脱国家論 S脱国家暫定政府の政策

2014年03月13日(木) 22時25分
S 脱国家暫定政府の政策

 脱国家暫定政府は、もちろん脱国家をめざす暫定政府だ。
 だから、いずれは政府そのものをなくすことが一番の公約だ。
 矛盾はしているが、突然政府不在になれば、混乱が起き、どさくさにまぎれて国は誰かに奪われてしまう可能性がある。それは避けたい。

 この暫定政府は、政権を取った瞬間になにからするべきかを考えておかなくてはならない。

 まず、武力の完全放棄を世界に宣言する。
 自衛隊(そのころはとっくに軍隊になっているかもしれない)の武器に鍵をかける。
 自衛隊は世界のレスキュー隊にしてもいい。
 他国からの侵略が心配かもしれないが、軍隊をもつ今の国家に負けなかったのなら、他国も同じだ。一時奪われても、抵抗の力はすでに大きいはずだ。
 国家を守るのでない。一人一人が自分で自分の命を守るのだ。そこに武器は必要ない。
 武力の完全放棄こそが、その後に平和をもたらす可能性を高くする。

 次に、日本銀行をいったん国有化し、メガバンクの資産を凍結する。
 天皇制を廃止する。
 核や、金融、大企業を整理、縮小、解体する。

 この暫定政府は、国の役割を小さくしていくことと、自然を回復させることが使命だ。

 新しい憲法は、ゆっくりとみんなで考える。いらないかもしれない。
 暫定政府がするべきことについては、みんなで考える必要がある。
 法律も減らしていくことができるだろう。
 エリートや専門家にはまかせない。むずかしいことはしない。

 県、市町村、地区レベルへと権限を分散させていく。
 全部田舎をめざす。都市はなくなってもいいかもしれない。
 国民皆農という考えもあるそうだ。誰も食べることには困らないという。

 権限の分散により、暫定政府は連邦制になり、やがて不要になる。
 小さい多様な自治で、人は生きていけるようになるはずだ。

 国旗はいったん虹色になる。でも、それはやがて国旗ではなくなる。
 世界中に、虹色の旗がはためくようになるからだ。
  • URL:https://yaplog.jp/nagayamagen/archive/1013
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ボーダー
» 2017年08月03日のつぶやき (2017年08月04日)
アイコン画像長山現
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年04月04日)
アイコン画像ドテチン
» 2017年03月14日のつぶやき (2017年03月15日)
アイコン画像ふーちゃん
» 2016年08月19日のつぶやき (2016年08月23日)
アイコン画像沖縄のみゆきです
» 2016年07月09日のつぶやき (2016年07月11日)
アイコン画像長山現
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年04月02日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2016年02月14日のつぶやき (2016年02月15日)
アイコン画像みゆき
» 2015年12月20日のつぶやき (2015年12月21日)
アイコン画像ピエロ
» 2015年12月06日のつぶやき (2015年12月07日)
アイコン画像善光寺クロ
» 2015年11月01日のつぶやき (2015年11月02日)
Yapme!一覧
読者になる