怒涛の日々

2009年11月18日(水) 23時02分
 このところ怒涛の日々だ。朝から晩まで働いている。いや、働く準備をしているというべきか。起業というのはこういうものかもしれない。
 倉庫を引き払う準備、様々な解約・手続きから、食事の用意(今、わが家の食当は私なので)、そしてメール、メール、メール! 電話! 訪問! 会議! 討議!

 とりあえず前回の報告の続きから。
 劇団どくんごの公演は素晴らしかったー! 6月に見たのだが、それでも新鮮。しかもよりパワフルかつ丁寧になっていた。土曜日に見て、日曜にまた見たのだが、それでも飽きない。今度は気付かなかったことにたくさん気がついて、深いなーと感じた。意味の果てに見える存在の孤独。そして役者たちの声とからだが素晴らしい。一緒にやってみたい役者たちです。とくに人魚姫の話はやっぱりお気に入りで、涙ぐんでしまう。「金魚姫と人魚姫」なんて、いつかできないかな。不条理なんだけど、楽しくて、どこか童話的なものを持っているどくんご。もしかすると、同時代の演劇をやっているのかもしれないと思う。

 そのどくんご公演で、たくさんの出会いが。
 北九州の谷瀬さんは、10年以上前に北九州演劇祭のときに2回お世話になった人だ。1回目におばあさんの家に泊めてもらった。ここで谷瀬さんとお会いして、北九州U(小倉)での公演が一気に実現に向かい始めた。
 それから、2回もラフレシアに足を運んで頂いている薙野さん。この方は今は博多に住んでいらっしゃって、福岡観劇サイトをやっていて、なんと今年なくなった熊谷氏の翻訳作品のリーディングを福岡で企画していた。奇遇と言わず、なんと言おう。薙野さんは、制作募集に心がちょっと動いたという。加わってもらえたらいいのになー。

 熊谷氏は前の劇団員のM(彼は今年、高校の演劇科の教師として、楽市に生徒を連れてくる企画を立ててくれた。インフルエンザのために中止になったけど)とのつながりで知り合ったのだが、韓国に何度も行っては芝居関係者と親しくなり、「豚とオートバイ」などを翻訳した(大阪でも上演されている)。今年、急死してしまった。福岡で、いろんな人と引き合わせてくれたようにも感じてならない。

 どくんごの福岡公演のお世話をしていた「劇衆 上海素麺工場」の座長である支那海東さんにも挨拶ができ、DVDをもらう。海辺に大きなテントを建てて公演を続けている人で、熱い芝居だ。いいなあ。こんな劇団が福岡にはあったのだと驚く。しかも、キャッピーさんが出ていた!
 
 福岡のぽんシアターでは、高崎さんにお会いし、福岡の演劇情報について色々と教えていただいた。

 そしてそして、福岡や佐賀から、何度も大阪に、いや東京にも足を運んでくれたお客さんたち、いや、もう友人たちともお会いし、協力してもらえることになった。これで佐賀公演もぐっと実現に踏み出したことになる。

 じつは、たくさんの出会いの怒涛の日々。みなさんに報いるためにも、すごくいい芝居にしなくては!
 役者・制作者、募集中です! 今月の25日が締切り。今月中に決定して、12月からは台本と場所探しに専念です! ああ、楽シイ〜!
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像ボーダー
» 2017年08月03日のつぶやき (2017年08月04日)
アイコン画像長山現
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年04月04日)
アイコン画像ドテチン
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年03月15日)
アイコン画像ふーちゃん
» 2016年08月19日のつぶやき (2016年08月23日)
アイコン画像沖縄のみゆきです
» 2016年07月09日のつぶやき (2016年07月11日)
アイコン画像長山現
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年04月02日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年02月15日)
アイコン画像みゆき
» 2015年12月20日のつぶやき (2015年12月21日)
アイコン画像ピエロ
» 2015年12月06日のつぶやき (2015年12月07日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2015年11月01日のつぶやき (2015年11月02日)
Yapme!一覧
読者になる