ラスコーの動物壁画

2009年11月24日(火) 23時06分
博多からの帰り道、ふとテレビをつけたらラスコーの遺跡についての番組をしていた。
私は大学で美術史を学び、教授は原始美術と現代美術の専門家だったので、ラスコーについても少し学んだつもりだ。バタイユのラスコーについての本も読んでいる。
その番組では、驚くべき仮説が語られていた。それは、ラスコーの動物画が、天の星の並びにぴったりと一致するという説だ。
ラスコーの壁画はかなり正確な星図だったかもしれないという。

どうやって正確な星図を洞窟の中に再現したのかということに終始していたが、最初から空の星々が動物に見えていれば、その記憶(イメージ=像)は再現できただろう。
彼らは「星」として見ず、「動物たち」として夜空を見ていたかもしれないのだ。
この新説は、いつか大きなインパクトを作りそうだ。

さっき技術と方法意識について書いたが、原始美術と現代美術では、まずその技術と方法意識が問題となる。
どういう方法で作るかということが、その作品の存在意義を形作る。
その技術・方法に、思いがこめられている。と同時に、そのような技術・方法を見出したことで思いが溢れてくるとも言える。
ラスコーの動物壁画と星座、そして洞窟・・・そこにはどんな思いがあったのか。

人間は動物をかなり尊敬してきたのではないかと、私は考えている。
昔話の動物たち、キツネとかタヌキとか、みな身近な動物だが、神々だったのではないか。
そして同時に、そんな動物を食べてもいた。
アイヌのイヨマンテ(熊送り)には、そんな矛盾を解決しようという思想がある。
人間は自意識にまみれ、いつも恐怖に怯え、はげしい感情におぼれる。
動物たちの高潔さにはとても及ばない。
人間は神を食べ、神と一体化し、神のパワーをいただいてきたのかもしれない。
「神話」といわれるものは、古代の人間的な神々の話になるものが多いが、そのもともとは動物たちによるもので、今はそれが「昔話」とか「童話(子供向けの話)」と言われているような気がしてならない。
今でも遊園地やゲームなどでは動物たちが大活躍している。そのへんは中沢新一が書いている。

だから夜空に動物を見たし、それを洞窟壁画にもしたのかもしれないと思うのだ。
ラスコーでは、動物は写実的に描かれているが人間は雑に描かれている。
人間は、動物(神)になりきれていないことの恥を自覚していた。
そういうことを考えると、今回のラスコーと星の関係は興味深い。
  • URL:https://yaplog.jp/nagayamagen/archive/202
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像ボーダー
» 2017年08月03日のつぶやき (2017年08月04日)
アイコン画像長山現
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年04月04日)
アイコン画像ドテチン
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年03月15日)
アイコン画像ふーちゃん
» 2016年08月19日のつぶやき (2016年08月23日)
アイコン画像沖縄のみゆきです
» 2016年07月09日のつぶやき (2016年07月11日)
アイコン画像長山現
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年04月02日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年02月15日)
アイコン画像みゆき
» 2015年12月20日のつぶやき (2015年12月21日)
アイコン画像ピエロ
» 2015年12月06日のつぶやき (2015年12月07日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2015年11月01日のつぶやき (2015年11月02日)
Yapme!一覧
読者になる