ。だからこそ、小説家が世間的な権威として見られてきた歴史もある。

 バフチンが言うには、人の会話のかなり多くの部分は、誰かの言葉に対するコメントであるという。「言葉そのものが人間の発話の主要な対象であるという事実は、今日にいたるまで、その原理的意義を完璧に明らかにするような形では考慮し、評価されたことがない。そのような現象をすべて包括する広汎な哲学は存在しなかった。」
 これは、おそらく言葉を話すようになった原始の頃からそうなのだろう。つまり、バフチンの「脱中心化」というより、私はむしろ文字の権威性の「脱落」とみたい。文字の「語り化」(芸能化!)にこそ小説の言語的多様性の本質があるのではないか。そうであるなら、小説は文字による語りとして、芸能として先祖返りしているのであり、語りのメディアとして文字が選ばれているにすぎない。
 もちろん「脱中心化」は文字の権威だけではない(そんなことはバフチンは言っていない)。小説のひとつの大きなテーマは、隠れた権威(差別意識や批判すべき常識)を炙り出し、揺さぶりをかけることにある。「中心」は世間ではしばしば多数の信奉者を持つから、優れた小説は批判的に受け止められることも多い。私は芸能もそういうものだと思っている。
2009年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像ボーダー
» 2017年08月03日のつぶやき (2017年08月04日)
アイコン画像長山現
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年04月04日)
アイコン画像ドテチン
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年03月15日)
アイコン画像ふーちゃん
» 2016年08月19日のつぶやき (2016年08月23日)
アイコン画像沖縄のみゆきです
» 2016年07月09日のつぶやき (2016年07月11日)
アイコン画像長山現
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年04月02日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年02月15日)
アイコン画像みゆき
» 2015年12月20日のつぶやき (2015年12月21日)
アイコン画像ピエロ
» 2015年12月06日のつぶやき (2015年12月07日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2015年11月01日のつぶやき (2015年11月02日)
Yapme!一覧
読者になる