事務所開設しました❗

January 15 [Tue], 2019, 16:33
1月12日、金子むつみ事務所が開設されました。
鮮やかな色が目立つ事務所になりました。気分も上々です


事務所開きは雨の予報でしたが、みごとに雨雲を吹き飛ばし、快晴の青空が広がりました。良かった〜
たくさんの方にお越しいただき、激励の言葉も数々。お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。イスが不足し、急きょ地区委員会の事務所に走りイスを調達しました。それでも足りずに立ち見の方も。皆さんにはご迷惑をおかけしました。
  
皆さんの激励が嬉しく少し涙もでてしまいましたが、最高の出発となりました。
今回のオープニングはTさんご夫妻の楽器演奏。夫さんがギター、妻さんが篠笛のアンサンブル演奏。素敵な音色でうっとり。曲の紹介もせずにいきなりだったので、Tさんが後から「緊張してたから曲名も言わずにやっちゃったね〜」といわれていました。でも、かえってそのほうがしっとりと始まって良かったかもです。Tさんご夫妻、ご無理言いましてありがとうございます。
そして、エンディングは「戦争法廃止を求める19日行動」でご一緒しているIさんから、「辺野古許すまじ(原爆許すまじの替え歌)」を披露していただきました。この方は19日行動には毎回参加され、ご自分で「沖縄辺野古基地を作らせない!」と自分で書いた横幕を持って、街頭で一人でスタンディングをされている方です。それはそれはパワフルな方。年齢を感じさせない声量と、沖縄への強い思いがビンビン伝わってきます。SNSでお友達になり、彼女にどうしても事務所開きで歌を歌ってほしいとお願いしたら、快く引き受けてくださいました。良かった〜

この日もそうですが、議員になって4年間(いえ、その前からですが…)多くの方に支えられてここまで来ることができました。本当にみなさん、ありがとうございました。良いスタートをきることができました。これからが勝負です。
新人の候補者の方が私の地域の周辺から二人三人と出馬を予定されていると聞きます。大変厳しい様相ですが、これまでの実績と、何よりも日本共産党が果たしている役割をしっかりと訴えていくことが大事だと思います。
がんばります


最後に一つ。1月20日(日)は日本共産党の大演説会が開催されます。場所は、今存亡の危機を迎えている共同ホールです。お昼2時からの開催です。みさんのお越しをお待ちしています\(^o^)/

今年もよろしくおねがいしますm(_ _)m

January 08 [Tue], 2019, 9:23
 あけましておめでとうございます
 本年もよろしくお願いします。

 さていよいよ明日12日は金子むつみの事務所びらきです。 
 とても良い場所に開くことができました。ぜひみなさん気軽においでください〜
 明日以降は事務所は開いております。お近くにおいでの際はぜひともお立ち寄りください。

 可愛いチラシができました。


 今朝は比較的寒くなかった朝宣伝。助っ人が来て下さり心強い宣伝になりました。
 昨年末、市民の皆さんにアンケートを配布し、547人の方から返信が返ってきました。これまでに増して、切実な声が寄せられました。皆さんの声と願いを市政に届けるために全力を尽くす決意です〜などとご挨拶いたしました。激励も多数寄せられ、大変熱い思いで訴えることができました。引き続き力いっぱい頑張っていきます。
ご支援をよろしくお願いします






今年もありがとう(^^)/

December 31 [Mon], 2018, 20:49
 今年もいよいよ終わりです。早かったな〜
  紅白を家で観るのは子どものとき以来かな。元旦早朝に日吉神社で新年のご挨拶を行うため、今年は自宅で年末を過ごします。
 今年もまた様々なことが起きました。なんと言っても沖縄県知事選挙で、玉城デニーさんが勝利したことはビッグニュースでした。夏に前知事の翁長雄志さんが急逝。哀しみにくれる間も無く選挙となりました。翁長さんが最後に県民集会で訴えられた姿は目に焼き付いています。妻の樹子さんのお話では、その時には大変苦しそうで歩くことも厳しかったと。しかし、そんなそぶりを見せず県民集会の壇上で堂々と、国の無法な暴走を許さないと訴えたのです。翁長さんの思いとその姿は私は一生忘れません。どんな状況でもたたかい続ける強さを学びました。
 来年は7月に参議院選挙があります。オール沖縄のようなたたかいを私たちはめざします。そのためにも野党は本気の共闘を進めていかなければならないと思います。その前哨戦である4月の統一地方選挙で、日本共産党の候補者全てが勝利することでその勢いと流れを作ります

 さて、私の今年もいろいろありました。1月3日に母が家で転倒し、救急車で運ばれ3つの病院をまわり手術をしました。結局完治することが難しく今は車椅子の生活です。母は介護3に認定され、デイサービスやショートステイを利用しています。一人暮らしの母の生活を考え親戚一同で夜に順番で泊まっています。介護保険制度の充実を考えさせられました。そんな年齢なのですね。
 そして、とても大事なことがもう一つ。一人娘が11月に結婚しました。まわりから「ホッとしたでしょう?」と言われますが、あまりピンとこないのが現実です。思いの外しっかりしてきた娘を見ると、「反面教師」なのだろうと素直に喜ぶ私です

 来年は私にとって大きな転機になります。長く議員を務めてきた甲斐議員が引退されます。後継者の候補も頑張っています。私は2期目に挑戦です。2期目は大変厳しいと言われています。日本共産党の2議席を何としても勝ち取るため頑張ります
みなさん、良いお年をお迎えください👍








月が替わっても熱い9月に

August 31 [Fri], 2018, 14:44
 早いもので明日から9月になります。
 この間、西日本豪雨災害や8月の催し物など盛りだくさんの夏でした。そしてなんと行ってもこの猛暑。連日38度を超えた久留米市では、高温注意報が出され不要不急の外出は控えるよう指示が出ました。本当に暑かった。やっと今、高くても34度止まりです。34度!それでもちょっと驚きですが・・・。

 さて、公共施設の廃止をめぐって8月、9月は山場を迎えます。9月議会で「サンライフ久留米」条例の廃止議案が提出されることが決まり、8月27日提出した署名(共同ホール・サンライフ久留米を守る市民の会)6466筆の審査も委員会で行われることになりました。9月議会は忙しいぞ〜

 「守る市民の会」の皆さんは市議会議員に、廃止をくいとめてほしいと個別に訪問を強めています。新聞で報道された市長の暴言などを読んだとして、多くの方から「負けないで」「市長はおかしい」「市民や利用者をバカにしている」などの声が寄せられています。9月議会で大いに討議し、廃止撤回に向けてがんばります。

 「市民の会」のみなさんが頑張る中で、私達も声明を発表しました。以下ご紹介します

共同ホール、サンライフ久留米の廃止計画は白紙撤回をすべきと考えます。

2018年8月28日

日本共産党久留米市議団 甲斐征七生 金子むつみ
無所属クラブ      緒方 正子



 日頃からご活躍と存じます。

 さて、共同ホール、サンライフ久留米の廃止発表は利用者のみならず、市民の中でも大きな話題になっています。私たち日本共産党久留米市議団と無所属クラブはこの間、利用者の方々から様々な意見を聞きこれまでの経過等々調べてまいりました。その結果、この問題は久留米市の「公共施設基本計画」や、両施設の目的に照らしても、また議会特別委員会の提言に照らしても、矛盾しており不十分だと感じます。

 久留米市は、2016年「久留米市公共施設総合管理基本計画(最終案)」の中で、「限られた予算の中で、安全で安心して利用できる公共施設であり続けるため、施設の維持管理や運営を徹底して効率化するとともに、改修や建替え等の施設更新にあたっては、施設の必要性、重要性、将来性等を見据え、計画的に実施」としています。そして、これらの基本姿勢による「推進方針」は「@今後も活用が見込める施設については、長寿命化の視点で適切な維持管理を行います。A保守や電気契約などの見直し、指定管理者制度等の民間的運営手法の積極的採用により施設維持運営コストを徹底して縮減します。」と結論付けています。この方針で行くならば、共同ホールとサンライフ久留米の両施設は稼働率は50%〜65%と必要性や重要性は十分あり、指定管理者制度など民間手法の積極的導入も行っています。廃止どころか、長寿命化のために大事に使い、その上でコスト削減の努力で存続させる価値が十分ある施設だと考えます。

 議会特別委員会の提言に照らしても不十分です。提言は「公共施設の保有量の削減や経費の削減、安全安心の確保などに向け、具体的な取り組み進められることになっている」としながらも、「施設機能の集約や施設配置の見直しなどを行う際には、利用者の利便性が著しく低下することがないよう配慮するとともに、利用者などへの事前説明を適切かつ丁寧に実施していくこと。」と、利用者や市民への配慮を行うよう戒めています。しかし、市長は市民や利用者に対し「丁寧かつ丁寧に」と繰り返していますが、「廃止ありき」で説明を「丁寧」に行っても納得はできません。
 今やるべきことは何よりも利用者・市民の要望を真剣に聞くべきだと考えます。これらの理由から、私たちは廃止計画を一旦白紙に戻すべきだと考え、申し入れいたします。

以 上

毎週金曜の朝は津福駅前であいさつしています。


被災地を訪ね 食と音楽を愉しむフィールドワーク

June 27 [Wed], 2018, 8:24
 九州豪雨災害から、7月5日で1年が経ちます。
 5月25日に、新婦人久留米支部はマイクロバスを貸し切って「被災地を訪ね 食と音楽を愉しむフィールドワーク」を行いました。 下見をしていたにもかかわらず、行く先々で道路寸断による通行止めにあい、迷いながらやっとこさ山手にある寺内ダムから入れる道にたどり着きました。しかし、その道も道路がえぐれて通れないことから、川に仮設の道路を作り、まるでジェットコースターのように坂道を下って登って・・・かなりデンジャラスな旅になりました。右を見ても左を見ても、ほとんどがけ崩れ山崩れで、土のうがたくさん積まれたまま。民家も壊され流され、当時のままで衝撃でした。1年経ってもこんな状況なのかとため息。もっと支援をと感じました。


 以下、参加されたHさんの感想を写真と一緒に掲載します。

朝倉 音楽館
●津福を9時に出発してから2時間、やっと音楽館(おんらくかん)に到着。一見倉庫のような佇まいですが、中にはいると昭和の時代(それも初期の)にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えるくらい、お宝がひしめき合っていました。特に、100年前のレコードプレイヤー「エジソン」や、竹針ダイヤモンド針など珍しいプレイヤーで、美空ひばりの「りんごの唄」を聞かせていただきました。それはそれはノイズ混じりですが、きれいな歌声にみんなうっとり聞き入っていました。驚いたのは竹針でチゴイネルワイゼンを聞かせて頂いた時。使った竹針をとってハサミ(それ用のもの)でカットして、先を尖らせてまた装着するそうです。それはびっくりしました。

●音楽館は、個人の収集としてはユニークなもので、生活の道具からゼロ戦まであるのにおどろきました。また、捨てるにしのびないという方からの持ち込みもあるそうですが、オーディオルームや映画鑑賞もできるようなひろい空間になぜこんな辺ぴなところに…とおもいました。
ここは昔梨の選果場だったそうです。
NHKから道具の貸し出しの申込みもあったということで、昔の生活につかわれていた道具もこうして保存していたおかげで役にたつこともあるのだなぁとあらためて感心しました。生活の中の文化はひきついでいきたいものですね。


朝倉 蛍雪の里 黒川山荘
●お蕎麦屋さんもまた、辺ぴな山の中にあって、こんなところで大変だろうとおもいました。十割そばもチーズ入り茶碗蒸しも、デザートもおいしくいただきました。
 最高でも10人、一度に22人のお客さんは、初めてですといわれました。お手伝いをかってでましたが、これはよろこばれましたね。黙ってすわっていたら、いつ食べられるかわからない状態でしたからね。調度品もクラシックな感じでよかったです。椅子やテーブルはこの日のために特別に増やしたということでした。今度団体さんがみえるので、又手伝ってもらえないかなぁとのお誘いがありましたが、聞かなかったことにしようと返事しました 笑


バサラ館(朝倉・原鶴の道の駅)は平日でお客さんもまばらでしたが、うきは道の駅ほど活気がありませんでした。土・日は人出も多いことでしょう。


フードバンクくるめ
●フードバンク久留米では浦川さんのお話で、ボランティアで運営しておられることに感心しました。ここまでくるのはなみたいていではなかったことでしょう。行政のできないことをやっている民間のボランティアにもっと支援があってもいいのではないかとおもいます。こども食堂なでたくさんできていますが、継続することが大切ですよね。NPO法人でも仕事としてやっていけるようにしなかればいけないとおもいます。



主権者・国民、市民の声を聞け〜

June 20 [Wed], 2018, 12:36
 6月10日に開催された「さよならアベさん 久留米集会」は、天気予報は終日雨マークだったのに奇跡の曇のち晴れ寺脇研さんは文部省時代の話しや、テレビの裏側、学費の高さと学生の貧困、公文書の扱い、そして忖度ぬきでアベ政治を大いに批判されました。
 「文部官僚の人の話を聞くのに抵抗はあったが来て良かった。こんな話を聞けるとは思わなかった」と元日教組でがんばっていた、という先生も集会後のデモに参加して、感想を述べてありました。私は寺脇さんの送迎担当をしましたが、気さくで大変よい方でした。博多弁も違和感なくスラスラと出てきて(生粋の博多っ子だから当たり前か)、会場は笑いが絶えませんでした。とっても面白い講演でした。
 雨が降らずに本当に良かったと思います。集会は満員の250人が参加し、くるみホールは熱気に包まれました。





 さてさて、久留米市議会6月議会の一般質問では、緒方議員が共同ホール、甲斐議員がサンライフ久留米の廃止問題について質問し、傍聴席には多くの市民や利用者であふれました。市民や利用者が「おかしい」と声を上げていることに「丁寧な上に丁寧に答える」と言いながら、「一旦白紙に戻して今後を考えるべきだ」との意見については全く答えようとはしませんでした。

 私は、今議会で提案された議案の中の、2つの施設を解体する見積もりの委託費(それぞれ約300万円)が計上されていることに対して、「廃止を既成事実化し、市民や利用者の声を潰すつもりなのではないか。まだ廃止が決まっていないのに、解体費用の見積もりをさせるのはおかしい」と、議案質疑で追及をしました。

 6月27日には、この問題で議会報告会を開催します。日本共産党久留米市議団と無所属の会の緒方議員と一緒に報告します。皆さんの参加をお待ちしています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:むっちゃん
  • 性別:女性
  • 誕生日:1961年2月23日
  • 現住所:福岡県
  • 職業:
  • 趣味:
    ・★散策-筑後川の流れに沿って歩く。とっても癒されます。
    ・★映画鑑賞-「食堂かたつむり」、画がキレイでした...
読者になる
福岡県久留米市で2015年4月から日本共産党の市議会議員として活動。日頃の活動、市民とのふれあいを紹介していきます。
メールは、mutumikaneko@gmail.comまで。

[日本共産党久留米市生活相談所]
久留米市津福本町1512
電話:0942・32・6110
fax:0942・35・8538

☆毎週水曜日(第5を除く)無料法律・生活相談会開催
受付:6時30分〜7時00分
会場:えーるピアにて 弁護士が対応します
2019年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
むっちゃん
» 今年もよろしくおねがいしますm(_ _)m (2019年01月16日)
シェーン
» 今年もよろしくおねがいしますm(_ _)m (2019年01月11日)
むっちゃん
» 月が替わっても熱い9月に (2018年10月31日)
サンシー碁
» 月が替わっても熱い9月に (2018年09月26日)
むっちゃん
» 激動の7月 (2017年08月15日)
シェーン
» 激動の7月 (2017年08月04日)
むっちゃん
» スクラム組んで、共謀罪は廃案に (2017年07月06日)
匿名
» スクラム組んで、共謀罪は廃案に (2017年07月04日)
むっちゃん
» スクラム組んで、共謀罪は廃案に (2017年07月04日)
匿名
» スクラム組んで、共謀罪は廃案に (2017年06月26日)
Yapme!一覧
読者になる