その笑顔のためなら何だってできるだろう

September 16 [Tue], 2008, 16:22
今日も更新だぁぁぁ











JEWELだー


めっちゃ疑問なんやけど、この曲ってアルバム挿入歌やけど、
なんでシングルカットせんかったんやろもったいないなぁ







PV
とにかく余すところなく豪華なんよねぇ
ダイアモンド3億円分つかったんやっけね、確か
目の中にも映るようにしててッッすごいねッッさすがayuや
宝石使うことで、この曲の繊細さあらわれとるね
No way to sayみたくケモケモのコート着てるん



ケモケモやのに、シュッとしとる感じがええね
シュッとしてるいうんは、お腹らへんとかはキュッてなってるところ。









歌詞
まず出だしやろ
「灰色の四角い空」って
すごい例えだね!と思ったんだよ
空に「四角」って制限するようなカタチつけることで、
自分は狭い社会の中で生きてる息苦しさみたいなね
すごい想像力やぁ(笑)

なんか歌詞よんで思ったことは、
主人公の女は受け身みたいなね見守る派みたいな
行動派ではないと感じた。
「僕は息をひそめて見ていた」
「ひとり感じていた」
「僕にもわけてくれるといいな」とか。うん。

好きなら起こせばいいのにね
見守る方がいいんだって。
涙さえ感じるよ(´A`。)
自分の意思があるんだろうけど、嬉しさではないよね。
切なさのあまり、でも自分は幸せで...みたいな
涙流しながら微笑み浮かべて寝顔みてんでしょ。

何おもってるんだろう。(p´I `;*)。o○

あと、すっごい気になるのは
「僕の中で何かがそっと強く確かに
変わっていくことをひとり感じていた」
何がかわったんだろーう

最後の方でなんとなく推測できることは、
「僕の胸の奥の傷あと」→主人公の女、傷ついている
「もしも君が深い悲しみに出会ったら」→想い人は悲しくない
これって、切ないよね。
傷ついてることも言わないつもりだよ、この女。
せつないで。あんた。



写真はる〜

 
 

  • URL:https://yaplog.jp/myally21/archive/105