急増する娘の白髪・・・止める方法はトリートメントにあり?

January 06 [Tue], 2015, 16:14
最近若くして白髪になってしまう方が多いですよね~。
特に小学生や中学生という年頃の娘さんに白髪が増えるとママさんもショックではないでしょうか?
最近はモデルの菜々緒さんも若白髪に悩んでいるとカミングアウトしてましたもんね。

おしゃれや恋愛に興味を示すお年頃の娘さんに、原因不明の白髪がどんどん増えるって、
なんだかやるせないですよね。

さて、当ブログではそんな悩みを抱える娘さんの白髪を解決する方法として多くの
ママさんが、あるいは娘さん自身がやってしまっている間違いを示しながら、解決
方法を紹介したいと思います。


実を言うと、なぜ白髪が増えてしまうのかは未だはっきりとした原因が解明されて
いません。メラニン色素の生成に関わる毛母細胞などに影響が出ていることや、
加齢であることは知られていますが、それ以外の原因は未だ不明なんですね。


さてさて、現在娘さんやママさんがよくやっていると思われる白髪に対する間違い
だらけの対処法を挙げてみましょう。

  • 毛抜きで抜く
  • ハサミで根元から切る
  • 市販の白髪染め
  • 海藻類を多く食べる



などなどでしょうか?

実はどの方法も間違いで、娘さんの白髪を解決する対症法としてはあまりお薦め
出来る方法ではないんですね。


毛抜きで白髪を一本一本抜けば、確かに目立つ白髪をなくすことができますが、
抜いた時に誤って毛母細胞を傷つけてしまうと、今後その箇所から毛が生えなく
なる恐れがあります。


ハサミで根元から切る方法なら毛母細胞を傷つけるリスクはありませんが、
短くなった白髪はピンっと立ってしまうため、却って目立つことがあります。

しかも、娘さんの白髪の数がいまより増えてしまった時に、ハサミで切るママさんの精神的
苦痛も心配です。


市販の白髪染めなら、定期的に染め直しすればいいのですが、中学生という
若い頃に白髪染めの薬品を頭皮に接触させ続けると、比較的若い年齢の内に
頭皮の健康を損ない、薄毛のリスクに繋がる恐れがあります。


実際、市販の白髪染めにはジアミンアレルギーのリスクもあり、危険を伴うことから
若い内からの白髪染めは避けてあげたいものです。


娘さんに海藻類を多く食べさせているママさんもいることでしょう。海藻に多く含まれて
いるヨードなどのミネラルが毛髪の健康に良いと言われてましたからね。実際、海藻類
を多く食べている方は髪もフサフサで黒々としている・・・、なんて思われてます。

でも実はこれ、根拠がないことがわかっています。

私自身も、娘にワカメや昆布、ある時にはひじきやモズクを食べさせたりしてたもので
す。でも、現実は・・・、娘の白髪の増加は止まることなく増え続けましたとさ・・・。

というわけで、実は子供の白髪を根本的に解決する方法は未だ発見されておらず、
結局、開き直るか染めるしか解決策がないのですね。

染める解決策を選んだ場合、中学生の娘さんでは頭皮へのダメージが心配です。
我が家でも、娘が市販の白髪染めを買ってきた時、私は全力で娘から取り上げた
ことを今でも覚えています。


では、どうやって娘さんの若白髪を解決するのか・・・。


答えは、ヘアカラーシャンプーやヘアカラートリートメントを使う方法です。

娘さんであれば、毎日のシャンプー後にヘアケアとしてトリートメントを使う習慣が
あるのではないでしょうか?

娘さんが使うトリートメントを、ヘアカラートリートメントに替えるだけです。

通販で購入できるヘアカラートリートメントは、市販の白髪染めとは違い、頭皮や
髪にダメージを与える薬品は含まれていません。


もちろん市販の白髪染めよりも、黒くなるまで、あるいは茶色になるまでには
1週間ほどかかります。

でも一度でも黒くなれば、その後は染め直す必要もないし髪の根元や分け目だ
けが白くなる心配もないので、後が楽なんですよ。


ヘアカラートリートメントのおかげで、今では白髪を抜くこともなくなりましたし、
ハサミで一本一本切るわずらわしさもなくなりました。

娘さんが白髪で悩まれているのであれば、ぜひヘアカラートリートメントを替えること
を検討してあげては如何でしょうか?

根本的に白髪が治るわけではないけど、一番良い選択肢であったと、私は娘共々
感じてますよ。
※トリートメントを使わない娘さんであれば、ヘアカラーシャンプーという手段も
ありますよ。

↓ ↓ ↓



おしゃれ染めで白髪は染まらない

January 05 [Mon], 2015, 17:19
娘さんが年頃であれば、白髪を染める時の色合いを考えておしゃれ染め
を使ってみようと思ったことありませんか?

でもカラーリング剤で白髪は染まらないってご存じでしたか?

実を言うと、私自身も最初は「どうせ染めるならおしゃれにカラーリング
にした方が良くない?」と娘に提案しました。そのころはダメージとか
全然理解してなかった頃の話ですが・・。

で、市販のカラーリング剤を一度だけですが使ってみたところ、元々
黒髪だった毛はしっかり染まるけど、白髪は白髪のままだった・・・。


なぜこんなことになったのか調べてみると、白髪になってしまった髪は
キューティクルが固まって閉じた状態になってるんだそうですね。

だから、カラーリング剤に使われる染毛成分が白くなった髪の中には
浸透していかないんですね。


娘さんの白髪にカラーリング剤を使おうと考えていたママさん、染まらない
からやめておいたほうが良いですよ。


ちなみに、市販の白髪染めなら閉じたキューティクルをこじ開けて薬剤を
浸透させていく力があるそうです。

ということは、そうとう作用が強いということですよね。若い娘の頭皮に
カラーリング剤の液が付いてしまった場合、どれだけ大きなダメージになる
のやら・・・。

美容室で娘の白髪を染めるメリットとデメリット

January 04 [Sun], 2015, 17:31
娘さんの白髪を美容室のカラーリングで解決しようと考えている
ママさんもいると思います。

最近では、頭皮や髪に与えるダメージが軽いカラーリングもできる
こととプロの技術による完璧な染まりあがりを期待して美容室での
白髪染めを望むママさんもいます。


確かに娘さんの白髪を染めてくれる美容師さんは、何年何か月と多く
のお客さんの髪を染めてきたプロですから失敗のリスクもゼロに近く、
綺麗に染め上げてくれます。


ですが、一度染めると髪が伸びた時にひょっこり現れる生え際の白髪
が目立ち始めることは心配です。


いくらダメージが軽い白髪染めとはいえ、ダメージゼロではありませんし、
薬剤が頭皮に付着する頻度を考えると、やはり最終的には大きな負担に
なります。


また、ママさんは娘さんの美容室代を負担しなければなりませんから、
経済的なコストが高い解決策となってしまうんですね。


美容室で娘さんの白髪を染めてもらうことを検討している方は、メリット
とデメリットをよく比較してから決断してくださいね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:安田ひろこ
読者になる
2015年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる