外相、防衛相とも中国に不快感 中国艦載ヘリの海自艦への異常接近で再抗議(産経新聞)

April 27 [Tue], 2010, 23:20
 中国海軍の艦載ヘリコプターが2度にわたり海上自衛隊の護衛艦に異常接近した問題をめぐり、岡田克也外相は23日の記者会見で、「必要な防衛措置だ」とする中国政府に対して、「日本側は必要な監視行為を行っていた(だけだ)。危険なことでもなければ、法に違反することでもない。中国側の説明に、われわれは必ずしも納得していない」と不快感を表明した。日本政府は同日までに中国側へ再度抗議した。

 防衛省などによると、中国政府は22日夕、これまでの日本政府の抗議に対し、「日本の警戒監視活動に対する必要な防衛処置をとった」との反論を北京の日本大使館に伝えた。日本政府は「わが方の活動は正常な行為だ」と反論、改めて抗議し、再発防止を求めた。

 中国艦艇10隻は7日から9日まで東シナ海で演習を実施。10日に沖縄本島と宮古島の間を南下し、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)西方海域で活動していた。この間、中国の艦載ヘリが8日と21日の2回、監視中の海自護衛艦の約90メートルまで接近した。日本政府は「安全航行上、危険な行為だ」として抗議していた。

 北沢俊美防衛相も23日午前の記者会見で、「両国の良好な関係を阻害する。お互い偶発的なことが起きないように対応しないといけない」と述べた。

【関連記事】
中国政府の正当化、防衛相が再抗議 護衛艦へのヘリ近接飛行「極めて危険」
中国艦艇10隻、帰投か 防衛省発表 沖縄通過、東シナ海へ
中国ヘリ異常接近 危険な挑発行為非難する
「公海上の恒例の訓練」中国外務省 中国紙は「日本は神経質」
中国艦艇 沖ノ鳥島近海で活動継続 自民党、発表遅れを追及 

HPVワクチン接種者の平均年齢は31.4歳(医療介護CBニュース)
<金沢切断遺体>飯沼容疑者を再逮捕 殺意は否認(毎日新聞)
高速新料金制を再検討=異論続出で−政府・民主(時事通信)
<事業仕分け>ロック歌手の内田裕也さん 抗議の紙を掲げる(毎日新聞)
「商品に毒物」、ローソン恐喝=現金受け取りに来ず−警視庁(時事通信)
  • URL:https://yaplog.jp/mx6wxen1ey/archive/135
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。