ローン・レンジャー

August 04 [Sun], 2013, 0:01
作品情報
タイトル:ローン・レンジャー
制作:2013年・アメリカ
監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・フィクトナー、バリー・ペッパー、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェームズ・バッジ・デール、ルース・ウィルソン
あらすじ:幼い頃に遭遇した悲しい事件への復讐をもくろむ悪霊ハンターのトント(ジョニー・デップ)は、そのスピリチュアルな力で死の一歩手前の男、ジョン(アーミー・ハマー)を救う。正義感の強いジョンは、目的を達成するためならどんな手段も用いるトントと衝突するも、愛する者を奪われたことで豹変。マスクを装着し“ローン・レンジャー”と名乗り、トントと一緒に巨悪に挑む。
星の数・・・★★★★

感想
またジョニー・デップがメイクしてる!
この人、ほんともう奇抜なメイクした役ばっかりよね(笑)
アメリカのイラストレーターが描いた、演じた役柄イラスト見ててもメイクした役ばっかりだもの。


で、今回は頭に死んだカラスのっけた変なメイクした先住民の役。
一応、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズみたいな感じで、ネームバリュー的に主役みたいな扱いの宣伝だけどサブ主役です。
その先住民ジョニー&曲がったことが大嫌い正義のレンジャーVS悪いやつ!というわかりやすい構成。
ただね、わかりやすい構成なはずなのに超絶たるいのよね。
尺も2時間半ぐらいと長いんだけど、中盤のストーリーをもっとポンポン進めとけば、こんなに無駄に長くならなかったと思うのよね。
正直、眠くなったわ・・・。

でも、アクションが超面白いの。そこだけでも見る価値ある!
特にラストのウィリアムテル序曲をバックに使ったラストアクションは、音楽とも合っていて最高に面白かった!
このアクションがね、普通にピストルの撃ち合いとか剣を使ったカッコ良いものではないの。
偶然そこにあったスコップとか小道具がピタゴラスイッチみたいに偶然作用して相手に打撃を加える的な。
ロジャー・ラビットとか白黒時代のディズニーアニメを実写でやってみた!って感じのふざけたアクションで、見ててスカッとした!
そこはディズニー製作だけあって、プロだものね。

あと、ヘレナ・ボナム=カーター姉さん。
彼女のファーストカットが群集に混ざってスピーチを聞くのを引きから撮影した所っていう、ウォーリーを探せ状態のカットなんですけど、一発でどこにいるかすぐわかった!
存在感強すぎです(笑)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ


⇒⇒⇒公式サイト


  
  • URL:https://yaplog.jp/mura-m/archive/608
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。