HAPPY BIRTHDAY 渡辺謙

February 07 [Thu], 2008, 0:12
渡辺 謙(わたなべ けん、1959年10月21日〜)は、日本の俳優。

所属事務所は演劇集団 円を経て2002年よりケイダッシュ。

ハリウッドでの代理はエンデヴァー・タレント・エージェンシーが担当。

身長184cm、体重80kg。

血液型はA型。

「謙」の名は出身県である越後の戦国武将、上杉謙信に因む。

日本国内・海外双方において映画を中心にテレビドラマ、舞台、テレビ

コマーシャルと幅広く活躍。

2007年現在、生存している日本人で世界的に最も知名度の高い俳優の一人。


■上京からデビューまで
新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身。
新潟県北魚沼郡広神村(現、魚沼市)にて共に教師をしていた両親の元に生まれる。
両親の転勤で幼少期を入広瀬村、守門村(ともに現、魚沼市)、高田市(現、上越市)で過ごす。
新潟県立小出高等学校在学時には吹奏楽部に所属し幼少のころから親しんできたトランペットを担当。
高校卒業後の1978年、音楽大学進学を目指し上京。
しかし正規の音楽教育は受けておらず、また渡辺が中学生の時、実父が病に倒れ仕事が出来なくなったこともあり学費捻出の困難などの問題から断念。
劇団ひまわりに入団するも、カリキュラムの問題から退団した。
同劇団の広告に「出身者」として渡辺の名が挙げられているが実際に在籍したのは3ヶ月ほどである。

劇団ひまわり退団後の1978年、芥川比呂志演出による演劇集団 円公演『夜叉ヶ池』を観劇して感銘を受け、翌年に同劇団附属の研究所に入所。
研究生ながら蜷川幸雄演出の『下谷万年町物語』で主人公の青年役オーディションに合格したことは大きな話題となった。
後年、多くの演劇・テレビ・映画関係者達が、かなり早い段階から渡辺の才能に目を付けていたと語っている。

1982年、演劇集団 円の劇団員に昇格し、『未知なる反乱』でテレビデビューを果たすと、1984年には『瀬戸内少年野球団』でスクリーンデビュー。
その後も『タンポポ』、『海と毒薬』などの映画に相次いで準主役級で出演。1986年のNHK朝の連続テレビ小説『はね駒』でお茶の間にもその名が知られるようになった。


■『独眼竜政宗』と闘病
1987年のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で主役の伊達政宗を演じ、39.7%という大河ドラマ史上最高の平均視聴率を獲得。
卓越した演技力と存在感に加え、容姿と日本人離れした体躯にも恵まれた彼は一躍全国的な人気を獲得、一気にスターダムにのし上がる。

以降、舞台・テレビドラマなどで次々と大役を演じ、前途洋々に見えた1989年、映画初主演となるはずであった『天と地と』の撮影中に急性骨髄性白血病を発症し降板。
再起はおろか生命も危ぶまれたが、約1年の闘病の後、治療を続けながらも俳優業に復帰。
定期的に入院治療を続けながら、単発TVドラマ作品を中心に活動するが、大きな仕事は出来なかった。
経過は良好に見え、一応治療が終了した1993年、NHK大河ドラマ『炎立つ』に再び主演、完全復活をアピール。
しかし発病から5年経過し完治したとみなして良いと思われた矢先の1994年に再発。
だが再治療の経過は良好で、翌年無事復帰を果たす。


■方向性の模索
病気再発を経て再復帰した時期と前後して、初の本格的娯楽時代劇シリーズドラマ『御家人斬九郎』、2時間ドラマでは『わが町』『鍵師』などが当たり役となりシリーズ化されたが、渡辺はあまりにも強烈な「政宗」のイメージと、俳優としての評価以前にまず病気のことを持ち出されることなどに悩んでいたという。
三十代の終わりを機にこれらの人気シリーズを全て終了させるとともに、従来彼のイメージにはなかった悪役・ダメ男役・格好悪い役柄などを積極的に演じるようになる。
2000年には、『池袋ウエストゲートパーク』に出演。
体当たりな役柄であったが若年層からの支持を得ることが出来た。
2001年、久々に「演劇集団 円」の公演『永遠 Part2』で舞台に立つが、これが結局「円」での最後の舞台となった。
2002年元日をもって演劇集団 円を退団、所属をケイダッシュに移す。


■海外進出と映画初主演
海外映画初出演となった2003年公開の映画『ラストサムライ』での演技が各方面から多大な評価を受け同年度の第76回アカデミー助演男優賞ならびにゴールデングローブ助演男優賞にノミネート。
これを機に現在はロサンゼルスに居を構え、『バットマン ビギンズ』や『SAYURI』など海外映画に立て続けに出演。
当初通訳を要していた英会話に関しても猛勉強の末現在では殆どの会話を自らこなしている(現地での生活ぶりや英語学習の様子は「AERA English」に掲載中)。
2005年には米国のTIME誌の表紙にグラビアが掲載されたりピープル誌が企画する「最もセクシーな外国人男性」に選出されたりするなど、現在米国における知名度が最も高い日本人俳優の一人である。

日本映画では2006年に荻原浩の小説『明日の記憶』映画化作品で映画初主演を果たす。
同作品の映画化に当たっては各映画会社の駆け引きがあり、渡辺を含む複数の日本を代表する大物俳優達が候補に挙がったが、自らも闘病経験があり原作に人一倍の共感を持てた渡辺が荻原に映画化を熱望する旨の手紙を直接送付したことで(荻原は最初誰かの悪戯だと思ったが、紛れもなく渡辺本人からのものだと知り仰天したという)、渡辺の主演で映画化された。
白血病の発症以降、患者役や医療関係者役、難病を扱った作品は避けてきたが、若年性のアルツハイマー病に冒されていく主人公を好演。
また、映画公開と同じ時期に発表した自らの著書『誰?―WHO AM I?』で、かつて白血病の治療中頻繁に受けた輸血(主に血小板輸血)が原因でC型肝炎ウィルスに感染し、『明日の記憶』の撮影はその治療の副作用に悩まされながら敢行していた事を告白。
幸いにも、現在は急性骨髄性白血病・C型肝炎ウィルス感染ともに問題のない良好な状態を保っているという。
さらにこの作品で初めてエグゼクティブ・プロデューサーを兼任。
映画の普及とアルツハイマー病への理解を促進するため全国各地を奔走した。(ただし渡辺本人は「自分はプロデューサーというよりも『イントロデューサー(紹介者)』である」と述べている)

2006年にはクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に栗林忠道役で海外映画初主演。
他の主要日本人キャストはオーディションの末選出されたが、渡辺のみ監督から直接出演要請があった。
外国語映画賞を受賞したゴールデングローブ賞の授賞式において壇上のクリント・イーストウッド監督は「偉大なるケン・ワタナベに敬意を表したい」と渡辺に言葉を贈った。

かつては早川雪洲、上山草人、マコ岩松、ナンシー梅木、高美以子、谷洋子、岡田英次、丹波哲郎、高倉健、三橋達也、山村聡、若山富三郎、浜美枝といった日本人俳優が海外の映画を彩ってきたが、松田優作の夭折や三船敏郎の逝去により長らくハリウッド俳優と呼べる日本人の存在が途絶えてきた。
近年、渡辺の他にも真田広之・役所広司といった日本を代表する俳優も海外作品に相次いで出演しており、新たな日本製ハリウッドスターの誕生が期待されているが、渡辺が海外において独自の地位を確立しつつあることがその大きな契機となっているとの見方も多い。

次回作として、ヒュー・ジャックマン主演『Wolverine』で、シルバーサムライ役などが予定されている。

2007年2月25日(日本時間26日)、第79回アカデミー賞授賞式に出席し、世界的に有名なフランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴと2人で非英語圏俳優代表として舞台に立ち、賞が設定されて50周年を迎えた外国語映画賞の歴史を紹介した。


■私生活その他小知識
1983年に結婚した前夫人とは2年に及ぶ調停の末、2005年の3月に離婚。時を同じくしてサスペンスドラマの共演を機に知り合った女優の南果歩と本格的に交際を開始し同年12月3日に再婚。
二人の交際に関しては日本の芸能マスコミもノーマークで、AP通信配信の写真で渡辺が映画『SAYURI』のニューヨークプレミアに同伴した「未確認ゲスト」の女性が南と判明すると同時に二人の結婚が公表され、世間を驚かせた。
前妻との間に儲けた第1子(長男)の渡辺大は俳優として、第2子(長女)の杏はファッションモデルとして活躍している。
また、南が前夫の辻仁成との間に儲けた1子(男子)とも養子縁組している。

趣味は乗馬や料理など多岐にわたる。
無類の蕎麦好きでテレビ番組に出演した際、十割蕎麦を「ケレン」と評するほどのこだわりを持つ。
スポーツではラグビーの神戸製鋼、プロ野球の阪神タイガースのファンとして知られる。
特に阪神タイガースに関しては熱狂的なファンであり、阪神の試合結果はハリウッドに活動拠点を移した現在でもインターネットなどで随時情報収集しており、渡辺自身も多忙な中、2005年9月19日と9月20日には阪神甲子園球場に駆けつけ、阪神×中日戦を観戦。
20日には関西ローカルの独立UHF局のナイター中継『サンテレビボックス席』に5回までゲスト出演した。

かつて京都などで多くの仕事をしていた経験上、関西弁が堪能である。関西ローカルのテレビ番組に出演すると、常に関西弁を話すわけではないが、言葉の端々で流暢な関西弁が出てくる。
特に東日本出身者によく見られる、言い回しだけは関西弁でアクセントは全く違うといった聞き苦しさを感じさせることはほとんどない。

上記のアカデミー賞のプレゼンターを一緒に務めたカトリーヌ・ドヌーヴが、約2週間後の3月13日に「フランス映画祭2007」の代表団長として来日。
東京・港区のフランス大使館での記者会見の時に渡辺の印象について聞かれ、「彼の英語は素晴らしいと思った。非常に才能があって、すてきな方ですね。」と語った。

高校卒業後に上京した際、飲食店でアルバイトを始めたが、そこで初めて「サワークリーム」というものに出会った。
「生クリームが傷んでいる!」と思ったそうである。


オメデトウございます!!

これからも、頑張って下さいね!!
  • URL:https://yaplog.jp/naerpi1921/archive/29
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naerpi1921
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像url
» 大群〜 (2011年08月06日)
アイコン画像KAMI
» 大群〜 (2008年10月22日)
アイコン画像ヨシオ
» 大群〜 (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 大群〜 (2008年10月14日)
アイコン画像猫男爵
» 大群〜 (2008年10月09日)
アイコン画像チャーリー
» 大群〜 (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» 大群〜 (2008年09月26日)
アイコン画像ikumi
» 大群〜 (2008年09月20日)
アイコン画像MASA
» 大群〜 (2008年09月17日)
アイコン画像まーくん
» 大群〜 (2008年04月17日)
Yapme!一覧
読者になる