【不登校の子どもが本当に考えていること】まとめ

May 07 [Tue], 2019, 11:00

不登校の子どもが本当に考えていること】まとめ
フリースクールに通う子どもの声から







閲覧ありがとうございました。
今年度は、GWが10連休だったこともあり、連休明けの子どもの自殺・不登校が報道されています。
お子さんが、学校に行くのが辛そうと感じたら、不登校当事者の声を読んでみてください。そこにヒントがあるはずです。
そして、おひとりで悩まずに相談してください。

各回の内容とリンクをまとめました。


まとめ

不登校の子どもが本当に考えていること】1
〜フリースクールに通う子どもの声から〜

スタッフ帯津からの、このキャンペーンに込めた思いです。
https://yaplog.jp/nagareyama/archive/1596





不登校の子どもが本当に考えていること】2
〜フリースクールに通う子どもの声から〜

中一で不登校、不安ばかりだった…でも
新宿シューレに通う会員の、体験談と気持ちをまとめた手記です。
https://yaplog.jp/nagareyama/archive/1599






不登校の子どもが本当に考えていること】3
〜フリースクールに通う子どもの声から〜

そのとき、私自身の回復は完了したんだな、と感じました。
王子シューレOGの、シューレを旅立つときに書いてくれた手記です。
https://yaplog.jp/nagareyama/archive/1600





不登校の子どもが本当に考えていること】4
〜フリースクールに通う子どもの声から〜

いじめと学級崩壊で不登校…傷ついた気持ちが癒されたのは
流山シューレOGの、不登校になった時の体験談と、シューレを旅立つときに書いてくれた手紙をまとめました。
https://yaplog.jp/nagareyama/archive/1601


(スタッフ:はらの)


不登校経験者の話を、直にきくことのできるシンポジウムを5月25日土曜日に行います。
日時・5月25日土曜日 13:00〜16:00 (終了後に個別相談タイムがあります。)
場所・東京シューレ葛飾中学校
お問い合わせ・東京シューレ:03−5993−3135


〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

流山シューレでは
毎週火曜日をオープンデイとして
見学・相談の受け入れを行っています。
また、親の会も行っております。

ご興味のある方は
流山シューレまでご連絡ください。


〔流山シューレ〕
TEL 047-199-7141
(平日10:00〜17:00 水曜日のみ13:00〜17:00)
mail nagareyama@shure.or.jp

いじめと学級崩壊で不登校…傷が癒されたのは【不登校の子どもが本当に考えていること】4

May 06 [Mon], 2019, 10:00

不登校の子どもが本当に考えていること】4
フリースクールに通う子どもの声から








いじめと学級崩壊で不登校…傷ついた気持ちが癒されたのは



まず、私が不登校になった時のことから話します。
一度目は小学校5年生の3学期に不登校になりました。
1学期から続いていたいじめが原因です。悪口を言われたり、仲間外れにされ続けました。


そのことをずっと両親に話せず、3学期には朝になるとお腹が痛くなり学校に行けなくなりました。

2週間学校を休んでやっとお母さんにいじめにあっていたことを話しました。
お父さんも、お母さんも「もう十分にがんばったから、学校には行かなくていいよ」と言ってくれたので、とても安心しました。

でも、しばらくすると担任の先生が朝お迎えに来るようになり、5年生の終わりまで保健室登校をしていました。
最後の方は担任の先生に「迎えに来ないでください」と自分でお願いをしました。





二度目の不登校は6年生のシルバーウィーク明けです。

6年生になり、近所の学校が廃校になった関係でクラス替えがありました。
23人学級から36人学級になり、新しい友達が増えていじめもなくだろうと思い登校することに決めました。
なのに、最初からクラスは授業中も大騒ぎで授業を受けられなくなしました。


夏休みに入る前にカウンセラーの先生にこのことを相談しました。
すると「担任の先生に相談しなさい。」と言われてがっかりしました。

2学期が始まってすぐに修学旅行があり、仲良しのお友達と楽しく行ってこれました。良い思い出になりました。


シルバーウィーク中に『不登校なう』というDVDを両親が見せてくれました。

自分の無理している気持ちに気づき「シューレに行きたいなあ」と思うようになりました。

自分の気持ちを正直にお母さんに話すと「一緒に体験に行こう」と言ってくれました。
最初は「友達できるかな?」「もういじめは無いかな?」と不安でいっぱいでしたが、行ってみたらスタッフさんがやさしくしてくれて友達もたくさんいて、すぐに仲良くなれました。


友達がいっぱいできて、いじめもなくて、とても居やすい場所だなと思い入会することに決めました。




※以下は、この体験談のHさんがシューレから旅立つときに書いてくれた手紙です。

流山シューレのみんなへ

今までありがとうございました。
この半年間はあっという間でした。 
この短いあいだはとても充実していました。


特に流山シューレでの思い出は、メントスコーラとアンデルセン公園です。
メントスコーラでは、みんなでメントスを口に入れてコップに入ったコーラを口にふくむというのがとても楽しかったです。
アンデルセン公園ではヤギにふれたり、2人乗り自転車に乗ったりしたのが楽しかったです。


私は今まで、スタッフさんや会員のみんなに温かくしてくれたのがとても嬉しかったです。
感謝してもしきれないぐらい感謝しています。

本当にこの半年間はとてもお世話になりました。みんなのことを絶対に忘れません。
また3年後に戻ってくるのがとても楽しみです。
それではみなさんお元気で。


(東京シューレ流山:Hさん)


Hさんはこの春、高校生になりました。憧れだった制服をきて、学校に通っているそうです。
高校生になって忙しそうですが、
5月25日に行われるシンポジウムに、登壇してくれることになりました!
他の不登校経験者とともに、不登校のこと、フリースクールのことをお話ししてもらいます。ぜひ、聴きにきてください。
(スタッフ:はらの)


不登校経験者の話を、直にきくことのできるシンポジウムを5月25日土曜日に行います。
日時・5月25日土曜日 13:00〜16:00 (終了後に個別相談タイムがあります。)
場所・東京シューレ葛飾中学校
お問い合わせ・東京シューレ:03−5993−3135


〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

流山シューレでは
毎週火曜日をオープンデイとして
見学・相談の受け入れを行っています。
また、親の会も行っております。

ご興味のある方は
流山シューレまでご連絡ください。


〔流山シューレ〕
TEL 047-199-7141
(平日10:00〜17:00 水曜日のみ13:00〜17:00)
mail nagareyama@shure.or.jp

そのとき私自身の回復は完了したんだなと感じました 【不登校の子どもが本当に考えていること】3

May 05 [Sun], 2019, 10:00


不登校の子どもが本当に考えていること】3
フリースクールに通う子どもの声から



そのとき、私自身の回復は完了したんだな、と感じました。

<フリースクール東京シューレ:旅立祭・「旅立ちのことば」より>




親愛なるシューレへ

どこから、どんな言葉で始めればいいかわかりません。けれど、みんなには知ってほしい。

シューレという場所に、私という存在がいたということ。
シューレのことを一つのチーム、一つの家族のように感じていたこと。


(中略)
 

この数年間、多くの変化が起こりました。
良いこともあったし、悪いこともあった。

学校に行かないという選択をしただけで、すべてがめちゃくちゃになりました。

私と私の家族は、お互いの関係を維持しようと最善を尽くしたけど、学校に行くことは私の人生のすべてだったので、乗り越えるのは簡単ではありませんでした。


学校の中でできたらいいなと思い描いていた多くのことを放棄して、半年間、ほとんど家で過ごす日々が続きました。

自分をなるべく早く「正常」に戻したくて、新たな居場所を見つけるために没頭したけれど、結果的に上手くいかなかった。
今思い出しても、とてもしんどい期間でした。





回復するためには時間が必要でした。
それはシューレと出会ってから始まり、シューレに馴染み、講座やイベントに参加していく内に、私は徐々に変化していく自分に気がつきました。

「学校をやめたせいでもうできないと思っていたことが、ここでできる。自分の生きる場所、人生は一つだけじゃないんだ」

今までとは違う生き方を受け入れ、たくさん学んで発見し、成長していくためのチャンスにしようと思いました。すぐにそうできたわけではないんだよ?「すぐに、早く」を求めるほど状況は悪くなったりしました。時間はかかったけれど、周囲のひとたちの視線や言葉が、だんだん気にならなくなって、自分の心を信じることを選べるようになりました。

それは私を「自由」にさせることでした。
そのときに、私自身の回復は完了したんだな、と感じました。

それから、シューレを通して「俳優になる」という夢がみつかりました。

(中略)



そして、何よりも一番重要なことは、これまで四年間、忘れられない思い出を作ることができたこと。
ステージで発表したり、ニュース番組で、フォーマルな場で意見を発信したり、外国まで飛び出したり…!


数えきれないほどの挑戦は、シューレのみんなが私を支えてくれたから可能でした。他の場所や人たちではできなかったことだろうね。
シューレはいつも私の後ろで応援してくれました。みんなはクリエイティブで、いつも私を支持してくれて、品格があって、強くて、面白くて、二つとない大切な人たちです。


みんなと私の人生で、そしてこの旅行でシューレと一緒に成長してこれたことはかけがえのない思い出。
みんなと出会えてとても幸福でした。


素晴らしいサポートを私にしてくれて、私が愛することを応援してくれた、私がやることを愛してくれたシューレの仲間たち、スタッフ、サポートスタッフ、ボランティア、シューレで出会ったすべての人たちにはいつもいつも感謝しています。めちゃくちゃお世話になりました。

愛を込めて

(東京シューレ王子 Tさん)
東京・不登校を考える会通信 Vol.335より



シューレの卒業式である、旅立ち祭に向けて王子シューレのTさんが書いてくれた手記です。
原文はもっと長く、思いがたくさん詰まったものでした。(ブログに載せるにあたって、泣く泣く中略させていただきました。)
「自分の生きる場所は一つじゃない」という、Tさんの力強いことばを、今苦しんでいる子どもたちにも伝えたいですね。
(スタッフ:はらの)



不登校経験者の話を、直にきくことのできるシンポジウムを5月25日土曜日に行います。
日時・5月25日土曜日 13:00〜16:00 (終了後に個別相談タイムがあります。)
場所・東京シューレ葛飾中学校
お問い合わせ・東京シューレ:03−5993−3135



〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

流山シューレでは
毎週火曜日をオープンデイとして
見学・相談の受け入れを行っています。
また、親の会も行っております。

ご興味のある方は
流山シューレまでご連絡ください。


〔流山シューレ〕
TEL 047-199-7141
(平日10:00〜17:00 水曜日のみ13:00〜17:00)
mail nagareyama@shure.or.jp


中一で不登校、不安ばかりだった…でも 【不登校の子どもが本当に考えていること】2

May 04 [Sat], 2019, 10:00
不登校の子どもが本当に考えていること】2
フリースクールに通う子どもの声から





中一で不登校、不安ばかりだった…でも



僕が学校へ行かなくなったのは中学校一年生の夏休み明けです。

最初は自分はこの先、生きていけるのか、など不安ばかりでした。

外に出れば周りの視線がすべて自分に向けられ、周りにいるすべての人が自分の悪口を言っているようなそんな気持ちでした。

ですが、しばらく学校へ行かない生活を過ごしていると自分の中で必ず学校へ行かなければいけないと思う気持ちがなくなり、学校へ行かない、ということに罪悪感が全く無くなりました


皆が学校へ行っている間に自分の好きなことを学ぼうと思えるようになりました。
普段あまり観ない映画を観たり、自転車で遠くへ行ってみたり、普通に学校へ行っていれば出来ない経験を沢山しました。





そして新宿シューレに行き、様々な話を聞き、沢山の人と交流し、それまで触れたことの無い世界に触れ、色々な意見を知りました。

学校へ行かなくなった時に自分は、失敗した、と思っていました。

ですが今は学校へ行かなかったことは、成功だと思っています。

なぜなら、ただ学校へ行き、ただ過ごしているよりも、とても将来に役立つ勉強をしたと思っています。
最後に不登校になってから学んだ二つの教訓です。

「人生、生きていればどうにかなる」と「逃げることは恥じゃない」です。

絶体絶命の状況は逃げて、生き延びれば、必ずどうにかなる、これが僕の学んだ事です。      

(東京シューレ新宿・Kさん)
東京・不登校を考える親の会通信 Vol.332より





不登校になった子どもがまず感じるのは、多くの場合「失敗した」「この先生きて行けるのか」「周囲の目が怖い」などの、不安な気持ちです。

ですが、その不安な気持ちや罪悪感さえなくなってしまえば、とっても豊かな毎日を送れるんですね。
(スタッフ:はらの)


不登校経験者の話を、直にきくことのできるシンポジウムを5月25日土曜日に行います。
日時・5月25日土曜日 13:00〜16:00 (終了後に個別相談タイムがあります。)
場所・東京シューレ葛飾中学校
お問い合わせ・東京シューレ:03−5993−3135


〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

流山シューレでは
毎週火曜日をオープンデイとして
見学・相談の受け入れを行っています。
また、親の会も行っております。

ご興味のある方は
流山シューレまでご連絡ください。


〔流山シューレ〕
TEL 047-199-7141
(平日10:00〜17:00 水曜日のみ13:00〜17:00)
mail nagareyama@shure.or.jp

【不登校の子どもが本当に考えていること】1

May 03 [Fri], 2019, 10:00

不登校の子どもが本当に考えていること】
フリースクールに通う子どもの声から







子どもが不登校になった(なりそうな)時、知りたいのは子どもの気持ち。

「どうして?何があったの?何をしてほしいの?、、、」
そんな時、当時者に聞いてもほとんどの場合意味がありません。

きっと本人も自分の気持ちにぴったりする言葉が見つからないのです。


不登校の相談をすると「子どもの『今』を受け止めて暖かい目で見守りましょう。」と言われることが多いですよね。(これはこれで正解ですが、、、)


だがしかし『今』が知りたくなるのは自然なこと。
そんな時は、不登校経験者の話を聞くのが一番ですよ。





ゴールデンウィーク中に、ブログで子どもの声をご紹介するキャンペーンを行います。
全4回の予定です。

ゴールデンウィーク明けに学校に行くか心配…。という方に、ぜひ読んでいただきたい連載です。


〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

流山シューレでは
毎週火曜日をオープンデイとして
見学・相談の受け入れを行っています。
また、親の会も行っております。

ご興味のある方は
流山シューレまでご連絡ください。


〔流山シューレ〕
TEL 047-199-7141
(平日10:00〜17:00 水曜日のみ13:00〜17:00)
mail nagareyama@shure.or.jp

【親の会】6月6日木曜日に流山不登校を考える会を行います

April 25 [Thu], 2019, 10:00

流山 不登校を考える会



不登校について学びあう「親の会」を行います。
お子さんの不登校について悩んでいること、疑問に思うこと、困っていることをお話してもいいですし、他の方のお話を聞いてみるだけでも構いません。

毎回、6〜10程度の保護者の方が参加されている小さな会です。
小学生〜中学生年齢のお子さんの方が多めです。

もちろん、お子さんの年齢が20歳以上のご家庭も、参加していただけます。
ぜひ一度足をお運びください。お子さんが過ごす場所もあります。

東京シューレ代表の奥地圭子が来ることもあります。

※流山シューレ会員の方に限らず、どなたでもご参加いただけます。

〜詳細〜
◇日時6月6日(木)午後4時〜6時

◇参加費:500円(一回) 
   年間パスポート:3000円(一年間)

◇会場:フリースクール東京シューレ流山
住所:千葉県流山市西初石3丁目103−5 グローリアビル初石U 401
アクセス:初石駅(東武野田線)から徒歩1分
初石駅を出て左手、東武マインの駐車場まで来て
駐車場横の細い道を道なりに直進しますと
最初のビルがグローリアビルUです。
エレベーターで4階まで上がってください。




◇お問い合わせ
〔流山シューレ〕
TEL 047-199-7141
(平日10:00〜17:00 水曜日のみ13:00〜17:00)
mail nagareyama@shure.or.jp




※「不登校の親の会ってどういうところ?行ったことないから、なんだか不安…。」という方は、ブログ記事「不登校になったら親はどうしたらいいの?」
をお読みください。 
親の会への参加の仕方、どんな雰囲気か、などを詳しく載せています。

フリースクールの交流会! (4月19日の日記)

April 22 [Mon], 2019, 18:00
千葉県フリースクール等ネットワーク
交流会をしたよ
柏市のゆうび小さな学園さん
習志野市とネモネットさん
流山市の流山シューレ

たっぷり遊んだよ

この日のゲスト、声優さんのオッティモちゃん(中心)と
やまこちゃん(左)と記念写真



オッティモちゃんの素顔はやさしいお姉さん

占いもしてくれたんだよ
みんなの悩みを受け止めてくれました


午後にはゆうびの体育館で
一緒にバスケットボールも

やろうーって言ったらなんでもやってくれた
そのほか、トランプの手品とかアフレコ体験も
やってくれて、大人気だったよ



スマブラはこっちでやってね〜と案内された

白い扉の向こうは


素敵なバーカウンター

マスターが、オリジナルカクテル(ノンアルコール)を
出してくれたよ


これはザクロシロップとジンジャーエールを合わせた

オリジナルカクテル「シャーリーテンプル」


無料で、おいしいジュースが飲み放題だったから

すごい行列
マスターお疲れ様です


お昼ご飯はゆうびの皆さんが作ってくれたカレー

唐揚げまであってさいこー

ネモの会員のお皿

超おおもり




真剣勝負のバスケも

多人数でやってて
すごい熱気


普段あまりスポーツをやらない子も

なんだかノリでわいわい参加できたね



こちらは外で

焚き火の準備〜

燃えてる〜



ゆうびさんのグラウンドで
ネモさんの焚き火道具を使って



シューレが買ってきたマシュマロを焼く

そして焚き火を囲んでおしゃべりしながら
マシュマロとかチーズを食べてると
誰がどこのフリースクールとか関係なくなって
なんかよくわからないけど
仲良くなる〜
不思議〜


最後に、次回もまた交流会やりたいかい?
ときいたらみんな手をあげてたね



千葉県のフリースクール・オルタナティブスクール同士で
もっと、おもしろくてわくわくすることできたらいいですね

ゆうびさん、ネモさん、そして、オッティモちゃんとやまこちゃん
本当にありがとうございました



スタッフ:はらのより
〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

流山シューレでは
毎週火曜日をオープンデイとして
見学・相談の受け入れを行っています。
また、親の会も行っております。

ご興味のある方は
流山シューレまでご連絡ください。


〔流山シューレ〕
TEL 047-199-7141
(平日10:00〜17:00 水曜日のみ13:00〜17:00)
mail nagareyama@shure.or.jp

清水公園! (4月11日の日記)

April 17 [Wed], 2019, 10:00
先週の木曜日は
清水公園に行ってきたよ

桜の下でお花見もしたよ

東武野田線(アーバンパークライン)で
初石駅から20分くらいの所にある大きな公園で
アスレチックが有名なんだ



アスレチックがオープンするまで待っている間

桜のきれいな広場で
インディアカで遊んだんだ


バレーボールみたいに打つのは難しくて

中等部の男子たちが編み出したのが
キャッチボール


ものすごく真っすぐよく飛んで

しかもキャッチしやすいから
楽しくて


おなかペコペコになるまでやったね



そのまま桜の広場でお弁当タイム

初等部の女の子のお弁当
かわいい〜


風で折れた枝を見つけた少年が

ニコニコしながら近寄ってきて


邪魔や




お昼を食べたらアスレチックへ

平日の昼間だから、ほぼ貸し切り状態
のびのび走り回れて最高だったね〜


お目当ては水上コース

つり橋をみんなで渡って
「おい揺らすなよー

ボートを引っ張って



二人で同時にじゃぶーん

濡れたー!とか俺は濡れてない〜!とか
言い合いながら

みんな運動神経が良いのもあり、
少し寒かったのもあり




水上コースでも誰も濡れずにクリアできたね



不登校の子だって
体を動かすのが
大好きな子はたくさんいるんですよ

運動好きな会員が集まると
スタッフの体力のほうが先に限界を迎えるのでした〜


スタッフ:はらのより

〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

流山シューレでは
毎週火曜日をオープンデイとして
見学・相談の受け入れを行っています。
また、親の会も行っております。

ご興味のある方は
流山シューレまでご連絡ください。


〔流山シューレ〕
TEL 047-199-7141
(平日10:00〜17:00 水曜日のみ13:00〜17:00)
mail nagareyama@shure.or.jp

大そうじとおさめ会 (3月22日の日記)

March 25 [Mon], 2019, 18:00
流山シューレは春休みに入ったよ〜
シューレの学期最後は、終業式じゃなくて
「おさめ会」

ジュースでかんぱーい


この日は朝から大そうじ
そうじする場所を書き出して
みんなやりたいところを自分で選んで
手分けしてやっていくよ

玄関とくつ箱
シューレの入ってる建物の
グローリアビルUの階段も全部やったね

普段やらないところも

ぞうきんで拭いていく〜


そして流山シューレ恒例になってるのが

ぞうきんがけレース


一番広いリビングのフローリングを
ぞうきんがけレースでキレイにしていく

スタート



ゴール

3、4回戦もすると床がピカピカ〜



楽しかったね




そうじのあとはおさめ会準備

行きたい人でお菓子とジュースを買いに行ったよ



みんなでテーブルを囲んで

かんぱいのあいさつ中〜


かんぱーい

最後の日もわいわいしてたね〜


3月は区切りの季節
小学生から中学生になる人
中学生から高校生になる人も
流山シューレにはいるけど

今年は、4月からもあんまりメンバーが変わらず
続いていきそうです


流山シューレは春休みに入っています
ご連絡は、王子本部の方にいただけますよう
お願いいたします




スタッフ:はらのより

〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

流山シューレでは
毎週火曜日をオープンデイとして
見学・相談の受け入れを行っています。
また、親の会も行っております。

ご興味のある方は
流山シューレまでご連絡ください。


〔流山シューレ〕
TEL 047-199-7141
(平日10:00〜17:00 水曜日のみ13:00〜17:00)
mail nagareyama@shure.or.jp

サンリオピューロランド! (3月7日の日記)

March 15 [Fri], 2019, 13:00
サンリオピューロランドに行ったよ
シナモンの車ー


中等部の女の子が
「シナモンと一緒に写真撮りたい
ということで提案したら
他にも何人が乗り気になって



行きましたー

雨降りで寒かったけど
ピューロランドは屋内テーマパークだから
中はあたたか〜い



入ったら早速キティちゃんが

他にもフォトスポットがいっぱいで
ツイッターとかインスタ用に
たくさん写真撮ったね



お昼ご飯〜



ぐでたまが乗ってる



キャラクターとも写真を撮ったよ

バッドばつ丸
やさしかったね


シナモンと写真を撮りたかった子も
たまたま出てきたシナモンと撮れて大満足


多摩センター駅のエレベーター

駅もサンリオづくしで
帰りもテンション上がったね



何人かで買ってつけてたカチューシャを
シューレに持っていったよ

ポムポムプリンのカチューシャ


行かなかった人たちも

かぶって遊んで
サンリオ気分だったね



テーマパークって一人で行くのは
勇気がいるよね
中高生になってくると
親の人と一緒に行くのが恥ずかしく感じる人も…

でも仲間内で声をかけてみたら
意外と行きたい人が何人もいて

わいわい遊びに行けてよかったね




スタッフ:はらのより
〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

流山シューレでは
毎週火曜日をオープンデイとして
見学・相談の受け入れを行っています。
また、親の会も行っております。

ご興味のある方は
流山シューレまでご連絡ください。


〔流山シューレ〕
TEL 047-199-7141
(平日10:00〜17:00 水曜日のみ13:00〜17:00)
mail nagareyama@shure.or.jp