予感

2011年03月24日(木) 13時52分
大阪では彼岸桜が咲いている。
これが散った頃、ソメイヨシノが一斉に咲くだろう。

地震が起きてから、ずっと動揺し続けている。
その日、ちょうど台本をあげようとしていたのだが、その後手につかず、ここ数日、なんとか踏ん張って、書いている。
昨日は絶対に脱稿しようと思っていたのだが、ラストで思い悩んでしまった。
昨年は、2週間前だった。
あと3週間、今日こそなんとかするのだ。
しかも、書いているのは、喜劇なのだ。

政府とNHKは、ウソとごまかしを続けている。
中部電力は、上関で原発工事を続けている。
東京や千葉の水道から、ヨウ素が検出されはじめた。
私が一番心配するのは、実家があり、友人や知人が多い、関東だし、東京だ。
とくに、その子供たちが。

どこにも逃げることができなくなるとき、本当のパニックが起きる。
戒厳令の用意もされているのだろうか。
その前に、逃げることはできないのか。

ただちに影響はないという。
5年後には、影響を否定するだろう。
50年後に、やっと影響を認めることだろう。
その前に、逃げることはできないのか。

皆がついに逃げ始めたとき、茨城や千葉の人たちもまた、東京を通って逃げることになるのではないか。
逃げることができなくなるとき、本当のパニックが起きる。

リルケに「予感」という詩がある。
こんな詩だ。

私は旗のように遠方に取り巻かれている
下のいろいろな事物(もの)がまだ身じろぎもしないのに
私は吹きよせる風を予感し それを生きなければならない
扉はまだおだやかに閉じ 暖炉のなかもひっそりしている
窓もまだふるえず 埃りも重たくつもっている

そのとき私はもう嵐を知って 海のように騒めいている
私は身をひろげたり 自分の中へ落ちこんだり
身を投げだしたりして たった孤り
大きな嵐のなかにいる

(富士川英郎訳)

怖いのだ!

2011年03月24日(木) 3時27分
本も読んでいない。これもまだ全ては見ていない。でも、ぜひ見てほしい→【緊急報告】広瀬隆/広河隆一 「福島原発で何が起こっているか?」

東日本の公演中止

2011年03月19日(土) 0時34分

おいおい劇団HPやメールニュースでも公表しますが、私たち、野外劇団楽市楽座は、今年の東日本での旅公演を中止しました。
今年のスケジュールで言うなら、長野、東京(井の頭公園、東大和)、千葉、福島、仙台、新潟、秋田、札幌、旭川、紋別、この11ヵ所となります。

チェルノブイリの原発事故では、最大で300km離れたところにまで、強い汚染が拡がったといいます。(半径300km全てではありません、念のため)
私たちは、小学生の娘を連れての野外劇で、旅の間はテント生活になります。娘は守らなくてはなりません。
今、政府やマスコミからの情報はきわめて混乱しています。場情報操作の疑いもあります。
ですから、自分たちなりの情報収集と決断で、行動を決めるしかないと判断しました。
北海道はその範囲に含まれませんが、北海道に行くにはそこを通らなくてはならないので、やっぱり中止としました。
危険はおかさない、と。

また、これを決める時期として、まだ早いのではないかということも考えました。
しかし、受け入れてくれる人たちとの関係を考えると、引き伸ばせばそれだけ中止することが難しくなり、結果的に無理をしそうです。
同時に、家族の生計としても、今判断しておかないと、代わりの上演地を探すことができません。

そして、これは私たちなりの、ささやかなアピールでもあります。
パニックを言い訳に、これだけ「まだ安全」「念のため」といった情報操作を繰り返す東京電力と政府、マスコミに対し、危ないよ、怖いよ、という思いがあります。
いつまでも「最悪の事態」がどういうものであるかを示すことなく、そういった言葉を繰りかえすこと自体に、耐えられません。

すでに公演中止に関しては、ほぼ現地に連絡をし、そりゃあそうですよね、とご理解を頂いています。
私たちが行くことを楽しみにしている方々も、少ないけれどいらっしゃると思います。
ほんとうにすみません。
考えられるかぎり、いちばん弱々しい選択を、あえてしようと思います。
どうぞご理解ください。
そして、来年は「あれは杞憂でしたね〜」と笑いながら、お会いできることを祈っています!

この決心で、6月中旬から8月の終わり位までのスケジュールが、約2ヶ月ポッカリとあくことになります。
この期間も、西日本での公演をしたいと思っています。
もし、上演可能な場所がありましたら、ご連絡ください。
とくに、8月、和歌山から名古屋の間がまだアテもありません。

どうぞ、この決断にご理解いただけるようお願いします。

OCT/PASS「風来」はオススメ!

2011年02月26日(土) 0時03分

精華小劇場に来ている仙台の劇団、OCT/PASSの「風来」。すばらしかった! ゆがむことのないストレートな演技、テーマは現代の暗さを扱っているのに、この明るさは何だ。萌も始終大笑い。そして、詩的で、深い。私は泣いた。

風が吹かなくなった世界。そこで灯台ならぬ風守をしている変人男とその家族たち。それは、この日本だ。そんな状況を、あの手この手で掘り下げていくその手腕には、惚れ惚れする。石川さんは、日本のゆがみを描くのではなく、それをスッパリと「無風」とすることで、未来を切り開いてみせる。この人は、なにがつまらないかを描くのではなく、なにが大事なのかを提示できる人だと思った。

大好きなイタリアの作家で、イタロ・カルヴィーノという作家がいるが、もし芝居を作っていたらこんな舞台だったかもしれない。

しかし、客は少ない。14年ぶりの大阪ということだが、もっとたくさんの人たちに見て欲しい。客席には、知った人も多かったが、もっともっと一般のお客さんにぜひ見て欲しい芝居だと思った。芝居はまだまだ面白く、楽しいし、問題を提示し、そこに希望を与えることができるものなのだ。

作・演出の石川さんは、昨年の芝居で100本目の戯曲だったという。スゴイことだ。なんて楽しい台本が書ける人なんだ。
これは、オススメの一品です!

どんどんなくなるラフレシアと、大阪公演の可能性

2009年03月27日(金) 23時45分
 まず、ちょっとお知らせ。キリコがブログに書いていたが、5月連休に中之島まつりの中で寸劇をやる予定だったのだが、やっぱりやめた。秋の公演に力を集中するためだ。いろいろとアイデアは考えていたのだが、5月までそれに頭がいっぱいになるのはヤバイと判断。結局全力になってしまうから。

 さて、その秋の東京公演では、ラフレシアの客席の屋根もなくしてしまおうと思っている、ということを以前書いた。お客さん、雨降ったらゴメン。でも、これで建て込みはかなり楽になるし、おそらく建築ともみなされず、そして何よりも、私の理想とする劇場に近づくと思ったのだ。
 ところが、三鷹市建築課の判断としては、たとえ屋根をなくしても、階段状の観客席がある限り、やはり「建築物」とみなされるというのだ。
 「建築物」とみなされるとどういうことが起きるかというと、きちんとした図面を作成し、「構造計算」(あのアネハ事件のあとできびしくなった!)をして、風や火災に対しての強度をしっかりさせなくてはならない。それを提出した後に許可が出たら、消防署の指導により、「非常口」の表示や、非常ベル、消火器の設置をしなくてはならない。全ての経費で50〜60万円以上かかるのだ。
 ラフレシアは最初の「ラフレシア円形劇場祭」で、屋根ありで3ヶ月、強風吹きまくる南港でビクともしなかったし、その後、何度も消防署の検査も受けて問題なかったのにね。しかも、今回は屋根をなくしたし。しかも、劇場にはスプリンクラー(!)がついてるし。
 60万円といえば、3000円のチケットとすれば、200人分である。観客見込みは400人で、これでも入るかどうかわからない数だ。400人で割ると、一人1500円。チケット代の半分は消防関係や建築関係に流れ、私達は大赤字を負担しろというわけかい。
 ということで、今度はラフレシアから、客席もなくすことにした。いや、客席はあるのだが、「観客席」は作らない。あの段々の客席は、お金をかけて特注で作ったものなのだが、やめてしまう。劇場の壁も作らずに、劇場を作る場そのものを、広く布で囲んでしまう。運動場の柵みたいに。
 ほとんど舞台だけが残った。これで大阪から持っていくものはすごく減った。建て込みはウソみたいにカンタンだ。そして、実はさらに理想に近づいたような気がしてスガスガしくなった。椅子を並べるか、桟敷になるか、それは未定。さあ、これでどうなるか、結果はまだわからない。これでもまだ「特設野外円形劇場ラフレシア」かな? 照明も、投光器だけにすることにしたし、ホントは音響だってシンプルでいいと思っている。

 雨が降ったらどうなるか? それはまた考えます。

 それで、これはまだわからないのだが、建て込みが楽になり、予算が激減したことで、ひょっとすると大阪公演もできるかもしれない。さて、どうしようか。

あと3日でライブ!

2008年04月10日(木) 20時30分
ついに、あと3日でライブ!
30年芝居やってきて、中学んときミュージシャン目指してて、ここ8年ほど芝居の音楽を自分で作るようになって、50を目の前にして、はじめてのライブ!
長く生きてるといろんなことができるもんだあ。
全部で16曲くらいかな。全て私のオリジナルであります。名曲ぞろい!
当日は録音もして、CDを作る予定。(よろしければご予約を!)
(もちろん、今までのDVDとかTシャツとかも販売します)

お客さんの予約もだいぶ入ってきました。かなりいっぱい、いっぱい。
でも、まだ入れるとファンダンゴの人からは聞いてます。
でも、予約はあと少しで締め切り。
今回のコンセプトは「エロティック&グロテスク」
ドキドキして、ゾクゾクしてもらえたら。
ゲラゲラ笑って、シイシイしてもらえたら。

衣裳やメイクは、出演者たちと協議しながらの自前です。
あの会場だと、どれだけきっちり見せることができるか心配です。
なにしろ、今回のライブのためだけの衣裳・メイクなのに、皆けっこう作りこんで手が込んでます。
なにしろ、「エロティック&グロテスク」ですからねー。
総勢22名が出演。
私も今までとは全く違うエンドンに挑戦しつつ、演奏し、歌い、MCに挑戦です。
MCという言葉を知ったのは、去年くらいなんですが・・・やるぞ!


「金魚姫と蛇ダンディー 歌謡ライブinファンダンゴ」
4月13日 開場 18:00 開演 19:00
ファンダンゴ(阪急十三駅から徒歩10分。西口を出て、大きな信号を渡り、妖しい繁華街通りを入る。左の東横インを超えた道を左へ100m。右側です。)
料金 前売 3000円 当日3200円(ドリンク代別途500円)

ちなみに、今週土曜日の2時半、戎橋で唄います!(約30分)
それから、本番の午前10時頃、十三の神津神社(東口からすぐ)での十三まつりにもでかけます。たぶん、唄えると思う・・・。
ライブに来れない人など、よろしければどうぞ〜。

南京広場を追い出され

2008年02月23日(土) 23時39分
 今日は元町の南京広場で街角ライブをはじめたらすぐに警備員さんが来てここでは許可なしではパフォーマンスはできないということで移動し商店街の中でやらせていただく。楽市のお客さんたちが何人も来てくれたり通りがかりの人も金魚姫の姿につられてか寄ってきたりちいさい子供が踊ってくれたり雪も降っていたりと楽しいひととき。来週は通天閣へでかける予定。神戸方面もできればまた来たいところ。
 それと今日はまた三味線の市川聖山先生のレッスンを見学した。いやナマで見るとまた一段とお若いのお。ドドイツやらなにやらのレッスンを見聞しやっぱり三味線周辺のこのセンスをなんとかモノにしたいものだと思うのだった。あの転調とも感じさせぬほどの気軽な転調はなんとも魅力的でそんなところに三味線文化の精神があるのではないかとアタリをつけたのだがいかがなものか。

明日は南京町広場!

2008年02月22日(金) 23時59分
 明日の街角ライブは南京町広場(神戸元町)にて! いつものように、16時からの予定です。天気はどうかなー。 4月13日のファンダンゴライブのチケットもあがってきて、そのうちチラシもお目見え予定。ライブ稽古もずんずんと進んでおり、ジョジョにもり上がってきております。本日はギャルリムスタシュのマダムと会談(怪談?)。今年のプロデューサーはマダムかも。力強いお言葉をたくさんいただく。ささあ、みなさん南京町にGO!楽しく唄います!

明日は扇町公園でライブ!

2008年01月26日(土) 0時05分
 本日は久しぶりに歌舞伎を観劇。やっぱり歌舞伎はいろんな意味で刺激的。ちょっと寝たけど・・・、イロイロ考える材料になるなあ。ディープだなあ。

 その後、ギャルリ・ムスタシュに寄ると、うさぎ師匠といちばんぼしさんがいて、まったくの偶然なんだけど、ここはいろいろと偶然が広がる場所なのだ。マダムから今年は「当たり年」と言われて、何に当たるにしても、もったいないから宝くじだけは買うまいと思う。

 明日はとうとう公園ライブ初日。はじめは「路上ライブ」と考えていたんですが、金魚姫が現れるので、ひょっとして交通妨害とかになるといけないので、公園に。これから毎週土曜日にやっていくのだ。雨天中止だが、たぶん明日は晴れるでしょう。午後4時から1時間弱かな。マイクもアンプもなし。
 街頭劇は何回かやっているけど、ライブははじめて。とにかく、やってみよう!

さようなら坂口修一

2008年01月15日(火) 23時33分
タイトルは、「32歳の坂口修一よ、さようなら」という意味。
もうすぐ33歳らしい。おめでとー!
本人がこのタイトルでブログを書いて〜と舞台から要望していたので。
坂口修一さんは毎週火曜日に一人芝居をやっている。しかも、2ステ。
しかも、毎月演目が変わる。
昨年の4月にはじめて9ヶ月。以前から見よう見ようと思っていて、やっと見れた。いやあ、楽しみました。芝居もハートウォーミングでとても良かったんだけど、ステージはバラエティショーになっていて、エンターテイメント。それがじつにサワヤカな押しまくり。
汗をかく演技がいい。好きだなあ、この人。

ところで、昨日は神戸博物館で浮世絵展に。
北斎、広重などを堪能! そういや、坂口氏の顔は浮世絵顔であるな。
そして楽市の新年会で、しゃべりまくり。

その前の日は、大谷美術館で日本近代絵画を。日本の油絵ってのもなかなかなまめかしい。

その前の日は、中之島で現代美術の30年。ううん・・・なんでだろう、けっこう好きだった現代美術が今になって少し色あせてみえてしまった・・・。

いやあ、連休と連休明けの本日、見聞をひろめたのでした。

もちろん、公園ライブの稽古もやっております!
まず初回は、1月26日(土)の午後4時〜、扇町公園のキッズプラザ裏あたりで!
私たちのライブも毎週土曜の週1ライブ!
負けないようにガンバルぜい!
2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ボーダー
» 2017年08月03日のつぶやき (2017年08月04日)
アイコン画像長山現
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年04月04日)
アイコン画像ドテチン
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年03月15日)
アイコン画像ふーちゃん
» 2016年08月19日のつぶやき (2016年08月23日)
アイコン画像沖縄のみゆきです
» 2016年07月09日のつぶやき (2016年07月11日)
アイコン画像長山現
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年04月02日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年02月15日)
アイコン画像みゆき
» 2015年12月20日のつぶやき (2015年12月21日)
アイコン画像ピエロ
» 2015年12月06日のつぶやき (2015年12月07日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2015年11月01日のつぶやき (2015年11月02日)
Yapme!一覧
読者になる