スーパーひまじんムーちゃん

著者 : ムーサ

沖縄県那覇市在住の24歳
職業:米軍基地内関係
ぱっと思いついたことに
すぐのめり込む(ヒマ人)。
負けず嫌いだが、飽きっぽい。
記憶力が弱く、
彼女から「痴呆症」と呼ばれている。
B型。

 【最近興味のあること】
ブログ,iPod,読書,増量
最新コメント
アイコン画像さく
(無題) (2007年08月07日)
アイコン画像さく
7月27日 (2007年07月28日)
アイコン画像mousa
(無題) (2007年07月27日)
アイコン画像mousa
やってくれるぜ ネコマルGT! (2007年07月26日)
アイコン画像さく
(無題) (2007年07月26日)
アイコン画像さく
やってくれるぜ ネコマルGT! (2007年07月25日)
アイコン画像mousa
最近のわたくし (2007年07月23日)
アイコン画像まうす
最近のわたくし (2007年07月23日)
Yapme!一覧
読者になる
«{ハム}漫画 「こぶし村」 | Main | {パソコン}Y!MJ»
さーさーのーはーさーらさらー / 2006年07月07日(金)


七夕ですなー。

が、しかし。
沖縄はあいにくの天気で、星を見ることはできませんでした。
現在非常に強い台風3号が接近中。。
明日にも沖縄に最も近づくとか近づかないとか。

メロメロパークには見事なティンガーラ(天の川)が流れてました〜♪

織姫と彦星もちゃんといるし!!

にくい、にくいね〜やることがっ!メロメロさんたら!

そういえば。。
織姫と彦星といえば「琴座のベガ」そして「鷲座のタイレル(訂正:アルタイル)」という星。

これは聞いた話だけど(ラジオだったかな・・・)
相思相愛の2人、織姫と彦星は年に一度のこの七夕にしか会えないわけですが。

星の年齢を換算すると二つの星は10億年以上生きるそうなんです。
10億年生きる彼らにとっての一年は、一生の10億分の1。
時間の感覚的に言うと、なんと「3秒に1回会っている」ことになるわけで。。。

おいおいおい、なんだよお前ら。
ラブラブじゃん!!

離れ離れで可哀想なんてねー、心配する事全然無かった。
むしろ会いすぎ!(笑)

さて今年の七夕デートも、まああの2人なら大丈夫ですね。
水入らずで愛を語り合う事ができたことでしょう。

*お詫びと訂正*
彦星は「鷲座のアルタイル」でした。てへ★

続きを読む…  
Posted at 03:26 / その他の話題 / この記事のURL
コメント(3)
猛勉強 / 2006年05月16日(火)
この前電子辞書を買ったということを書きましたが。

これまでは、本の辞書で割と事足りていたんです。
しかし、最近では本の辞書では全然対応しきれない状況に陥っていたため、急いで電器屋さんに走って購入したのでした。

実は先々月に、県の主催する「英語同時通訳講座」の受講試験を受けて、受かったんですが(おそらくギリギリで)。
授業が始まってからというものてんてこ舞いのむーちゃんです。

もうこの授業というのがですね・・・・。
死ぬほど難しいんです!!

あのですねー。
自慢ではないんですけど。
むーちゃん仮にも1年留学したんで、英語による日常会話はある程度自信がありました。

しかし。

その自信はいとも簡単に瓦解しました。

その程度の語学力などというのは、語学を実際に仕事にしている人達からにしたら、ほとんど有って無いようなもの。
語彙力も文法力も不十分。
例えて言うならプロは社会人で、俺は小学生レベルの会話力しかない。

よく受かったなぁ俺・・・・( ̄ヮ ̄;)

この授業の教材として使われるテープは平和な日常会話などではなく、政治・経済・教育・生物学等の時事ニュースやインタビューを聞いて正確に、かつ同時に和訳しろなどという殺人的なもの。

つまり聞きながら口で訳さなきゃいけない。
英語を聞いたら日本語を。日本語を聞いたら英語を。

その時、通訳士がしている超人的作業とは・・・。
耳で聞いたことを脳で理解し、脳内で言葉を変換。
変換した言葉を口からだす。
言葉を出している時ももちろん耳で話し手の言う事を聞いて、理解して、変換している。

すんません脳みそもう一個ほしいんですけど!!

続きを読む…  
Posted at 02:56 / その他の話題 / この記事のURL
コメント(3)
ロボっぽい顔のPCライト / 2006年05月15日(月)


だびゅおーの「デス・クライトォォ〜」に対抗して、うちの「PCライトォォ〜」でござます。

ちなみに扇風機つき、電源はUSBでPCから取ってるでござます。

扇風機はまあ使えるんだけど、明かりとしては豆電球程度の微力なので役に立ってんだかどーだか(笑)
でもなんか顔っぽくてかわいいんだよね。

 
Posted at 09:18 / その他の話題 / この記事のURL
コメント(4)
もいっちょ20Qの話題 / 2006年05月01日(月)
あいかわらずバシバシ当ててきますうちのQちゃん。。。

アンパンマンを当てさせようとした時のことで、書き損じた面白ネタがあったので書きます。

基本的に人名・固有名詞はムリだと説明書に書いてあるんだけど、「ウルトラマン」や「スパイダーマン」はどうやら知ってるみたいです。
噂によると「ぴかちゅう」と言う事もあるんだとか。

てなわけで。
メジャーなキャラクターといえばアンパンマンも知ってるんじゃなかろうかと試したところ、どうしても「天使」と結びつけて譲らない(笑)

でもこの20Qは質問してる間も面白い。

こっちはアンパンマンを想像してるのに

「それは肉食ですか?」
「それは魚を食べますか?」
「夜行性ですか?」

わしゃーアンパンマンが何を食べてるか知らないし。
第一想像したくない(笑)
肉を食い、魚を捕って食べるしかも夜行性のアンパンマンは嫌です(笑)

そのあとQちゃんも困惑して
「ベジタリアンですか?」
って聞いてくる。

俺もわからなくなってくる。
アンパンマンって何食ってるの?(笑)

-------------------------------------
過去記事
アナタノ ココロ オミトオシ!20Q

 
Posted at 05:59 / その他の話題 / この記事のURL
コメント(6)
広辞苑と大辞林の違い / 2006年04月27日(木)
電子辞書買いましたー。
CANONWARD TANKっていうやつで、収録されてる辞書がですね・・・。
「大辞林」 「英和・和英・英英」「漢字」「古語」「四字熟語」「和歌・俳句」「諺」「人名」「日本史・世界史」「生物事典」などがあります。

最近の電子辞書ってほんとたくさん入ってるよねー。
辞書のほかにも英語の問題集など、学習コンテンツも入ってました。

この電子辞書はまあ安い方なんだけど、高いのになると(3万くらい)もっといろんなのが入ってます。
例えば家庭の医学とか、世界遺産とか。しかもカラー!
いやーでもさすがに高いんで買いませんでしたけど(笑)

いつか安くてもっと高性能のがでてくるのを期待してます(笑)
↑電子機器選ぶたびにこういうこと考える。

ところで、電子辞書に収録されている国語辞典といえばほとんどが『広辞苑』だと思うんですが。
俺のこの電子辞書に収録されているのは『大辞林』でした。

広辞苑と大辞林の違いってなんでしょう?

続きを読む…  
Posted at 10:56 / その他の話題 / この記事のURL
コメント(4)
(本当に)素朴な疑問 コミック編 / 2006年04月22日(土)

あの、漫画の典型的な朝の光景のシーンで、登場人物が起きて真っ先にすることと言ったらなんでしょう?

ほとんどの場合歯磨きだと思うんですよ。

思い浮かぶのが「DRスランプアラレちゃん」とかなんだけど。
あの人達起きてすぐ歯磨きをして、それから朝食を食べてた気がするんですよ。

ん?普通逆じゃね?
朝ご飯食べてから歯磨きってするもんじゃね?

うちでは朝起きてまずすることは顔を洗うこと。
それからご飯を食べて、着替えて。
歯磨きは出かける直前ですよ。

どっちが普通なのかちょっと気になったんで、漫画の通り歯磨きの後に朝食を食べてみました。

うんなるほど。

ミントの爽快感で朝ご飯の味がほとんどわかりません。
気持ち悪いので食後もう一度歯を磨いたほどです。

あれは漫画の中だけの常識なのか、それとも内地ではあれが常識だったりするの?

あとそれから、コマゴマとした気になる事を書き出してみました。
良い機会なので。
ムーちゃんの積年のモヤモヤを発散したいと思います。

続きを読む…  
Posted at 07:51 / その他の話題 / この記事のURL
コメント(20)
シーミーについてもっと詳しく調べてみた。 / 2006年04月15日(土)
明日も再びシーミーに行ってきます。

明日のシーミーは俺の母親の方のオジィも眠っているお墓のシーミー。

シーミーは大きく分けて2つあり、遠い先祖の墓で行われる「神御清明」(カミウシーミー)と各家の持つ新しい墓で行われる「清明」(シーミー)があります。

この前行ったシーミーはつまり「神御清明」になるわけです。
仕来りとしてシーミーの入りから最初に神ウシーミーを行い、その後に各家のシーミーを行うのが通常になっています。

各家のシーミーはその門中の血族だけが集まるわけだけど、神ウシーミーとなると相当昔の先祖から拡がった子孫達が一同に集まるわけだから人数も相当なもの。

同じ先祖を持つ一族として、年に一度のこの日に親睦を深めるわけです。
この日にしか会えないおじさんおばさんとか沢山います。

このために沖縄の墓はあんなに広いスペースが最初から確保されているのかも。

さて、このシーミーの文化は元々は中国から伝来した文化で。
「清明」という呼び名は中国の暦法二十四節季の一つの「清明の節」(旧暦3月)からきています。

清明の季節に行われる祖先供養の行事であるから「清明祭」
この季節は沖縄でもっとも過ごしやすいと言われるうりずんの季節とも一致しています。

中国の清明祭は、お参りしてお供え物を供えたりするまでは沖縄のものと変わりませんが、宴を開いたりはしないそうです。
その辺は沖縄風のアレンジなのかもしれないですね。

シーミーは沖縄にとって、すごく定着した伝統行事ですが。
元は外からの文化が伝来したもの。
地域によってはシーミーではなく十六日祭(旧暦1月16日)のほうを重んじて執り行っているところもあります。(宮古・八重山等)

首里の王族が最初にシーミーを始めて、そこから徐々に広がっていったのが始まりなので首里文化の影響のとどかない離島地域ではあまり定着しなかったようです。

続きを読む…  
Posted at 23:43 / その他の話題 / この記事のURL
コメント(7)
初心に戻って / 2006年04月13日(木)
こんちわ、むーちゃんことムーサです。

ブログを書きはじめて早4ヶ月。もーそんなに経つのかーって思いだけど、まだ形に
なってないのがどうにも悔しい(笑)

ここで少し初心に戻って、自分の事とこのブログの紹介をしてみたいと思います。

俺の名前はムーサ、今年で24歳♂。
出身地、現住所共に沖縄県です。

仕事は…えー英語関係とでも言っておきましょう、近々転職するので(笑)
趣味は旅をすること。
今までで一番の旅が、一昨年オーストラリアに一年間留学したことです。

このブログでは主に、俺が日々の生活の中で見つけた面白い発見とか、興味を持ったニュースとか。それにまつわる様々なトリビアなども交えて書いていきます。

その他、俺が見た夢を小説風に書いた「夢日記」や太るダイエット「カラダ増量計画」の経過報告などなど。

なんかカテゴリー多すぎるんですよねー(笑)
でもまあこれも俺のB型っぽい性格を現しているということで。
要するに注意散漫(笑)

自分の島、沖縄の風習や文化にも興味があるのでちょこちょこ紹介していきたいと思っています。

ブログって一方的に日記のように書いていくものだけど、やっぱ人に見てもらうものだし一応間違いなどもないように聞いたり調べたりするのでその中で自分もまだ知らなかった事実を知ったりできて、俺自身にとってもかなり勉強になってます。
こりゃーはまりますね。

ではでは今後もスーパーひまじんムーちゃんをよろしくお願いします。

 
Posted at 18:36 / その他の話題 / この記事のURL
コメント(4)
”人生は待つこと” 映画「ターミナル」より / 2006年03月16日(木)
映画「ターミナル」をようやく見ました!

「えっ、今更!?おそ!」って言われるかもしれないけど(笑)

いい話だよ〜。トムハンクスの片言の英語は最初のうち気になったけど(笑)

ニューヨークの空港という場所を舞台に、空港から出ることができなくなった主人公(ビクター・ナポルスキー)と空港で働く人々が織り成すヒューマンドラマです。

ここからネタバレアリ
*反転してね。

ビクターが空港からでられなくなった理由は、不幸な偶然が重なってしまったためである。
彼の祖国 クラコウジア でクーデターが勃発したのだ。
それはビクターを乗せた飛行機が飛び立った直後だった。
そして クラコウジア という名前の国は事実上消滅。
ビクターのパスポートは無効となり、空港から出ることも帰国する事もできなくなってしまった。
言葉もわからない、知り合いもいない、お金もない状況でビクターは孤独感を感じた。

お腹がすいて倒れそうなビクターは、カフェの食べ残しに飛び付きそうになるも それをグッと堪えた。
それから使用済みのカートを元の位置に戻すと25セントが返ってくることを発見し、空港中のカートを集めて小銭を稼ぎ、マクドナルドでハンバーガーを頬張った。

空港にはほとんどなんでも揃っている。
ビクターは書店でアメリカの雑誌と、母語に訳された同じ雑誌を買って夢中で勉強した。
それから彼の英語は飛躍的に上達し、空港職員達とのコミュニケーションがはじまる。
が、空港の責任者である入国係官トーレスは自分の出世にかかわるという理由で問題の種であるビクターをなんとか空港から追い出そうと、わざと警備員を手薄にさせてビクターに逃げるようにと仕向けた。
だがビクターは悩んだ末、「僕は待つ!」と言って空港に戻ったのだ。

それから彼は9ヶ月間、空港で待ち続ける。

続きを読む…  
Posted at 22:46 / その他の話題 / この記事のURL
コメント(8)
mousa(ムーサ)の名前の由来 / 2006年03月12日(日)
ムーサという自分のウェブネームの由来ですが

今更だけどここでカミングアウトしようと思います。

そもそもは高校時代の音楽の教科書のタイトルからとったんですよ。
高校一年の最初の音楽の授業で教科書が配られたんだけど、その教科書の表紙がこれ
当時の俺の好みのデザインにジャストミートして「なんじゃこりゃあー!かっこえええー!」という衝撃を受けました。

男とも女ともわからない性別不明のバイオリニストが髪の毛をかき乱してバイオリンを弾く姿。このコントラスト、ブレ加減。もーね、雷に打たれたと言ってもいいくらい感激して。

「ていうかムーサって何!?このつづりだとモウサにならねぇ!?」
とか感動しながらも心の中でつっこんだりして。

教科書の裏に「ムーサとは・・?」という解説がありました。
ギリシャ神話に登場する9人の芸術の神様で、MUSICの語源にもなっているとか。

「ギリシャ神話」とか「9人」とか「MUSICの語源」というキーワードにもなんかすごい興味をひかれて、一気にその魅力に引き込まれてしまいました。

が、次の瞬間。
「あ、今ムーサという教科書を受け取った人はちょっと回収します。手違いでした。」

何!!?

「本物はこっちの高校音楽Tという本です」

えええええええええええええ

「・・・・まあ欲しい人は買ってもいいです」

買う!!買う買う絶対買う!!

という感じでその場で購入し、危うく没収をまぬがれたのです。

続きを読む…  
Posted at 06:59 / その他の話題 / この記事のURL
コメント(4)

| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.
sozai by 月明かりの森工房 Face*Face チョコチョコはうす