A Yacht Club in Discovery Bay

2010年07月16日(金) 1時06分
埠頭前のバスターミナルから、ヨットクラブ行き専用のバスに乗った。



乗っているのは欧米人がほとんど。みんな地元の人達っぽくて、いかにも観光客は私達だけだ。5分程で目的地に着く。バス代はHK$4?位。

クラブの受付で長沙ビーチへの行き方と愉景灣へ戻るバスの時間を聞き、いよいよヨットクラブ内探検に出発!^^


ヨットクラブは広い! 土曜日だったが人影はほとんどなく、時折り豪華なクルーザーの中から、持ち主らしい人が出て来る。すれ違い際に目が合うと、にっこりしてくれる。大昔に一度だけ行ったことのある、オーストラリアのヨットハーバーに来てるような錯覚を覚えた。 



 



この辺の桟橋は床板が『流星』の頃と同じ感じ。 
 





でも、撮影に使われたE1やF28の桟橋は新しく張り替えられていた。
 



さすがに、レスリーが友人から借りて撮影に使ったという、クルーザー「M」は停泊していなかった。もう10年以上も前の話だもんね。あのクルーザーは、今、どこに停泊してるんだろう? 見る影もないのかなぁ?

帰り際に、ここはメンバー制のクラブで、本来なら勝手には入れないことに気づく。(遅いっ!) 「部外者はクラブメンバーの紹介がなければ入れません」というメッセージボードがあったのだ。全然気が付かなかった。正直、「ここ迄来て入れなかったらどうしよう?」なんて心配は、全くしてなかった。たまたま運が良かったんだろうか? それとも、メンバー制だけど見学はいつでも自由ってこと?

それにしても、無知とは恐ろしい。。。 (私のことです〜

  • URL:https://yaplog.jp/mylove_55/archive/702
2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛 猫
読者になる
You are what you are.
張國榮(Leslie Cheung)1956年9月12日生 歌手・映画俳優(香港出身)  愛称:哥哥(gorgor)
レスリー・チャンとはこんな人
がんの子供を守る会
P R
From Now On
素材リンク
Invest in the Future!
オンライン寄付サイト Give One
ホームレスが売る雑誌
https://yaplog.jp/mylove_55/index1_0.rdf