田中一村展とか一工夫とか

2010年10月31日(日) 9時57分
沖縄は五ヶ所で確定。いよいよ来週からは沖縄だ。

その前の鹿児島では、なんだかゆっくりしている。
まず、キリコのアイデアで、池の底の水平を床束でとってみたら、これがすごく早かった。
それから、盆を水を入れる前に、全て組んでみたらけっこうちゃんとできてしまい、これも早くなった。
盆のつなぎ部分とか、ケコミのスダレとか、毎回補修しなくてはならないのだが、前回の宮崎のバラシがサクサク進み、補修もほぼ終えていたので、ほぼ全てが終了。

結果、初日の昼間の作業はなくなってしまい、みんなで田中一村展へ。
これが実に充実した展覧会で、まず美術館に拍手!!
奄美の絵は知っていたが、子供の頃の絵や、若い頃の売れっ子時代の絵、30〜50歳くらいの千葉の田舎でのたくさんの風景や人物がたくさん展示してあり、しかもコメントが充実。
若い頃の伸びやかな筆致。千葉での暖かい、ユーモラスなまなざし。そして、奄美での新しい美への挑戦。
もっと隠者のような人かと思っていたら、どっこい、絵描きとしてすばらしい人生を送った人だと思う。
千葉の田畑の風景と小さな人物を描いた一連には、涙が出そうになった。

たとえばミレーなんかは、農作業の辛さを描く。そこに崇高なものもあるのだが、どうも労働そのものが原罪へのつぐないみたいな意識があるんじゃなかろうか。
日本人の心の底には、労働の苦しさとともに、労働の楽しさがあるような気がしてならない。
田中一村の絵には、そんなおおらかな楽しさが、ステキな風景の中に描かれていた。
それはそのまま、奄美の植物や鳥たちのステキさにつながっていると思う。

鹿児島の初日、前説時にはお客さん一人。はじまってから、数人。立ち見がチラホラ。でも、やれてよかった。

昨日は、ケコミのスダレに、太い麻ヒモで上の部分をタッカー止めしてみた。これでスダレがかなり補強できるはず。それから、楽屋の中に洗い場を作った。これで雨の日でも洗い物ができそうだ。椅子に座ってできるし。

鹿児島二日目は賑わった! 投げ銭がたくさん飛び交い、たくさん笑ってもらい、熱い拍手も頂いた。終演後は船倉さんからの差し入れのおでんで宴。
そして、私の演技でも、たくさん気づいたことがあった。100回を超えても、まだまだ気がつくことがあるんだなあ。というか、もとがヘタクソだからか? 自分で書いたホンのくせに、ああ、ここのセリフはこう言うべきなんだとか、ここはまだ気がついてないところなんだとか、本番中に気がつくのだ。

写真はうちのソラではなく、この公園のヌシのようなサクラ。仕込中から、すぐそばをウロウロし、まるで昔から知ってるみたいに、さわらせてもくれる。首輪の名札で名前もわかった。「さくら」と呼ぶと、返事もしてくれた。
2010年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ボーダー
» 2017年08月03日のつぶやき (2017年08月04日)
アイコン画像長山現
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年04月04日)
アイコン画像ドテチン
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年03月15日)
アイコン画像ふーちゃん
» 2016年08月19日のつぶやき (2016年08月23日)
アイコン画像沖縄のみゆきです
» 2016年07月09日のつぶやき (2016年07月11日)
アイコン画像長山現
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年04月02日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年02月15日)
アイコン画像みゆき
» 2015年12月20日のつぶやき (2015年12月21日)
アイコン画像ピエロ
» 2015年12月06日のつぶやき (2015年12月07日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2015年11月01日のつぶやき (2015年11月02日)
Yapme!一覧
読者になる