エンド・オブ・ホワイトハウス

August 19 [Mon], 2013, 0:01
作品情報
タイトル:エンド・オブ・ホワイトハウス
制作:2013・アメリカ
監督:アントワーン・フークア
出演:ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、アンジェラ・バセット、ロバート・フォスター、コール・ハウザー、フィンリー・ジェイコブセン、アシュレイ・ジャット、メリッサ・レオ、ディラン・マクダーモット、ラダ・ミッチェル、リック・ユーン
あらすじ:シークレット・サービスとして大統領の護衛にあたるも、大統領夫人の命を守ることができなかったマイケル(ジェラルド・バトラー)。それから2年後、彼はホワイトハウス周辺を担当する警備員となっていた。そんな中、独立記念日を迎えたホワイトハウスをアジア人のテロリスト・グループが占拠し、大統領の解放と引き換えに日本海域からの米海軍撤収と核爆弾作動コード開示を要求する。特殊部隊による救出作戦が失敗に終わるのを目の当たりにしたマイケルは、一人でホワイトハウスに飛び込んでいくが……。
星の数・・・★★★★

感想
絶対に主人公に弾は当たらないんだぜ?
ジェラルド・バトラー無双、ヒャッハー!な映画でした(笑)

ホワイトハウスに襲撃してきたテロリストたくさんVSバトラー一人とか・・・。
普通に考えたら無理なんですけど、映画だからね!
バッタバッタとなぎ倒します。
一瞬「あれ?私、ダイ・ハード見に来たんだっけ?」ってなるぐらい。
でも、ダイ・ハードよりは真面目に戦います。
コメディ的なシーンは一切ありません。
それがジェラルド・バトラーの顔と合ってたり。
この人、コメディーの顔してないよね。

脚本もあってないようなもんですけど、大統領夫人を守ることができなかった主人公が、今度は大統領ご子息を守る場面になったりと、一応少しは考えてありました。
っていうか、ホワイトハウスがとっとと占領されるし、その占領の仕方がプロってるから入りが良かった!
やっぱりツカミって大事よね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ


⇒⇒⇒公式サイト


  • URL:https://yaplog.jp/mura-m/archive/626
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。