十鬼の絆 花結綴り 恋精華 感想

November 12 [Tue], 2013, 0:00
■恋精華 感想■

各キャラクターとのエンディングを迎えた、アフターストーリー。
といっても、テーマは1つ。
そのことをただひたすら、だらだらと綴ったような印象でした…

一応ね、十章まであるんだけど、ゆっくりプレイしても1キャラ1時間で…終わるよね?
っていうか、選択肢がほとんど皆無だよね?
エンディングに影響はない、スチル差分の為に選択肢…
これ、もはやゲームというよりノベルに近い感覚です。


とは言っても、やっぱりスチル萌えは半端なかった(≧▽≦)
スチルが出る度に興奮して、壁に頭がんがん打って我を保っていたわwww
もうね、すっごいのよ!!
スチルがめさくさ、どれもこれも甘いっていうか、ヤバイっていうか!!

いや〜、すごかったwwww

ざくっとまとめます。





にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

最初の無印のざざっとおさらいが入るので、すっかり頭から抜けているむちょびにはありがたい仕様でした(笑)
だってさ、√によって死ぬキャラ違うじゃん?
あ、そういえばこの√ではこの爺さんが死んでたわとぽつりぽつりと記憶が蘇るwww

そしてなんといっても、ここでの大きな共通テーマは『プロポーズ』と『祝言』!!でしょうか。
ただひたすら、これについて山も谷もなく綴られておりました。

以下攻略順でちょこっと感想。


千岳
冷静で落ち着いた大人な男でも、好きな女の前じゃ発情しちゃうんだぜ☆な感じ?(笑)
千岳さんにはそんなイメージがあまりなかったけど、やっぱり嫉妬しちゃうし、一緒にいたい、触れたいって思う訳でして…
そんな千岳さんに、雪奈もドキドキさせられっぱなしだけど傍にいたいと思うのでした、ちゃんちゃん♪

・・・・。
そんなもんしかないよね?
雪奈の花嫁姿を八瀬姫にも見せたいと奮闘する、そんなもんよね?

あ、天霧一族の住処が定着してよかったね!!とか!
千歳がなんだかんだでデカイ男だったww




ふぁーーーーっ!!!
流石秦様ですっ!!!
素晴しき独占欲wwwww
他の男共に触れさせるどころか、話すことすら阻まれる勢いです(笑)
雪奈素敵な女性になっちゃったもんねーーっ!
それだけすっごく雪奈のことが大切で、愛してるのねーっていうのがよく伝わってきました(^^)
祝言の時の誓いがすっごい感動したわ(w´ω`w)

あ、最後に雪奈にいい兆候が、なんてあって詳細は触れていなかったけど…
新たな命が、ということでよろしかでしょうか。

秦様に教育という名の制裁を受ける千歳と千耶が可愛かった(*´v`*)



千歳
orz
キャラ的には一番好きなのに…
なのに、どうしてもお声が…(涙)

久しぶりに再会した雪奈に「伝える事がある」と迫る千耶を、告白と勘違いして慌てる千歳がwww
そしてそんな千歳を「見当違いだ」とばっさり切り捨てる千耶にすっげ笑った(笑)
千思廻りでハーレム状態だったからてっきりそうかと思ってたけど、個別だと皆はその気はなかったのねww

っていうか、出会い頭の度に剣を交えるとか、千耶も結構子供っぽいww

そして前作千歳√で思わず号泣してしまった豊久の最期。
あのスチルの背中は今でも鮮明に脳裏に焼きついております。
そーれーをーー!
まさかまたもここでそのシーンの詳細と、そしてまたもここで泣かされちゃうとはっ!!
禁忌である人間との接触だけど、千歳にとっては家族みたいな存在の人たちですからね。
もうねー、なんかすっごく泣けた。

そして流石はセンターキャラ!!
なんだかんだでやること成すこと、実はかっこいいのよ(w´ω`w)
頭領っぽいのは確かに秦様だけど、カリスマ性を持っているのって千歳だと思う。

なのに雪奈にプロポーズして言い逃げして、その癖岩場で丸くなってる姿はやっぱり千歳でww
彼とは支えてあげたいっていうより、隣で共に歩んでいくという、まさにそんな感じ。

千岳・秦様シナリオが祝言に関してのみ淡々と進めていたイメージだったので、千歳シナリオはすっごい満足でした。

因みに秦様√をやってから、子供オチは千歳しかないだろうと思っていたけど、やっぱり彼エンドはそうでしたね!!
っても、予想してたのは既に産まれて子供と戯れているスチルだったんだけど(^^;)

…産まれてくる子は男の子ですか?!
お名前候補に、ちかげ…
千景?!!!
ちー様!!
ちー様ご生誕ですかっ!!!!
でもこの二人の子供であのちー様が形成されるとは到底考えつかない…(汗)
この二人の子供だと、天真爛漫に育ちそうなんだけど…



千耶
そ、そうだった!!
すっかり忘れていたけど、彼は里に戻るんじゃなくてはぐれ鬼を探しに行く度に出るエンドだったのよね!

そのせいか、千耶√はちょっと他キャラとは異色なシナリオでしたね。
勿論祝言の約束やら、最後はすっごい決め台詞で〆てくれましたけども、大筋ははぐれ鬼と十鬼衆の在り方について説いていたような気がする。

ってかねー、この√もちょいちょい泣き所があるのよね。
千耶の父親の最期のシーンとは、秀くんとの再会のシーンとか。
秀君が亡き八千代さんと酒呑童子のことを唯一一緒にいて楽しい存在だった、とかさ。
二人が亡くなった今でさえ、二人の存在に縋って支えられているとことかさ。
守る為の掟が縛る為の規律になってたとか、もう色々考えちゃって泣けたよね。

あ、千耶もラスト、ご懐妊で終わりましたね!
…こ、これは千鶴ちゃんですか?!




千鬼丸
千鬼丸くんははぐれ鬼一族なだけあって、シナリオも十鬼衆達に比べると結構重かったです。
今まで迫害されてきて、急に歩みよろうとか言われても戸惑うよね。
でも八瀬姫と、そして元十鬼衆達が協力し、新たな土地にて里を切り開く。
そこで徐々に懐柔していく皆の心。
絆、そして未来への希望を確固たるものとする、そんなシナリオでした。

なんていってもね、この√の雪奈が結構甘え上手なのが良かったよね!
鈍ちんな子は嫌いなむちょびなもんで…
誰よりも1人になることを恐れている千鬼丸は未だ現状を夢なんじゃないかって怯えてて。
そりゃそうだよね、何百年と続いた確執をいきなり廃止、とか言われても正直戸惑うよね〜。
不安で仕方無い千鬼丸くんが雪奈を追いかけて震えながら抱きしめるスチルはちょっと涙出たよ(T−T)

そしてなんと言っても祝言のスチル!!
今までで一番好きです!
しかもこの二人の祝言って、単なる恋仲の結婚だけでなく、元はぐれ鬼と元十鬼衆の頭領の結婚だからね。
本当の意味でそういった枠組みが取り払われたという意味合いもこもっているからすごく重要で意味のあるものなのよ。
ま、当人同士はそんなの関係ないんだろうけどね(^^)

どうでもいいけど、ご褒美スチルが牛乳wwww
牛乳ってwwww




ヤバイっす、はぐれメンバーのシナリオは重いっす!!!
や、秀くんははぐれじゃないんだけれども。
何故彼が十鬼衆でありながらはぐれ鬼と手を組んだのか。
何故南雲の姓をおざなりにしてるのか。
全てが明らかにされてました。

これもね〜、なんていうか…
悲しいよね…
秀くんも被害者じゃん…(涙)

そしてなにより、秀君自身が大罪を犯したことへの罰を求めて死にたがっているのが辛かったよね…
でもさ、結局自分で死ぬ勇気がなくて、それを雪奈に求めてしまってるあたり、本当はどうにかして救ってほしかったのではないかと。
どこかで縋っていたんじゃないかなぁなんて思うのですよ。

秀くんの行いを、十鬼衆達どころか一族の皆まで誰1人責めてこない。
それが辛かったんだよね。
でも死ぬこと以上に生きることって難しいのです。
秀君にとっての一番の罰は、生きることだと思うのです。
そして本当は彼自身、死にたくなんてなかったのよ。

秀君の願いを叶えてあげようって八千代さんが秀君を殺そうとするんだけど、そこで彼は無自覚に生を選んでいるんだからね。
秀君の涙にも泣けたし、何よりなんだかんだいいつつ八千代さんと千鬼丸がすっごいいい仲間だってのがこれまた実感できて、それにも泣けたわ(´;д;`)



八千代
つ・い・に!
キタ━━━━o(*´∀`)○━━━━━!!
八千代さんのターン!!!
髪っ!
八千代さんが髪ばっさり切ったよっ!!
……あれ?
でも一房残ってるがな。
完全に短髪にはしてないのね…←短髪好き
でも似合っております、男前度がますます上がっております(^V^)

そして八千代さんは恋をしようがなんだろうが、八千代さんですwwww
糖度は低かったですね。
けどその代わりに物凄く内容が濃かった。

八瀬姫の命を奪ったという大罪を犯しておきながらなんのお咎めなしっていうのも、秀君同様、八千代さんも納得できてなかったんだろうね。
でも八千代さんはその行動に反省はしてないっていうけどさ、罪を認めている時点ですでに心は反省というか申し訳ないことをしたっていう意識はあると思うのですよ。
勿論、後悔なんていうのはしていないだろうし、しなくていいと思う。
今回の騒動の一件があったからこそ、十鬼衆そしてはぐれ鬼達とのわだかまりが浮き彫りになったんだし、見直すべきものだと認識されたんだもんね。
なのでそれはいいと思う。

けど、だからって何をしても許されるというわけではない。
八千代さん率いる朧一族は、その罪をきちんと背負っていく覚悟をもって雪奈の提案を飲まずにいたのね〜。

本来ならば頭領になる資格と力を有してなどいなかった八千代さん。
十鬼衆達が決めた掟、はぐれ鬼に対する仕打ち。
鬼社会の在り方に疑念を怨念を抱き、実力で無理矢理頭領になったけどそれに伴う技力を磨き上げたのはやっぱり努力、なんてもんじゃないかな〜なんて思うのですよ。
怨恨という感情によって、それを糧にして。
なんかね〜、秀くんも悲しかったけど、八千代さんもすっごい切なかったわ。

その八千代さんの心を溶かしたのが雪奈さん♪
楽しいだとか、嬉しいだとか、そういったプラスの感情を抱いたことがなかったという八千代さんが、初めて雪奈にそういった感情を抱くように!!
は、初恋wwwww
八千代さんの初恋ですよ(〃艸〃)

文の遣り取りで互いの近況を伝えあうとか…
文通(笑)

ここでの雪奈は他の√の更に拍車を掛けて鈍ちんだったのでね、八千代さんが一生懸命アプローチかけてるのに全くでしたっ(#`皿´)

う〜ん、八千代さんシナリオはいっぱい語るところはあるのですけども。
微細な心の揺れとかがね、結構泣けるのですよ。
まぁそれに詳細に語るととんでもないことになりそうなので、これにて〆。



てなことで。
全体通して思ったのは、結局どちらの自分の信念を貫こうとしていただけだということ。
どちらが悪ではなく、どちらも非があるということ。
もし、違う立場だったら。
もし、誰かが手を差し伸べていたら。
そういう設定って結構あるけど、その度に胸打たれる思いです。

歴史を重んじる人って変化を嫌うけども、それでも時代に合わせて変えていかなくてはいけないこともある。
残すべき尊いものは残し、必要な進化を遂げる。
何に対してもそうだけど、初めてのことってどうやっても不安の方が大きいよね。
むちょび達が店を出す時もそうだったけど、周りは反対する。
でもね、どんなことにも必ずリスクは伴う。
それを恐れていたら何も変わらないまま。
だから、いつかは変えていかなくてはいけない。

前八瀬姫様はその第一陣を踏もうとしてくれてたのよね。
その思いは雪奈へと受け継がれ、そして他の鬼達にも……

はぐれ鬼達のシナリオは信じる思いを希望、そして絆というものを、短いシナリオながら見事に描いてくれて、すっごく満足でした(^^)
勿論、十鬼衆達の祝言も見られてうほ〜♪です(*´∀`)


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
  • URL:https://yaplog.jp/muchopp/archive/626
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>micoさん

お返事大変遅くなってごめんなさい(><)
こんな奴ですけれども、またよろしくしてもらえたら嬉しいです(涙)

micoちゃんも千歳の声ダメ?!
やっぱそう??
だーよーねーっ!!
いえね、伊藤さんも嫌いではないんですよ?
でもね、でもね!!
千歳のイメージじゃないのよぉぉぉっ!!
キャラ的には結構ツボな子なので、ものっそ悔やまれます(ギリ

今作では十鬼衆っていうより、はぐれ鬼達にスポットを当てていますよね〜。
まぁ解決できてないのはそこの問題だけだから仕方ないんだけど。
秀君はちょっとうるりときちゃいましたよ!
そしてなんていってもこのディスクの陰のメインヒーローは八千代さんかとwww
なんていう八千代さん贔屓wwww
なのではぐれメンバーをプレイした後に十鬼衆を振り返るとどうも内容が薄っぺらい…
ひたすら祝言に関してたらたらやってる、っていうイメージだったな〜(汗)

でもでも、スチルはめさくさ美麗でテンション↑↑(≧▽≦)
そうそう、あのご褒美スチルの温泉シリーズ!
なかなか鼻血ぶぅで本編よりも興奮したさね!!
秀君めさくさ可愛かったよねーーーっ!!
千歳のスチルも結構好きです♪
……くそう、何故ボイスが(ぶつぶつ
November 26 [Tue], 2013, 12:06
mico
忙しい中、花綴感想有難うございます( 〃▽〃)

私も… 私も………
千歳の声ダメなんです(滝汗)
でも関ヶ原の花結綴りも千歳√がメインですよね。納得がいくというか。
と言いつつ、私は千鬼丸の√がしっくりくるのですが(笑)
シナリオの薄さは同感です。テーマもあってないようなモノ…。ダラダラ終わってしまいました。が、やはりスチル萌でした!キレイすぎる―――!
それに尽きますよね(・∀‐)
秀√八千代√がメインですよね、花綴は(笑)
皆恋に目覚めると推し推しすごくて、それも平和になったからこそ…っと微笑ましく見てました♪
鬼化してはいけない温泉宿スチルヤバくないですか?
秀!それは反則―――!っと私も壁に頭ぶつけて平静心を取り戻しましたヨ★←

十二の雪奈へのツッコミは…まぁ普段からツッコミトコロの多いコなのですが、結界強化の選択はズッコケました(苦笑)
イヤイヤ、違うだろ!っと(笑)
シナリオ的に男鬼陣に戦わせるのをメインにしたかった(?)のかはわかりませんが、雪奈には他に何かあるだろ!っと思ってしまって…
その辺は千歳達も突っ込んでたような気もしましたが(‐∀‐)

結論、十鬼はスチルメイン(・∀‐)wwwww
November 12 [Tue], 2013, 9:28
最新コメント
アイコン画像むちょび
» 迷ったけど、やっぱりてらし補給! (2016年09月26日)
アイコン画像蓮水
» 迷ったけど、やっぱりてらし補給! (2016年09月24日)
アイコン画像なつめ
» ネタじゃないよ、実話だよ! (2016年02月02日)
アイコン画像管理人
» 【TOP】プレイ済みゲーム一覧 (2015年12月04日)
アイコン画像管理人
» 【TOP】プレイ済みゲーム一覧 (2015年11月19日)
アイコン画像むちょび
» 2016年は死亡フラグ (2015年11月13日)
アイコン画像レンスイ
» 2016年は死亡フラグ (2015年11月12日)
アイコン画像むちょび
» ARMEN NOIR キャラ感想 (2015年11月12日)
P R
カテゴリアーカイブ