『流星』の海岸〜上長沙泳灘

2010年07月27日(火) 23時11分
以前から行ってみたかった、流星の海岸。 ひとりで行くには遠すぎて、何故か心細く後回しにしていたのだが、やっと念願が叶った。(流星の海岸とは、レスリー・チャンの映画『流星』の中で、レスリーが子役のミンと遊んだ海岸。^^)

まずは、場所を詳しく教えて下さった、先輩迷のYさんに多謝! Yさんのアドバイスがなかったら、きっと、とんでもない目に合っていたと思う。

『流星』の主なロケ地は、パンフレットに載っている。ミンと遊んだ海岸も載っていたので、「行けばわかるわ〜」とたかをくくってた。でも、上(かみ)と下(しも)で、こんなに違うなんて。。。

長沙ビーチは、香港で一番長い距離の海岸だそうだ。パンフを信用して下長沙で降りてしまったら、映画に出て来る海岸には辿り着かない。(ま、根気よく歩き続けたら、いずれは辿り着くけれど・・)

私達は先にヨットクラブへ行ったので、まずクラブ専用バスで愉景灣へ戻った。最初の予定ではクラブから直接、あるいは愉景灣からタクシーに乗ろうと思っていたが、環境保護地区なのでタクシーがない。タクシーを拾う為に、愉景灣からバスで東涌(ドンチョン)へ向かった。タクシーで東涌から上長沙までは、約20分位(だったと思う)。山の中をどんどん走るのだが、日本に比べて料金が格段に安い。「いくらだった?」と聞かれても全く覚えてないが、とにかく安いっ!(後で、会計担当だった同行者に聞いておこう)  


MTR東涌駅構内

運転手さんに、漢字で地名を書いたメモと地図を見せたので安心していたら、それでもあやうく、下長沙へ連れて行かれそうになった。下長沙の方が一般的な観光地なのだ。「下長沙」と書いた標識に沿って左へ曲がりそうになったので、「違う、違う!上なの上!」と3人で喚いて?(笑)、なんとか無事に上長沙まで行った。上長沙は下長沙から、まだまだ先だった。タクシーに乗ってても、「え〜、まだなの?」とすごく長く感じたから、これを歩けと言われたら、「今回は諦めます」と言ってしまいそう。^^


流星の海岸(上泳灘・長沙ビ−チ)






一番目印にしていた大きな岩は、潮の満ち引きの関係で確認できなかったが、でも、でも、間違いなくここだった! Yさん、ありがとう! 今度来た時は、レスリーやミンのように裸足になって、海岸で遊びたいと思った。 遊ぶぞ!?

帰り道、せっかくだから?下長沙にも寄って来た。上長沙から下長沙へはバスに乗って行った。 バスが思ってたより頻繁に走っていたし、タクシーも下長沙からなら簡単に拾えた。週末だったせいかな? ビーチに止まっていたタクシーで梅窩(ムイウォ)に行き、梅窩からフェリーに乗って中環まで帰って来た。
 
かなり疲れていたが、その後MTRで上環に行き、レスリーが好きだったという「雪花梅」を買いに『王榮記』に寄った。時間があれば必ずここに寄り、レス友さん達のお土産にしている。梅干しのお菓子なのに、何故か(って、レスリーが好きだったからに決まってるけど^^)海外のレス友さんにも好評なのだ。同行のふたりはこの後もショッピングを楽しむそうだが、私は一足早くホテルへ戻ることにした。(歳には勝てない!?) 

今夜は「中国會」での食事。汗を流して、お洒落しなくちゃ〜

その前に私は、一眠りも必要だったので・・。
つづく・・

★海岸への行き方
 ・新界(及び九龍・香港島)方面からMTR東涌駅下車  東涌からバスで「梅窩」へ行き、塘福行きバスに乗り換えて「上長沙泳灘」下車
 ・中環埠頭からフェリーで梅窩下船  塘福行きバスに乗って「上長沙泳灘」下車 (時間があればバスに乗るのもいいが、梅窩からはタクシーがお薦め。東涌からでも2人以上ならタクシーが便利。バスの時間を待たなくていいので・・)

★「雪花梅」の画像 過去記事→2008年9月18日
  • URL:https://yaplog.jp/mylove_55/archive/707
2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛 猫
読者になる
You are what you are.
張國榮(Leslie Cheung)1956年9月12日生 歌手・映画俳優(香港出身)  愛称:哥哥(gorgor)
レスリー・チャンとはこんな人
がんの子供を守る会
P R
From Now On
素材リンク
Invest in the Future!
オンライン寄付サイト Give One
ホームレスが売る雑誌
https://yaplog.jp/mylove_55/index1_0.rdf