アドレナリン2:ハイ・ボルテージ

October 21 [Thu], 2010, 0:01
作品情報
タイトル:アドレナリン2:ハイ・ボルテージ
制作:2009年・アメリカ
監督:マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー
出演:ジェイソン・ステイサム、エイミー・スマート、クリフトン・コリンズ・Jr、エフレン・ラミレッツ、バイ・リン、デヴィッド・キャラダイン、ドワイト・ヨーカム
あらすじ:自分をハメた悪党との死闘で瀕死の重態に陥った殺し屋シェブ・チェリオス(ジェイソン・ステイサム)だったが、運ばれた病院で心臓を奪われ、バッテリー式の人工心臓を移植される。ところが、それは充電しないと止まってしまうという代物で、シェブは電流を求め、エンジンバッテリー、スタンガン、発電所とところ構わず充電するために奔走する……。
星の数・・・★★★★

感想
いろいろあって、心臓を盗難され、代わりに充電式人工心臓を埋め込まれてしまった主人公。
今度は、定期的に充電しないと死にます!
R-15指定だった前作から、R-18指定になり、グロ・エロ・バカさも前作から、かなりのパワーアップです。
特に、グロさは、そういうの苦手な私としては直視出来ない程のシーンがいくつかあったよーん(泣)

でも、そんなグロシーンの一つ。
オッパイを撃たれたストリッパーから、豊胸ジェルがドロドロ出てきて、しぼむシーン。
コメンタリーで監督達が、「この演出を最初にやったのは確か、三池崇史監督だ。」とか言ってて、日本人として何かちょっと嬉しかったです。
三池監督は、ハリウッド映画界からも注目されているのね!

で、今回も監督曰く心温まるセックスシーンがあったりするのですが、またケツ丸出しでモザイクまでかかっていた!
ステイサムもエイミーも頑張りすぎです(笑)
他にも、「あれ…?ゴジラ??」みたいなシーンを始めとした、物理的・科学的なモノを一切無視したB級バカ映画っぷりがラストまでノンストップです。

エンドロールにはメイキングも盛り込まれていて、ステイサム好きとしては大変満足しております。
ラストの感じからいっても、コレは続編を期待しても良いのかしら?
こんなバカ映画大好きなので、楽しみにしてまーす。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
↑↑↑ランキング参加中です★
ポチッと押して頂けると嬉しいです(*´ω`)っ


⇒⇒⇒公式サイト


  • URL:https://yaplog.jp/mura-m/archive/191
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
★夢路さん
私も「十三人の刺客」鑑賞済です。
私は、ツッコミどころ満載だったんですけど、エンターテイメントとしてすごく面白かったです!
結構、評価の分かれる映画ですよね〜。

今気がついたんですけど、韓国映画は「猟奇的な彼女」ぐらいしか見たことなかったです…!
なぜだろう、自分…。
「親切なクムジャさん」とか、気になるんですけどねぇ。


★KGRさん
本当ですね!
今見たら、DVDパッケージにだけ「2」でした。

3作目、あるとしたらどうなるんでしょうねぇ。
あれだけ包帯グルグルだと、最早ジェイソン・ステイサムでなくてもバレなそうですね(笑)
October 22 [Fri], 2010, 1:12
TBありがとうございます。

三池監督のことが書かれていたので、ちょっと一言。
今月公開された「十三人の刺客」は、三池監督作品でしたね。
私も観て参りました。
いやあ、「アドレナリン」に負けず劣らずのエロ・グロでしたよ。

今ではエロ・グロも立派な芸術の域、ってことなんでしょうか?
ハリウッドのそれと、東洋のそれでは、はるかに東洋の方が陰湿的なものを感じます。

日本もかなりな線ですが、韓国映画もこれまた凄いですよね。

この手の映画は、どうも個人的には受け入れがたく、その分、一度見ると忘れられません。
韓国映画の「オールド・ボーイ」や「親切なクムジャさん」とか「スカーレット・レター」とか。

鑑賞後は、人間やめたい心境に陥りますね。

十三人の刺客も、個人的には、評価が低かったです。^^;
October 21 [Thu], 2010, 13:59
映画公開時は「2」はついてませんでした。
(チラシの通り)
DVD(BD)化でタイトルが微妙に変わることはよくありますので、これもその一つですね。

1作目のタイトルに続編があったらどうすんだ、と思ったことを覚えてます。
3作目があっても「アドレナリン」で突っ張るしかないんでしょうね。
October 21 [Thu], 2010, 9:46