単行本『ドラえもん短歌』

July 20 [Wed], 2005, 12:02
◎枡野さんへ。
(麦ちよこ)むぎ・ちよこ  間違いありません。
連絡先は、後ほどメールを送らせていただきます。
選んでいただき、とてもうれしいです。ありがとうございます。

--
◎以下、余談。


「枡野浩一のかんたん短歌blog」に投稿された
ドラえもん短歌を収録した単行本ができるそうです。

そして、わたしのつくった短歌を掲載していただけるそうなんです。
すごくうれしい。



そもそも、わたしが枡野さんの短歌に出会ったのは、
知人が「かなしーおもちゃ」という枡野さんの著書を教えてくれたから。

自分でもつくってみたくなり、はじめて投稿したのが、
ドラえもん短歌でした。



先日、「枡野浩一のかんたん短歌blog」で、
< 「好き嫌い」と「レベル」の話 >
という記事がありました。
http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/blog/2005/07/post_98a9.html」

簡単に言えば、「好き嫌い」とは別に「レベル」が存在する、という内容です。



私は仕事で、広告のコピーを書いています。
コピーにも、「好き嫌い」と「レベル」の両方が存在します。

これまでわたしが書いたコピーは、
明らかに文章的なテクニックのないものばかりでした。
「好き」と言ってくれるひとはいたけれど、
「レベル」で言えば、話にもならないコピーばかりでした。

テクニックを重視するあまり、
伝えたいメッセージというか、核になるような考えをもたないコピーをつくっているひとに、
「新しい価値観や、深く共感できるメッセージをみつけたら、テクニックなんて必要ない」
と主張したかったんです。



近頃、その考え方を、少し改めようと思いはじめています。

その原因は、枡野さんの短歌にあります。
「伝えたいメッセージを伝えたい形で届けるために、テクニックが存在するんだ」という、
至極当たり前のことに気づかせてくれたからです。



そして、コピーライター3年目になる今、
やっと本気でテクニックを身に付けようと勉強をはじめたところです。

テクニックにおぼれて、メッセージのないものをつくらないよう、
気をつけながら、ちょっとずつうまくなりたいと思っています。

短歌も、のんびりつくり続けます。



長文を読んでいただいた方、どうもありがとうございました。
  • URL:https://yaplog.jp/mugi_chocolate/archive/37
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2005年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像mipo-chiro
» ドラえもん15 (2006年12月04日)
アイコン画像ムギ
» やさしい (2006年04月10日)
アイコン画像aotuki
» やさしい (2006年02月17日)
アイコン画像ムギ
» バレンタイン (2006年02月14日)
アイコン画像aotuki
» バレンタイン (2006年02月14日)
アイコン画像ムギ
» バレンタイン (2006年02月13日)
アイコン画像aotuki
» バレンタイン (2006年02月13日)
アイコン画像ムギ
» バレンタイン (2006年02月11日)
アイコン画像aotuki
» バレンタイン (2006年02月11日)
アイコン画像麦ちよこ
» 関西支部の末席に、ちょこんと座りたいです。 (2005年06月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mugi_chocolate
読者になる
Yapme!一覧
読者になる