ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

November 16 [Tue], 2010, 0:01
作品情報
タイトル:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
制作:2007年・イギリス/アメリカ
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、ワーウィック・デイヴィス、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ブレンダン・グリーソン、ジェイソン・アイザックス、ゲイリー・オールドマン、アラン・リックマン、マギー・スミス、トム・フェルトン、ケイティ・ルング
あらすじ:ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、最近、ヴォルデモート卿のうわさを聞かないことに気付く。そんな折、魔法省は学校にお目付役として新しく防衛術を教える教師を送り込む。その授業を不満に思ったハリーは親友のハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと“ダンブルドア軍団”を結成する……。
星の数・・・★★

感想
またもや新キャラとして、「闇魔術に対する防衛術」の先生が登場!
もういい加減このジャンルを教えるというだけで、怪しく思えてきます…。
そんな怪しさ全開のドロレス先生。
生徒達にいろんな規則を押しつけるのですが、なんと魔法を実践することを禁じます。
魔法学校なのに、魔法使っちゃダメってどーよ?(笑)

でも、前作でヴォルデモートも復活しちゃったし、防衛術出来ないとヤバい!
ってなわけで、生徒達はハリーを先生に、秘密裏に防衛術を学ぶのです。
そんなハリー達に、なんとなくヴォルデモートの魔の手が近づいている…。
そんな映画です。

ポスターには、「ハリーの本当の秘密解禁」とかなってますけど、そんな場面あったかしら?
どっちかと言えば、スネイプ先生の泣ける過去が一瞬解禁されちゃったような…。
結局のところ、たいした展開もなく終わる。
長い長い次作への予告編を見ているようでした!
ちなみに、この映画でも冒頭、イジワル人間界一家とハリーのお約束漫才があります(笑)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ




  • URL:https://yaplog.jp/mura-m/archive/216
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。