命どぅ宝の旅パート7

2009年07月28日(火) 14時04分
どもいつでもどこでも“ちむどんどんささき”です。

ここから読まれた方へ・・・
これは5月に沖縄〜八重山方面に3泊4日で
旅行に行った出来事を7月も終わりだって言うのに
面倒臭くてまだUPしていない
ただそれだけの物語です。
毎月、沖縄に行っているわけでは御座いません

別に毎月行ってもいいんですけどねてへへ

でぇ〜〜〜今回、僕的に旅の最大の目的地小浜島の物語りさぁ~~

何故かと言うと、去年退院してまったく動けない状態で
大好きな沖縄に行けない寂しさから沖縄関係の
映画を見尽くし
店長出羽になんかね~のかよ
と聞いたところ
出羽
『ちゅらさん見ました?』


ぬぅお〜〜〜〜私としたことが)゚0゚(

じぇんじぇんノーマーク

ゴーヤーマンのキーホルダーまで
購入した経験があるのに忘れてた(´□`)!!
流石、我が弟子ナイス

で、ずぅ〜〜と『ちゅらさん』を見ていた私
当然その舞台“小浜島”に行きたくなるでしょ

ちなみに『ちゅらさん』はエリ~なる小浜島出身の主人公が
東京に出てきて立派な看護士になるまでを描いた
とっても感動するHNKのドラマ
ほとんどが、東京ロケ
意味ねぇ〜〜〜( ̄∀ ̄ノ)ノ

午前中、波照間で遊んだ野郎3人組(下記参照
波照間島石垣港小浜島

小浜島行きの船の中
私、興奮してちむどんどんです

な・の・に〜〜


寝てるし・・・・

前の晩は沢山寝たはずなのに寝てるし・・・・・

移動時間は全て睡眠

これで、『最近夜眠れない不眠症なんですよ』と出羽

あたりめーだろ

暴走アニキ〜チェリーが寝てますぜ




って、暴走まで寝てるしΣ(・ω・ノ)ノ

しかも、爆睡だし

いい感じに小麦色だし

小麦色の暴走族ってみたことねぇ〜ぞぉ〜〜〜


えぇ〜〜い2人とも小浜島の大事さが分かっておらん(゜皿゜メ)

ばっ殺す

と、なんやかんやで聖地小浜島に到着ぅ〜〜〜〜

よかったよぉ〜〜来れて


案内所で色々聞いて

さぁ〜〜『ちゅらさん』のロケ地巡りに出発さぁ~~

まずはチョぉ~~有名スポット

シュガ−ロード

ドラマでは物凄く出てきます
行くと分かりますがロケ地の港からは
逆方向から歩いてきます。おどろき〜〜Σ('□'*)

でも、ドラマそのまま感動であります


着くとさっきまでダルダルだった2人が

一斉にパシャパシャ

どんだけだよ

しかも暴走義則先輩、デジカメの充電器持ってきて

デジカメ忘れてきてるし。。゛(ノ>ω<)

この聖地を写メかよ

邪魔なんですけど〜〜


で、スリーショットキモ




小浜小中学校





こはぐら荘でありますウェルカムですぅ〜
流石にここを見つけた時は鳥肌が立ちました
泣けてきました
感極まったのは僕だけでした(*T-T)

で、スリーショットってキモっ




次に、ちゅらさん展望台

ここで初めて他の観光客に会いましたw(゚o゚;)w
おいおい、ここは『ちゅらさん』の島、小浜だよ〜〜
もぉ〜〜ブゥームは終わったのかぁ~~
ダメだ、ここは俺がまた『ちゅらさん』ブゥ~ムを巻起こさなくては
(= ̄Д ̄)y─┛~~

ここ、ちゅらさん展望台からある物が見えます。
でも、あえて載せません・・・それは悲しすぎるから(ノд・。)
                ・・・・・どぅまんぎるだから( ≧Д≦ )

管理人さぁ〜〜んお願いしますよぉ--------

つーことで、スリーショ・・・ってもぉ〜〜えーちゅーに




そして、最終スポット
ドラマでは観光船が行き交う港に使われていた漁港
ここの防波堤から
エリーは文也君に結婚の約束をするのであったぁ〜〜
で、だべるオッサン2人
体力、相当奪われてます
八重山のティーダはもの凄いっす

結局3人とも御満悦ヽ('∀'*)ノ


『また来たいですね、小浜島



義則先輩
『もぉ〜いいだろ



ばっ殺す


後ろ髪を引かれる思いで小浜島を後にし
石垣島へ

八重山最後の夜

石垣牛を食べに焼き肉屋さんへ


アルコール摂取過多で壊れたテープレコーダー
のごとく、同じ事を繰り返し語る
暴走戦士義則先輩

『まぁ〜〜那覇の夜に比べれば
  ピンヒールの蹴りが無いだけ幸せっす』出羽談


次回!!涙の最終話
小浜が終わったからやっつけ仕事で直ぐUP

SEE YOU
ヒーユー(さ行が言えない人)

命どぅ宝の旅パート6

2009年07月17日(金) 20時15分
どもどぅまんぎったー“ささき”30代最後の夏です

さぁ〜〜やっつけ仕事が始まるさぁ〜〜

やっと三日目に突入

もぉ〜〜疲れたぁ〜〜〜




はい、朝起きました。今日も快晴です
波照間小学校には元気な子供達が

で、お昼の船で石垣に帰るので
元気な元暴走族とチェリーBOYは最後の海水浴を
楽しむためにニシ浜へ


素敵過ぎます。

でも泳げない私はつまらないので島内散策へ
レッツラGO





夕べ来た星空観測所昼間は誰も居ません
あったりめーか





波照間島の灯台です。
何故か内陸にありますなんででしょ?





電信柱さえも絵になります。
本当に綺麗な島です。





波照間酒造ここの泡波はプレミアついて
そうとう値段が高騰するそうです。
お酒を飲まない私には関係ないことで・・・





『みんぴか』と言う喫茶店
ここの“黒蜜きな粉スペシャル”なるカキ氷
絶品です
ぜし




そろそろ波照間島ともお別れの時間が近づいて
来ました。
お世話になったホテル『オーシャンズ』の
オーナーのおっちゃんと
左から“ヤンキー・・負傷者



大変お世話になりました。

今回はここまでスーパーやっつけ仕事

でも次回は3日目の午後の話
心の故郷、小浜島のお話しさぁ~~

えりぃーふみやく〜ん待っててよぉ~~

命どぅ宝の旅パート5

2009年07月10日(金) 22時02分
どもどぅまんぎったー“ささき”です。

本日ご来店のK様ありがとうございました。
頑張ってブログ更新していきますので
今後ともメンズヘアササキを宜しくお願い致します。
                          m(__)m  

さぁ〜〜波照間島の後半がスタートするさぁ〜〜

やっつけ仕事にならないように頑張ります

前回までのあらすじ・・・下記参照

波照間に着いて島内観光、義則先輩の
道案内で迷わず観光地をすぃ~と巡り
日本最南端の碑の次は





星空観測タワーなる天体観測所
流石、日本で唯一南十字星が見える島
この夜、奇跡的に南十字星が拝めるとは
この時はまだ知るよしもなかったのである・・・




次に閉鎖された波照間空港・・・寂し過ぎる
飛ばせば赤字になるそうで
そりゃ飛ばせんわな┐('∀`;)┌
なのに何故か絵になる波照間島



次はコート盛
昔、外国船が来るとここから狼煙を上げて
沖縄本島まで伝えたそうで、)゚0゚(
本当に凄いことです。




波照間のメインストリート
信号はありません
右奥に見えるのが日本最南端のガソリンスタンド
ここでは全てが日本最南端と名称が付きます(激爆)



で、波照間島のメインビーチ
ニシ浜で海水浴

本当に綺麗でした透き通る様な海
まるで私の心そのものを映し出しているかのような
澄んだ海です
でも、傷の癒えない私はドクターストップにより
読書&荷物番



店長出羽はオーナーに荷物番させて
ニモを見つけにシュノーケリング


義則さん
『お前たちを連れて来たくなかった・・・
                海が汚れる・・・・
                  海が泣いている・・・・・』

と言っていましたが
誘ったのは義則先輩です。


散々泳いで、上がってきた店長出羽
荷物番していたオーナーに
”どうも”の一言もなく


出羽
『撮れ』と



『何を


出羽
『俺の肉体美を』と





出羽
『どうだこの筋肉のモビルスーツを身にまとった
 全身凶器の鋼の肉体にビビッたか


よし32年間さくらんぼはほっといて
                          ( ̄∀ ̄ノ)ノ



どこを切り取っても絵になる島です。
心の洗濯




日も暮れ始めちょっとした穴場、珊瑚の浜
潮の流れの為かここの一角だけ
珊瑚の欠片が集まる浜です



店長出羽
自分の村と出身高校が廃村、廃校とダブルパンチを
食らうも一生懸命田舎の両親の為に綺麗な珊瑚を拾う姿
私、涙がチョチョシビリでございます。



義則先輩
中学、高校とやんちゃが過ぎ、“福島の燃えないゴミの日”
とまで言われ、暴走行為を繰り返し
初めて買った車が“ケンメリ”
車に羽を付けると本当に“飛ぶ”と思ったらしく
本気でケンメリに羽を取っ付けたワルが家族の為に
綺麗な珊瑚を探しています。綺麗な海は人の心まで
更生させるのですね
私、感動で涙がチッチョリーナでございます。


綺麗な珊瑚を探し当て
ニシ浜に戻り野郎3人で夕日を見に・・・
キモっ


綺麗な夕日を見ていたら自然に涙が・・・・
ふと横を見ると義則さんの目にも光るものが・・・
ってキモっ


宿に戻り、夕食を食べ昼間行った星空観測タワーに
南十字星を見にGO


アギジャビヨ~~~
南十字星が見えるではありませんか
義則先輩は
波照間5回目にして初との事
それなのに私と店長出羽は初波照間にして
初南十字星にご対面
やっぱり日頃の行いが良いとご褒美があるんだなぁ〜〜



南十字星を見た店長出羽
『我の名は聖帝サウザーガオー

って落ちが・・・・・ネタ切れなんす

やっと二日目が終わったぜ〜( ̄ο ̄)yoΟ◯







〜北の国から 2009 秒殺編〜

2009年07月07日(火) 16時14分
社会復帰が待ち遠しいですネ

出羽“毎日が夏休み(働け)”徹也です。



今回は北海道編第2回

回を重ねるごとに北海道PRに繋がってくと思いますので、

北海道はそのうちなんか僕にください




おっ、これは前回の続きオルゴール堂の店内

もちろん買うも無いし、買ってあげる相手もいないゼ

い、いや冷やかしで来たのではないですよ、店員さん

店内の詳しいは無いですが、多種多様な品揃えで

パーツを組み合わせオリジナルのオルゴールも作れるので、

を持ち合わせ、買ってあげる相手がいる方は是非

みんな僕の分まで幸せになってください




で、これが有り金たたいて喰った“うに丼”

これだけは喰って帰らないと

帰るトコも無いに等しいですが




噛みしめますゼお箸もお碗も喰いますゼ(帰れ)

お勘定の時に店員さんに

出『あの、一円玉と五円玉結構混ざりますけどいいすか?』

と、そっと涙した…




そして有名な『小樽運河』

やはり川はイイですね…僕の腐ったココロをキレイにしてくれる…

クレ〇ザーでも、こうはいくまい

なので…




カラダまでキレイキレイしてもらおうかと…

(この後、身投げ未遂)



と、今回はここまでらしいです

では次回…

『僕の人生も横モレ防止ギャザー』

に続きます

さぁ〜北海道民の皆様、

こちらの北海道物産品受け入れ態勢が整ってきま…

嗚呼、モノを投げないでください、モノを投げないでください






2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる