アルファリポ酸+L−カルニチン

2005年04月03日(日) 23時55分
また えーのん見つけったでー 名づけてαLリボカルチニン酸ってか?

脂肪になる前のブドウ糖の燃焼にはαリボ酸
脂肪になったしまったら Lーカルチニン


私達の体は脂肪を細胞の中のミトコンドリアで燃やして、エネルギーを得ています。エネルギーが必要になると脂肪細胞から脂肪が放出され細胞の中に入ってきます。脂肪がミトコンドリア内に入るためには「L−カルニチン」の助けが必要となります。「L−カルニチン」に出会えなかった場合、脂肪は燃焼されず再び脂肪細胞に戻り、皮下脂肪や内臓脂肪になると言われています。 つまり「L−カルニチン」は血中の脂肪を使いやすい状態に加工する働きがあり、細胞の中のミトコンドリアに脂肪を渡す役目をしているのです。
Click Here! 大特価 1,980円
  • URL:https://yaplog.jp/muraimo/archive/67
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。